資格なしでも介護職に転職できる?すぐに取得できるおすすめの資格は?

資格なしの介護職

現在の仕事に不満があったり、やりがいを感じることができないのであれば、「転職」して新たな業界へ飛び込むのも1つの選択肢です。

ではその選択肢の1つとして、男女問わず幅広い年代の方が活躍できることで人気上昇中の「介護職」がおすすめです。

実際に多数の方が他の業界から介護職への転職を検討されていらっしゃいますが、多くの方が「資格がなくても働けるの?」という疑問を抱いている様です。

ですから今回は「介護職は資格が無くても働ける?活躍できる?」という疑問への答えを徹底調査してみました。

併せて「持っていると助かるおすすめの介護系資格」もご紹介しますので、介護職への転職を考えている方は是非参考にしてみてくださいね。

介護職には資格が絶対に必要?

結論から言ってしまうと、「介護職に就くのに資格は絶対に必要なモノではありません」というのがこの疑問への答えになります。

介護現場で働く際には資格が必要であったり、資格を持っていないと難しい仕事があるのは事実です。

ですが、特別な知識を必要としないサポート的な作業は専門的な勉強をしていない方でも手伝うことが可能です。

中には無資格でアルバイトの方でもできる仕事もあり、探してみれば実際に求人を見つけることもできるはずです。

ですから「絶対に資格が必要?」と聞かれれば、「絶対ではありません!」という回答になりますね。

「資格が無い=介護職で働けない」ではありません

もちろん資格は無いよりはある方が有利です。これはほとんどの業界でそうですよね。

資格が無くてもできる仕事があるとしても「資格を持っている人の方が知識もあるから安心感がある」と雇う側が考えるのも当然のことですから。

「資格が無い=介護職で働けない」ではないのは本当のことですが、資格がある方が有利であることも忘れないでください。

でも「介護職で働きたい!」という気持ちをしっかりと持っていれば、就職先を見つけるのは決して難しいことではありませんよ。

無資格でもできる介護職の仕事

基本的には医療的な仕事ではなく、認可された施設内で介護に関係する専門的な知識が不要な作業ならば、無資格の方も行うことができます。

  • 生活援助
  • 身体介護
  • 送迎
  • 事務

上記の様な仕事は「無資格の方ができる仕事」として挙げられます。

ですが作業内容は同じだとしても、訪問介護の場合では無資格の方は生活援助や身体介護を行うことはできません。

他にも注射などの医療業務も当然ですが無資格の方は行なえませんし、「ケアプラン」と呼ばれるサービス利用者の利用計画書の作成も有資格者でないと行えませんのでご注意ください。

次は「無資格で行える仕事」を具体的に説明します。

家事などをサポートする「生活援助」

「生活援助」とは掃除・洗濯・食事の準備など、多くの方が「家事」としてイメージする作業です。

これらは実際に家でされている方も多いことから専門的な知識もそれほど必要とせず、主婦の方にとっては得意分野と言えるかも知れません。

普段から行っている家事も、介護の世界では立派に仕事として行い収入を得て活躍することができるんです。

食事や着替えを手助けする「身体介護」

手の不自由な方に対して食事を口元へ運んだり、着替えの手伝いなどをするのが「身体介護」です。

身体介護には入浴や排泄に関する介助も含まれます。

これらは経験が必要な作業ですが、施設内で行うのに特別な資格は必要ありません。

入浴や移動に関するサポートは体力が必要になる場面も多いので、体力的に自信のある若者が活躍できますし、食事などのフォローは気遣いのできる方ならば問題なく行えるはずです。

施設までの送り迎えを車などで行う「送迎」

入居型でないデイサービスなどでは、利用者の送迎を行っている場所も少なくはありません。

資格を持つヘルパーが同乗しているのが条件になりますが、車の運転や車椅子の方の乗車の手伝いなどは介護関係の資格がない方もできる仕事です。

もちろん車の運転には自動車免許が必要ですが、送迎も立派な介護業界での仕事の1つです。

様々な手続きを行う「事務」

仕事上で利用者の方と接する機会は多くはありませんが、介護施設内でも事務仕事を行う人材は必要です。

事務員としてのスキルがあると歓迎されるのは確かですが、この仕事も介護関係の資格がないと行えないわけではありません。

支払いに関するデータ入力や管理など様々な事務仕事を行うことになります。

介護職には無資格OKの求人もたくさん

「無資格でも介護業界で働くことができる!」と言われても何となく納得できないのであれば、適当な求人サイトで「看護 無資格」などと入力して検索してみてください。

きっと、結構な数の求人が見つかるはずですよ。

経験や専門知識が乏しい方でも行える仕事の多い介護職でなら、「無資格」であっても働き先は多く見つけられるんです。

資格なしで働くならこんな施設がおすすめ!

