仕事ができる人の性格や特徴15選!今日から取り入れられる習慣も徹底解説

仕事のできる人 性格

会社で働いていると仕事のできる人を見かける機会もあるでしょう。

仕事のできる人は会社からも重宝される傾向にあり、将来昇進できる可能性が高くなります。

みなさんも仕事ができる人間になって、給料も信頼も高めていきたいと思いますよね。

しかし仕事ができる人を目指すといっても、何から始めて良いのかわからない!という方も多いでしょう。

今回は仕事ができる人に共通する特徴や性格について、徹底的に紹介していきます。

また今日から実践できる、仕事ができるようになるための習慣についても解説していますので、是非参考にしてみてください。

仕事ができる人=周囲を尊重できる人

仕事ができる人というと、成果をつねに出している人と結びつけることも多いでしょう。

成果を出すことももちろん大切ですが、仕事ができる人の多くは、周囲を尊重できるという特徴を持っています。

いくら成績をだして個人プレーができても、会社は一人では成り立ちませんから、周囲との連携やコミュニケーションが重要になるのです。

ピンチになったときに周囲が助けてくれるようにもなります。

一人だけで仕事ができると認識されるようになろうとしないことを、よく把握しておいてください。

仕事ができる人に共通する性格・特徴15選

仕事ができる人に共通する性格・特徴は以下の通りです。

  1. タイムスケジューリングが上手い
  2. 周囲を常に意識しながら仕事に取り組んでいる
  3. 人からの恩をきちんと返す
  4. 報連相を欠かさない
  5. 考え方がポジティブ
  6. 主観で物事を話さない
  7. 仕事に対して学ぶ意識が高い
  8. 粘り強く取り組む
  9. 外見の清潔感に気を使っている
  10. 相手の話を聞く傾聴力がある
  11. 結論から物事を話す
  12. 電話やメールの返信が非常に速い
  13. 判断力がある
  14. マルチタスクができる
  15. 前準備を徹底して行う

以下で詳しく解説していきます。

①タイムスケジューリングが上手い

スキマ時間でできる仕事3選

仕事をこなしていくには、効率的に進めるために時間を設定して自分でスケジューリングを行う必要があります。

仕事のできる人は、タイムスケジューリングを徹底して行っています。

また自分の力量と一つの仕事あたりにかかる時間をきちんと把握していますので、無駄なく仕事を進められるのです。

もちろん仕事のできる人も、最初からすべての仕事にかかる時間を把握していたわけではありません。

上司にかかる時間の目安を確認したり、自分で実際にやってみてかかった時間から、効率的な時間を算出したりと自分で調整するように努力をしているのです。

新しい仕事を与えられても目安を聞いたりと、常に効率よく行動できるように考えを巡らせることが、習慣化しているのです。

仕事ができない人の16個の特徴とデキる人になる改善法を解説

②周囲を常に意識しながら仕事に取り組んでいる

冒頭でも紹介したように、仕事のできる人は常に周囲を意識して行動しています。

誰がどの作業に強みを持っているのか、だれか困っている人はいないかと、常に周囲のことを考えながら仕事をする視野の広さを持っています。

仕事に取り組むうえでは、周囲と連携しながら進めていくことが重要になります。

周囲の動きにも常に気を配っておかないと、万が一トラブルになったときに対処できなくなります。

積極的にコミュニケーションを取るように心がけている人が多いのです。

③人からの恩をきちんと返す

退職時の花束はいらないと思う人が多い?おすすめのプレゼントは?

