転職がうまくいかない30代必見!失敗する3つのポイントとは

転職がうまくいかない30代必見!失敗する3つのポイントとは

30歳を過ぎてからの転職活動は、採用側が求めるスキルが20代と比べて確実に上がっていることに気づくでしょう。

年齢が不利にならないか、不安を抱えている方も多いと思います。

結論から言うと30代でも転職を成功させている人は大勢いて、年収100万円、200万アップを実現させている転職者も存在します。

反対に、なかなか内定がもらえず苦戦したのち、年収がダウンしてようやく採用にこぎつけた方もいるようです。

この記事では、転職に悩んでいる方に、転職を失敗しない方法と気をつけて欲しい点について解説しています。

30代は失敗すると再就職がむずかしい年齢ですので、十分な知識と心構えで転職に挑みましょう。

30代の転職は難しい?

先ほど述べた通り、30代であっても転職は可能ですし、中途採用に積極的な企業もたくさんあります。

しかし30代前半と後半では求められる要素が違うため注意が必要です。

30代前半であればそれなりにニーズがある

30代前半であれば、それなりのスキルや経験は求められるものの、まだ若手の部類です。

そのため前職で大きな結果を残していなくても、ポテンシャル採用されるケースは十分に考えられます。

とくに平均年齢が高めの中小企業などでは、一から教育をしなくもいい上に伸びしろもある30代前半は重宝されています。

30代後半は実力がないと厳しい

「35歳の壁」と言われている通り、30代後半になってくると前職で培ったマネジメント力や、その分野に特化したスキルが求められます。

マネージャーの経験がなくても、OJTで部下を指導しが経験があったり、チームリーダーとして数人の部下を管理した経験があったりすると有利です。

30代後半でマネジメント経験やチームリーダーの経験がない場合は、特別な資格やスキルがない限り採用が難しくなります。

前職で20代のころと同じような立場で仕事を続けてきた方は、転職する前に何かしらの指導係や責任者としての実績を作っておくことがオススメです。

30代からの転職が難しくなる理由と成功するコツをまとめました

30代の転職で気をつけておくこと

転職サイトを活用して、業界の市場をリサーチする方も多いと思います。

しかし思ったような良い条件の求人がないことで、転職するべきか悩んでいる方も多いでしょう。

30代の転職は最後のチャンスかもしれないということを踏まえ、以下の点に注意して転職するか決断しましょう。

年収が下がるケースがある

面接で堂々とアピールできるような実績や、採用側が希望するようなスキルがない場合、年収が下がるケースがあります。

とくに大企業に勤務している方は、福利厚生や待遇が悪くなることを忘れてはいけません。

リクナビNEXTのアンケートによると、30代後半で転職した方のおよそ54%が、年収が下がったと回答しています。

家族がいる方は、年収が下がり生活水準が低くなってしまいそうな場合、家族会議をした上で転職するようにしましょう。

未経験の職種にチャレンジできるのは30代前半まで

例えば営業職についていたとして、毎月の数字のプレッシャーがつらいなどの理由で未経験の仕事を希望される方もいますよね。

30代前半であれば、業種によっては未経験でも採用されるケースがあります。とくに人手不足のIT企業やサービス業、介護業界などは確率が高いでしょう。

しかし残念ながら30代後半になってくると、ポテンシャル採用の枠から外れるため、かなり厳しい状況になります。

仮に採用されたとしても、年収が大幅に下がる可能性もあるため注意しなくてはなりません。

「お給料が減ってでも今の仕事を辞めたい」というのであれば、転職したての給与は良くなくても、経験を積むごとに年収アップが見込める企業を選ぶのがオススメです。

転職の理由が明確でないと採用されづらい

転職を決めた理由として、職場の人間関係や待遇が悪いなどの不満が原因という方が該当するケースです。

現状に不満を持って転職をする人は、将来のキャリアについて明確なビジョンがないまま転職しようとします。

そうすると面接で自身のキャリアや動機について質問されたとき、採用担当者に「考えが浅い」と思われてしまうのです。

現職を続けた方がいい場合もある

新卒入社で転職を経験したことがない方に多いのが、他社と比べていい待遇で働いているのに、そのことに気付かず転職しようとするケースです。

また大手企業からの転職に多いのが、プレイヤーとしての経験値しか持っていいない状態で転職してしまうことです。

マネジメントやチームリーダーとして活躍した経験があるだけで内定をもらえる確率が大幅にアップするため、何かしらのマネジメント経験を積んでからの転職がオススメです。

実際に転職してみて、前職の仕事内容や人間関係がわりと良かったことに気づいてしまう人もいます。

ブラック企業でないのであれば、転職先を慎重にリサーチし比較してから退職を申し出ることが大切です。

採用企業は30代の転職者のここをみている!

30代の転職者を受け入れている企業の採用担当者は、どんなところを基準にして選んでいるかご存知ですか?

