4月入社を目指すのにベストな転職対策と時期について解説!

4月入社を目指すのにベストな転職対策と時期について解説!アイキャッチ画像

転職は通年でおこなわれており、入社時期は決まっていないのが一般的。

しかし、どうせ転職するなら新体制がスタートする4月に入社したいと思いませんか?

4月入社に照準を合わせて、対策や準備をするためには「転職開始時期」の見極めが重要です。

そこで、今回は4月入社を目指すのにベストな転職対策と、開始時期を徹底解説します。

5分程度で読み終わる内容にまとめてあります。

以下の目次をクリックすると気になる項目にジャンプできます。

4月入社は転職する最もベストなタイミング

4月入社は新卒入社や、新卒採用活動の時期とかぶってしまうため、転職しづらいのではないか…?と思われるかもしれません。

しかし、4月入社は1年の中で最も転職に向いているベストタイミングなんです。

その理由は以下の2つです。

  • 3月までに人員補填したいので、内定をもらいやすい
  • 新体制に変わるので馴染みやすい

以下で詳しく解説します。

3月までに人員補填したいので、内定をもらいやすい

4月は企業の制度が一新して新体制に移る時期です。

しかし、企業内では新体制に変わる前の3月に人員が不足する傾向にあります。

みなさんと同様に転職が決まって3月末で退社する社員もいれば、定年退職をする社員、新プロジェクトの人事異動などで人材が急激に不足します。

4月に新入社員が入ってくるとはいえ、研修期間を必要とするため即戦力は期待できません。

一方で、転職者は既にビジネスマナーや業務スキルなどの研修を受講済みですから、研修に時間を割く必要がありません。

そのため、年度末で急減した人員を補填をするために、即戦力の期待できる転職者に内定を出す傾向が強いのです。

新体制に変わるので馴染みやすい

もちろん、転職者側にもメリットがあります。

年度中に転職すると、既にチームやプロジェクト内の人間関係が固まっているケースが多く、人間関係に悩みやすくなります。

しかし新体制に変わる4月に入社すると、人員移動や新規チームの発足の時期に重なりますから、馴染みやすくなるのです。

4月入社を目指すなら余裕をもって1月に動き始める

4月入社を目指して転職活動を始める時期は、「1月」がベストです。

実は、転職活動は内定獲得まで3か月かかるのが一般的です。

しかし、転職活動にかかる平均期間の他にも、1月に転職を始めた方がいい理由は3つあるんですよ!

その理由について以下で解説します。

2月が一番求人が多いので採用活動への参加準備が必要

上の項目でお話しした通り、企業は年度内の採用を目指して求人を出します。

面接や書類選考の期間を考慮し、2月に求人が集中する傾向にあります。

求人が出てから自己分析や業界分析を行うと、他の転職者に遅れをとってしまうことにも繋がります。

そのため、求人の集中する2月に応募できるように、1月から転職活動をはじめて事前に準備しておく必要があるのです。

他の転職者がまだ動き始めていない

1月は年末年始が終了したすぐ後にあたりますから、休みムードが抜けきっていません。

そのため、1月に転職活動を本格的に始めようとする人は非常に少ないんです。

年始でスタートダッシュをきめて、他の転職者に差をつけることで余裕も生まれます。

転職支援サービスのサポートをフル活用しやすい

転職活動を始めると、ほとんどの人が転職支援サービスを利用します。

転職支援サービスとは、求人を掲載している転職サイトや、無料で転職のサポートをしてくれる転職エージェントのことを指します。

2月に求人が集中し、転職活動を始める人が増えると、同時に転職支援サービスの利用者も増えます。

実は、転職支援サービスの利用者が増えることで、サポートを受けたい人が殺到し、サポートの利点をフル活用できない可能性が高いんです。

前述のように、1月はまだ他の転職者が動き始めていない時期にあたりますから、転職支援サービスは比較的空いています。

つまり、1月に転職活動を始めておいて、サービスの利用を他の転職者よりも早く始めておくことは、サポートをフル活用できる可能性を高めることに繋がるのです。

退職予定を伝えるのにベストな時期

民法上では、正社員として月ごとに給料をもらっている人(=月給)は、「退職予定の3か月前に企業側に退職の意思を伝える必要がある」と明記されています。

4月に入社を目指して転職活動を行うのであれば、3月末には退社しなければなりません。

1月に転職活動を始めると同時に、職場に転職活動をしていることと退職を3月末に予定していることを伝えると、民法上の規定に沿った3か月前に申請していることになるので、トラブルを避けることができます。

