30代会計士の転職は難しい?転職に向けて抑えておくべきポイント

30代会計士の転職は難しい?転職に向けて抑えておくべきポイント

どの分野の転職でも35歳までにしておくべきという意見を聞いたことはあるでしょうか?

世間的に、転職は若いうちに行っておくべきものと思われています。

しかし、会計士として仕事をしていると転職が頭に浮かぶことがありますよね。

果たして、30代の会計士でも転職することは可能なのでしょうか?

30代会計士の方でなかなか転職に一歩踏み出せていない人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、30代会計士の転職に関することをご紹介します。是非転職をお考えの人は、参考にしてみてください!

30代会計士の転職は難しい?

では、30代の会計士は転職することが難しいのでしょうか?

結論から申しますと、30代の会計士でも転職は難しくありません。

会計士は、脳の体力は使いますが身体的な体力は使いませんよね。

そのため、40代までの会計士は転職が可能な業界になっております。

そして、20代会計士、30代会計士、40代会計士とそれぞれ魅力的な部分は違ってきます。

企業によっては、20代会計士が好まれるかもしれませんし、30代会計士が好まれるかもしれません。

転職先をしっかり見極めることができれば、30代の会計士でも転職は可能です。

しかし、30代会計士の転職を成功させるためには、いくつか抑えておくべきポイントがあります。その点も踏まえて今回はご紹介してきます。

会計士の転職で得られるメリット

会計士として転職をすれば、どのようなメリットがあるのでしょうか?

メリットを明確にすることは転職に一歩踏み出すきっかけになるため、参考にしてみてください。

今の不満を解消できる

転職を考えた人の多くは、何か不満を抱えているでしょう。

転職することでもちろん、その不満は解消できますよね。

主な不満は、人間関係や仕事内容、福利厚生、勤務時間などです。

例えば、福利厚生に不満があり転職を考えた人なら、転職先を選ぶときは福利厚生に満足がいく企業を選ぶでしょう。

それは、仕事内容でも勤務時間でも給与でも同じです。

転職をするということは、今の不満を解消することができるのです!

キャリアアップが期待できる

30代の会計士ですと、多くの経験や実績を残してきたでしょう。

そのため、転職をきっかけにキャリアアップすることができます。

もちろん、会計士としてのスキルや実績によってキャリアアップできるか決まってくるのですが、30代会計士の転職ですとキャリアアップは期待できるでしょう。

しかし、キャリアアップするためには、1つ注意点があります。

それは、転職サイト・エージェントを利用することです。

自分のペースで転職をしたい人は自身で行うべきですが、キャリアアップを期待する人は、何か転職支援を受けてください。

転職支援を受けるということは、あなたではなく支援してくれるコンサルトントがキャリアアップに繋げてくれます。

キャリアアップしたい人は、転職のプロに任せましょう。

新たな人脈が広がる

会計士は職業柄、他の業界の人と関わることも少なく社会的人脈が薄い人が多いのではないでしょうか?

そのため、転職をすることで新たな人脈を作り出すこともできます。

定年まで1つの会社で勤め上げる人には人脈は不必要かもしれませんが、今後会計士として起業したいなどとお考えの人は人脈が大切になってきます。

人脈を作るために転職する人は少ないかもしれませんが、新たな人脈が作れることは会計士として転職するメリットでしょう!

会計士の主な転職先とは?

会計士として転職をする場合は、主に3種類の転職先に分けられます。

  • 一般事業会社
  • 監査法人
  • 税理士事務所

以上3つが主な転職先になるでしょう。

会計士として働いている人はご存知だと思いますが、転職前に転職先を絞っておくとスムーズに転職活動が進みます。

30代会計士の転職で抑えておくべきポイント

30代会計士として転職を成功させためには、抑えておくべきポイントがあります。

このポイントを抑えているかどうかで成功するか失敗するか変わってくることもあります。

今回は、初めて転職を行う人でも意識できるポイントを5つご紹介しますね。

会計士業界の状況を知る

転職活動を行う前に、現状の会計士業界の状況を把握しましょう。

ネットで調べてみるのもいいですし、知人に聞いてみても構いません。

会計士業界の状況を把握することで、求められている人物像が見えてきます。

近年は、米国の会計基準のIFRS化がどんどん日本に浸透してきてるみたいです。

今後は海外の事業を展開していく企業も増えていくと考えれば、英語を取得している会計士は転職で有利ですよね。

今のは例ですが、業界の状況を把握することで転職までに何をしればいいのか具体的に見えてきます。

まずは、会計士業界に状況を調べてみてください。

なぜ転職をするのか把握する

会計士の転職に関わらず抑えておきたいポイントが、「転職する理由を把握」することです。

上記でもご紹介しましたが、何かが不満で転職を行う人もいれば、キャリアアップのために転職を行う人もいれば、勤務地を変更しなくてはいけなく転職を行う人もいるでしょう。

