女性でもコンサルへ転職することは可能?女性がコンサルで働くメリット・デメリットをご紹介

女性でもコンサルへ転職することは可能?女性がコンサルで働くメリット・デメリットをご紹介

クライアントの問題を解決して要望通りに業績を伸ばせるようにサポートする仕事として、コンサルは転職市場で高い人気を誇ります。

未経験でも転職できるため、コンサルへの転職を考えている方は多いと思いますが、「女性でもコンサルに転職できるのかな?」と悩むことがあるのではないでしょうか?

この記事では女性がコンサルへ転職することについて解説します。

女性がコンサルで働くメリット・デメリットもご紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

女性でもコンサルへ転職することは可能?

コンサルは女性でも転職することが可能です。

コンサルの男女比率はコンサルティングファームによって異なりますが、平均2割〜3割になっています。

2割〜3割は他の業界と変わらない比率で、会計や財務といった部門では、さらに高い割合と言われています。

コンサル業界は市場を拡大し続けているのですが、人手が足りていない現状があります。

そのため女性でも働きやすい職場環境を提供しているファームが増えていて、女性のコンサルも多くなっていると考えられます。

今後もコンサル業界の市場は拡大し続けると言われているため、女性のコンサル率も高くなるでしょう。

コンサルは性別よりも年齢が重要視される

コンサルへの転職では、性別よりも年齢が重要視されるケースが多いです。

求人の応募条件で性別を定められてることはないですが、年齢が定められていることはあります。

具体的には「34歳まで」と定められている求人が多く、35歳以上になると、コンサルへの転職難易度が一気に難しくなります。

ただし、経験者の場合は例外です。コンサルの経験がある方は、35歳以上になっても、スムーズに転職を成功させられる可能性が高くなります。

女性がコンサルで働くメリット

女性がコンサルとして働くメリットをいくつかご紹介します。

コンサルへの転職を悩んでいる女性の方は、メリットを参考にして判断してみてください。

男女平等の評価を受けられる

コンサルは今までの職歴や年齢よりも、実力が重要視される業界なので、20代の方が30代、40代の方をまとめていることも少なくありません。

同様に、「女性だから役職に就けない」などということはなく、男女平等の評価を受けられます。

他の業界では「女性だから」と性別を理由に評価を受けにくいことがあるかもしれませんが、コンサルでは性別は関係なく、実力が全てです。

性別は関係なく平等の評価を受けられることは、コンサルとして働くメリットになるでしょう。

仕事の自由度が高い

コンサルは「ワークライフバランスが保ちにくい」というイメージがあるかもしれませんが、意外にも仕事の自由度は高いです。

コンサルでは、プロジェクトごとにチームが決められて、プロジェクトを管理するマネージャーが1人決められます。

そのマネージャーの権限が高く、「子供を迎えに行きたいから、16:00で退社したい」「〇〇日は、在宅勤務にさせてほしい」など要望を受け入れてもらいやすいです。

マネージャーは「割り当てた作業や役割をこなせていれば良い」と考えているケースが多いため、仕事の自由度は高くなっています。

女性にとって、仕事の自由度が高いことは働きやすい職場環境になるでしょう。

コンサルから転職しやすい

女性は結婚や出産などのライフイベントで、コンサルティングファームを辞めざるを得ない環境になることがあります。

その場合は転職や、数年後に再就職しなければいけませんが、コンサルの経験があると、転職成功率が高くなります。

コンサルとしての経験は転職市場で高い評価を受けるため、コンサル以外の業界・職種に転職しやすくなります。

また、コンサルの経験があると、コンサルティングファームに再就職しやすくなり、次なる職場探しに困る可能性が低いです。

出産・育児制度が充実している

上記でお伝えした通り、コンサル業界は市場を拡大し続けていて、人手不足を抱えているファームが多いため、女性でも働きやすい環境の福利厚生が整っています。

特に、出産・育児制度に関する福利厚生が充実していて、長期間の休暇を取得する方も多いようです。

コンサルではプロジェクト単位で働くため、一般企業に比べると、長期間の休暇を取得しやすいと考えられます。

そして、女性だけではなく、男性で育児休暇を取得される方も増えています。

コンサルティングファームの福利厚生

コンサルティングファームによって出産・育児に関する福利厚生の内容は異なります。

出産・育児に関する福利厚生が充実しているコンサルティングファームを2社ご紹介します。

1社目が「ボストン コンサルティング グループ(BCG)」です。

ボストン コンサルティング グループでは、ワーキングマザーへの支援や海外オフィスへの転勤、時短勤務など、能力や個人の希望に合わせた柔軟な働き方が選択できるような福利厚生が設けられています。

