大東建託グループに転職するなら?年収・転職難易度・評判徹底解説!おすすめ転職サイト・エージェント

大東建託グループに転職するなら?年収・転職難易度・評判徹底解説!おすすめ転職サイト・エージェント

大東建託グループは約半世紀の歴史を持つ不動産会社であり、現在では国内に単体の営業所だけでも235店舗を展開し建設・不動産業をベースに事業運営を行っているグループ会社です。

経営状況も安定し成長も続けているので福利厚生や年収面も非常に優れています。

では大東建託グループに転職するにはどうすればよいのでしょうか。大東建託グループに転職を検討している人に向けて、年収・転職難易度・福利厚生などを解説します。

一目で分かる大東建託グループの評判

年収は高い?
残業は少ない?
福利厚生はどのくらい充実している?
仕事のやりがいはある?
スキルアップやレベルアップにつながる?
職場の雰囲気は良い?
中途入社はしやすい?

大東建託グループはどんな会社?

会社名 大東建託株式会社
設立 1974年6月20日
資本金 2,906億円
従業員数 9,393人(2018年9月末現在)
本社所在地 東京都港区港南二丁目16番1号品川イーストワンタワー21~24階
代表者 小林克満
事業内容 (1)アパート、マンション、貸店舗、貸倉庫、及び貸事務所などの建設業務
(2)入居者斡旋などの不動産仲介業務、及び建物管理、並びに賃貸借契約管理等の不動産管理業務

事業方針・経営理念

  • 限りある土地の最有効活用
  • 土地・建物を広範囲に創造
  • 利用者から信頼される建物の建築
  • 安定し、成長し続ける努力
  • 社内・社外のネットワークを重視し共に歩む

大東建託グループはブラインドメッセージとして、「生きることは、託すこと。」をテーマに掲げ、テーマに基づいた経営、活動を行っています。

創業以来、「人は一人では生きていけず、誰かに託されそして誰かに託す」という人間像が基本理念。

大東建託グループが建設し賃貸する建物には、人から人へ託すという思想が宿っているのです。

創業者である多田会長が退いた2011年以降は、子会社を基盤として介護事業・保育施設の運営などの福祉事業にも積極的に貢献。

その他にもLPガスや少額短期保険など、これまで手掛けていなかった事業にも進出しています。

日本国内のスポーツ事業にも積極的に参加し、2016年11月以降はサッカー日本代表のサポーティングカンパニーにもなりました。

事業内容

  • 居住用・事業王賃貸建物の建設業務
  • 不動産の賃貸借事業
  • 入居者斡旋などの仲介業務事業
  • アパート・マンションの管理事業
  • 総合的なビル運営管理事業
  • 介護事業
  • 保育施設運営事業
  • LPガス営業・管理事業
  • 少額短期保険事業

