【辛い転職活動を乗り越えるための方法】転職活動に疲れたと感じたら実践してほしい6つのこと

転職活動が辛い

「書類は通るのに面接で上手くいかない・・」「最終選考でもう大丈夫だと思っていたのに落とされた・・。」

転職活動はあと何社受けたら内定がもらえるのか、あと何か月で終わるのかという明確な基準がありません。

明確な終わりが見えない状態で不採用が続くと「自分はどこからも必要ないのかな・・」と不安になって疲れてしまいますよね。

しかし転職は人生の重要な分岐点。焦って転職して後悔しては本末転倒ですね。

転職活動に疲れてしまった方は少し休んでみることをお勧めします。
不安に思うかもしれませんが、休むことで見えてくることもたくさんありますよ。

転職活動の何に疲れるの?悩み別の対処法とは

不採用通知でどんどんネガティブになって疲れる

転職活動中はただでさえナイーブなのに、不採用通知が来るとさらに落ち込みますよね。

メールを開くですら怖い・・そんな方もいらっしゃると思います。

頑張っても頑張っても来るのはお祈りメールだけ・・転職活動が疲れる主な原因でしょう。

対処法①:縁がなかったと割り切る!

反省はしても落ち込まないことが1番です。終わったことは仕方ありません。縁がなかったと割り切りましょう。

すべての企業に内定することは不可能です。むしろ「企業とのミスマッチを防ぐことができた」と前向きにとらえましょう。

転職先が決まらない人ほど「自分はどこからも評価されない」という考えに陥りがちです。

書類選考や、面接は自分が評価される場ではありません。選考は個人と企業のマッチングの場です。そう考えれば少し気が楽になりませんか?

内定が取れないのは、個性や能力が否定されているわけではなく、企業と自分がマッチングしなかっただけに過ぎません。

対処法②:気分転換でリフレッシュ!

通勤時間に好きな音楽を聴く、友人に会っておしゃべりする、休みの日に映画を見に行くなど気分転換の方法はいくらでもあります。

たまには転職活動をお休みして、思いっきり遊ぶことで気分も回復するかもしれません。

私は友達に相談する・美味しいものを食べる・十分な睡眠をとる、だいたいこの3つで翌日すっきりして過ごしています。

忙しくて時間に追われる生活が疲れる

転職活動中、応募しようと思っていた企業の募集がいつのまにか終わっていた・・・そんなこともありますよね。

特に在職中だと休日の限られた時間しか時間がないので、時間が取れない、取れたとしてもカツカツの生活・・。

対処法①:空き時間をうまく活用する

今の時代、求人のチェックや応募先の情報収集はスマートフォン1つで簡単にできます。通勤の時間や、普段何となくテレビを見ている時間などスキマの時間を有効に使いましょう。

