コンサルへの転職でよくある転職理由は?好印象を与えるポイントをご紹介

コンサルへの転職でよくある転職理由は?好印象を与えるポイントをご紹介

転職活動が進んでいくと、応募した企業で面接を受けます。

面接では、今までの職歴や身に付いているスキル・知識など、さまざまなことを質問されますが、高確率で転職理由を聞かれます。

しかし、社会人として働いていて、転職理由を考えることはないため、「どんな転職理由を答えれば良いのだろう?」と悩まれることが多いのではないでしょうか?

この記事ではコンサルへの転職でよくある転職理由について解説します。

採用担当者に好印象を与えるポイントなどもご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

コンサルへの転職でよくある転職理由

コンサルの面接では、転職理由を高確率で聞かれます。

そこでコンサルへの転職でよくある転職理由をいくつかご紹介します。

コンサルへの転職理由で悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

大手企業の事業に携わりたい

転職を希望するコンサルティングファームによって、クライアントとなる企業は異なりますが、コンサルは大手企業の事業に携わりやすい職種なので、「大手企業の事業に携わりたい」ということを転職理由として答えるケースが多いです。

コンサルティングファームとしては大手企業ではなくても、クライアントとなる企業が大手企業になることは多く、コンサルへ転職することで携われる可能性は高くなります。

もし、大手コンサルティングファームへ転職することができれば、超大手企業やメガベンチャーなどの事業に携われるでしょう。

コンサルで身に付けられるスキルを獲得したい

コンサルは「クライアントの問題解決をして、業績を上げさせる仕事」になるため、さまざまなスキルを身に付けられます。

コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力、洞察力など社会人にとっては魅力的なスキルが身に付けられるため、「スキルを獲得したい」ということがよくある転職理由として挙げられます。

コンサルは離職率の高い職種で、「スキルを獲得して独立する」「スキルを獲得して、他の企業へ転職する」と考えている方が多いです。

コンサルで1年〜2年間働くと、基礎的なスキルは身に付けられると言われているため、早々と転職する方もいます。

自分の市場価値を高めたい

コンサルは企業の経営や事業の決定権に携わることが多いため、コンサル経験があると社会人としての市場価値が高くなります。

そのためコンサルへの転職理由では、「自分の市場価値を高めたい」と答える方が多いです。

社会人としての市場価値を高めることで、社会的な信用が高くなり、自分の希望通りに転職しやすくなります。

また、他の企業から「スカウト」されることもあり、コンサルとしての経験があることで、一気にキャリアアップできることも考えられます。

市場価値を高めたいことが転職理由な方は、他の企業へ転職することを見据えているケースが多いです。

仕事にやりがいを感じたい

コンサルは「残業時間が多い」「ワークライフバランスが保ちにくい」など、激務なイメージがあると思いますが、仕事に対するやりがいはとても感じやすいため、「仕事にやりがいを感じたい」ということを転職理由として答えることがあります。

今まで携わることがなかった大手企業の問題を解決して、クライアントの要望に応えることができれば、相当なやりがいを感じるでしょう。

ただし、この転職理由は「コンサル以外でも良いのでは?」と採用担当者に思われる可能性が高いため、コンサルならでは業務内容を添えて答えることが大切です。

コンサルの面接で転職理由を答えるときのポイント

転職の面接以外で転職理由を答えることはないため、「どんなことを意識すれば良い?」と悩まれることがあると思います。

コンサルの面接で転職理由を答えるときに意識すべきポイントをいくつかご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

