三井住友信託銀行の転職難易度は高い?募集されている中途採用求人をご紹介

三井住友信託銀行は、三井住友トラスト・ホールディングス傘下の信託銀行です。

信託業務では売上高1位にランクインしていて、銀行業では5位にランクインしているほど、超大手企業になります。

そんな三井住友信託銀行への転職を考えている方は多いのではないでしょうか?

この記事では、三井住友信託銀行の転職難易度について解説します。

募集されている中途採用求人の情報もご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

三井住友信託銀行の転職難易度は高い?

三井住友信託銀行は業界トップクラスの信託銀行になり、多くの方が転職を希望することから、転職難易度は高いと考えられます。

採用枠が決まっているにも関わらず、転職希望者が増えることによって、競争率が高くなり、自ずと転職難易度も高くなります。

また、三井住友信託銀行は超大手企業ということもあり、転職を希望するのは、社会人として市場価値が高い人材が多い傾向にあります。

そして、三井住友信託銀行で募集されている中途採用求人に応募するには、職務経験が求められます。

実際に不動産業務の中途採用に応募するには、「不動産会社や金融機関等で不動産仲介の経験がある方」と応募資格が定められています。

他の中途採用求人も応募資格が定められているため、転職難易度が高いと考えることができます。

しかし、三井住友信託銀行に転職できないわけではありません。

定められている応募資格を満たすことができれば、誰でも転職できる可能性はあります。

「転職難易度が高い=転職できない」というわけではないので、諦める必要はありません。

三井住友信託銀行の転職難易度を低くする方法

上記でお伝えした通り、三井住友信託銀行の転職難易度は高いのですが、業界に関する資格を取得することで転職難易度を低くすることが可能です。

資格は、合格基準が定められているため、採用担当者からの評価を受けやすく、身に付いているスキルや知識を明確にアピールできます。

特に、需要の高い資格を取得していると、転職難易度を低くできるでしょう。

そして、1日でも早く転職活動をスタートされることも大切です。

中途採用をおこなっている企業では、「1年でも長く働いて欲しい」という思いがあるので、年齢の若い人材を好みます。

三井住友信託銀行の中途採用求人で年齢は定められていませんが、1日でも早く始めることが転職難易度を低くすることにつながるでしょう。

【2021年最新版】日本の年収の中央値は437万円!中央値と平均は何が違う?

