サクラクレパスに転職するなら?年収・難易度・評判を徹底リサーチ

サクラクレパス

サクラクレパスは主力商品となるクレパスを中心にして、多種多様な文具や最先端のオフィス機器・用具などを製造販売している、総合文具メーカーです。

とくに主力商品となるクレパスは市場シェアの7割を占めるなど、優れた営業力を誇っています。

また、基礎研究から量産化まで、幅広い物づくりを行っており、文具だけではなく、工業製品や医療用関連製品にも応用されています。

ここではサクラクレパスの評判、年収、待遇、転職難易度について転職を希望する方にもわかりやすいように紹介したいと思います。

一目で分かるサクラクレパスの評判

年収は高い?
残業は少ない?
福利厚生は充実している?
仕事のやりがいはある?
スキルアップにつながる?
職場の雰囲気はいい?
中途入社しやすい?

サクラクレパスはどんな会社?

会社名 (株)サクラクレパス
設立 1921年(大正10年)5月29日
資本金 9,000万円
従業員数 1,200人(グループ計)
本社所在地 大阪市中央区森ノ宮中央1-6-20
代表者 代表取締役会長西村貞一
代表取締役社長西村彦四郎
事業内容 文房具の開発・生産、教育支援事業、工業、医療、エレクトロニクス分野における特殊顔料・特殊インキ製品の企画・開発、製造販売

事業方針・経営理念

サクラクレパスは、教育・文化に貢献することを社是に挙げ、教育現場やオフィスに最適な文房具を提供している企業です。

美術教育に関連する様々なセミナーやシンポジウムを開催したり展覧会なども開催したりしています。

地域の文化拠点を目指す「サクラアートミュージアム」の運営も行っており、文化事業を通じた地域貢献にも積極的な企業です。

描画材チューブに鉛を使用することを止め、環境負荷の小さいポリチューブやラミネートチューブに全社を挙げていち早く取り組み、大阪工場ではISO14001環境マネジメントシステムの認証を取得するなど、環境問題への取り組みも真摯に行っています。

また、長年にわたって培った色彩技術を応用し、医学分野で使用される「滅菌インジケーターインキ」の開発も行うなど、教育・医療・ビジネス・家庭など幅広い分野で躍進を続けている企業です。

事業内容

  • 文房具の開発・生産
  • 教育支援事業
  • 新規事業関連の開発・生産
  • 文化支援事業

文房具の開発・生産

描画材料から事務用品に至るまで幅広い文房具の企画、開発、製造販売を行っており、アメリカ・ヨーロッパ・アジアなど、世界各国に幅広く販売拠点を設けるなどグローバルな事業展開を行っています。

教育関連支援事業

教育現場のニーズを満たすための商品の紹介や情報サービスなどにも取り組んでいます。

エデュース

教育現場向けの事業としてはカタログ通販事業「エデュース」を行っています。

幼稚園や小学校で使用する画材や文具を紹介し、必要な教材をスピーディーに準備するためのサポートを行っているのが特徴です。

ほいスタ

教育現場で使える実践的なアイデアの紹介などをWebサイト上で行う「保育Studio(ほいスタ)」を開設することで、コンテンツ不足に悩む保育士や幼稚園教師へのサポートを行う事業にも取り組んでいます。

新規事業関連の開発・生産

サクラクレパスの主力技術となる色材技術を応用し、工業、医療、エレクトロニクス分野で使用する製品の開発・生産を行っています。

工業分野

可逆的に変色する「TCカラーインキ」製品をラインナップし、工場や林業などでの作業性と安全性の高さへの向上にも貢献しています。

医療分野

医療器具の滅菌などに役立つ殺菌・滅菌条件確認用のケミカルインジケータの開発と製造を行っています。

エレクトロニクス分野

特殊顔料・特殊インキを開発し、半導体などの製造工程においてプラズマ処理の状態を色変化で確認できる評価ツールの技術を有しています。

文化支援事業

展覧会の開催と支援

1991年には第1回全日本アマチュア美術大賞創設(現、全日本アートサロン絵画大賞展)、2018年には「みんなの展覧会」を開催するなど、文化芸術活動を幅広く支援する美術展の開催や協賛にも積極的です。

サクラアートミュージアム

創業70周年事業の一環として開設された美術館、サクラアートミュージアムを運営しています。

日本を代表する画家が描いたクレパス画、油絵、水彩画、版画などを公開しているほか、オリジナルフォトアルバムが作成できる「メモラビリアート」や「クレパス画教室」などの文化イベントも開催しています。