大東建託グループは、基本事業である建設・不動産業を継続しています。16の主なグループ会社が共に連携して、各事業を一体化。

安定的に成長していく企業である大東建託グループは建設・不動産事業だけでなく、介護や保育などの事業にも積極的に参加しています。

特に不動産業は国内でもトップクラスの売り上げを誇っていて、利用者への土地・建物だけの支援ではなく賃貸の仲介や福祉支援なども行っているところを特徴としています。

利用者に対するケアを重視する姿勢が大東建託グループの魅力なのです。

売上

大東建託グループの2019年3月期の売上高は1兆5,911億円を計上。

ユーレットによる業績ランキングでは、同業の中で7位につけています。

大東建託グループの安定した経営と成長がうかがえる結果です。大東建託グループは創業以来、バブル崩壊やリーマンショックなどにも直面してきました。

しかしその度に困難を耐え、乗り越えてきた会社です。

大東建託グループの業績の伸びは2016年以降全て右肩上がりになっています。グループ全体が一丸となり、業績を伸ばそうとしている結果が出ているのです。

国家レベルで経済力の上昇が認められるマレーシアへの進出や、不動産や建設業だけでなく福祉にまで事業を広げているため、今後も安定と成長が期待できる会社でしょう。

従業員数

大東建託グループの従業員数は2019年7月時点で単体9,203人、グループ連結で17,646人です。

営業職の中途採用も積極的に行っており、常に新しい人材の育成にも力を入れています。

「就職四季報」によると、大東建託グループの3年後の離職率は33.9%と高いため、従業員の入れ替わりは高い傾向にあります。

単体会社内の男性従業員の数は9,203人中8,675人と従業員の大部分を男性が占めています。

女性従業員の平均年齢は37.4歳になっています。女性の場合は出産を機に退社することがありますが、復職をする女性も多いのが特徴です。

大東建託グループでは事業の拡大や事業ジャンルの幅を広くする試みを行っているため、今後も人材の確保には力を入れていくことになります。

福利厚生の手厚さと給料の高さから、仕事にやりがいを持ちたい人におすすめの会社です。

大東建託グループの転職難易度

大東建託グループ営業職の転職難易度はそこまで高くありません。大東建託グループの転職には2種類の職種があります。

専門的な技術や知識が必要となり未経験者はエントリーが出来ない技術職と、未経験者でもエントリーが可能なコンサルタント営業職です。

営業職の転職難易度はそこまで高くありません。営業職の仕事は、成績が悪いと給料も減ってしまうなど厳しい仕事です。

そのため、営業成績が上がらない人の離職率が高いのも、この仕事の特徴。特に大東建託グループは給料システムも歩合制となっていて、実力が全ての会社です。

営業職の人材は常に足りていない状態なので、会社側も新しい人材の確保に積極的に動いています。そのため大東建託グループの営業職は中途でも採用してくれる確率が高いのです。

大東建託グループの年収は平均871万円程度

大東建託「有価証券報告書」によると、大東建託グループ従業員の平均年収は871万円です。

この平均年収は他の会社と比較して高いと言えます。大東建託グループは就職後の基本給が他の会社よりも高いことに加え、営業成績の良い人はさらに賞与として上乗せされるからです。

年齢や性別、勤続年数によって基本給や賞与は左右されません。全て完全歩合制なのが特徴です。

さらに大東建託グループ全体の業績が伸びることで、個人の給料への還元もされます。大東建託グループに転職すれば、転職前よりも平均年収をアップさせるチャンスが大いに期待できます。

福利厚生面も充実していて、教育にも力を入れているので自身のスキルをアップさせれば年収も上がっていきます。

転職後の昇給はしやすい?

大東建託グループは転職後の昇給がしやすい会社です。

大東建託グループの従業員の昇給制度は全て歩合制。

勤続年数が長いからといって給料が高いという訳ではなりませんし、勤続年数が短かったとしても昇給のチャンスがあります。

すべては自身の努力とスキル次第です。大東建託グループに実際に転職した人の口コミによると、転職一年目で年収1,000万円を超える営業職の人もいます。

基本給が約28万円と、一般的な企業と比べて高額なのも魅力です。昇給は営業成績によって、基本給に上乗せされていくシステムを採用しています。

さらに実力が認められて、役職もつけば更に年収をアップさせることも可能です。大東建託グループに転職して昇給を狙うのであれば、営業職として顧客のニーズに応え最大限のサービスをしていく努力をしましょう。

ボーナス・賞与は貰える?

“大東信託グループでは半期ごとにボーナス・賞与の支給が行われています。ボーナスは全ての従業員に対して支払われますが、支給額は異なります。

大東建託グループでは230以上の支店ごとの営業成績と個人の成績によって支給額が変動。

勤めている営業所に優秀な営業マンが多く、営業成績が高ければ支給額が多くなります。しかし営業所によっては、全体的な売り上げが少ない場所もあります。

そういった場合は自身の成績が良くてもボーナスの支給額は下がってしまいます。

大東建託グループには営業所や個人の成績に対するボーナスだけではなく、グループ全体の営業成績が良いと、1年に1回5月に業績賞与がもらえます。

大東建託グループは常に営業利益を伸ばしている企業ですので、ほとんど毎年業績賞与を貰えると考えてよいでしょう。

大東建託グループの福利厚生は充実している?

大東建託グループの福利厚生は大企業の中でも特に定評があります。賞与は年に2回、業績に応じて支給されます。

賞与に関しては大東建託グループ全体の業績が上がれば、年に1回業績賞与も支給されます。

業績が上がっていれば実質3回の賞与がもらえます。各種の保険制度は完備されていますし、ステップアップのための資格を得るための資金も援助されます。

3年以上勤務をしていれば、退職金も付いてきます。営業の職に就いた場合は、ノートパソコン・タブレット・携帯電話も会社から支給してもらえます。

そして特筆すべき点は教育制度。業界未経験者でも転職後に安心して働けるように、大東建託グループでは教育にも力を入れています。

そのため従業員は働きながら、学びステップアップを目指すことが出来るのです。

大東建託グループの休日・休暇制度は整っている?

大東建託グループの従業員の休暇は、125日と同業他社に比べても多い日数が用意されています。

原則として土日・祝日は休日。さらに「アニバーサリー休暇」という制度も用意しているので、自身の誕生日や結婚記念日、子供の誕生日など様々な記念日に合わせて休暇をとることも可能です。

アニバーサリー休暇は土日祝日や年末年始に合わせて、連休にすることも出来るのです。

また就業時間を19:30分に決めた「ノー残業デー」も設けられていて、働き方改革のテーマに沿った働き方を目指しています。

大東建託グループに転職すれば、休暇も多く取れますし就業時間も調整してくれています。

そのため仕事だけではなく、プライベートも充実させることが出来るのです。大東建託グループはプライベートを充実させたい人に、おすすめの転職先です。

大東建託グループの残業時間は多い?

