三菱UFJ信託銀行の転職難易度は高い?三菱UFJ信託銀行へ転職する方法はある?

三菱UFJ信託銀行の転職難易度は高い?三菱UFJ信託銀行へ転職する方法はある?

三菱UFJ信託銀行は業界最大級の信託銀行です。

三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下の子会社で、三菱信託銀行とUFJ信託銀行の合併により誕生しました。

そんな三菱UFJ信託銀行への転職を考えている人は多いのではないでしょうか?

この記事では、三菱UFJ信託銀行の転職難易度について解説します。

三菱UFJ信託銀行へ転職する方法や、平均年収、福利厚生などもご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

三菱UFJ信託銀行の転職難易度は高い?

三菱UFJ信託銀行は、業界トップクラスの売上高を誇る信託銀行になるため、転職を希望する方が多く、転職難易度は高くなっています。

明確な倍率などは公表されていませんが、数カ月の転職活動で転職を成功させられるほど簡単な転職先ではありません。

また、三菱UFJ信託銀行への転職を希望するのは、市場価値の高い人材や金融業界で経験を積んでいる人材が多いため、他の企業よりも競争率が高く、転職難易度も高くなります。

しかし、実際に転職を成功させている方はいます。

金融業界で経験を積んでいない人材でも転職を成功させているケースはあるので、「三菱UFJ信託銀行は転職難易度が高いから…」という理由で、転職を諦める必要はないです。