私は電車の中で試験の対策ができるアプリを使って勉強していました。

お金がかかる

転職活動は何かとお金がかかりますよね。特に交通費が馬鹿になりません。

電車で行ける範囲でも、片道500円としても往復1000円と、結構な出費になります。

電車でいけない範囲だと飛行機や新幹線の利用になるかと思いますが、こちらもかなりの出費です。

対処法①:転職活動前に少しずつ貯金する

転職活動にかかる費用を見越して少しずつ貯金をしているかたが大半のようです。

一般的には退職後の転職活動の場合月給の2.3か月分は用意したほうがよいと言われています。

在職中も交通費・スーツ代・履歴書用の写真代などある程度の出費に備えましょう。

対処法②:日々の出費を節約する

転職活動を経験した方の中には、電車の利用を避けて自転車で通勤した方もいます。

このように日々の出費を少しずつ抑えたり、家計簿をつけてお金を管理したりすることが節約に繋がります。

対処法③:応募先に相談する

面接会場が遠方の場合、テレビ電話で面接できる会社もあります。

面接は来社が基本ですがIT系の企業だと実施しているところはありますので、どうしても来社が難しい場合は相談してみるのも手でしょう。

今の仕事が上手く調整できず、面接の日程が合わない

就業時間中に面接時間が設定されることも珍しくありません。

働きながら転職活動をしている方にとってつらい状況ですよね。

対処法①:応募する企業に相談してみる

現在も就業中であることを伝えれば、就業時間後に面接の時間を設定してくれる企業もあります。

来社が難しい場合は相談してみましょう。

対処法②:知人の結婚式や体調不良などの嘘で仕事を休む

面接日に向けて風邪っぽい雰囲気を出す・体調不良を装ったという方もいらっしゃいます。

罪悪感がある方法ですが、有給も取れず、面接日の変更も難しい場合はこれも1つの手です。

周りに転職活動がばれないようにするのが疲れる

面接時の服装だったり、有給の取り方で周りに転職活動をしていることがばれてしまうのではないかと気を遣うのは疲れてしまいますよね。

転職活動が会社にバレる原因とは?内緒で転職活動を進める秘訣

対処法①:面接日も違和感がないように服装を工夫する

普段スーツを着ない方がスーツを着ると「今日は会議もないのに何でスーツ?」と違和感を持たれてしまいます。

普段からきちんとした格好でいると上手くカモフラージュできるかもしれません。

面接のためのスーツをコインロッカーに入れて着替えるのも手でしょう。

また、企業によっては、スーツでなく、ビジネスカジュアルOKの会社もあります。応募先に確認しておきましょう。

転職活動の先が見えず、疲れる

転職活動の先が見えずに不安になり、疲れることはよくあることです。

いつ内定が出るかもわからずに転職活動を進めることは、暗闇をあるき続けることと同じです。

結果として、転職活動に疲れてしまうということは珍しくありません。

この場合、転職活動に指標となる光を設定すると解決することができます。

ここからは光の差し方を解説していきます。

対処法①:転職の目的を確立する

転職の目的を確立することは、転職活動の先が見えなくなることを未然に防ぐ方法の一つです。

転職活動をする理由を明確にしておけば、転職活動の行動一つ一つに意味が生まれます。

そうすれば、転職活動の先が全く見えないということはなくなるでしょう。

転職活動の先が見えないで疲れてしまっている人は、原点に立ち返って転職活動をする目的を考え直してみると良いでしょう。

対処法②:転職のスケジュールを決める

転職のスケジュールを決めることも、転職活動の先が見えずに疲れてしまうということを未然に防ぎます。

事前に立てた転職のスケジュールに沿って転職活動を進めていけば、少なくとも迷子になることはありませんよね。

転職のスケジュールを組むことで、大体の転職活動終了の時期を見込むこともできます。

終わりのない旅ではなくなるため、先が見えずに不安になることもなくなります。

結果として、疲れるということがなくなるのです。

退職の手続きが大変

退職の手続きが大変であるということも、転職活動を進めるにあたって疲れる要素の一つです。

転職が成功した場合に退職をするとなると、引き継ぎの業務や引き止めなどに足を引っ張られることになります。

ただでさえ疲れることの多い転職活動に加えて退職手続きをするとなると、負担は2倍です。

結果として疲れてしまう原因になるのです。

対処法①:退職代行を利用する

退職の手続きが大変だという理由の対処法としては、退職代行を利用するという選択肢が一番です。

退職代行は、自分で退職する旨を言い出せない人が利用できるサービスで、退職をするにあたって必要な手続きを代行してくれます。

ある程度の費用はかかりますが、その分心理的負担は軽くなります。

退職をするにあたった疲れた、ということがなくなるため、対処法としてはアリな選択肢です。

転職で疲れないようにするためのポイント

転職で疲れないようにするためのポイントは5つあります。

  • スケジュールを立てて転職活動を進める
  • 時間的な余裕を作る
  • アプローチをする求人を絞って転職をする
  • 適度にストレス発散をする
  • 有給休暇や半日休暇を活用する

