ケアマネージャーへ転職するには?おすすめ転職サイト・転職エージェント

ケアマネージャーへ転職するには?おすすめ転職サイト・転職エージェント

介護保険制度において、不可欠な存在であるケアマネージャー。

ケアマネージャーは資格が必要ですので、誰でもすぐに始められる仕事ではありません。

介護業界の中では、「目指すのはケアマネージャー」と言われるほど待遇面や将来性において優れています。

職場によっては、待遇面や業務内容が大きく異なりますので、自分が働きやすい職場を見つけることが大切です。

しかし、業務内容や待遇面を自分ひとりで比較するのは面倒ですよね。

そんな負担を肩代わりしてくれるのが「転職サイト・エージェント」です。

そこでこの記事ではケアマネージャ―の転職の実績・口コミ評判の高いサイトとエージェントを紹介します。

ケアマネージャーへの転職におすすめ転職サイト・エージェント

e介護転職

e介護転職

e介護転職は、介護を専門としている求人転職サイトですので、一般の求人サイトにはない求人募集が多数掲載中です。

ケアマネージャーの募集件数も多く、介護職での検索では、ケアマネージャーという職種に絞った検索もできます。

その他にも介護のサービス(特養やデイサービス、グループホームなど)での検索や、雇用形態(正社員からパート、日勤夜勤など)での検索もできるので、自分にあった職場を見つけることができます。

介護業界のみの求人を専門にしているので、理想の職場を探す人とのマッチング率は非常に高いです。

また、施設の雰囲気を事前に知っておくことは、人間関係の構築や働き方にも関係してきます。

e介護転職では、予約制ではありますが事前に施設に足を運んで見学できる制度を設けています。

施設の実態と自分のイメージのミスマッチが起きないようなサービスが整っているのも、魅力の1つです。

e介護転職詳細ページ

ジョブメドレー

ジョブメドレー

ジョブメドレーは、医療介護従事経験者のスタッフが運営をしています。

キャリアサポートを設置しているので転職先などの悩みがある場合、気軽に相談できる体制を整えています。

ほぼすべての医療介護職の求人情報を提供し、全国262,859件ある医療・介護関係事業所の募集情報を掲載しているため募集件数も多いです。

掲載されている求人情報はすべて正規のものであり、応募があれば、すぐに求人している事務所に内容が届くので転職をスムーズに進めることができます。

施設所属のケアマネージャーとして活躍したい方向けの転職エージェントです。

ジョブメドレー詳細ページ

ケア人材バンク

ケア人材バンク

ケア人材バンクは、ケアマネージャー専門の転職支援サイトです。ケアマネージャーの急な増員や欠員にも対応できるほど、多数の求職者の方が登録されています。

ケアマネージャーの転職を専門としているサイトなので、気になる職場の雰囲気などの部分も把握しているため安心して探すことができます。

もちろん、高収入なハイクラス求人や、施設のオープニングスタッフ求人など非公開求人情報も多数あるので、自分好みの職場への転職が可能です。

全国規模で求人を紹介しているので、地方の方でも安心して求人を検索することができます。

ケア人材バンク詳細ページ

グッピー

グッピー保育求人

グッピーは医療・介護の求人・転職・募集など幅広く行っています。

グッピーのオリジナル求人と、ハローワークの求人情報をまとめて検索できるので、最新のケアマネージャーの求人情報を探すことができます。

写真、動画、パンフレットなど職場の雰囲気がわかる情報を掲載しているので安心して職場を探すことができます。

1万人以上の採用担当者が登録者の匿名プロフィールを見ることができるため、スカウトされる可能性もあります。

グッピー詳細ページ

ケアマネージャーに必要な資格・条件

ケアマネージャーは都道府県別にて、「介護支援専門員実務研修受講試験」を受け資格を取得しなくてはいけません。

受験をするには、福祉士や療法士、医師などの国家資格が必要になります。実務経験5年以上その業務に従事した日数が900日以上であることが受験資格となります。

もし、国家資格がない場合は、相談援助の業務を福祉・介護・障害者施設などで相談員(生活相談員・支援相談員・相談支援専門員・主任相談支援員)として勤務していて、5年以上かつ900日以上従事していることが受験資格となります。