三菱UFJ信託銀行への転職難易度は高いですが、転職活動に時間を割いて、しっかりと対策すれば、転職できる可能性は高くなります。

三菱UFJ信託銀行への転職難易度を低くする方法

三菱UFJ信託銀行への転職難易度を低くする方法は、金融業界での職務経験を積むことです。

三菱UFJ信託銀行に限らず、転職市場では、未経験者よりも経験者が優遇される傾向があるので、金融業界で経験を積むことで経験者として扱ってくれます。

また、より転職難易度を低くしたい方は、他の信託銀行で経験を積むことをおすすめします。

三菱UFJ信託銀行は業界トップクラスの売上高を誇る信託銀行になるので、他に転職しやすい企業は多くあります。

そして、すでに信託銀行や金融業界で経験を積んでいる方は、資格を取得することで転職難易度を低くできます。

資格は共通の基準で合否が判断されるので、身に付いているスキルや知識が可視化しやすいです。

そのため採用担当者からの信頼を得やすくなり、転職難易度が低くなります。

信託銀行への転職で信頼を得やすい資格は、「ファイナンシャル・プランナー(FP)」や「銀行業務検定」などが挙げられます。

転職難易度を低くするために資格を取得する場合は、「需要の高い資格なのか」ということを意識するようにしてみてください。

三菱UFJ信託銀行に転職する方法

三菱UFJ信託銀行に転職する方法

三菱UFJ信託銀行に転職する方法は1つしかありません。

それは、転職サイトや転職エージェントなどの転職サービスを活用することです。

三菱UFJ信託銀行の中途採用は、ホームページで募集されていないため、転職サービスを活用して転職するしかありません。

ただし、三菱UFJ信託銀行の勤務した経験がある方が例外です。

三菱UFJ信託銀行には「リ・チャレンジプラン」という元社員向けの中途採用求人があります。

そのため三菱UFJ信託銀行に勤務したことがある方は、転職サービスを活用する必要がありません。

三菱UFJ信託銀行に転職する方法について詳しくご紹介します。

リ・チャレンジプラン

リ・チャレンジプランとは、在職中に培ったスキルやノウハウを活かして、三菱UFJ信託銀行でもう一度働きたいという意欲がある元社員を対象にしている中途採用求人です。

元社員なら誰でも採用されるわけではなく、書類選考と面接を通過した方のみが、三菱UFJ信託銀行に転職できます。

リ・チャレンジプラの募集要項は下記の通りです。

  • 雇用形態:業務系社員(正社員)
  • 待遇:原則、退職時と同等の処遇条件になる
  • 選考:書類選考→履歴書の提出→面接

リ・チャレンジプランに募集期限などは記載されていないため、常に募集していると考えられます。

リ・チャレンジプランで転職する方は、三菱UFJ信託銀行の採用情報ホームページにより、エントリーしてみてください。

三菱UFJ信託銀行の求人が掲載されている転職サイト

三菱UFJ信託銀行のホームページで中途採用の求人は掲載されていないため、転職サイトで求人を探す必要があります。

しかし、どの転職サイトにも三菱UFJ信託銀行の求人は掲載されていませんでした。

グループ会社の中途採用求人は掲載されていますが、三菱UFJ信託銀行の求人は掲載されていないです。

転職サイトに求人が掲載されていない理由として考えられるのは、三菱UFJ信託銀行の知名度です。

三菱UFJ信託銀行は日本でもトップクラスの知名度を誇る信託銀行になるので、転職サイトに求人を掲載しなくても、人材を確保できています。

そのため転職サイトに求人を掲載する必要がないのでしょう。

もし、三菱UFJ信託銀行で退職者が続出したり、企業規模を拡大するため、今よりも人材が必要になったりした場合には、転職サイトに求人を掲載する可能性は考えられます。

いつ転職サイトに求人が掲載される分からないので、転職サイトは登録しておくことをおすすめします。

三菱UFJ信託銀行の転職におすすめの転職エージェント

転職サイトでは「公開求人」しか取り扱っていないのですが、転職エージェントでは「非公開求人」を取り扱っています。

非公開求人とは、サイトに公開されない求人で、キャリアアドバイザーの紹介のみで応募できます。

人材を採用したい企業がキャリアアドバイザーに求めている人物像を伝えて、条件に合った転職者を企業に紹介する仕組みになっています。

この非公開求人では、三菱UFJ信託銀行の中途採用求人があるかもしれません。

一般公開されないため、「〇〇エージェントで取り扱っている」と明確に伝えることはできませんが、三菱UFJ信託銀行へ転職するにはこの方法しかありません。

三菱UFJ信託銀行の非公開求人を取り扱っている可能性が高い転職エージェントは下記の通りです。

  • ビズリーチ
  • パソナキャリア
  • キャリアカーバー
  • doda など

そして、転職エージェントでは、面接対策や必要書類の添削など、転職に関することを幅広くサポートしてくれます。

また、担当のキャリアアドバイザーが1人付くので、三菱UFJ信託銀行の非公開求人を取り扱うことになると、紹介してもらいやすくなります。

どの転職エージェントが取り扱っているのか分からないので、複数の転職エージェントに登録することをおすすめします。

複数の転職エージェントに登録することは規則違反ではありません。

大企業を狙う人におすすめ転職サイト・エージェントランキング

三菱UFJ信託銀行の企業基本情報

三菱UFJ信託銀行は東証一部に上場している信託銀行株式会社です。

東京都千代田区に本社を構えていて、国内に53、海外に5の拠点を誇ります。

そんな三菱UFJ信託銀行は「UFJ信託銀行・日本信託銀行・三菱信託銀行」の3つが合併している信託銀行です。

2001年に三菱東京ファイナンシャル・グループを設立し、日本信託銀行と三菱信託銀行が合併して「三菱信託銀行」になりました。

そして、2005年に三菱信託銀行とUFJ銀行が合併して、現在の三菱UFJ信託銀行が誕生しました。

三菱UFJ信託銀行は「1つの企業からできている」と思われることが多いですが、3つの企業が合併したことで誕生している信託銀行です。

三菱UFJ信託銀行の平均年収

三菱UFJ信託銀行の平均年収

三菱UFJ信託銀行の平均年収は、700万円〜800万円と言われています。

日本の平均年収が約430万円と言われているため、約2倍の年収が支給されています。

年齢別の平均年収では、20代で450万円〜550万円、30代で650万円〜800万円、40代で800万円〜1,000万円となります。

三菱UFJ信託銀行で役職に就いている場合は、年収が1,000万円を超えることもあり、平均年収を大きく上回ります。

これほどの平均年収を誇る日本企業はそう多くないので、給与に不満を抱いている方は少ないでしょう。

年収1000万以上の割合は5%!?目指せる職業と高給取りの落とし穴を解説

三菱UFJ信託銀行の福利厚生

三菱UFJ信託銀行で導入している福利厚生は大きく「休日休暇・保険・その他」に分けられます。

各項目に導入されている福利厚生は下記の通りです。

休日休暇

  • 年次有給休暇制度
  • 産前産後休業制度
  • 育児休業制度(子どもが3歳まで)
  • 不妊治療休暇制度 など

保険

  • 健康保険(三菱UFJ信託銀行健康保険組合)
  • 厚生年金保険
  • 雇用保険
  • 労災保険

その他

  • 財産形成貯蓄制度
  • 定期健康診断
  • 退職年金制度(退職一時金・企業型確定拠出年金)
  • 会員制優遇制度(ベネフィット・ステーション) など

そして、三菱UFJ信託銀行は女性が長く働けるようにさまざまな制度が導入されています。

女性に関する福利厚生は、「通院休暇、休憩時間の延長、勤務時間の短縮、出産祝金、育児休業給付金」などが挙げられます。

三菱UFJ信託銀行は男性でも女性でも働きやすい環境が整えられています。

三菱UFJ信託銀行の評判

三菱UFJ信託銀行で実際に働いている・働いていた人の口コミを確認しましたが、マイナスイメージにつながる内容は少なかったです。

三菱UFJ信託銀行の口コミをいくつかご紹介します。

30代 女性
「育児をしながらでも働き続けることができる会社だと思う。産休・育休を長期で取得する女性社員は多く、復帰率も高い印象を受けています。育児を重視しながら働きたい女性にとっては、最適な会社です。」

30代 男性
「金融業界の中ではトップクラスで福利厚生が手厚いと思います。30歳までは社員寮がありますし、その後は家賃補助が出るので、従業員の負担は少ないです。定年まで勤務し続けた場合には、確定拠出年金とは別に、企業年金がもらえるので、老後に対する心配もありません。」

三菱UFJ信託銀行の口コミでは、福利厚生に関する内容が多く見受けられました。

三菱UFJ信託銀行の転職におすすめの人物像

三菱UFJ信託銀行の転職におすすめの人物像は、人間関係の構築に長けている人です。

信託銀行では、銀行業務に加えて信託業務(財産の管理・運用)をおこなうため、お客様との人間関係が肝心になります。

良好な人間関係を構築できないと、財産を預けてもらうことができずに、結果を残すことができません。

また、業務内容が多岐に渡るので、業界に関する知識は幅広く身に付けておく必要があります。

人間関係を構築するためにも、業界に関する知識は必要になるでしょう。

三菱UFJ信託銀行は転職難易度が高いですが、人間関係の構築に長けていて、業界に関する知識を身に付けられている人は、転職を目指すことをおすすめします。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件