七十七銀行の転職難易度は低い?七十七銀行に転職する方法をご紹介

七十七銀行は宮城県を中心に展開している国立銀行です。

1878年に設立されたとても歴史のある国立銀行で、宮城県では圧倒的な知名度を誇ります。

そんな七十七銀行への転職を考えている方は多いのではないでしょうか?

この記事では、七十七銀行の転職難易度について解説します。

七十七銀行に転職する方法や、中途採用求人の情報などもご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

七十七銀行の転職難易度は高い?

七十七銀行(しちじゅうしち)は宮城県を中心に展開している国立銀行の1つなのですが、転職難易度はそれほど高くありません。

銀行業の売上高ランキングでも、七十七銀行は28位にランクインしていて、七十七銀行よりも転職難易度が高い銀行は数多くあります。

七十七銀行の転職難易度がそれほど高くない理由として考えられるのは、全国展開していないことです。

七十七銀行が構えている拠点のほとんどが宮城県になるので、転職を希望される方が他の銀行に比べると少なく、転職難易度がそれほど高くないと考えることができます。

銀行業で全国展開している「三菱UFJフィナンシャル・グループ」や「三井住友ファイナンシャルグループ」などは転職難易度が高いです。

そのため銀行業の中では七十七銀行の転職難易度はそれほど高くありません。

銀行業の転職難易度は高い

七十七銀行の転職難易度はそれほど高くないとお伝えしましたが、転職市場の全体で考えると転職難易度は高いです。

そもそも、銀行業などの金融業界は転職難易度が高く、「金融業界の経験がないと転職できない」と言われることもあります。

そのため「七十七銀行はすぐに転職できる」というわけではなく、銀行業の中では転職しやすいということです。

この違いを理解していなければ、七十七銀行に転職を成功させることは難しいでしょう。

「銀行業に転職したい」と考えている方にはおすすめできる銀行ですが、「どの業界でも良いから、転職したい」と考えている方にはおすすめしないです。

七十七銀行の転職難易度を低くするには?

転職市場全体では七十七銀行の転職難易度は高いですが、金融業界の経験を積んでいると転職難易度が低くなります。

転職市場では、未経験者よりも経験者が優遇される傾向があり、経験者以外は応募できないようになっている企業も存在します。

それほど「経験」ということは、転職市場で重要視されるので、転職難易度を低くするには金融業界での経験が大切です。

また、金融業界の中でも銀行業の経験を積んでいると、より転職難易度は低くなります。

地方に中心に展開している銀行であれば、七十七銀行よりも転職難易度が低くなるので、他の銀行で経験を積むことも1つの選択肢です。

そして、銀行業や金融業界の経験を積んでいる方は、銀行業で役立たせることができる資格を取得することをおすすめします。

転職市場では資格に対する評価が高く、採用担当者からの信頼を得やすいです。

七十七銀行に転職する方法

七十七銀行に転職する方法

七十七銀行に転職する方法は、大きく2つあります。

1つ目の方法が、七十七銀行のホームページで募集されている中途採用求人に応募することです。

七十七銀行のホームページでは、「キャリア採用」と「再雇用制度」の2つで募集されています。

キャリア採用は一般的な中途採用で、再雇用制度が元社員を対象にした中途採用です。

ホームページに募集期間などは記載されていないので、常に募集していると考えられます。

七十七銀行に転職する2つ目の方法が、転職サービスを活用することです。

転職サービスとは、求人を掲載している転職サイトや、転職に関するサポートをしてくれる転職エージェントなどを指します。

転職サービスで「再雇用制度」の求人は取り扱っていないと思いますが、キャリア採用の求人は取り扱っている可能性が高いです。

転職サービスを活用して、七十七銀行に転職する方法について詳しくご紹介します。

七十七銀行の求人が掲載されている転職サイト

七十七銀行の求人を掲載している転職サイトを探してみましたが、どの転職サイトも掲載していませんでした。

転職サイトで中途採用の求人を掲載する目的は、多くの方に知ってもらい応募数を増やすことなのですが、七十七銀行は宮城県では高い知名度を誇るため、転職サイトに求人を掲載する必要がないのです。