注意点としては、5年間介護等の業務に従事していた介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)等の資格を保有していた方や、無資格でも介護等の業務に10年従事している方に関しては、平成29年までは認められていましたが、平成30年から受験要件から除外されました。

ケアマネージャーの仕事内容

ケアマネージャーの正式名称は「介護支援専門員」であり、介助が必要な方(要介助者)が、介護保険を利用して、適切なサービスを受けることができるようにマネージメント(管理)する仕事です。

主な仕事は、介護保険サービスを要介助者に対して、どのように利用するかを決めた介護計画書(ケアプラン)を作成することです。

ケアプランがないと介護保険サービスを受けることは出来ず、要介助者、要支援者の両者に必要不可欠なものです。

介護保険制度で受けられるサービスは、要介護支援の区分(要介護度)によって異なりその区分の認定や、介助が要か不要か認定するのもケアマネージャーの仕事です。

要介助者の家族や、要介助者を支援する施設などへのアドバイスやサポートも行います。

ケアマネージャーの要介護認定とケアプランの作成

要介護認定

介護保険サービスを利用するには、要介護認定が必要になります。

ケアマネージャーは市町村から依頼を受けた介助サービスの申請をした方の家庭(施設)に訪問し、介助が必要か調査をします。

介助が必要であれば、申請された方の状態を確認して、要介護度(1から5)、もしくは要支援度(1または2)に区分します。

ケアプランの作成

訪問調査の結果、要介護と認められれば、介護に必要なことや本人や介護をする家族からの要望をまとめてケアプランを作成します。

ケアプランを本人や家族が同意をすれば、サービスは開始されます。

給付管理

介護保険で給付される限度額や、利用者の負担額の計算もケアマネージャーの仕事になります。サービスに必要な書類等の作成や提出も含まれます。

ケアマネージャーのそのほかの業務

ケアプラン作成後の確認

ケアマネージャーはケアプランを作成した後、定期的に要介助者のもとに訪問し、健康状態やサービスなどが適切か確認します。

要介助者の体調変化や、介護サービス変更の申し出があればその都度ケアプランを作り直します。

支援をしているサービス事業者との連絡

要介助者が利用している支援サービス事業者とケアプランでの介護サービスが適切か連絡をとりあいます。

要介助者やその家族からの不満がサービス事業者にある場合は、不満な点を伝え改善をはかります。

要介助者やその家族のサポート

要介助者が抱えるサービスの不満や家族の不安など相談を聞くのもケアマネージャーの業務となります。

コミュニケーションを大切にすることは、要介助者やその家族が満足度の高い介護サービスを受けることにつながります。

ケアマネージャーの仕事はきつい?

