40代からでも介護職へ転職できる?今後のキャリアはどうなる?

40代からの介護士転職

40代から介護職へ転職するって、キャリアもないし体力的にも厳しそう…

って思っていませんか。

これは私の実感ですが、介護業界の主力は40代や50代の方だと思っています。

派遣介護士として、いろんな職場に行きましたがこの年代が一番多いですね。

もちろんこの年代の方でもバリバリ現場で働いています。

しかし、

  • 40代から介護職へ転職するとどんなキャリアプランがあるんだろう?
  • 体力的に厳しくなったら事務仕事とかに移れるのかな?

という疑問を持っている方もいると思います。

そこで、この記事では40代で介護職に転職したいけど、体力的に厳しくなったら続けていけるのか不安…と思っている方に向けて、40代からの介護職への転職したあとの働き方やキャリアプランについてお伝えしていきます。

40代の未経験でも介護職に転職できる?

冒頭でお伝えしたとおり、介護職は40代から50代で働いている人がとても多いです。

彼らは20代からキャリアを積み重ねてきたわけではなく、飲食店や工場からの転職組の人もいます。

というのも、介護職というのは今とても人材不足であり、未経験からでも十分働いていけます。

今、施設の現場の主力は40代・50代が多い

なぜ、主力が40代や50代なのか。

介護職は世間的に「キツい・汚い・給料安い」という3Kのイメージが根強いんです。

だから、若い世代はなかなか応募してきません。

とはいえ、業界自体人手不足。

そうすると、ちょっと高齢でも、働いてくれる人であれば、喜んで受け入れますという環境になっているんですね。

だから自然と、介護現場の主力は40代や50代になってしまうんです。

社会性のある40代の介護職が求められている

40代でも、介護職へは十分転職できます。

ですが、より良い条件で良い施設に転職するには何が必要なのか。

それは、社会人としてきちんと行動できるかということ。

普通に働いていれば簡単なことですが、この業界は無断欠勤や遅刻などが非常に多いのです。

参入障壁が低い分、モラルも低下しているからですね。

そんな中で、多少介護技術が低くても、未経験でも、

  • 遅刻をせずに毎日出勤する
  • 無断欠勤をしない
  • 報連相をきちんと行う

だけで、上司や同僚から信頼されます。

勤勉である姿勢を評価されれば、現場のリーダーなどへのステップアップも見えてくるでしょう。

40代でも介護職は体力的に大丈夫?

40代でも50代でも現場でバリバリ働いて夜勤にも入っている人は多いです。

私の知る限り、70代の女性の方が夜勤業務で元気に働いている姿を見てきました。

とはいえ、体力は自分との相談になるでしょう。

シフト制で、生活サイクルも変わりやすいので、日々の健康管理というのがとても大事ですね。

40代から働いたら年収はどのくらい?

勤務形態やどんな施設で働いてくるかによって変わってきますが、求人情報を見る限り、介護士の給料は月給で20万前後、年収にすると約350万円くらいではないでしょうか。

正直、他の業界と比べて安いです。

国から支給される介護報酬が決まっている以上、正社員の現場だとなかなか給料を上げづらいということがあります。

現場で働いていきたいなら派遣介護士がオススメ

もし、40代で介護職に転職したいけど給料もそれなりに高くありたいと思うのであれば、派遣での就業をオススメします。

派遣介護士はとにかく時給が高いです。

日勤帯でも時給が1,600円〜1,800円ですし、夜勤だとキャンペーン価格というのがあって1回の夜勤で30,000円を超えてきたりします。

これは人手不足でどうにも手が回らない現場が多いということの裏返しなのですが、キャンペーン価格で派遣介護士をすれば、月収30万から40万に達成することは可能です。

もし、介護職で未経験だけどお金も欲しいという人は派遣での就業を目指しましょう。

40代から介護職に転職した場合のキャリアプラン

40代から介護職のキャリアプランはどんな感じなのだろうと思う方もいるでしょう。

人手不足の介護業界、キャリアアップするのにも全然遅くありません。

具体的なステップ手順を見ていきましょう。

まずは資格をとろう

介護の資格は看護師のように、その資格がなければ業務をできないということはありません。

ですが、資格を取ることによって自分に有利な条件で昇給や転職活動を狙えます。

  1. 介護職員初任者研修
  2. 介護福祉士実務者研修
  3. 介護福祉士

この3ステップがおすすめです。

特に介護福祉士を取ってしまえば、介護業界での転職はほとんど困らなくなります。

1の初任者研修と2の実務者研修は特に試験などはなく、スクールで受講すれば修了資格を手に入れることが可能です。

体力的に厳しくなったら、事務的な仕事に移れるか?

