40代の転職ではどんな志望動機が好ましい?魅力ある人材と思わせるテクニックをご紹介

リストを持つ男性

40代になってはじめて転職するのだけれど、どんな志望動機にすれば良いのだろうか。

どう志望動機を伝えれば魅力のある人材と思ってもらえるのだろうか。

その不安な気持ち、とても良く分かります。

でも、大丈夫です。

今回は人事として採用に携わってきた私が、40代の転職で好印象を与える志望動機の作り方を紹介します。

少し長くなりますが、最後までお付き合いくださいね。

 

40代が志望動機でアピールすべきポイントとは?

過去の経験ばかりに拘って、業務改善を無理に進めようとする40代が一番採用したくありません。

過去の経験や管理職経験をアピールしすぎるのは、一番やってはいけないミスです。

40代を採用しようと考えたときに、採用後にトラブルが起きないかどうかが、人事担当者が一番不安に思う部分です。

特に上司が年下になる場合には、既存の社員に迷惑を掛けないことが最優先となります。

一番ひどかった例では、管理職経験のある人材を採用し、経験職種に配属したところ、休憩時間でもないのにずーっと喫煙所で煙草を吸っていたり、机の清掃を全くせずに年下の子にやらせたりと散々なものでした。

最終的には上司と喧嘩を起こし、勝手に退職されていきましたが、その会社ではそれ以来40代以降の人材を採用することはなくなりました。

過去の実績だけをアピールするのはNG

過去の実績は示しつつも、周囲の提案や助言なども受け入れて仕事をしていく姿勢が大切です。

特に大企業で早期定年された方に多いですが、プライドが高すぎてもう滅茶苦茶なことをします。

勝手に業務分掌を超えて仕事をしたり、それだけのとどまらず年下の課長クラスに上から目線で意見を言ったりと、中高年の採用はこういったトラブルの前例が多いです。

過去のやり方に拘るのではなく常に改善の意識を持ち、押し付けるのではなく周囲の意見を柔軟に吸収しながら新たな発想を持って仕事を進めるという意思表示をしてください。

それが何よりも40代の転職では大切なことです。

40代の転職ではどのような志望動機が望ましいのか

40代の場合にはどうしてもこの職種で仕事をしたい!という部分よりも、安定した会社へ行きたい!という気持ちの方が大きいという方が多いです。

そこを全面的に押し出しても、40代の場合には大きな問題はありません。

40代ともなればお子様がいらっしゃる方もいらっしゃいますし、転職の決断は自分だけでなく家族全体を巻き込む一大イベントです。

生活不安に陥れば、家族も不安に巻き込んでしまいます。

そのため、安定した企業を選びたいという志望動機は十分に説得力を持ちます。

お金を理由とした志望動機も、自分自身のためだけではなく家族の学費や生活費を背負われてのことになります。

待遇面で志望したい!安定した企業で仕事をしたいと考えることは何も悪いことではありません。

たとえばベンチャー企業から安定した企業へ行きたい場合には、このような志望動機が好ましいです。

「これまで私はベンチャー企業の営業職として仕事をしてまいりましたが、若いころとは違い、安定した企業での仕事をしたいと考えるようになりました。子供もいますし、もうすぐ高校です。学費もかかりますし、色々と将来のことを考えるようになりました。若いころはベンチャー企業の自由な風土の中、仕事をさせて頂けたので非常にありがたいことでした。しかしながら、子供が大学を出るための費用などを考えると、いまの企業では満足に教育をつけてあげられません。できれば○○万円以上の待遇で転職したいし、安定した企業での就労を考えております。また郷に入っては郷に従えの精神で、周囲の意見を活かして仕事をしていきたいと考えております。よろしくお願い申し上げます。」

このように、プライベートなことでお金が必要であり、安定した環境で仕事をしたいと考えているということも日本企業であれば通用します。

魅力的な40代に思わせるテクニックとは?