ケアマネージャーは介護を行う現場で仕事をするということは基本的にないので体力的な負担は減ります。

行う業務は要介助者の担当数が制限されているので、過度な担当数での対応を強いられることはありません。

しかし、ケアマネージャーは要介助者の命や要介助者の家族の生活に直接つながる重大な決定を行うため、その責任を背負いながら仕事をすることになります。

要介助者やその家族、支援サービス業者への交渉や、要介護認定やケアプランなどの事務仕事など性質が違う業務を同時進行で行います。

医療機関や専門職などの対応から介護保険の見直しによる新制度の確認など、通常の業務以外にも常に新しい情報を仕入れなければなりません。

ケアマネージャーの年収事情

ケアマネージャーの平均年収

ケアマネージャーの平均年収はおよそ330~430万円になります。

介護保険制度において、要介護度の認定やケアプランの作成にケアマネージャーは必要不可欠ですので、施設もケアマネージャーの確保をしなければなりません。

ケアマネージャーは、施設内の職員の中でも給与面は優遇され安定しています。

平均年収 394万円(賃金構造基本統計調査)
平均給料 28万円
平均賞与 57.7万円

施設別年収

ケアマネージャーの職場は大きく分けると、施設か居宅介護支援事業所ですが、年収でみると居宅介護支援事業所のほうが高いです。

居宅介護支援事業所 380万円
介護老人保健施設 360万円
特別養護老人ホーム 370万円
介護療養型医療施設 365万円

ケアマネージャーは年代や規模に応じて年収が変わる

ケアマネージャーの世代による年収

20~24歳 は平均224.6万円ですが、50~54歳 では472.8万円になります。

年代ごとに年収は上がる傾向で、ベテランになればなるほど年収はよくなります。

20代 年収200万円~300万円
30代 年収300万円~400万円
40代 年収300万円~400万円
50代 年収400万円~700万円

企業規模による年収の違い

他業界でも同じですが企業(医療施設や介護施設)の大小によっても年収は大きく変わります。

大きい企業ほど優秀なケアマネージャーの確保を望むため、待遇が良い傾向にあります。

企業規模:大企業のケアマネージャー
平均年収 457.0万円
平均月額給与 28.6万円
企業規模:中企業のケアマネージャー
平均年収 378.2万円
平均月額給与 23.6万円
企業規模:小企業のケアマネージャー
平均年収 342.8万円
平均月額給与 21.4万円

どこでも稼ぐことができるケアマネージャー

地域別での年収の違い

都市部は年収は高いですが、物価(住宅や食費などの生活費)も高いので一概に都市部のほうが地方よりも待遇が良いとは言い難いです。

1位は東京都の551.6万円で、47位が沖縄県の315.2万円です。

500万円を超えているのは東京都のみで、400万円を超えているのは神奈川県、愛知県、大阪府のみ、そのほかは300万円台です。

ケアマネージャー初任給と賞与

ケアマネージャーの初任給は、男性で約21~23万円、女性で約18~20万円です。

正社員での雇用であれば、賞与があるところがほとんどになります。

基本給が低く設定していて賞与が高いところもあれば、基本給が高く賞与がないといった職場もあります。

ケアマネージャーの場合は、営業や業績不振で賞与が出ないということや大幅な減額は考えられないので安定した年収を得ることができます。

ケアマネージャーはどんな人に向いている?