嘘の転職理由を答えない

採用担当者に好印象を与えることを考えると、「嘘の転職理由を答えるべきかな?」と悩まれるかもしれませんが、嘘の転職理由を答える必要はありません。

採用担当者は「転職することには、何か理由がある」と理解しているため、素直に転職理由を伝えても、マイナスな印象になることは考えにくいです。

反対に、嘘の転職理由を答えることがバレてしまった場合は、コンサルへの転職成功率がグンと低くなります。

また、嘘の転職理由が評価されて、転職することになっても、本当の転職理由に当てはまるような状況が入社後に起きてしまうと、もう一度転職することになります。

それは自分のとっても企業にとってもマイナスなことなので、本当の転職理由を答えるようにしてください。

前職の不満や愚痴を言わない

転職理由は本当のことを答える必要がありますが、伝え方には注意が必要です。

転職理由で前職に対する不満や愚痴ばかりを言ってしまうと、転職に対して理解している採用担当者でも良い印象は抱きません。

「転職しても不満や愚痴ばかりを言って、職場の雰囲気を悪くする」などと判断されて、コンサルへの転職成功率は低くなります。

そのため本当の転職理由を答える必要がありますが、前職を悪く言わないようにすることが大切です。

そして、採用担当者にマイナスな印象を与えないためには、言わないことを決めておくことをおすすめします。

転職しようと思った理由を全て打ち明ける必要はないため、マイナスな印象を与える可能性があることは、事前に言わないように決めておきましょう。

コンサルならではの転職理由を意識する

転職理由では、「なぜ、コンサルへ転職しようと思ったのか」ということを明確に答えることが大切です。

採用担当者に「コンサル以外でも良いのでは?」と思われてしまうと、採用してもらえる可能性が低くなります。

上記でお伝えした「自分の市場価値を高めたい」と「仕事にやりがいを感じたい」という転職理由では、コンサル以外でも良いと判断されやすい傾向があります。

そのため「コンサルに転職したい」ということを、強く伝えられる内容を意識することが大切です。

ただし、企業への思いを答えてしまうと、志望動機になってしまうため、あくまで「コンサル」という仕事ならではの内容を答えるようにしてください。

だらだらと長く転職理由を答えない

採用担当者に転職理由を聞かれるときには、時間を指定されないケースがほとんどですが、だらだらと長く転職理由を答えないことが大切です。

転職理由を答えるときの時間は、1分〜1分30秒を目安にするようにしてください。

1分30秒以上の時間を有して転職理由を答えてしまうと、「結局、何が転職理由なのかわからない」と思われる可能性が高くなります。

採用担当者に伝わりやすく簡潔に転職理由は答える必要があります。

コンサルは未経験者でも転職できる?

コンサルは未経験者でも転職することが可能です。

実際にコンサルの中途採用では、約80%の採用が未経験者になっています。

その理由は市場の拡大とともに、人手不足を抱えている企業が増えているからです。

近年、コンサルティング市場は拡大を続けていて、その拡大は今後も続くと言われています。

拡大すればするほど人手が足りなくなるため、中途採用での未経験者の需要は高くなっています。

しかし、コンサルへの転職は簡単ではありません。特に未経験者では希望通りに転職することが難しくなるため、いくつか抑えておきたいポイントをご紹介します。

コンサルへの転職を希望している方は、下記のポイントを参考にしてみてください。

1日でも早く転職活動をスタートする

コンサルの求人では、「〇〇歳まで」と年齢を制限されることが多いです。

具体的には「35歳まで」と定められていることが多く、年齢が高くなればなるほど、コンサルティングファームが求める人物像とはかけ離れていきます。

そのため1日でも早く転職活動をスタートさせることが大切で、可能であれば20代のうちに転職を成功させておきたいです。

転職活動に一歩踏み出すことは勇気がいるかもしれませんが、1日でも早くスタートさせることが、コンサルへの転職を成功させる近道になります。

転職エージェントを活用する

コンサルへの転職を成功させるには、転職エージェントを活用することが大切です。

転職エージェントとは、無料で転職に関することを幅広くサポートしてくれるサービスです。

具体的なサービス内容は「求人紹介・面接対策・日程調整・書類添削」などで、転職サイトには公開されない「非公開求人」を紹介してくれます。

また、登録者1人に対して担当のキャリアアドバイザーが付くため、転職経験がない方でも安心してスムーズに転職活動を進められます。

そして、入社後のカウンセリングやサポートを行ってくれる転職エージェントが多いため、転職後も安心です。

コンサルへの転職におすすめの転職エージェントは下記の通りです。

転職エージェントは併用しても問題ないため、気になるものがあれば、登録してみてください。

コンサルタント業界におすすめ転職サイト・エージェントランキング

コンサルの転職理由は重要視されることが多い

この記事ではコンサルへの転職でよくある転職理由をお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

コンサルへの転職でよくある転職理由は「大手企業の事業に携わりたい」ということです。

この転職理由はコンサルならではの内容になるため、採用担当者に与える印象が良いでしょう。

そして、コンサルは離職率が高い職種なため、面接で転職理由が重要視されることが多いです。

転職理由の内容によって採用・不採用が決まるケースも考えられるため、しっかりとした内容を答えることが大切になります。

この記事でお伝えした内容を参考にして、採用担当者に好印象を与えられる転職理由を答えられるようにしましょう。

コンサルの転職先に人気があるのはどこ?抑えておきたいポイントと注意点を解説

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件