ポイントを知ることで、あなたの転職は格段にスムーズになります。

リーダーシップ力の有無

30代での転職は、20代の若手層が持っていないスキルが必要です。

チームをまとめていける力や、経験が浅い20代の社員に指示を出せる責任感が求められます。

中途採用では即戦力になるのは当然というレベルですので、ライバルに差をつけたいなら、チームを引っ張った経験などを履歴書にうまく落とし込みましょう。

学生時代の部活の部長経験や、アルバイト先で後輩の指導やシフト管理をしていた経験も活かせます。

ハングリー精神

20代のうちは同期の中で立場に差がでることは少ないですが、30代になるとやる気がある社員とそうでない社員に大きな差が生まれてきます。

日本では出世争いは好まれず、出来るだけ目立たずに、失敗をしない無難なポジションを望む方もいるでしょう。

しかし企業が30代に求めるのは、組織を引っ張っていく力。

「役職につきたい」「結果を出して周りより先を行きたい」「年収をあげたい」という欲望は、意外と重要なのです。

キャリアプランが描けているか

30代の転職では、面接のときに「ゼロから学んでいきたい」などの発言はNGです。

採用側が30代に求めるものは即戦力であって、新卒社員のように一から教えこんでいくことは望んでいません。

これまでのキャリアがどう活かせるか、会社に貢献できるか、将来どんなポジションでどのような仕事をしていたいかなど、具体的なキャリアプランを持ちましょう。

目標を明確にしていなければ、「社会人経験が長いのに、まるで学生のようだ」と評価されてしまいます。

30代の転職者が失敗する3つのポイント

転職を成功させる30代がいる中、内定がもらえず苦戦している人もいます。

転職に行き詰まっている方は、以下の3つのポイントにご自身が当てはまっていないかをチェックしてみましょう。

希望の年収とスキルのミスマッチ

一番多いのが、ご自身の価値と市場価値とのミスマッチです。

30代、40代向けのハイクラス転職サイト「enミドルの転職」のコンサルタントを対象にしたアンケートでは、求職者の転職が難しいと思う理由に「本人希望と転職市場での市場価値にギャップがある」と感じるケースが72%と、ダントツで1位でした。

具体的には以下のような例が挙げられます。

  • 資格を武器にハイレベルな仕事ができると思っている
  • 一般の業界の給与水準を知らずに高年収を希望している
  • 自分の希望のみを追求して転職活動をしている
  • 自分の実力でなく、大学や在籍企業のレベルで転職先を検討している

ご自身はいかがでしょうか?もし該当するなと思ったら、考えを改めて計画を練り直した方がいいかもしれませんね。

転職回数の多さや勤務歴の短さ

転職がさほど珍しくなくなってきた昨今ですが、30代前半で転職経験が3回以上あると面接で必ず突っ込まれます。

企業側としてはできるだけ長く働いて欲しいわけですので、すぐに辞めそうと思われるのは不利です。

また1つの企業に1年も在籍していない方などは、「人間性に問題があるのでは?」と思われてしまうでしょう。

マイナス面をカバーするには、「家族ができたので、これを最後の転職にしたいと思っている」というような、強い意思を伝えることが大切です。

アピールが足りない

中途採用では即戦力があるか、どんな実績があるかを求められます。

自信を過大評価することはオススメできませんが、最低限のアピール力も必要です。

面接では、自分がこれまで培ってきた経験や、工夫したこと、改善できたことなどを説明しましょう。

どんな苦労をどうやって乗り越えたかは重要なアピールポイントになります。

30代後半の転職で成功する人の特徴とは?キャリアアップを実現する人の特徴

30代の転職なら転職エージェントを活用するのが常識

アピールするのが苦手な方、転職がうまくいかず悩んでいる方は、転職エージェントを活用してみてはいかがでしょうか?

あなたの強い味方になってくれる上に、転職が成功するためのノウハウを教えてもらえます。

転職エージェントがやってくれること

転職エージェントでは、まずあなたの経歴や実力から、採用される可能性がある求人を抜粋して紹介してくれます。

その中で応募したいと思うものをピックアップし、採用担当者に連絡します。

応募したいものがなければ、条件を広げて再度探してもらえるため、最初に提示されたもので決める必要はありません。

希望年収を伝え、交渉してくれるのも担当コンサルタントの役目です。

合意が得られたら面接対策に進み、アプローチの仕方などを細かく指導してくれます。

面接をしたあとに辞退したいと感じたら、それも担当者が対応してくれるので気を使う必要もありません。

転職エージェントは、全てにおいて段取りを組みサポートしてくれる存在なのです。

管理職の求人は転職サイトには少ない

30代であれば管理職を経験している方や、マネージャークラスへの転職を望まれる方も多いでしょう。

その場合は転職サイトを利用するよりも、転職エージェントを利用した方が選べる求人の幅が広がります。

転職エージェントのコンサルタントは、これまで多くの転職者のサポートをしてきた転職のプロですので、自分では気付かなかった新しい分野を開拓してくれることもあるのです。

30代は転職サイトを使うな!30代以降の転職にはエージェントをおすすめする理由

30代が知っておくべき転職エージェントの選び方!

30代の転職をしっかりした動機を持って挑む

30代の転職は、市場のリサーチと心構え、自己分析が必要です。

これまで転職がうまくいかなかった方は、どんな要因があるのかを追求し改善していきましょう。

長期戦になるとメンタル的にも疲れがたまり、妥協した方向へ流れてしまいがち。

そのようなミスをしないように、第3者に協力してもらうことも重要な判断です。あなたの転職が成功することを願っています!

30代におすすめ転職サイト・エージェント比較ランキング!【2020年版】

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件