ケアマネージャーに求められるものは、交渉力・事務処理力・行動力の3つです。

仕事のゴールは、介護が必要な方をサポートするということなので、自己中心的な人やコミュニケーション能力がない人は務まりません。

要介護者やその家族、支援する介護サービス業者との橋渡しをする重要な仕事なので、まずはいろいろなことに耳を傾けることができる人です。

ケアマネージャーは、提出をしなければならない書類がたくさんあるため、デスクワークも同時にこなさなければなりません。きちんと時間を管理できることも大事です。

コミュニケーションに必要なことは、まずは会いに行きなんでも相談してもらえる関係をつくることですので、フットワークが悪い人だと良好な関係を築くことができません。

ケアマネージャーのよくある転職理由

他のケアマネージャーがどんな転職理由をもって転職しているのか気になりますよね。

そこで以下ではケアマネージャーのよくある転職理由について紹介します。

給料が上がらず生活が苦しい

せっかく介護職の資格を取ったにもかかわらず、給与が低く生活が改善されないことを理由に転職をする方もいます。

転職によって、給与を安定させていこうと考える方は意外と多いんです。

特に、家庭を持っている人は今後の生活の安定や子供のことを考えると、給与を増やしたいと転職を考える人もいます。

しかし「給与の低さ」を転職理由に掲げる人は多いですが、転職前と転職後ではさほど給与面に変動が無いことが知られています。

通常、ケアマネージャーの求人を出しているのは、地域の支援センターと介護支援事業所と施設の三種類です。

実は三種類の給与の待遇面にはさほど差がありません。

給与の改善に期待しすぎると、転職先で現実を知って落胆してしまうことにもつながります。

ケアマネージャーでの転職で「給与面の改善」にはあまり期待しないほうが良いでしょう。

しかし、転職サイトや転職エージェントを利用することで、その中でも比較的収入の高い求人を紹介してもらえることもあります。

職場の人間関係に嫌気がさした

ケアマネージャーの転職理由としては、「職場の人間関係」がダントツで多いです。

ケアマネージャーは介護職ではありますが、管理業務を担当することも増えますので、現場を離れることも多くなります。

また、施設で働きながら資格を取得することもあります。

施設や職員の性格にもよりますが、ケアマネージャーの資格を働きながら取得した人に対して、周囲の対応が変わってしまうこともあるようです。

また施設の上層部との折り合いや管理者としての責任、他の職員との折り合いなど板挟みになってしまうこともあります。

ケアマネージャーは入所者の介護のプランを作成しなければなりませんが、現場で働くスタッフとの連携が無ければ業務が成立しなくなってきます。

人間関係と業務が密接につながっているため、転職で環境を変えて仕事に専念しようと考えるんです。

勤務先が閉所してしまった

「え、うそでしょ?」と思った方、意外と勤務先が閉所してしまったがために転職を余儀なくされる方は多いんですよ。

最近では、経営難から閉所を決断せざるを得ない施設も出てきています。

職場がなくなるということは、ケアマネージャーの皆さんに落ち度はありませんから、転職で不利になることはありません。

ケアマネージャーへの転職は難しい?

ケアマネージャーになることは、介護業界の中でも待遇面が良好で安定しているという点と、介護を必要としている方を支える大きな使命があるという点で大変やりがいを感じることができます。

転職はまずケアマネージャーの資格が必要ですので、資格を取るまでには経験年数と知識が必要になります。

そしてケアマネージャーの認定によっては利用者の人生を左右してしまう立場でもあり、そのため日々の業務を行いながら膨大な知識を得ていかなければなりません。

ケアマネージャーは条件等によりキャリアアップをしていく人が多いので、どこの施設も優れたケアマネージャーを確保しようと求人を出しているので働き先は探しやすい状況です。

職場によっては給与面や求められる業務内容が異なるので働きやすい職場を精査することは非常に重要になります。

稼ぎたいなら手当のある施設所属のケアマネージャーを目指そう

ケアマネージャーには以下の2種類があります。

  • 施設所属ケアマネージャー
  • 居宅ケアマネージャー

施設所属のケアマネージャーは、通常の介護施設職員と同様の仕事を担当するケースが多く、夜勤や残業をこなす必要があります。

もちろん、夜勤や残業には手当がつきますので、その分給与が増えます。

基本給だけでなく時間を活用してもっと稼ぎたい!という方は施設所属ケアマネージャーへの転職を検討することをオススメします!

ケアマネージャーへの転職は実務未経験でも出来る?

ケアマネージャーの資格を持っているけれども、実務経験がないという方もいるのではないでしょうか?