これらの方法を実践することで、転職で疲れないようにすることが可能です。

ここからは、転職で疲れないようにするための方法を一つずつ解説していきます。

スケジュールを立てて転職活動を進める

スケジュールを立てて転職活動を進めることは、転職活動で疲れないようにするために重要なポイントです。

前述した通り、転職活動の指標となるものがないと、転職は疲れてしまいがちです。

そんなときに指標となるのが、転職をする理由とスケジュールです。

転職活動のスケジュールをきっちり立てることで、疲れない転職活動を実現することができるのです。

時間的な余裕を作る

時間的な余裕を作ることも、疲れない転職活動をするためには重要です。

時間的な余裕は、精神的な余裕に直結します。

時間の余裕を作ることはなかなか難しいかもしれませんが、疲れない転職を最優先に考えるのであれば、是非作るべきです。

転職活動全体のアクションを少なくし、時間的な余裕を作ることも立派な転職活動です。

アプローチする求人を絞って転職をする

アプローチをする求人を絞って転職することも、疲れない転職活動を進めるためには必要です。

アプローチする求人を増やしてしまうと、その分転職活動に割く時間が多くなります。

時間とアクションが多くなればなるほど、転職活動の疲れは大きくなります。

それなら、アプローチする求人自体を減らしてしまえば良いのです。

アプローチをする求人を減らすことで、疲れのない転職活動を進めることができるのです。

適度にストレス発散をする

適度にストレス発散をすることも、転職活動で疲れないために重要なポイントです。

ストレス発散の方法は人それぞれです。

しかし、転職活動において多くの人が忘れがちなのが、このストレス発散なのです。

ストレス発散をすることで、転職活動を疲れなく進められるようになります。

有給休暇や半日休暇を活用する

場合によっては有給休暇や半日休暇を活用することも視野に入れておきましょう。

転職活動で時間がなくなってしまう場合、有給を利用すれば時間を作ることができます。

無給ではないため、安心して利用することができるでしょう。

収入を得ながらしっかり転職活動を進めることができるため、時間に余裕がない場合は有給や半日休などを利用して時間を作ることをおすすめします。

とにかく転職活動に疲れた!もう何もしたくないという方への対処法

転職活動を一旦お休みしてみましょう!休憩も大事な転職活動の一部です

転職活動中は情報がたくさん頭の中に入ってきます。

求人を見て、履歴書を書いて、面接を受けて・・何社も何社も受け続けると、情報で頭がいっぱいになり整理できなくなってしまいます。

まず頭の中を整理できるようになることが大切です。

頭を整理するためにも転職活動を休んで気分転換してみましょう。

友人に相談してみる

転職活動は基本一人で進めなければいけないので孤独感を感じやすいです。

また、転職先がなかなか決まらない焦りから、自分を客観的に見れていない可能性があります。

友人と会って、「こんな理由で転職したいと考えている」「自分にはどんな仕事が向いてそうか」と相談してみましょう。

友人に話すことで、自分の視点とは違うアドバイスをもらえるかもしれませんし、自分がどうしたいのかが整理されるかもしれません。

特に異業界で働いている友人の話はなにかひらめきがあるかもしれませんよ。

自分の市場価値を見直す

十分な休息をとって友人ともはなして自分の気持ちが少し楽になってきたら、自分の市場価値をもう一度考え直してみましょう。

自分の市場価値と企業が求めている人物像がマッチングしていれば意外と転職活動は上手いきやすいです。

自分の市場価値がよく分からない場合は転職エージェントを利用してみてはいかかでしょうか。転職のプロがあなたにぴったりの求人を紹介してくれるかもしれませんよ。

転職エージェントや転職サイトを変える

もし、1つや2つの転職ツールを使っていない方がいたら、他のサービスも使ってみてはいかかでしょうか。

転職エージェントや転職サイトは多数あります。載っている求人も違えば、転職エージェントごと、転職サイトごとのカラーも違います。

1つのサービスしか使ってはいけないという理由はありませんので利用してみましょう。

ただし会社によっては転職を急かしてくるエージェントも存在します。

自分が転職に譲れないものをはっきりさせておき、希望と違う会社を勧められたら断る力が必要です。

転職エージェントの裏事情!エージェントの仕組みと落とし穴

ペース配分を見直す

3ヵ月以内に転職するぞ!と意気込んで転職活動をしている方もいるでしょう。

悪いことではありません。むしろ意欲的で素晴らしいことです。

しかし、自分に無理があるペースは転職先が決まらないことへの過度な焦り、不安に繋がります。

少し飛ばしすぎたかな・・という方はペース配分を見直してみてもよいでしょう。

なぜ落ちたのかを分析する

ある程度気持ちが回復してきたら、いままでの企業がなぜ不採用だったのか分析してみましょう。

そもそも、企業がもとめる人材じゃなかったのか、書類の書き方が原因なのか面接の仕方が悪かったのか・・。

不採用は自分自身の能力や性格が否定されているわけではありません。

しかし、不採用になったのには理由があるはずです。前向きに分析できると次の応募で同じ失敗をするリスクは減らせるはずです。

焦って転職しても意味はありません

周りの人が短期間で転職を成功していると焦りを感じますよね。

自分だけ何で決まらないんだろう・・と不安に思うことでしょう。

しかし、どこでもいいやと入りたくない企業に転職してしまうと、また転職する状況になりかねません。

せっかく転職したのに納得できないなんてもったいないです。

転職を繰り返すことでどんどん転職自体難しくなっていくでしょう。

そう考えると転職に時間はかかっても、焦らず納得いく転職をしたほうがいいと私は思います。

転職活動に王道なし!自分のペースで納得のいく転職をしよう

転職活動に正解はありません。転職セミナーやネットの情報を参考にしても最終的に決断するのは自分です。

一旦転職活動をお休みして「自分が転職して何を叶えたいのか」「転職先でどういう風に働きたいのか」をはっきりさせてから活動を再開させてからっでも遅くないと思います。

疲れたら気分転換をして、自分のペースで転職活動をすすめていきましょう!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件