しかし、企業ごとの就業規則で退職の申請時期を定めているところもあります。

就業規則に申請期日が明記されていた場合は、その期日までに申請する様にしましょう。

4月入社の内定時期目安は2月後半~3月前半

ここでみなさん「4月入社の内定時期っていつなのか」って気になりますよね。

4月入社の内定時期の目安は一般的に2月後半~3月前半です。

しかし、確実にこの期間に内定を獲得できるわけではありません。

あくまで目安ですので、退職の申告時期の見極めの参考にして下さい。

4月入社を目指すためのベストな転職対策

4月入社は他の転職者も狙う人気の転職時期です。

その中を勝ち抜いて内定を獲得するには、しっかりと対策を取る必要があります。

4月入社を目指すためのベストな就業規則は以下の通りです。

  • 転職サイトや転職エージェントを利用する
  • 週刻みの転職スケジュールを立てる
  • 気になる求人は応募して枠を確保しておく

以下で詳しく解説します。

転職サイトや転職エージェントを利用する

転職サイトや転職エージェントなどの「転職支援サービス」をしっかりと活用しましょう。

「でもお金かかるんじゃ…」と不安になっている方、大丈夫です。

転職サイトや転職エージェントは無料で利用できるサービスなんですよ!

自分の興味関心にあった求人を紹介してもらえたり、求人へ一括応募できたりと手間がかからないのが特徴です。

1人で求人を探して応募するよりも、負担を減らして転職活動を進めることができますので、利用しておいて損はありません。

エージェントは12月には面談を済ませておこう

転職エージェントを利用する方は、12月にはコンサルタントとの面談を済ませて、サポートを受けられる体制を作っておきましょう。

転職エージェントは、登録すれば無料で転職を専門にしたコンサルタントのサポートを受けられます。

転職者のスキルや希望条件に合わせた求人紹介のほかにも、書類選考で提出する書類の添削や面接指導など、転職活動の全面的なサポートをしてもらえるんです。

しかしこのサポートを利用するには、登録後にコンサルタントとヒアリングを兼ねた面談を行う必要があります。

面談を受けて初めてサポートが受けられるようになりますので、いいスタートダッシュを決められるように12月には済ませておきましょう。

週刻みの転職スケジュールを立てる

4月の入社を目指すには、週ごとの転職スケジュールを立てておくと、いつ何をすればいいかが明確になり、行動しやすくなります。

段取りよく活動を進めていくことは、内定を獲得する近道にもなりますから、転職活動を始める段階で決めておくのがベストです。

ちなみに、4月入社を目指した場合の転職スケジュール例は以下の通りです。

  • 1月第1・2週:自己分析・業界分析
  • 1月第3・4週:自己PRやアピールポイントの整理
  • 2月第1・2週:求人へ応募・書類提出
  • 2月第3・4週:面接
  • 3月第1・2週:内定・退職準備
  • 3月第3・4週:予備