売上

サクラクレパスのグループの2015年度における売上は308億円です。

主力となるクレパスの販売を中心に、国内文具メーカーとしては安定したトップクラスの水準を維持しています。

海外企業との業務提携や買収なども積極的に行っており、少子化による国内市場の縮小にも、万全の対策を取っているようです。

また、工業分野や医療分野といった教育関連以外での実績も豊富にあり、一つの業種に依存しない、底堅い経営を行っている点もサクラクレパスの大きな特徴です。

過去には大幅に業績がダウンする時期も経験していますが、教育分野における手堅い売上をもとに、急速に経営力を回復させています。

以上の点からも分析できるように、サクラクレパスは今後も安定した業績を維持できる企業と考えてよいでしょう。

従業員数

サクラクレパスの従業員数はグループ計で1,200人です。

ワークライフバランスを重視した仕事環境が整っており、中途採用者の募集なども定期的に行っているので、比較的転職しやすい条件が整っている企業と言えるでしょう。

サクラクレパスの転職難易度

転職で正社員待遇を希望する場合、学歴や業界経験の有無が問われます。

募集は理系職と文系職に分かれており、自身の有するスキルや経験を活かした転職活動が可能です。

就業後には転勤などの可能性もあるので、転職する際は勤務候補地を参考にして、転勤が可能なのかも考えてから応募する方が良いでしょう。

給与 職務・能力・経験等に基づき、当社規定により処遇
昇給・賞与 昇給年1回
賞与年3回
勤務時間 営業管理部門8:40〜17:25
工場研究部門8:20〜17:05
休日休暇 原則週休二日制(ただし繁忙期に年数回土曜日出勤有)
祝日、ゴールデンウイーク、夏季、年末年始など
合わせて年間休日122日
福利厚生
  • 健康保険
  • 厚生年金保険
  • 確定拠出年金
  • 財形貯蓄
  • 雇用保険
  • 労災保険
  • 健康診断
  • 永年勤続表彰
  • 保養所
  • リゾートクラブ
教育研修
  • 採用時研修
  • 部門別研修
  • 階層別研修
  • 社内講習会
  • 通信教育
  • 外部研修受講支援制度他

サクラクレパスの年収は平均どれくらい?

サクラクレパスの平均年収は職種や勤続年数によって変化します。

したがって詳細な平均給与額を出すのは難しいのですが、20代の文系職では390万円前後といったデータもあるようです。

同業種の平均年収や同世代の平均年収と比べても、やや、低い水準にとどまっているようですが、給与体系の見直しなどが行われ、全体としての給与ベースは過去に比べて上昇しています。

転職後の昇給はしやすい?

サクラクレパスでの昇給は役職に就けるかによって変わってきます。

勤続年数を重ねることで給与アップを狙うことも可能ですが、大幅な昇給を目指すのであれば管理職になることが重要なようです。

中途採用からでも必要なスキルを持っていれば、役職を得られるチャンスは十分にあるので、社内講習会や部門別研修などを通じてノウハウの獲得やスキルアップに積極的に取り組むことが昇給の鍵になると考えられます。

ボーナス・賞与は貰える?

サクラクレパスではボーナスの支給も行われています。

賞与額は役職や勤続年数によって変わるようですが、キャリア採用では年3回のボーナスが支給されているようです。

支給回数が多いため、モチベーションをしっかりと保って業務に取り組める環境が整っていると言えます。

サクラクレパスの福利厚生・待遇は充実している?

サクラクレパスの福利厚生は十分に充実したレベルにあると言えそうです。

同業他社と比較して恵まれていると言えるほどではありませんが、厳選された無駄のない内容とも考えられます。

また、確定拠出年金や財形貯蓄といった制度も用意されているので、将来の年金額などを気にせず、安心して働ける環境が整っています。

残業時間

繁忙期などは異なるようですが、ほとんどの職種において残業は少ないようです。

残業が発生した場合には残業手当もしっかりとプラスされるので、過剰労働によるストレスなどで悩まされる心配はなさそうです。

また、女性社員の割合が36%(サクラクレパス単体、2017年10月現在)を占めるなど、結婚後も引き続き在職しているといった人も多いようなので、ワークライフバランスは充実していると考えられます。

休日・休暇

原則として週休二日制となっています。夏季休暇や年末年始休暇などが用意されており、しっかりとリフレッシュできる環境が整っていると言えそうです。

また、育児休暇制度もあり、家庭と両立しながら勤務している女性社員が多いのもサクラクレパスの特徴となっています。

有給休暇が取得しやすく、プライベートも充実させることができるようです。

福利厚生

  • 健康保険
  • 厚生年金保険
  • 雇用保険
  • 労災保険
  • 確定拠出年金
  • 財形貯蓄
  • 永年勤続表彰
  • 健康診断
  • 保養所、リゾートクラブ

サクラクレパスでは、上記の福利厚生が用意されています。

また、ほかにも寮や社員寮も完備されており、遠隔地からの転居や家族連れでの転居にも対応しているようです。

保養所やリゾートクラブなどもあり、休暇を利用してリフレッシュすることも可能となっています。

サクラクレパスへ転職するまでの流れ

  1. 公式サイト・転職サイト・人材紹介会社からエントリー
  2. 応募後、2週間以内に合否に関わらず、メールによる返信があります。
  3. 書類選考
  4. 面接(2回から3回)
  5. 身体検査

