転職に迷う30代のリアルな声!転職すべき30代の特徴とは?

転職に迷う30代のリアルな声!転職すべき30代の特徴とは?

悩みのつきない30代ですが、この年になると考えることのひとつが仕事です。

30代になると、自分の仕事について悩み、転職すべきか一度は考えるはずです。

私もその一人で、仕事に悩みました。30代という年齢のこと、生まれた子供のこと、将来ことを考え転職を決意しました。

そして、経験談としてリアルな声がお伝えできればと思いました。当記事は、転職に迷うあなたへ、30代で転職すべき特徴についてお伝えします。

30代の転職は慎重かつ覚悟を持つことが大切

結論をいうと、30代で転職すべき人は、労働環境・職場環境・住宅環境を強く改善したいと思っている人です。

20代の転職とは違い、30代の転職はより慎重にならなくてはいけません。

それは、年齢的に失敗が許されないからです。失敗したらまた転職すればいいと考えていると、自分の履歴書に傷がつき、どんどん次の転職が難しくなります。

転職はできるかもしれませんが、希望が叶えられない転職や、条件面で劣る転職になるかもしれません。

また、それほど今の環境を変えたいと思うことで、転職に関する軸ができます。転職サイトやエージェントからたくさんの情報を見ることになりますが、軸があるとぶれずに応募したい会社を選択していくことができます。

そして何より覚悟を持つことです。「これが最後の転職」でなくても良いですが、次の会社では何か成果を出す、実績を残さないといけないという覚悟は必要です。

それほど強い気持ちで挑む方が、30代の転職者に向いている特徴です。それでは、それぞれの特徴についてお伝えします。

労働環境を改善したい場合

忙しさによる残業時間や、休日出勤など労働時間が多いことに苦痛を感じる人は、労働環境を改善するために転職すべきです。

20代であれば仕事中心の時間の使い方でも問題ありませんでした。

休日も一人の時間を有意義に使うことができたので、爆睡して体力を回復してまた仕事に向かうこともできました。

30代になると、結婚や子供誕生など家族が増えるケースもあります。

子供ができると家事の分担も増えたり、一人の時間が確保できなくなったりします。

また体力の衰えもあるため、同じ20代でできていた時間の使い方ができなくなり、仕事に使う時間もしんどくなります。

私の場合、30代で管理職に出世したことで、労働時間が劇的に増えました。

子供も生まれたばかりだったのですが、家族との時間も十分に取ることができず、休日出勤も当たり前の環境に疲れを感じました。

そして、転職後は残業時間も10時間程度、休日出勤もなくなり家族と過ごす時間が増えました。

休みの日には子供と遊び、成長を自分の目で見ることができ、労働環境を改善する転職に満足しています。

職場環境を改善したい場合

職場の人間関係が円滑にいかず、生活に支障が出るほど苦しい思いをしている場合、職場環境を改善するために転職すべきです。

新卒で入社した場合であれば、「こういう考え方もあるんだ」と納得いく、いかないに関わらず従うことがあります。

しかし、30代になるとある程度の人間形成ができていることもあり、合わない人と歩み寄ることが難しくなってきます。

折が合わない人とこの先20~30年も仕事で家族以上に顔を合わせると思うと、心が苦しくなります。

同僚クラスであれば異動で離れることができるかもしれませんが、それが上司や経営者であれば、ずっと関係性が続く可能性もあります。

私の場合は、上司と意見が合わず何度も言い合いになっていました。

この先この上司の元でずっと働くことをイメージした時に、別の環境で仕事をすることの方がよりストレスフリーで働くことができると感じたため、転職に踏み切りました。

住宅環境を改善したい場合

転勤で不安定な生活になることへの不安や、働く場所に悩みがあるのであれば転職すべきです。

30代になると家族が増え、せっかく子供が学校で出来た人間関係も、転勤で単身赴任ではなく、家族が付いてくるとこれまで良好だった人間関係を変えてしまうリスクもあります。

