コンサルへの転職で年齢は重要視される?年齢別の転職難易度と求められるスキルを解説

コンサルへの転職で年齢は重要視される?年齢別の転職難易度と求められるスキルを解説

転職市場では職歴や身に付いているスキルなどを重要視されることが多いですが、転職を希望する業界・職種によっては「年齢」が重要視されることがあります。

では、コンサルへの転職では年齢が重要視されることが多いのでしょうか?

この記事ではコンサルへの転職で年齢が重要視されるのか解説します。

年齢別の転職難易度や求められるスキルなどもご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

コンサルへの転職で年齢は重要視される?

中途採用においては、転職を希望する業界・職種によって年齢が重要視されるのか決まりますが、コンサルへの転職では年齢が重要視されることが多いです。

中途採用の求人には、応募条件として年齢が定められていることがあり、年齢によっては応募すらできないこともあります。

ただし、企業によって求める人物像は異なるため、「20代だから転職できない」「40代だから転職できない」ということはありません。

年齢によって対象となる求人数には違いがあるかもしれませんが、何歳でもコンサルへ転職することは可能です。

コンサル経験は重要視されないことが多い

コンサルへの転職では年齢が重要視されますが、コンサルの経験は重要視されないことが多いです。

コンサルでは、新卒採用よりも中途採用の割合が多く、平均して7〜8割が中途採用で入社しています。

中途採用でコンサルへ転職した方のほとんどが、未経験者になるため、積極的に未経験者でも採用していることがわかります。

中途採用でコンサルの経験がある方は、全体の1〜2割程度だと言われています。

コンサルへの転職でよくある転職理由は?好印象を与えるポイントをご紹介

未経験でコンサルへ転職できる年齢は?