大東建託グループの残業時間はトータルで見れば多くないです。どのような業界でもそうですが、不動産業を基本にしている大東建託グループも繁忙期の間は残業する必要も出てきます。

しかしながら残業時間に関しては繁忙期のみであり、忙しくない日には残業をせずに早めに帰るなどして就労時間の調整を行います。

大東建託グループの方針として、残業を極力減らすための努力もしています。

会社のパソコンが使えるのは、朝の7時から夜の9時までとなっており、自動的に電源が落ちるシステムを導入している営業所もあります。

会社のパソコンは全てセンターで記録されており、起動時間によって個人の就労時間も記録されています。このコンピューター管理により、サービス残業なども出来ないシステムが構築されているのです。

大東建託グループへ転職するまでの流れ

  1. 大東建託グループの公式サイト・転職サイト・人材紹介会社などからエントリーする
  2. 面接2回・適性試験・作文・一般常識テスト
  3. 内定

大東建託グループの転職エントリーは2つの種類があります。設計職や施工管理職に関しては専門的な技術と知識が必要となるため、未経験の人にはエントリーが出来ません。

今回はコンサルタント営業職に転職するまでの流れを紹介します。エントリーの方法は公式サイトから直接行っても、転職サイトや人材紹介サイトを経由しても大丈夫です。

コンサルタント営業職は顧客とのコミュニケーション能力も必要なため、専門的な知識以外にも一般常識テストも重視されます。

面接に関しては2回に分かれていて、1回目の面接に通過すると営業所での面接になります。

すべての面接とテストが終わると、選考期間となり合否は書類によって知らされます。合格していれば内定となり、営業所からの連絡を待つこととなります。

大東建託グループへ転職した人たちの口コミ・評判

もともと水商売をやってきて、稼げる商売がどのような仕事か知っていました。中でも不動産や建設業のお客様は太っ腹で毎回大金を使ってくれていました。私もやりがいのある仕事をしたいと思い、大東建託グループに転職することを決めました。全くの未経験でしたが、転職サイトの方が面接の方法や書類の書き方を指導してくれたので安心してエントリー出来ました。大東建託グループは聞いていたとおり、完全なる実力主義の会社でした。私は前職で培っていたコミュニケーション能力が発揮できて、転職してから2ヶ月後には契約を結べました。自分には営業職が向いていることを知りました。
34歳 男性 営業職
私は新卒で公務員になり、平凡な毎日を送っていました。生活はもちろん安定していましたが3年ほど働いていたころから「自分はこのままでよいのか」と疑問を持ち始めました。そんな時同窓会であった友人が不動産の営業をしていると聞きました。その友達はとても生き生きとしていました。私は転職することを決めました。転職サイトから大東建託グループの中途採用の応募にエントリーしました。テストは見事合格。現在はとても忙しい毎日を過ごしていますが、とてもやりがいのある仕事で楽しいです。
25歳 男性 公務員

大東建託グループへの転職におすすめ転職サイト

大東建託グループへの転職をする際は、転職サイトを利用するのがおすすめです。

転職サイトを利用しても、選考へのマイナスな影響はありません。転職の事情を把握しているプロのコンサルタントに相談すれば、希望する会社への転職が可能かどうかも判断してもらえます。

サイトに載っている求人が求める人材や、それぞれの会社の採用傾向も全て把握しているので転職を有利に進めることが可能になります。

エン転職

エン転職

エン転職は正社員としての求人を多く取り扱っている転職サイトです。

サイトに登録すると整備が整った求人検索を行うことが出来るので、自身の希望に沿った求人を見つけられます。

自身の希望に沿った会社を選んだあとは、実際に転職し働いている人々のリアルな口コミを読むことが出来ます。

口コミを読めば、募集要項には書いていない職場の雰囲気や募集要項が本当なのかどうか知ることが可能です。

転職するうえで、面接やテスト内容などは気になります。エン転職に登録し、求人にエントリーすると事前に面接で聞かれる内容を教えてくれます。

そのため実際の面接の前に答えを用意したり、練習をしたりすることが出来るのです。十分な準備が出来る分、有利に面接を進められます。

エン転職詳細ページ

doda

doda

転職の際にdodaを利用するメリットしてあげられるのは2点。優秀なエージェントによって自身に合った求人を紹介してくれることと、スカウトサービスによって自身を欲している会社からのオファーを受けられる点です。

特にdodaのエージェントは転職先の紹介だけではなく、面接時の書類や質疑応答のサポート、面接日程の調整なども引き受けてくれます。

さらに自身に代わって会社側と交渉を行い、入社日の日程や給料面の交渉も行ってくれます。

dodaを利用すれば転職を有利に進めることも出来ますし、転職後の条件も良くしてくれます。初めて転職する人や、現職が忙しい人にはおすすめの転職サイトです。

doda詳細ページ

不動産業界の転職におすすめ転職サイト・エージェントランキング

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件