資格を持っているのであれば、正職員になって安定して働きたいですよね。

ケアマネージャーへの実務未経験での転職は基本的に難しいです。

基本的にケアマネージャーの業務は一人でおこなうことが多いため、業務未経験の人材は即戦力にならないため、中途採用では募集されません。

実務未経験の状態でケアマネージャーを目指すのであれば、パートや派遣で実務経験を積んでからチャレンジすることをオススメします。

開所予定の施設は希望がある

ケアマネージャーは基本的に実務未経験の人材を募集する求人がありません。

しかし、開所予定の新しい施設では、実務未経験でも採用してくれる場合があります。

開所予定の施設では、採用枠を経験者と新人の割合が8:2で求人を出していることがほとんどです。

そのため、実務未経験でも採用してもらえる可能性が非常に高いのです。

しかし他の実務未経験の転職者も、その施設の採用枠を狙っている可能性がありますので、競争率が高くなることは必至です。

場合によっては求人は出されたものの、すぐに予定人数に達してしまい求人が数日で消えてしまうこともあります。

また、実務未経験OKの求人は非公開求人として、転職サイトや転職エージェントに登録していないと紹介されないレア求人に分類されることがほとんどです。

競争率の高い中を求人を見逃さずに応募して勝ち抜いていくためにも、転職サイトや転職エージェントに登録しておきましょう。

ケアマネージャーのパートの時給は平均1500円

実務経験がない方はパートで経験を積んでから、正社員への挑戦を検討してみましょう。

実はケアマネージャーのパートの時給は1500円と、業界内でも高水準の給与設定なんですよ!

また、ケアマネージャーのパート求人はたくさん出されていますから、求人検索や応募も簡単にできます。

パートであれば週の勤務日数を自分で指定できますから、柔軟な働き方を実現できます。

現在育児をしていて、子どもが自立できるようになったら正社員を目指したいという方にはぴったりの働き方と言えるでしょう。

未経験からのケアマネージャーを目指すなら転職エージェントは必須

未経験でのケアマネージャーへの転職は、難易度が高いですが、それでもせっかく取得した資格を有効活用しなければもったいないですよね。

未経験からのケアマネージャーへの転職を希望するのであれば、転職エージェントの利用をおすすめします。

特に介護領域を専門とする転職エージェントであれば、求人やサポートの専門性が高いです。

1人で転職活動を進めるとなると非常に心細いですが、転職エージェントを利用すれば、転職までのサポートを一貫して受けることができるので不安を解消できますよ。

また未経験から転職できる求人も一緒に探してくれますので、求人が見つからなくて悩んでいる人も是非利用を検討してみてください。

転職エージェントを利用する際は、転職サイトと併用するとより多くの求人を集められますよ。

ケアマネージャーへ転職した人たちの口コミ・評判

「ケアマネージャーに転職して夜勤がなくなったのでだいぶ楽になりました。現在は日勤業務で休日もきちんととれるので家族と過ごす時間が格段に増え、以前は持てなかったプライベートの時間を持てるようになったのは大きいです。調べものや考えなければいけないことが急激に増えましたが体力的な負担から解放されました。書類をつくるのにけっこう時間を取られていますが残業しないように心がけています。年収は毎年、安定して上がっているのでケアマネージャーに転職して良かったと思います。」
50代前半 男性 製薬会社の営業
「やっとのことでケアマネージャーの資格をとって、施設に転職をしました。大きな施設だったので新人ながらいきなり40人の担当をもつことになってしまい把握するだけでも苦労しました。それよりも大変だったのは、介護スタッフの中に高度な質問をする人がいたり、利用者の方やご家族の理不尽な要求への対応など、自分の知識不足を痛感する日々が続いたことです。でも、利用者の方やそのご家族にありがとうというねぎらいの言葉をいただくこともあり、そのたびにケアマネージャーになって良かったと感じています。いまでは施設のスタッフと連携を密にして利用者の方にご迷惑をかけないよう仕事を進めています。」
50代前半 男性 製薬会社の営業
「転職する前は、私よりも数年前にケアマネージャーになった元同僚が、ケアマネージャーでも介護業務や夜勤などの兼務があるよ、と言われていました。覚悟をしていましたが、転職した施設ではケアマネージメントに専念ができています。施設長が完全な介護サービスを求めていて、私を含め介護スタッフや送迎の運転手まですべて目を配っています。私も仕事によっては施設長からずいぶん怒られていましたが、いまでは頼られる存在にまでなりました。給与も良く、手当てや有給休暇などの待遇も良いので業務に専念できています。」”
50代前半 男性 製薬会社の営業
50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件