「女性が働きやすい職場ランキング」や「ワーキングマザーにとって理想的な会社上位100」に選出されるほど、女性コンサルへの福利厚生には力を入れています。

2社目が「PwCコンサルティング」です。PwCコンサルティングでは、ライフステージやワークスタイルにあわせた働き方をサポートする産前産後休暇や育児休業から、時間短縮勤務、在宅勤務、ベビーシッター利用補助などの福利厚生が設けられています。

PwCコンサルティングでは、出産や育児など働き方に制限がかかる期間でもコンサルとして働けるように、柔軟な働き方の実現を支援しています。

上記の2社以外にも出産・育児に関する福利厚生が充実しているファームは多いです。

女性がコンサルで働くデメリット

女性がコンサルとして働くメリットをお伝えしましたが、デメリットもあります。

コンサルへ転職したことを後悔しないためには、メリットとデメリットを比較して判断することが大切です。

女性がコンサルとして働くデメリットをいくつかご紹介します。

プロジェクトによっては長時間労働になる

コンサルはプロジェクトの内容によって、長時間労働になる可能性があります。

コンサルの平均残業時間は40時間〜50時間と言われていて、日本の平均残業時間を上回っています。

また、プロジェクトの内容によっては残業時間が50時間以上になることも考えられます。

結婚して家庭がある女性や、子供がいる女性の場合は、大きなデメリットになるでしょう。

ただし、自分に割り当てられている作業や役割をこなすことができれば、難しいプロジェクトでも長時間労働にはならないです。

ライフイベントのタイミングを逃しやすい

コンサルの平均残業時間は他の業界よりも多く、仕事を優先した生活を送る必要があります。

そのため結婚や出産などライフイベントのタイミングを逃しやすいです。

仕事を優先した生活を送っていることから、婚期を逃してしまい、結婚していたとしても出産のタイミングを逃してしまう可能性があります。

結婚や出産などを考えていない女性にとってはデメリットにはなりませんが、考えている女性にとっては大きなデメリットになるでしょう。

ライフイベントのタイミングを逃さないためには、しっかりと福利厚生が充実しているファームに転職することが大切です。

女性がコンサルへ転職する上で抑えておきたいポイント

女性がコンサルへ転職したことを後悔しないために、抑えておきたいポイントをいくつかご紹介します。

女性に限らず、コンサルへの転職を後悔している方は多いため、下記のポイントを参考にしてみてください。

応募した企業の福利厚生を確認する

コンサル業界は出産・育児などの福利厚生が充実しているファームが増えていますが、全てのファームで充実しているわけではないため、応募した企業の福利厚生をしっかりと確認することが大切です。

特に出産・育児など女性ならではの福利厚生は、詳しい内容まで確認することをおすすめします。

求人情報やホームページには詳しい内容が記載されていないケースがあるため、応募した企業との面接時に詳しい内容を確認するようにしてください。

今後のキャリアプランを明確にする

上記でもお伝えした通り、コンサルは仕事を優先した生活を送ることになる可能性が高いです。

その中でライフイベントのタイミングを逃さないためには、今後のキャリアプランを明確にしておくことが大切になります。

例えば、25歳でコンサルへ転職した場合は、30歳までに結婚して、32歳で出産、34歳で仕事復帰などと決めておくことで、ライフイベントのタイミングを逃しにくくなります。

結婚や出産などを考えていない方は、コンサルとしてのキャリアプランを考えるようにしてください。

女性に限らず、転職時にキャリアプランを考えておくことは大切です。

コンサルへの転職でよくある転職理由は?好印象を与えるポイントをご紹介

コンサルへ転職するには「転職エージェント」の活用が大切

女性に限らず、コンサルへの転職を成功させるには、転職エージェントの活用が大切です。

転職エージェントとは、無料で転職に関することを幅広くサポートしてくれるサービスです。

具体的には求人紹介や面接対策、応募企業との条件交渉などをサポートしてくれ、転職後のカウンセリングなども行ってくれます。

また、転職サイトには掲載されていない「非公開求人」を紹介してもらうことが可能で、高待遇・高収入の求人に応募しやすくなります。

女性におすすめの転職エージェントは下記の通りです。

転職エージェントは併用しても問題ないため、気になるものがあれば登録してみてください。

コンサルは女性でも転職しやすく働きやすい

この記事では女性がコンサルへ転職することについてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

コンサルは性別を気にする業界ではないため、女性でも転職しやすいです。

また、女性でも働きやすい福利厚生を設けているコンサルティングファームは多く、活躍している女性コンサルは多くいます。

コンサルへの転職で重要視されるのは年齢になるため、少しでも早く転職活動をスタートとさせることが大切です。

この記事でお伝えした内容を参考にして、コンサルへの転職を成功させましょう。

コンサルへの転職を失敗したと感じやすい人の特徴とは?転職を成功させるコツをご紹介

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件