魅力的な人物に思わせる重要なテクニックがあります。

それは大きな器の人物であることを強調するエピソードです。

40代ともなれば様々な経験をしてきた海千山千の人物が魅力的に見えます。

苛烈な勢いで仕事をするタイプも経営者には好まれますが、器の大きなタイプを演出する方が現場には好かれます。

「あまり物事には動じない性格です。何か問題が起こっても慌てず冷静に対処して仕事を遂行するタイプです。例えば、営業先でトラブルが起こったとして、いきなり部下を責めたりは絶対にしません。これまで部下の仕事のミスは全て私の責任で、私が頭を下げてきました。それで事態が丸く収まるのであれば儲けものです。また、頭を低くしながら相手に要求を呑んでもらうという営業スタイルです。すいません、申し訳ありませんといいながらも自分の意見を相手に通すというスタイルです。のんびりしていると捉えられかねませんが、結果的に物事が早く進むと考えております。よろしくお願い申し上げます。」

強かな営業職は自分が腰を低く出つつも最終的には利益を持ってくるというタイプが多いです。

逆にどんな志望動機は避けた方がいいのか

40代が避けるべき志望動機は、あまりにも自分勝手すぎる志望動機です。

実際にいらっしゃいましたが、特に理由もなく仕事の実績もないのに、せっかく転職するというリスクをとるのだからという理由で高い給与が欲しい!という理由で面接に来られる方が多すぎます。

「私はこれまで営業職として活躍して参りました。売上高は部署内でも常にトップクラスです。御社に利益をもたらすことが出来る人材だと確信しております。御社に転職後は売上高をさらに上げるように今回は提案書を持参しました。このようにすれば必ず利益を上げることも可能ですので、ご検討いただければ幸いです。転職後の年収は○○万円以上を期待しており、それに見合った活躍をいたします。それだけの実績を常に上げてきました。御社は実力主義と聞いており、非常に期待をしております。よろしくお願い申し上げます。」

営業職と言っても歩合制で高給を支払う会社もあれば年功序列型賃金制度をそのまま残している企業も多く、一概に高い利益を上げたから即座に給与に反映するという企業ばかりではありません。

メーカーでは特にこの傾向は強く、営業職がいくら売り上げを上げたからと言っても一人だけで売り上げたとはみなしません。

会社というチームで売り上げを上げられたという考え方を持っている経営者も多いです。

商社などでは粗利がすぐにわかるので良いですが、メーカーでは特殊な製造工程を踏んでいることもあり一概にその人の実力だけで売れたのかは分かりません。

ラッキーで売り上げたような売上や、たまたま前任者から引き継いだ得意先がたくさん発注してくれたというパターンもあります。

本当にその人の実力だけで手に入れた売上なのかというところも考えるとあまり過剰にアピールしすぎるのも考えものです。

全て自分だけの実力というような考え方をしていてはせっかくの実績アピールも台無しになってしまいます。

そのため、ここはこのように志望動機を変えます。

「これまで私は営業職として20年以上のキャリアを持っています。これまで関東の営業所内ではトップクラスの売り上げを誇っています。私の実力だけでなく、周囲のサポートもあって達成できた結果です。今回御社を志望したのは、売り上げを上げるほど給与が上がるという点でも魅力に感じましたが、それだけではなくこれまでのキャリアを活かせると考えたからです。よろしくお願い申し上げます。」

仕事は一人の力だけで完結するものではありませんし、様々な要素が重なって手に入るのが実績です。

ここを忘れずに伝えておくだけで、印象がまるで変ってきます。

実績も上げている人なのにすごく謙虚で印象が良いのです。

40代後半で転職できない人の特徴と改善策を徹底解説

年齢による有利不利もあるが最後は人間的な魅力が決め手になる!

年齢で40代は確かに不利になりますが、それでもちょっとした話し方の変化で面接選考で有利になることが出来ます。

現在は中高年の採用も本格化してきていますし、そもそも論として年齢だけで採否を決めているわけではありません。

究極は企業の求めている人材像にマッチさえしていれば内定は年齢に関わらず出ます。

40代だから転職するのは無理だ、というのではなく志望動機や自己PRの伝え方の問題だけで内定が出ない人が多いというだけです。

入社後のことを考えながら面接時に話をするようにしてみて下さい。

もしも自分がいま在籍している会社で、自分より年上の部下が転職してきたら自分はどのように感じるのだろうか。

言うことを聞いてくれるかな?

上手くやれるかどうか心配ではないでしょうか。

このように考えると、面接時の振る舞い方や履歴書や職務経歴書に記載する志望動機や自己PRの書き方に変化が生まれると思います。

採用する企業の考え方を考慮しつつも、より良い転職を実現してください。

ご健闘をお祈りしております!

40代の転職は難しい?成功させるコツを人事のプロが教えます!

40代の転職で失敗する人の特徴!今後の転職対策を教えます