実際に求めている応募数は確保できているから、転職サイトに求人は掲載していないと考えることができます。

しかし、今の現状が変われば、七十七銀行の求人が転職サイトに掲載されるかもしれません。

例えば、宮城県以外の地域に支店を展開したり、退職者が続出したりすると、一気に多くの人材を確保する必要があるので、転職サイトに求人が掲載される可能性があります。

いつ七十七銀行の現状が変わるか分からないので、転職サイトには登録しておくことをおすすめします。

七十七銀行の転職におすすめの転職エージェント

転職エージェントでは、転職サイトに公開されない「非公開求人」を取り扱っています。

非公開求人とは、採用担当者が転職エージェントのキャリアアドバイザーに求めている人物像を伝えて、条件を満たしている転職者を紹介する仕組みです。

この仕組みを活用することで、膨大な応募の中から条件に合った人材を見つける工程を省くことができます。

そのため非公開求人であれば、七十七銀行の中途採用求人を取り扱っているかもしれません。

七十七銀行の非公開求人を取り扱っている可能性が高い転職エージェントは下記の通りです。

  • doda
  • JAC Recruitment
  • ランスタッド
  • キャリアカーバー
  • マイナビ金融 エージェント

そして、どの転職エージェントで七十七銀行の非公開求人を取り扱うのか分からないので、複数の転職エージェントに登録することをおすすめします。

複数の転職エージェントに登録することは、利用規則の違反にはならないので、1つでも多くの転職エージェントに登録してみてください。

七十七銀行の中途採用情報

上記でお伝えした通り、七十七銀行のホームページには「キャリア採用」と「再雇用制度」の中途採用求人が募集されています。

ホームページで募集されている2つの中途採用求人に関する情報を詳しくご紹介します。

キャリア採用

キャリア採用とは、一般的な中途採用求人で、5つの職種が設けられています。

七十七銀行のホームページには、「銀行業務の多様化・専門性の高まりに対応できる能力・経験を有した即戦力となる人材を求める」と記載されています。

キャリア採用での募集職種と応募資格は下記の通りです。

募集職種

  • 銀行業務全般(銀行業務全般において専門的能力・経験を有する方)
  • 資産運用相談業務(信託、証券、投信)
  • コンサルティング業務
  • IT・システム関連業務
  • 当行所有不動産の管理・運営

応募資格

  • 銀行や証券、資産運用、シンクタンク、コンサルティング会社などでの実務経験者
  • PM(プロジェクトマネジメント)やシステム企画・開発の経験を有する方
  • 1級または2級建築士、建築施工管理技術者等の資格を有する方

七十七銀行のキャリア採用では、募集されている職種によって応募資格が異なります。

もし、応募資格を満たしていない方は、他の企業で経験を積んでから、七十七銀行への転職を考えることをおすすめします。

再雇用制度

再雇用制度とは、結婚や出産、育児、介護などの理由で退職した方を対象にしている中途採用求人です。

再雇用制度の募集職種と応募資格は下記の通りです。

募集職種

銀行業務全般

応募資格

  • 満3年以上当行に勤務し、結婚や出産、育児、介護等により退職した方
  • 再雇用申請時点で退職後10年未満の方
  • 証券外務員資格(会員一種)をお持ちの方

以上3つの条件をすべて満たしている方のみ、再雇用制度に応募することが可能です。

もし、七十七銀行に勤務していた過去がある方は、キャリア採用ではなく、再雇用制度で転職するようにしてください。

絶対に採用されるわけではありませんが、キャリア採用よりも再雇用制度の方が転職難易度は低くなります。

中小企業への転職はリスクあり!失敗しない企業選びの7つのポイントを解説します

七十七銀行の平均年収

七十七銀行の平均年収

七十七銀行の平均年収は、650万円〜750万円と言われています。

日本の平均年収が約430万円と言われているため、平均を大きく上回る年収を得ることができます。

年齢別の平均年収は、20代で400万円〜500万円、30代で500万円〜650万円、40代で650万円〜750万円です。

「40代で平均年収しか得られないの?」と思われたかもしれませんが、七十七銀行は銀行業なので、年功序列制度が残っています。

そのため50代の平均年収が750万円〜900万円と平均を大きく上回っています。

銀行業の中では平均的な年収かもしれませんが、日本の中では高いです。

年収1000万以上の割合は5%!?目指せる職業と高給取りの落とし穴を解説

七十七銀行の福利厚生

七十七銀行で設けられている福利厚生は下記の通りです。

  • 各種保険(社会保険・厚生年金保険など)
  • 住宅金融
  • 持株会
  • 財形貯蓄
  • 年金基金
  • 社宅
  • 社員寮
  • 産休制度
  • 育休制度 など

転職先企業の福利厚生を把握しておくことは大切です。

転職後に後悔することがないように、転職前に福利厚生を確認することをおすすめします。

七十七銀行の転職におすすめの人物像

七十七銀行の転職におすすめの人物像は、真面目で正義感の強い人です。

銀行は多くの方の資産を預かる立場になるので、真面目で正義感の強い人でなければ、銀行員の業務を努めることは難しいでしょう。

また、そのことは採用担当者も理解していることなので、転職時の面接では「真面目な人なのか」「正義感のある人なのか」ということを重点的に確認されます。

そして、七十七銀行へ転職するには、業界に関する知識が必要です。

上記でお伝えした中途採用求人に応募することができても、業界に関する知識がなければ、転職難易度が高くなりますし、転職できても求められている業績を残すことはできないでしょう。

七十七銀行は転職難易度の高い企業ですが、真面目で正義感がある人には転職をおすすめします。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件