人からもらった恩をきちんと返す精神が身についているのも、仕事ができる人に共通する特徴です。

誰かに助けてもらったことを覚えていて、相手がピンチになったときに恩返しとして手伝ってあげるお互いさまの精神を持っていることが多いです。

また何か物をもらったときに、ささやかモノでもきちんとお返しをして渡す心遣いもできます。

相手がうれしいことをさりげなくできるのも、仕事のできる人に共通する特徴であるといえます。

④報連相を欠かさない

仕事ができる人は基本的に報連相を欠かさずに行う傾向にあります。

報連相とは、皆さんもご存じの通り報告・連絡・相談のことを指します。

もちろんただ闇雲に行うのではなく、適切なタイミングを判断して実施することが多いです。

上司や他の同僚にとっても適切なタイミングを、経験上から判断しています。

またトラブルが発生した時には、隠そうとするのではなく迅速に報告することが多いです。

いいことも悪いことも迅速に報連相出来るようになると、状況をきちんと管理できていると周囲から思われるようになります。

⑤考え方がポジティブ

「今の仕事は楽しい?」2400人に訊いて分かった驚きのアンケート結果と楽しい仕事の探し方

仕事ができる人の多くは、ポジティブな考え方を持っていることが多いです。

仕事でミスをしても次に生かせるととらえたり、自分の経験値として受け止めることもできるようになります。

マイナス思考を仕事に持ち込むことが無いので、他の人に対する接し方も変わっていきます。

会社の中でも常に愚痴ばかりこぼしている人よりも、周囲に対してポジティブな言葉をかけられる人の方がすかれますよね。

相手に対しても不快な思いをさせないため、企業内でも信頼される人間として扱われるのです。

仕事でありえないミスを連発!メンタルを維持する方法を徹底解説します

⑥主観で物事を話さない

仕事ができる人は業務について話をするときには、主観で物事を話すのではなく、きちんと事実と数値に基づいて物事を分析します。

伝える時も余計な情報が入り込まないように、自分の意見を後回しにして事実のみを的確に伝えるように週間づいているのです。

伝えられる側も理解するまでに時間がかかりませんから、お互い円滑なコミュニケーションが図れるようになります。

また主観を挟まずに相手に物事を伝えられることで、情報を整理する能力が高いと評価されることもあります。

⑦仕事に対して学ぶ意識が高い

資格の勉強を進める女性

仕事ができる人は現状維持ではなく、常に進化できるように勉強を日々重ねています。

毎日自分の専門にしている分野に関する記事を読んだり、仕事に生かせるスキルを見つけようと常にアクションし続けています。

インプットをするだけではなくアウトプットをする意識も生まれていきますから、仕事に生かせる能力がどんどん身についていくようになります。

⑧粘り強く取り組む

仕事のできる人はたった一回のミスでくよくよすることなく、粘り強く取り組むことができることが多いです。

仕事でミスをしたからと言って毎回落ち込み続けるのではなく、落ち込んでからきちんと切り替えて、仕事に取り組むことができます。

仕事は何回も失敗して繰り返していくことで、段々と経験として身についてくるものです。

きちんと自分の中でフィードバックをして、次は改善できるように取り組むメンタルの強さも重要になります。

⑨外見の清潔感に気を使っている

身だしなみを整えているスーツの男性

仕事のできる人は、内面だけではなく外見の清潔感にも気を使っていることが多いです。

スーツを着ている場合はピシッとプレスされているものを着用しています。

またハンカチを常に持ち歩いたり、靴を定期的に磨いたりと、周囲の不快にならないレベルをつねに維持しています。

シャツもきちんとアイロンのかかっているものをつねに用意したりと、維持する為の労力も欠かしません。

高級なものをつねに身に着けるわけではなく、あくまでいやらしくない程度のハイセンスさを持ち合わせていることもあります。

⑩相手の話を聞く傾聴力がある

仕事のできる人の多くが聞き上手です。

人間だれしも自分が話をしていると気分が良くなりますから、相手に対して好印象を抱くことが多いです。

相手の回答から話題を広げるための糸口をつかんで、どんどん深彫りしていきます。

話していない内容にまできちんと気を配れるので、相手にとっても「話しやすい人」として認識されやすくなります。

傾聴力の向上に常に気を使っているので、日常生活でも相手に気を配った話し方を心がけていることも多いです。

⑪結論から物事を話す

仕事ができる人は回りくどい話し方をせずに、結論から物事を話すことが得意です。

みなさんも話をしていて「で、結論は?」といわれることもあるでしょう。

結論に至るまでに話が紆余曲折してしまうと、話を完全に理解するまでに時間がかかってしまいます。

結論から物事を話すことで相手の時間を取らせない姿勢を伝えることもできますし、意思疎通のミスが発生することもありません。

⑫電話やメールの返信が非常に速い

看護プロの電話連絡はしつこい?

