コンサルへの転職を失敗したと感じやすい人の特徴とは?転職を成功させるコツをご紹介

営業職 つらい やめる

クライアントの問題を解決して業績を上げさせる仕事として、コンサルは高い人気を誇ります。

新卒からも転職者からも高い人気を誇るのですが、コンサルへの転職を失敗したと感じる方は多い傾向があり、「どんな人がコンサルへの転職を失敗しているのだろう?」と気になることがあるのではないでしょうか?

この記事ではコンサルへの転職を失敗したと感じやすい人の特徴について解説します。

コンサルへの転職を成功させるコツなどもご紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

コンサルへの転職は失敗したと感じる方が多い

コンサルは新卒からも転職者からも人気がある仕事で、社会人として優秀な人材が集まりやすくなっています。

しかし、社会人として優秀な人材が集まっていても、全員が活躍できるわけではなく、コンサルへ転職したことを「失敗した」と感じている方は多い傾向にあります。

特に、中途採用でコンサルへ転職した方は、コンサルという仕事以外にも、職場環境や人間関係に失敗したと感じることも考えられます。

コンサルは社会人にとって憧れの仕事かもしれませんが、意外にも転職したことを失敗したと感じている方が多いです。

コンサルへの転職を失敗したと感じやすい人の特徴

コンサルへの転職を失敗したと感じやすい人には、いくつか共通している特徴があります。

コンサルへの転職を失敗したと感じないように、下記の特徴を参考にしてみてください。

長時間労働に耐えられない人

コンサルはワークライフバランスを保つことができないほど激務と言われていて、長時間労働を課せられるケースが多いです。

コンサルとして長時間労働に耐えられない方は、転職に失敗したと感じやすい傾向があります。

コンサルティングファームによって残業時間は異なりますが、平均40時間〜60時間だと言われています。

日本の平均残業時間は、約24時間になっているため、倍以上の時間を残業していることになります。

さらに、プロジェクトによって残業時間が決まることが多いので、60時間以上の残業を行うことも考えられます。

年収を目的にコンサルへ転職した人

コンサルの平均年収は600万円〜800万円と言われていて、日本の平均年収を大きく上回っています。

また、年収1,000万円以上稼いでいる方も多いのですが、年収を目的にコンサルへ転職した方は失敗したと感じやすいです。

「平均以上の年収がもらえるのでは?」と思うかもしれませんが、コンサルは労働に見合った年収を受け取れていないと感じることが多くあります。

その理由として挙げられるのが、長時間労働と仕事に対するプレッシャーの大きさです。

長時間労働とプレッシャーの大きさを考えると、コンサルの年収は「少ない」と思うようになり、転職を失敗したと感じることになります。

細かい作業が苦手な人

コンサルはクライアントの業績を上げるために、論理的なデータをもとに資料を作るという作業が多くなるため、細かい作業が苦手な方は転職を失敗したと感じやすいです。

細かい作業が苦手な方にとっては、つまらないと感じることを日々行う必要があるため、転職を失敗したと感じていると考えられます。

クライアントの問題を解決して業績を上げたときには、とても大きな達成感を感じますが、日頃の業務内容は細かいことが多く、つまらないと感じやすいです。

自分の市場価値を高めるために転職した人

コンサルとしての経験があると社会的な信用を獲得しやすく、自分の市場価値を高められます。

自分の市場価値を高めることを転職理由としている方は、他の企業へ転職することを考えていることが多いのですが、その場合はコンサルの業務が無駄だと感じてしまい、転職したことを失敗したと感じやすい傾向があります。

コンサルで経験を積んで市場価値を高めるためには、最低でも3年間はコンサルとして勤務する必要があります。

本当に無駄な業務などはありませんが、市場価値を高めることを優先している方は、コンサルとしての業務が無駄に感じやすくなります。

社会人として「年齢」を重要視してしまう人

コンサルは年齢などは関係なく、能力を重要視する傾向があるため、20代でも上司という立場に就いている方が存在します。

そのため30代でコンサルへ転職すると、自分よりも年齢が若い人が上司になることがあり、社会人として年齢を重要視してしまう方にとっては、転職を失敗したと感じやすくなります。