40代で介護職に転職するとなると、現場で働くのは体力的に不安だな…と思う方もいるかもしれません。

場合によっては事務的な仕事に移りたいという希望も出てくるでしょう。

介護職にも事務的な仕事はあります。

専門職と呼ばれるサービス提供責任者や生活相談員です。

サービス提供責任者や生活相談員を目指そう

専門職と呼ばれるサービス提供責任者や生活相談員は、主に外部のお客様、利用者の家族やケアマネ、医療機関などとのやり取りを主に行う仕事です。

利用契約や介護保険の請求業務、営業活動をするので、介護現場とはまた違った能力が求められます。

その分、現場の介護職よりも給料はいいですし、40代であれば今まで働いてきた仕事の経験が活かせます。

サービス提供責任者の仕事って?

サービス提供責任者、通称「サ責」は、訪問介護の要と呼ばれる職種です。

訪問介護サービスの実施計画をたて、ホームヘルパーを指導・管理します。

特に介護職・看護職との連携や調整はサ責の大事な仕事。

特にケアマネージャーとは連絡を密にして、ケアプランと訪問介護の計画を立てていきます。

生活相談員とは

デイサービスやショートステイでの花形の職業です。

相談員というくらいですから、入所・利用中の利用者についての相談業務がメインです。

ケアマネジャーとの連絡や、入所や利用の開始手続き、契約や個別援助計画の作成など、業務は多岐にわたるので、しばしば「何でも屋」と言われることがあります。

管理職を目指そう

サービス提供責任者や生活相談員としてある程度経験を積むことができたら、管理職を目指しましょう。

管理職とは施設長のこと。

雇われの身とはいえ、一国一城の主です。

施設長になれば、他の業界と変わらないくらいの給料は得られます。

業務内容としては、ほぼ現場の業務はありませんので、体力に不安のある40代の方にとっては目指す価値があります。

主な業務の内容は、ビジネスとして介護事業を捉えるということです。

なので売上や数値管理、現場スタッフのマネジメント、施設入居の営業活動などがあります。

一つの施設を任されるのはプレッシャーではありますが、自分の理想の介護施設を作り上げていけるという点でやりがいのある仕事であるといえます。

介護職に転職したい40代にオススメの転職サイト

40代で介護職に転職したいと思ったら、転職エージェントがおすすめです。

自分で求人誌を見つけて探すというのもアリですが、圧倒的に効率が悪いです。

転職エージェントであれば、面接の日程調整や履歴書の書き方、面接対策まですべて専門のコーディネーターがついて親身にフォローしてくれます。

かいご畑

かいご畑

かいご畑とは、厚生労働大臣認可の介護就職支援センターです。

厚生労働大臣が認可していると聞くと、すごく安心感がありますよね。

かいご畑は

  • 専任のコーディネーターが専属でついて希望をヒアリングしてくれる
  • 非公開求人も含めて案件が豊富
  • 全国各地に根ざしているので近くの職場を見つけられる

というのが特徴。

さらにキャリアアップ応援制度というのがあって、無料で働きながら資格を取得できるというのが魅力です。

未経験でも働き口を探すことができて、さらに資格取得のための支援制度があるので、40代でもキャリアアップを目指すことができますよ。

かいご畑の詳細ページ

ナイス!介護

ナイス介護

ナイス!介護は介護職の派遣に特化した転職サイト。

  • 無資格、未経験でも介護の仕事に転職できる
  • 高時給の案件が豊富
  • 給料は週払いと月払いから選べる

転職したての時って、お金がなくて困りますよね。

ナイス!介護の案件だったら週払いから選べるので、早くお給料をもらうことができるんです。

これは他の転職サイトにはなかなかないサービス。

時給も高単価のものが揃っているので、稼ぎたい人には向いているのではないでしょうか。

介護職は派遣の時給が高いので現場で働きたいのであればおすすめです。

ナイス!介護の詳細ページ

まとめ

いかがでしたか。

40代からでも、介護職への転職は十分可能だということがわかったのではないでしょうか。

まとめていきますね。

  • 介護現場は40代や50代が多い
  • 現場で働いていくのなら派遣介護士が稼げる
  • 未経験ならまずは資格をとろう
  • 体力に不安があるならサービス提供責任者や生活相談員、管理職を目指そう
  • 転職サイトはかいご畑とナイス!介護がオススメ

まずは、介護の現場を知る上でボランティアなどを利用して実際に現場に触れてみることもいいでしょう。

実際に働いている人や施設の様子を見ることで自分が介護に向いているかどうかわかります。

そのうえで介護職にチャレンジしたいと思ったら、転職エージェントを利用してアクションを起こしていきましょう。

どんな年代でも介護の仕事は広く門戸が開かれています。