  • デイサービス
  • 特別養護老人ホーム
  • 有料老人ホーム
  • 病院

これらは無資格の方でも働くことができる施設です。

他にも「認知症対応型共同生活介護施設(グループホーム)」など、様々な施設で働くことができます。

そんな中でも無資格の方にもおすすめな施設として「特別養護老人ホーム」紹介します。

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームは公的施設であり、在宅介護が難しい高齢者が入居しています。

公的施設であることから費用も抑えめで、入りたくとも入れないほど入居者が多い施設もあります。

その結果として求人数も少なくはなく、教育環境やマニュアルもしっかりと整っている施設が多いので「初めて介護職に就く」という方にもおすすめすることができるのです。

でもやっぱり、有資格者が歓迎されるのは事実です

無資格でも働ける可能性が充分あるのは確かなのですが、「好条件・正社員」などを求めた場合は働き先を見つけるのは若干難しくなります。

やはり、その様な条件での転職をする際には資格がある方が有利なのは間違いありません。

その点に関しては転職活動に入る前に少し理解しておく必要があるかも知れませんね。

もちろん最初は待遇面で不満があったとしても、経験を積み働きながら資格を取るなどすることで、状況を改善していくことは充分に可能です。

資格なしの介護職はこんな時に困ります

介護関係の資格を持たずに介護職にチャレンジする場合に「起こりやすいトラブル」があります。

  • 仕事が忙しく勉強(資格取得)の時間が無い!
  • 与えられる仕事が限られてしまいがち
  • 利用者や職場内でのトラブルに巻き込まれやすい

起きやすいこの3つのトラブルに対して心構えをしておくだけでも、働き始めてからのストレスは少なくなるかも知れませんね。

トラブルその1「仕事が忙しく勉強(資格取得)の時間が無い!」

働く職場によっては非常に忙しく仕事をこなすのに一生懸命になってしまい、資格取得の為の勉強時間を取ることも難しくなることがあり得ます。

経験が重要な世界ではありますが、キャリアアップする為には資格を取ることも大切です。

ですから、どの様にして勉強時間を確保するのかは勤務先を探す段階から考えておく必要がありますね。

仕事に慣れることで余裕ができていく可能性はありますが、ずっと余裕ができず無資格のままとなると「昇格・昇給」のチャンスを逃すことにもなりかねませんよ。

トラブルその2「与えられる仕事が限られてしまいがち」

無資格でできる仕事はたくさんあると言っても、その多くは誰でもできる仕事であり与えられる仕事に制限が出てきます。

そうなると、いつまでも同じ様な仕事ばかりで「やりがい」を感じられなくなってしまうかも知れません。

無資格で働く以上は、仕事に制限がかかるのは仕方が無い面はあります。

でも、それがストレスになってしまう可能性は否定することはできません。

トラブルその3「利用者や職場内でのトラブルに巻き込まれやすい」

施設の利用者にとっては、資格の有無に関わらず同じ様に「施設内で働く人」と見られます。

ですから、実際には行えない仕事を頼まれてしまう可能性もあります。

業務の範囲外の仕事をすることは良くないことですが、断ることで利用者から不満をぶつけられることもあり得ます。

また無資格だというだけで職場内であまり良くない立場に置かれることも稀にあり、環境の良くない職場で勤務している場合は働き続けることを苦痛に感じてしまうかも知れません。

介護職で上を目指すのなら資格を取りましょう!

  • 給料アップ
  • 昇格
  • やりがいのある仕事がしたい

こんな希望を持っているのならば、働きながらでも資格を取りませんか?

介護職で上を目指すのならば資格取得は非常に有効です。

そしてまず目指すべきは「介護職員初任者研修」です。

比較的取得しやすいこの資格から、皆さんの介護職でのキャリアアップは始まります。

「介護職員初任者研修」はこんな資格

以前は「ホームヘルパー2級」という名称でしたが、実技科目を充実させ2013年より「介護職員初任者研修」となりました。

名前通り介護職の入門的な資格であり、この資格を持っていることで「介護の基本を知っている」とも判断してもらえます。

要介護者に対する身の回りのお世話に関する知識やテクニックを学ぶことができ、様々なカリキュラムを受講した後には筆記試験もあります。

  • 職務の理解
  • 介護における尊厳の保持、自立支援
  • 介護の基本
  • 介護、福祉サービスの理解と医療の連携
  • 介護におけるコミュニケーション技術
  • 老化の理解
  • 認知症の理解
  • 障害の理解
  • こころとからだのしくみと生活支援技術
  • 振り返り