気になる求人は応募して枠を確保しておく

この記事の上部でも紹介した通り、4月入社の求人を狙った転職者は非常に多いです。

採用枠を確保するためにも、気になる求人には積極的に応募して枠を確保することに専念しましょう。

企業内でも4月入社の中途採用の応募上限人員と募集枠が決まっています。

そのため、人気のある求人は応募が殺到した場合、すぐに求人募集を取り下げてしまう可能性があります。

求人を取り下げられてしまうと応募すらもできなくなってしまいますから、気になる求人があったら保留せずに、とりあえず応募しておきましょう。

4月入社を目指す際の3つの注意点

4月入社のメリットや転職対策についてここまで紹介してきましたが、やはり4月入社を目指す際に注意すべき点が存在します。

注意すべき点は以下の3つです。

  • 転職活動を始める人が集中する
  • 企業によっては求人が無い場合も
  • 企業の都合で入社時期がずれる場合もある

以下で詳しく解説します。

転職活動を始める人が集中するため競争率が高い

何度もお伝えしている通り、転職者が集中する時期ですから、競争率も必然的に高くなります。

そのため、他の転職者と違って早く始めた場合でも、気を抜かずに取り組むことが重要です。

しかし、競争率の低い企業を狙ってラクに転職をしようとするとなると、入社後に公開することになりかねませんので、気をつけましょう。

企業によっては求人が無い場合も

企業が人手不足に陥りやすい時期だからと言って、全ての企業が中途採用の求人を出してくれるとは限りません。

業界や企業によっては4月入社は新卒のみと限定しているところもあります。

自分の興味のある企業が絶対求人を出している保証はありませんから、考慮しておきましょう。

企業の都合で入社時期がずれる場合もある

企業によっては、3月の新卒採用活動解禁で急激に忙しくなるところもあります。

そのため、転職後の社内研修に割く時間や人材の関係上、入社を前倒しで3月、遅らせて5月にしてほしいと言われる可能性もあるのです。

確実に4月に入社できる!と確約される訳ではないことも考慮しておくことが必要です。

4月に転職活動を始めるのはアリ!

転職活動を始めようとしている方の中には、「4月入社」ではなく、「4月に転職活動を始めたい」と考えている方もいるのではないでしょうか。

しかし、ここまでの内容を見て「4月からの転職は時期を外れてそうだから厳しいんじゃ…」を不安になるかもしれません。

実は、4月は転職の最盛期を外れてはいるものの、1~3月とは異なった求人やレアな求人が掲載されることのある特別な期間なのです。

3月中に予定以上の退職者が出てしまった場合や、転職者が突然内定を辞退してしまった場合などの急な人員不足に合わせて募集を再開する企業もあるんです。

この時期の求人は通常募集がかかりにくい職種や、高ポストな職種の求人も出されることもありますから、転職活動が厳しくなるとは言い切れないのです。

転職サポートが充実している転職エージェント

ここで、転職サポートが充実している転職エージェントについて紹介します。

実際に利用した方の口コミや評判から選出していますから、転職エージェントの利用を検討されている方はぜひ利用してみてくださいね!

退職手続きまでサポート!パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは「株式会社パソナ」が運営する転職エージェントです。

16000社以上の企業から求人が寄せられているため、求人数も申し分なしです。

また、担当コンサルタントとのカウンセリングや相談は、平日仕事で忙しくても参加できるように、土日や夜の対応もしてくれます。

また、自分のスキルと応募先の企業の提示する年収に不満がある場合は、コンサルタントが条件交渉を代行してくれます。

もしも、職場との退職交渉が上手くいかない場合は、コンサルタントに相談すればフォローもしてもらえるんですよ!

コンサルタントの対応の評判は非常に高く、特に在職中のサポートに関しての良い口コミが多数寄せられています。

詳細はこちら

4月入社で新しいスタートを切ろう!

4月の入社は新年度で心機一転、新しいスタートを切るいい機会です。

この時期に採用活動を行う企業も、非常に採用意欲が高いため、1年の中でも内定が貰いやすい貴重な時期です。

しかし、他の転職者も同じ時期を狙って転職活動を始めるため、競争率が高くなることを理解しておきましょう。

転職支援サービスである転職サイト・エージェントを有効活用することで、在職中でも負担を減らして転職を進めることができますから、積極的に利用するようにしましょう。

今回この記事で紹介した転職エージェントの他にも、評判の高いサービスはありますので、検索してみてくださいね!

4月に転職を始める方も、まだまだ採用活動を行っている時期ですから、諦めずに積極的に行動するようにしましょう。

今回ここで紹介したような対策や注意事項を参考にして、4月入社を目指しましょう!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件