さらにコンサルでは、年齢は関係なく、思ったことを言葉にして指摘することが多く、「年上だから、言い方を変えよう」ということはありません。

「年下に指摘されるのは、嫌だな」と考える方は、コンサルへの転職を失敗したと感じやすいです。

コンサルへの転職を成功させるコツ

上記でお伝えした通り、コンサルへの転職は失敗したと感じている方が多いです。

ただし、コンサルへの転職を成功させている方も存在します。

そこでコンサルへの転職を成功させるコツをいくつかご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

コンサルという仕事についての理解を深める

コンサルへの転職を失敗したと感じる要因が、「思っていた仕事ではなかった」ということです。

上記でお伝えした「長時間労働に耐えられない」という特徴も、事前に長時間労働になることを理解していると、耐えられる可能性が高くなると思います。

転職を失敗したと感じる他の理由でも同様のことが考えられるため、成功させるにはコンサルという仕事についての理解を深めることが大切です。

コンサルへの理解を深めることで、「思っていた仕事ではなかった」と思うことはなく、転職を失敗したと感じる可能性も低くなります。

応募した企業について調べる

転職することは仕事だけではなく、勤める企業も変えることになるため、転職を成功させるには応募した企業について調べることが大切です。

どんな職場環境なのか、福利厚生は整っているのかなどを事前に調べることで、転職したことを失敗した感じにくくなります。

コンサルに限らず、転職を失敗したと感じる方は、企業とのミスマッチが多いため、事前に調べられることは全て調べるようにして、ミスマッチを防ぐことが大切です。

自分の中で高いモチベーションを保つようにする

コンサルへの転職を失敗したと感じやすい方は、入社後にモチベーションが下がっていることが多いです。

転職前よりもコンサルという仕事に対するモチベーションが下がってしまうことで失敗したと感じやすいので、入社後でも自分の中で高いモチベーションを保つことが大切になります。

高いモチベーションを保つことができていれば、転職を失敗した感じにくくなり、成果も上げやすくなります。

継続して高いモチベーションを保つことは難しいですが、転職前よりもモチベーションが下がってしまうことには注意が必要です。

自分の希望通りに転職を成功させるポイント

コンサルは転職市場において人気がある仕事なので、自分の希望通りに転職を成功させることは難しいです。

そこで自分の希望通りに転職を成功させるために、抑えておきたいポイントをいくつかご紹介します。

自分の希望通りに転職することは、転職を失敗したと感じにくくする1つのポイントになるため、ぜひ参考にしてみてください。

面接の対策を怠らない

転職活動が進んでいくと、応募した企業との面接があります。

採用担当者にとって面接は転職者と初めて会う機会になるため、重要視しているケースが多いです。

そのためしっかりと面接の対策を行うことが大切になります。

社会人になってから面接を受ける機会はなかったと思うので、話し方や面接でのマナーなど、基礎的な部分からしっかりと対策する必要があります。

採用担当者によっては「面接の内容によって採用結果を決める」と考えていることもあるため、面接対策は怠らないようにしてください。

コンサルへの転職でよくある転職理由は?好印象を与えるポイントをご紹介

転職エージェントを活用する

コンサルへの転職を成功させるには、転職エージェントを活用することが大切です。

コンサルの求人は転職サイトに掲載される公開求人ではなく、転職エージェントの紹介でしか応募できない非公開求人で募集されることが多いため、転職エージェントを活用することで、転職成功率をグンと高められます。

また、求人紹介だけではなく、面接対策や日程調整など転職に関わることは幅広くサポートしてくれます。

コンサルへの転職におすすめの転職エージェントを2社ご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

doda

doda

dodaは「パーソルキャリア株式会社」が運営している業界最大級の総合型転職エージェントです。

dodaで取り扱っている求人は10万件を超えていて、コンサルの求人は約1,700件取り扱っています。

大手企業が運営していることもあり、全国各地の求人に対応していて、大手企業からベンチャー企業までの求人を幅広く取り扱っています。

そのため希望する求人を紹介してもらいやすいです。

そして、dodaは知名度が高いことから転職未経験者の登録が多く、サポートの質は充実しています。サポート力を重要視したい方には、dodaがおすすめです。

doda詳細ページ

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチは、「株式会社ビズリーチ」が運営しているハイクラスの転職に特化した転職エージェントです。

管理職やコンサルなどの専門職の求人を中心に取り扱っていて、全体の30%の求人が年収1,000万円以上になっています。

コンサルの求人は約9,000件取り扱っていて、国内だけではなく、海外の求人にも対応しています。

そんなビズリーチは、優良企業の採用担当者や、一流のヘッドハンターから直接オファーが届く「スカウトサービス」が主流になっているため、自分から応募しなくても、転職先からアプローチをしてくれます。

転職活動に割ける時間が少ない方には、ビズリーチがおすすめです。

ビズリーチ詳細ページ

コンサルへの転職は失敗したと感じる方が多い

この記事ではコンサルへの転職を失敗したと感じやすい人の特徴をお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

コンサルは優秀な人材が集まる仕事ですが、転職を失敗したと感じる方は多い傾向があります。

転職を失敗したと感じやすい人の特徴として最も考えられるのは、「長時間労働に耐えられない」ということです。

その他にも転職を失敗したと感じやす人の特徴はさまざまあり、転職を成功させるには事前に理解しておくことが大切になります。

この記事でお伝えした内容を参考にして、コンサルへの転職を成功させましょう。

コンサルタント業界におすすめ転職サイト・エージェントランキング

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件