上記の10のカリキュラムを受講し資格取得を目指すことになります。

通信教育の活用で無理せず資格取得が可能です

介護職員初任者研修の資格を取得するには、通学制のスクールで学ぶ方法と通信教育を活用する方法があります。

とは言っても介護職員初任者研修は実技を学ぶ必要もあることから、全てを通信教育で学ぶことはできません。

期間的には通学制の場合は20〜30日間ほど通う必要がありますが、通信教育を活用することで15日ほどの通学で済むようになります。

どちらの学び方が良いかは資格取得を目指す方の考え方次第ですが、仕事で忙しく時間が取りにくかったり近くに通えるスクールが無い方は、通信教育の活用がおすすめです。

「介護職員初任者研修」の次に目指したい資格

介護職員初任者研修を取得したならば、次に目指すは「実務者研修」です。

これは介護職員初任者研修の上位ランクに相当する資格であり、前述の資格を持っていればカリキュラム450時間中の130時間も短縮されるという恩恵も受けられます。

そして実務者研修を取得し実務経験3年という条件も満たせば、介護関係の資格でただ1つしか無い国家資格「介護福祉士」の受験資格を得ることが可能となるんです。

現在は無資格で将来的に介護福祉士を目指したいとお考えなら、「介護職員初任者研修→実務者研修→介護福祉士」という流れがベストですね。

介護関係の資格が無くても使いやすい転職サイトはココ!

資格がなくても介護職で働けるとは言っても、自分一人で求人を探し転職成功を目指すのは大変です。

介護職への転職を行うのなら「介護職特化型の転職サイト」を使うのが、理想の転職への最短ルートです。

次は「無資格でも使いやすい」おすすめしたい介護職特化型の転職サイトを2つご紹介します。

このどちらかまたは両方を使えば、皆さんの転職への負担は大きく減らせすはずですよ!

かいご畑

かいご畑

コーディネーターによる転職サポートを受けることができるので、「介護の仕事をしたいけど業界のことはほとんど知らない」という方も自分にピッタリな職場を見つけることができます。

かいご畑は紹介可能な求人数も多く、未経験者・無資格者向けの求人も豊富なのも特徴です。

そして「キャリアップ応援制度」という、働きながら「無料で」資格取得を目指せるお得で嬉しい制度も利用できます。

この制度の中には介護職員初任者研修の取得を目指すコースもあり、定価だと74,000円必要な受講料が何と0円になってしまうんです(テキスト代は別途必要)。

実務者研修も無料で受講できますので、既に介護職員初任者研修を取得済みの方は、こちらにチャレンジしてみてはどうでしょうか?

他にも応募前の段階で求人を出している施設への見学ができるので、自分の目で働きやすい職場かどうかをチェックすることが可能です。

かいご畑の詳細ページ

ナイス!介護

ナイス介護

ナイス!介護は独自のマッチングシステムにより、素早く理想を叶える求人紹介を行っています。

派遣で介護の世界に飛び込みたいとお考えの方にはとても頼りになるサイトであり、運営している「ナイス!介護スクール」ではお得な料金で資格取得を目指すこともできます。

しかも、ナイス!介護スクールで資格を取り、ナイス!介護からの紹介で就職し一定期間勤務することで受講料のキャッシュバックが行われます。

介護職員初任者研修の場合は全額キャッシュバックとなっていますので、実質0円で資格を取ることも可能です。

渋谷と梅田にスクールの教室はありますので、通える距離の方は是非活用してください。

ナイス!介護の詳細ページ

介護職はやりがいが充分の「転職する価値のある仕事」です

介護職は「人の役に立てていることが実感できる仕事」です。

そして男女問わず幅広い年齢の方が活躍できる業界でもあります。

さらには、これからの社会の中で今以上に必要とされていきドンドンと成長していくことが予想される仕事です。

つまり、他の様々な仕事と比べても「やりがい充分」な仕事なんです。

無資格・未経験から介護の世界に飛び込むのは大きな勇気も必要になるかも知れません。

また、慣れるまでは大変な面もあるはずです。

ですが、「介護職」には今の仕事を辞めて転職するだけの価値があるのも間違いありません。

一歩踏み出す勇気が出たならば、今回ご紹介したサイトを通して転職し資格取得も目指してくださいね。