転勤すれば部署異動以上に新しい人間関係も構築しなくてはいけなかったり、慣れない土地で苦労したりするかもしれません。

また、都心部で働いている場合、給与は高くても生活にかかる費用が高いため、生まれた故郷や田舎で働くという新しい住環境で働くことで、生活費を減らすこともできます。

私の場合、全国転勤が必ずあるという仕事でした。

実際に転勤した同僚に聞くと、自治体の制度も違い子供の医療費補助が受けることができなかったり、家族が環境に慣れず単身赴任になってしまったりという、あまりよろしくない話を聞き、転勤のない地元採用の企業に転職することを決めました。

仕事のやりがいや企業の発展もわかりますが、家族との仲を削ってでも手に入れたいと私は思いませんでした。

30代からの転職が難しくなる理由と成功するコツをまとめました

資格なしならマネジメント経験は必要

30代で満足いく転職をするには、いくら売り手市場であってもこれまでの経験やスキルが求められます。

第二新卒や20代の転職とは違い、即戦力が求められます。その分かりやすい形が資格です。

有資格者であれば採用担当者も一定のスキルを評価でき、転職もスムーズにいく可能性もあります。

しかし、資格がない場合、30代で実績以上に求められるのがマネジメント経験です。

それほど、30代以上の即戦力に求められるのは、うまくチームに溶け込み、うまく目標達成するためにリーダーシップを取れる人材であるかということです。

私の場合は前述した通り管理職経験がありました。チームでは10名以上の正社員のマネジメント、非常勤では80人近い社員の管理をしていたため、資格がなくても書類選考に通り面接でもマネジメント経験についても質問をよくされました。

副収入があり給与が下がっても良いなら転職しても良い

転職により人間関係や労働時間を改善できた場合、満足した転職ができるかというと切っても切れないのがお金です。

環境が改善されても、大幅な年収ダウンを強いられ生活が困窮したり家族の生活費が逼迫してしまえば、転職が本当に成功だったかわからなくなります。

しかし今、働き方改革により、副業が認められる会社が増えました。

転職先の給与と副収入で現職同等もしくはそれ以上であれば、より良い環境へ転職してもうまくいきます。私の場合は、転職で一時的な年収ダウンを受け入れました。

その分できた時間を利用し、WEBライターやライティングなど新しい副業にチャレンジし、ダウンした年収の一部をカバーしていました。

転職して3年目にして前職の給与に戻るくらいになりましたが、一時的な給与がダウンしても、補てんできる収入があり計算ができれば、転職しても良いです。

また、副業で取り組んだスキルが本業に活かせる場合もあります。

私であれば、転職先でスキルが認められ、WEB担当としての業務を任せられました。

業務が増える分やることは増えましたが、これまでの知識も活かし学びもあるので、本業も副業も相乗効果でステップアップすることができています。

30代前半の転職は有利?不利?転職事例から分かる転職対策

まとめ

30代で転職すべき特徴についてまとめると、労働環境・職場環境・住宅環境改善を強く希望する場合、転職してもうまくいく場合が多いです。

転職は、これまでの経験や能力が最大限に評価されステップアップできる転職と、仕事が苦しくネガティブな気持ちからする転職があります。

どちらも同じ転職ですが、30代が絶対的に目標にしたいのはステップアップの転職です。ネガティブな転職は、条件や待遇面で劣ることが多いため、最終的にまた転職を検討する可能性があります。

ネガティブな転職にしないようにするためには、仕事がうまくいっている時にこそ、自分の職務の棚卸をしておくことです。

それを元に職務経歴書を常に更新し続けると、いざ転職したいと思った時にすぐに行動を起こせます。

特に30代は仕事の量や幅も広く、1年で携わることも変わる可能性があるため、定期定期に職務経歴を更新していくと良いです。

ぜひ、慎重かつ覚悟を持って30代の転職にチャレンジしてみてください。

30代後半の転職で成功する人の特徴とは?キャリアアップを実現する人の特徴

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件