電話やメールの返信が非常に速いのも、仕事ができる人に共通する特徴です。

相手から連絡が着ている場合、すぐに対応してほしいものもあるかもしれません。

またチャットやメールの場合は、時間の経過とともに他の通知に紛れてしまい、気づかないこともあるかもしれません。

返信を常に早くすることで、相手からは仕事をスピード感をもって誠実に対応してくれる人との印象を持たれることになります。

連絡を早くすることで成果が発生するまでの時間も早くなりますので、他の人よりもはやい速度で成果を出せるようになります。

社会人の基本となるビジネスマナーとは?ビジネスマナーを習得する方法

⑬判断力がある

仕事ができる人はその場にある判断材料から、すぐに物事をその場で判断できる判断力を持っています。

いくつもの要素があるとついつい考え込んでしまい、結論を出すまでに時間がかかってしまうことも多いですよね。

その場で何が必要か、どれを捨てるべきかを瞬時に選択できるのが、仕事のできる人です。

もちろんこれまでの経験に基づいていることが多く、根拠を持った判断ができるのが特徴です。

⑭マルチタスクができる

仕事のできる人の代名詞といったら、マルチタスクができるということですよね。

マルチタスクを行うには、与えられている仕事の量を判断し、同時にできるものを分類分けすることが重要です。

また同時並行するための作業環境を用意したり、頭の中を整理する能力も必要になります。

複数の仕事を同時に進めるための時間管理も、同時に並行して行えるようになります。

慣れている作業を割り振ったりと、経験則に基づいているのが一般的です。

⑮前準備を徹底して行う

仕事のできる人はただぶっつけ本番で挑むのではなく、前準備を徹底して行うことを心がけています。

相手から帰ってくる返答をあらかじめ予測して用意しておいたり、相手のことを事前によく調べてから打ち合わせに挑むこともあります。

準備を事前に徹底して行うことで、失敗するリスクを最大限まで減らすように努めているのです。

また準備をしている姿を周囲に見せずに、陰ながらの努力を心がけていることが多いです。

今日からできる!仕事ができる人になるための方法

仕事のできる人の特徴が分かったところで、今日から仕事ができる人になるためには、どんな習慣を心がけたほうがいいか知りたいですよね。

仕事ができる人になるためには、下記の5つの行動を習慣化できるようにしましょう。

  • 上司から何を求められているのかを常に意識して行動する
  • 仕事のできる人の習慣を自分で取り入れる
  • 最新の情報を取り入れる習慣をつける
  • 情報を常に優先順位ごとに振り分ける習慣をつける
  • 愚痴やマイナスなことはつぶやかない

以下で詳しく解説していきます。

上司から何を求められているのかを常に意識して行動する

毎日の仕事で、自分が上司から何を求められているのかを、常に意識しながら行動しましょう。

頼まれたことに対しては、どれだけの期限で終わらせるか、どの程度のレベルを求められているかをきちんと聞くようにしましょう。

求められていることをどんどん深堀りして聞いていくことで、自分の中で経験として昇華することができます。

また上司に何を求められているのかを確認することで、無駄な作業も減りますので、効率よく仕事を進められるようになります。

もちろん毎回聞くのは何も理解していないと思われてしまいますので、タイミングを見計らって聞いてみるようにしましょう。

仕事のできる人の習慣を自分で取り入れる

会社で仕事のできる人を見つけて、普段から心がけていることや週間を聞き出し、自分の生活に取り入れてみましょう。

仕事のできる人は自分の生活も管理できていることが多いですから、普段のルーティンの中に仕事に結びつく何かが隠されていることもあります。

また考え方を身に着けることで、自分も仕事のできる人間と同じ思考回路にシフトすることも可能です。

まずは仕事のできる人とお近づきになり、コミュニケーションをとるところから始めてみてください。

最新の情報を取り入れる習慣をつける

通勤時間や寝る前の時間など、最新の情報を取り入れる習慣を付けましょう。

仕事のできる人は業務に関連する話題のトレンドに敏感です。

スキマ時間を見つけて情報を収集するルーティンが身についていますので、皆さんも最新の情報を取り入れる習慣を身に着けてみてください。

段々とインプットをしていくうちに、業務に結び付く発見を得られることもあります。

まずは3日間継続するところから始めましょう。

情報を常に優先順位ごとに振り分ける習慣を作る

仕事のできる人は物事の優先順位をつけるのが上手な傾向にあります。

みなさんも普段から情報を常に優先順位ごとに振り分けるように、習慣化を行いましょう。

日常生活や家事をする場面でも、何から始めなければならないのか、どれを組み合わせれば効率がいいのかを考えながら行動しましょう。

最初は失敗することも多いですが、優先順位の付け方を体になじませていくことで、段々と普通にできるようになっていきます。

愚痴やマイナスなことはつぶやかない

仕事上での愚痴やマイナスなことは、職場ではつぶやかないようにするのが一番です。

愚痴は誰が効いているかわかりませんし、言うことで自分のやる気が出るとは限りません。

マイナスなことをつぶやく事で回りに悪影響を及ぼしてしまったり、モチベーションの低下につながります。

常に仕事のことは前向きにとらえるようにして、ネガティブ思考にならないようにしましょう。

仕事のできる人の習慣を身に着けて会社で活躍できる人を目指そう

いかがでしたか?

仕事のできる人は毎日の業務の些細なところで気を使っているため、見えないところで努力していることが多いです。

実際に仕事ができると周囲から評価されている人を参考にして、日常生活の中で出来る人も実践している習慣を身に着けて、自分の能力を向上させていきましょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件