以上がサクラクレパスへ転職するまでの流れとなります。

書類選考ではそれまでのキャリアや有しているスキルなどが見極められるようです。

書類選考を突破すれば面接へと進みます。

過去のデータによると面接では興味のある職種や前職でのスキルをどのように活かしていきたいかといった質問がメインとなるようです。

最終的な合否は面接によって決まりますが、書類選考もあるので、採用決定までにはそれほど期間はかからないと考えられます。

サクラクレパスへ転職した人たちの口コミ・評判

年齢 28歳
性別 男性
前職 文具メーカー営業勤務
転職理由 企業理念に共感したため
元々、文具メーカーに勤務していましたが、教育と文化を大事にする企業理念に惹かれサクラクレパスへの転職を決意しました。また、単純に子供の頃から使っていたサクラクレパスの文具が好きだったということも大きな理由の一つです。私が勤務しているのは営業部です。販売ルートは学校、企業、官庁、文具店など様々ですが、代理店の方へのセールスが主な業務となっています。入社後はマンツーマンによる商品研修があり、徹底した商品理解が求められます。扱う点数が多いため、全ての商品の特徴を覚えるのは難しいのですが、慣れてくればそれほど心配はありません。担当するルートに学校などが多い場合は、入学式の時期などに合わせて、土曜出勤や残業などが発生することもありますが、長時間拘束されることは少なく、他社の営業に比べると比較的ゆとりのある勤務体系だと思っています。当然のこととして、営業努力は常に求められますが、厳しいノルマなどはありません。社内の風通しはよく、上司や技術開発部の方とも気兼ねなく話ができる社内風土です。
年齢 32歳
性別 女性
前職 化粧品会社での研究職
転職理由 ワークライフバランスを重視したため。
以前は化粧品を扱う企業で顔料の基礎研究に従事していました。出産を機に仕事との両立が難しいと感じたため、しばらくは子育てに専念していたのですが、子育てが一段落したこともあり、仕事を再開することにしました。その時に出会った仕事がサクラクレパスの研究職です。現在は文房具や工業製品などに使用するインキの研究を行っています。サクラクレパスの研究職の環境はかなり開放的です。以前勤めていた会社では他部門の方との交流はほとんどありませんでしたが、サクラクレパスでは同じ研究職の方だけではなく、営業職や商品企画職といった他部署の方と交流することも頻繁にあります。基礎研究職であっても部署を超えたクロスオーバーな仕事ができるので、やりがいは十分です。前職での待遇が恵まれていたということもあり、給与面ではダウンしました。ただ、社内の人間関係が円滑で、仕事を進めやすい点では満足しています。オーバーワークを強いられることもなく、残業せずに定時に帰宅できる日がほとんどなので、ワークライフバランスも充実していると感じています。ただ、理系職でスキルアップを望むのは難しい環境です。文房具メーカーなので当然と言えば当然なのですが、研究や開発は文具に関することが中心となります。より、幅広い分野の研究や開発に携わりたい方には少し物足りない環境かも知れません。

サクラクレパスへの転職におすすめ転職サイト

サクラクレパスへの転職を検討している方におすすめなのが転職サイトの利用です。

転職サイトを活用するメリットは、企業の業務内容や雰囲気を豊富な情報から掴むことができる点にあります。

職種ごとの業務内容が細かく記載されているので、自身の希望やスキルとのマッチング度合いを調べるのにも最適です。

また、転職サイトの魅力は自分のペースで転職活動ができる点にあります。会員登録をしておけば、求人の案内や面接のオファーなどがメールで送られてくるので、スムーズな転職活動が可能です。

中途採用へのオファーは不定期となりがちですが、転職サイトに登録しておけば、貴重なチャンスを逃すことなく、しっかりと応募することが可能です。

転職サイトを経由して面接を希望しても、不利になる点はありません。転職に必須となるコツなどもしっかりと身に着けることができます。

これからサクラクレパスへの転職を検討している方は、まずは転職サイトに登録してみることをおすすめします。

リクナビNEXT

リクナビNEXT

数ある転職サイトの中でもおすすめなのが「リクナビNEXT」です。

リクナビNEXTは転職サイトの業界最大手となっており、転職を希望する方の多くが利用しているサイトとなっています。

リクナビNEXTの利用はサイトから登録するだけです。職務経歴や希望条件などを入力フォームから登録しておけば、企業からのスカウトを受けることもできます。

豊富な求人案件が揃っており、大手企業の求人も余すことなく登録されているので、転職を希望している企業の求人を見逃すこともありません。

サイト内では実際にリクナビNEXTを利用して転職した方の体験談などを見ることができます。

また、実際に企業に所属している方の意見も見ることができるので企業分析にも最適です。

サイトに登録すればリクナビNEXTのサービスである「グッドポイント診断」を利用することもできます。

このグッドポイント診断を利用すれば、企業にアピールできる自分の強みを5つに絞ってアドバイスしてもらうことも可能です。これから転職活動を始める方は、転職に必要な総合的な力を身につけることができる、リクナビNEXTに登録しておくことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です