コンサルへの転職では年齢が重要視されるため、 「未経験なら何歳まで転職できるのだろう?」と気になることがあると思います。

コンサルティングファームによって異なりますが、基本的には「34歳まで」と求人の募集要項で定められていることが多いです。

35歳以上になると、コンサルとしての経験が求められるケースが多くなります。

しかし、30代であれば、コンサルの経験がなくても、社会人として豊富な経験を積んでいれば、転職できることがあります。

年齢別の転職難易度と求められるスキルは下記にて詳しくご紹介しています。

コンサルの転職先に人気があるのはどこ?抑えておきたいポイントと注意点を解説

20代前半でコンサルへ転職する場合

20代前半とは20〜24歳までの人材を指すため、大卒の場合は社会人経験が少ないです。

ただし、入社してから3年以内に転職する方は「第二新卒」と言われていて、スムーズに転職しやすい傾向があります。

20代前半でコンサルへ転職することについて詳しくご紹介します。

20代前半の転職難易度

20代前半でコンサルへの転職を希望した場合の転職難易度は低いです。

第二新卒という枠で採用しているコンサルティングファームは多く、第二新卒に向けた説明会や採用選考を行っているファームもあります。

また、20代前半ということは、新卒とほとんど年齢が変わらないので、しっかりと育成する時間があり、転職難易度は低くなっています。

20代前半でコンサルへ転職した場合は、新卒と変わらない扱いを受けるケースが多いです。

20代前半で求められるスキル

20代前半でコンサルへ転職する場合は、求められるスキルはほとんどありません。

社会人経験が少ないことは採用担当者も理解していますし、即戦力で働ける力などは求められないです。

唯一求められるスキルが、「辞めない」ということです。

20代前半で転職しているということは、新卒で入社した会社をすぐに辞めていることになります。

すぐに辞めていることは採用担当者が最も気になるポイントになるため、辞めないことを強くアピールすることが大切です。

20代後半でコンサルへ転職する場合

20代後半とは25〜29歳までの人材を指し、コンサルへの転職希望者が最も多い年齢になります。

さらに、コンサルティングファームが求める年齢も20代後半なことが多いです。

20代後半でコンサルへ転職することについて詳しくご紹介します。

20代後半の転職難易度

20代後半はコンサルティングファームが最も求める年齢になるため、転職難易度は低いです。

20代前半の第二新卒と言われる年齢よりも転職難易度は低く、コンサルの経験がなくてもスムーズに転職しやすくなります。

転職難易度が低い理由として考えられるのが、社会人としての基礎的なマナーやスキルが身に付いているということです。

20代後半では、社会人経験が3年以上あり、前職である程度の経験は積んでいます。

そのため新卒や第二新卒よりも即戦力で働くことができ、年齢が若いことから将来性にも期待できます。

20代後半で求められるスキル

20代後半では即戦力で働くことを期待されているため、社会人としての基礎的なスキルが求められます。

基礎的なスキルとは、どの職種でも必要になるコミュニケーション能力やスケジュール管理力などです。

コンサルだからこそ必要になる洞察力やプレゼンテーション力、論理的思考力などは、身に付いていなくても問題ありません。

20代後半では前職の経験が大事になるため、コンサルへの転職を考えている方は、アピールできる経験・実績を積むようにしてください。

30代でコンサルへ転職する場合

30代とは30歳〜39歳までの人材を指し、社会人としての経験が豊富になる年齢です。

コンサルで活躍するには、社会人としての経験が必要になるため、30代になってから転職を考えられる方は多くなります。

30代でコンサルへ転職することについて詳しくご紹介します。

30代の転職難易度

30代でコンサルへ転職する場合は、コンサルティングファームによって転職難易度が変わります。

34歳までの人材を求めている場合は、35歳以上の年齢では転職難易度が一気に高くなります。

30代であれば問題ないということであれば、転職難易度はそこまで高くなりません。

しかし、20代に比べると転職難易度は高いです。

その理由は、応募した企業で働ける時間が短く、育成している時間がないからだと考えられます。

ただし、コンサルの経験がある30代の場合は、即戦力の人材になるため、20代の未経験者よりも転職難易度は低くなります。

30代で求められるスキル

30代でコンサルへ転職すると、時間をかけて育成することができないため、コンサルで必要になるスキルの多くが求められます。

必要になるスキルを全て求められることはないですが、プレゼンテーション力や論理的思考力など、コンサルの基礎となるスキルは求められることが多いです。

プレゼンテーション力や論理的思考力などは、コンサルとして働かなくても身に付けられるスキルになるため、前職の経験からアピールすることが大切になります。

40代以上でコンサルへ転職する場合

40代以上の年齢でコンサルへの転職を希望される方は少なく、求めるコンサルティングファームも多くありません。

しかし、40代を過ぎてからコンサルへの転職を成功させている方はいます。

40代以上でコンサルへ転職することについて詳しくご紹介します。

40代以上の転職難易度

40代以上の人材を求めるコンサルティングファームは少ないため、転職難易度は高いです。

特に未経験の場合は、採用してくれる可能性は極めて低いです。

40代以上でコンサルへ転職する場合は、コンサルの経験が必要になります。

ただし、コンサルの経験がある40代以上の方は、大手事業会社の役職や経営幹部として転職するケースが多いため、コンサルからコンサルへ転職することは少ないです。

40代以上で求められるスキル

40代以上で求められるスキルは、コンサルとして経験です。

コンサル以外の職種で高い実績を残していて、高度なコミュニケーションスキルやプレゼンテーション力があっても、コンサルの経験がなければ、転職は成功させることはできないです。

40代以上の人材が求められるときは、コンサルティングファームの育成担当や役職としての採用が考えられるため、コンサルとしての経験が必要不可欠になります。

年齢に問わず転職を成功させる上で抑えておきたいポイント

年齢に問わず転職を成功させる上で抑えておきたいポイントをいくつかご紹介します。

何歳でも自分の希望通りに転職を成功させることは難しいため、下記のポイントを参考にしてみてください。

面接対策を行う

転職活動が進んでいくと、応募した企業との面接があります。

採用担当者にとって面接は転職者と初めて会う機会になるため、重要視しているケースが多いです。

そのためしっかりと面接の対策を行うことが大切です。

社会人になってから面接を受ける機会はなかったと思うので、面接のマナーから質問の受け答えなど、基礎的な部分も対策しておくようにしてください。

採用担当者に質問される内容はある程度の傾向があるので、事前に答えを用意しておくことをおすすめします。

転職エージェントを活用する

コンサルへの転職を成功させるには、転職エージェントを活用することが大切です。

転職エージェントとは、無料で転職に関することを幅広くサポートしてくれるサービスです。

求人紹介から面接対策までサポートしてくれて、転職者に対して担当のキャリアアドバイザーが1人付くため、転職経験がない方でも安心して転職活動を進められます。

また、転職サイトには公開されていない「非公開求人」にも応募できるため、転職先の選択肢を広げられます。

コンサルの求人は非公開求人で募集されることが多いため、転職エージェントの活用は必須です。

コンサルタント業界におすすめ転職サイト・エージェントランキング

コンサルへの転職では年齢が大きく関係する

この記事ではコンサルへの転職で年齢が重要視されるのかお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

コンサルへの転職では年齢が重要視されることが多く、求人には「〇〇歳まで」と応募できる年齢が定められていることがあります。

具体的には35歳以上になると、コンサルへの転職は難しくなります。

ただし、年齢によって転職できないということはないため、何歳でもコンサルへ転職することは可能です。

この記事でお伝えした内容を参考にして、コンサルへの転職を成功させてみてください。

営業職からコンサルへ転職するには?転職活動の進め方と注意点

コンサルへの転職を失敗したと感じやすい人の特徴とは?転職を成功させるコツをご紹介

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件