三井住友信託銀行に転職する方法

三井住友信託銀行に転職する方法

三井住友信託銀行に転職する方法は2つあります。

1つ目が三井住友信託銀行のホームページで募集されている中途採用求人に応募する方法です。

この方法は転職までの流れが明確になっていて、最もスタンダードな転職方法になります。

実際に募集されている求人は、「リテール業務・不動産業務・デジタル企画業務・証券代行事業」などさまざまな業種があります。

2つ目が転職サービスを利用して三井住友信託銀行に転職する方法です。

転職サービスとは、求人を掲載している転職サイトや、転職に関するサポートをしてくれる転職エージェントなどを指します。

基本的にホームページで募集している職種を転職サイトなどでも掲載しますが、ホームページで募集されていない職種が掲載されることもあります。

転職サービスを利用して、三井住友信託銀行に転職する方法について詳しくご紹介します。

三井住友信託銀行の求人が掲載されている転職サイト

三井住友信託銀行の求人が掲載されている転職サイトとしては、「doda」と「マイナビ転職」の2つが挙げられます。

2つの転職サイトでは、主にホームページに募集されている求人が掲載されています。

ただし、ホームページで募集されていない求人が掲載されることもあるので、転職サイトに登録して確認してみることをおすすめします。

特に、おすすめなのは「doda」です。

dodaでは、三井住友信託銀行の求人を85件取り扱っていて、求人に関する情報がわかりやすくまとめられています。

また、求人以外のコンテンツも充実しているので、転職に関する不安を払拭して転職活動を進めることが可能です。

転職サイトで料金が発生することはないので、一度登録して活用してみることをおすすめします。

三井住友信託銀行の転職におすすめの転職エージェント

転職エージェントでは、転職サイトに公開されない「非公開求人」を取り扱っています。

非公開求人とは、採用担当者が転職エージェントのキャリアアドバイザーに求めている人物像を伝えて、条件を満たしている転職者を紹介してもらう仕組みです。

この仕組みを活用することで、膨大な応募の中から条件に合った人材を見つけるという工程を省くことができます。

また、非公開求人では、ホームページで募集されていない求人を取り扱っている傾向があります。

三井住友信託銀行の転職におすすめの転職エージェントは下記の通りです。

  • doda
  • マイナビエージェント
  • ビズリーチ
  • パソナキャリア
  • キャリアカーバー など

そして、転職エージェントでは、面接対策や必要書類の添削など、転職に関することを幅広くサポートしてくれます。

担当のキャリアアドバイザーが1人付くので、働きながらでも転職を成功させられる可能性が高くなります。

非公開求人は、どの転職エージェントが取り扱っているのか分からないので、複数の転職エージェントに登録することをおすすめします。

複数の転職エージェントに登録することは規則違反ではありません。

大企業を狙う人におすすめ転職サイト・エージェントランキング

三井住友信託銀行の中途採用情報

三井住友信託銀行のホームページで募集されている中途採用求人は数多くあります。

募集されている業務は10種類なのですが、その中でさまざまな職種に分けられています。

この記事では、募集されている中途採用求人の中で応募しやすいものを3つご紹介します。

三井住友信託銀行への転職を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

不動産流通サービス

不動産流通サービスでは、法人向け不動産仲介(中小型不動産含む)、金融/士族アライアンス先の取引深耕、担当エリアでの不動産業者、顧客開拓などが主な仕事内容になります。

詳しい募集要項は下記の通りです。

応募資格

  • 不動産会社や金融機関等で不動産仲介の経験がある方
  • 法人取引の経験があり、不動産に関連する業務経験がある方
    ※どちらかの経験で可

待遇

経験、能力等を考慮の上当社規定にて優遇

勤務地

  • 首都圏
  • 近畿圏ほか

不動産流通サービスは、三井住友信託銀行で募集されている中途採用求人の中では比較的応募しやすいです。

また、勤務地が東京だけではないので、多くの方の条件に合うと思います。

不動産関連の経験がある方には、不動産流通サービスへの応募をおすすめします。

資産運用コンサルティング業務

資産運用コンサルティング業務では、営業店にて三井住友信託銀行と取引のあるお客様に対して、資産運用コンサルティングの提案をすることが主な仕事内容です。

お客様に提案する商品は、投資信託や投資一任、生命保険が中心になりますが、次世代承継型信託や遺言信託、不動産などさまざまな商品を取り扱っているので、幅広い知識が必要になります。

詳しい募集要項は下記の通りです。

応募資格

  • 業務経験者(銀行・証券・生保等で外勤
  • 窓口の営業経験者や事務経験者)

※証券外務員資格必須

待遇

経験、能力等を考慮の上当社規定にて優遇

勤務地

全国各店部(主に首都圏・近畿圏・中京圏)

資産運用コンサルティング業務は「証券外務員」を必要とするため、応募できる人が限られてしまいます。

しかし、勤務地が全国各店部になっているため、地方に住んでいる方でも応募しやすい傾向があります。

証券外務員の資格を取得している方には、資産運用コンサルティング業務への応募をおすすめします。

ビジネスストラテジスト

ビジネスストラテジストとは、信託銀行グループ全体に対するDX戦略の立案・推進を進める立場になり、デジタルにより激変する経営・事業領域において、DXによるイノベーションを具体化することが主な仕事内容です。

詳しい募集要項は下記の通りです。

応募資格

  • ビジネス環境、テクノロジー、トレンドに対する高い感度と洞察力がある方
  • 戦略策定に必要とされる思考フレームワークの柔軟な活用力がある方
  • 他社との共創・アライアンス経験のある方

※3つすべて必須

待遇

経験、能力等を考慮の上当社規定にて優遇

勤務地

東京

ビジネスストラテジストでは、金融や信託、不動産に関する専門的知識がある方や、コンサルティング会社などでデジタル戦略の立案・推進経験がある方は、「歓迎する」と記載されています。

ただし、勤務地が東京だけに定められているため、応募できる人が限られてしまいます。

歓迎すると記載されていた経験・知識のある方には、ビジネスストラテジストへの応募をおすすめします。

三井住友信託銀行の転職におすすめの人物像

三井住友信託銀行の転職におすすめの人物像は、人からの信頼を得ることに長けている人です。

三井住友信託銀行では銀行業務に加えて、信託業務(財産の管理・運用)をおこなうため、お客様から信頼を得ることがとても大切になります。

お客様によっては数千万円の財産を預ける場合もあるので、信頼を得ることに長けていないと、転職しても結果を残すことができません。

また、人からの信頼を得ることに長けている人は、採用担当者からの信頼も得ることができ、三井住友信託銀行へ転職できる可能性が高くなります。

三井住友信託銀行の転職難易度は高いですが、人からの信頼を得ることに長けている人は、転職を目指すことをおすすめします。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件