転職する理由は何でも良いのですが、自身で転職理由を把握しておくことが大切です。

転職理由を把握していると、転職先がスムーズに決まります。

求人探しに躓いていると、成功に繋がりにくいです。

面接でアピールできる点を考える

30代会計士になると、面接を受けるのは10年以上振りですよね。

何度か転職している人は別ですが、面接を受けることは就活以来でしょう。

しかし、転職活動において面接は肝心です。

そのため、30代会計士だからこそアピールできる点を考えましょう。

20代会計士にもなく、40代会計士でもアピールできない点をアピールするのです。

例えば、「即戦力で活躍できるし、会計士としての伸び代もある」とアピールができると、30代会計士ならではのアピールになってきます。

面接は転職を左右する大切なステップなため、事前に考えておきましょう。

転職に対する時間を惜しまない

30代の会計士ですと、今の会社から任せられる仕事の量も増えてきて、後輩の育成なども任せられている人も多いのではないでしょうか?

今の会計士の仕事で手一杯の場合は、転職に対する時間はなかなか取れませんよね。

しかし、転職に対する時間を疎かにしてしまうと、成功に繋がりません。

今の仕事を疎かにすることはよく無いですが、意外にも転職について考えられる時間はあります。

例えば、会社までの通勤時間、食事の時間、お風呂に入っている時間、寝る前に時間など考えられる時間は多くあります。

その時間は5分でもいいので作るようにしてください。

ここで注意点があるのですが、睡眠時間を削って時間を作ることはやめておきましょう。

今の仕事にも転職活動にも、いずれ支障が出てきます。

そのため、空いている時間を見つけて転職に対する時間に使ってください。

転職支援を受ける

上記でも少し触れたのですが、転職は1人で行わないようにしましょう。

特に、30代会計士として転職する場合は、転職に対する時間を多く取ることができませんよね。

そんな状況でも成功させるためには、転職支援を受けてください。

転職サイトや転職エージェント、ハローワークなどがありますが、会計士の場合は転職サイトまたは、転職エージェントを利用することをおすすめします。

さらに、理想な転職を実現させるためにも、転職支援は受けるべきです。

30代会計士にオススメの転職サイト・転職エージェント

転職サイトや転職エージェントの中には、会計士専門としているサイトもあります。

専門としているということは求人もサポートしてくれるコンサルタントも会計士専門です。

そこで今回は、会計士に特化している転職サイトと一般的な大手転職サイトをご紹介します。

マイナビ会計士

マイナビ会計士

マイナビ会計士は、大手人材紹介会社「マイナビ」が運営しており、会計士を専門に取り扱っています。

マイナビ会計士では会計士を専門として取り扱っているため、コンサルタントも求人情報も全て会計士の事です。

会計士として転職する時には、ぴったりな転職サイトでしょう!

さらに、マイナビ会計士では、コンサルタントのサポートも手厚いです。

会計士の求人紹介や業界情報、面接対策、書類添削、条件交渉、面接日調整など時間があまり取れない30代会計士でも安心して転職活動が行えるサポート内容です。

しかし、マイナビ会計士を利用するには、公認会計士の資格を保有していることが条件になるため、未経験として会計士に転職する人は注意してください。

マイナビ会計士詳細ページ

doda

doda

dodaは業界でもトップクラスの知名度と実績を誇る転職サイトです。

転職サイトとはいえ、転職エージェントのサービスも行っています。

しかし一般的な転職サイトなため、会計士に特化していませんが、30代会計士にお勧めできる転職サイトです。

その理由は2つあり、1つ目は求人数です。

dodaは、国内転職サイトでも上位3位以内に入るほどの求人数を抱えており、会計士に特化していなくても会計士の求人を多数抱えています。

多くの選択肢から選べますよね。

2つ目は企業担当と転職者担当と1人につき2人のコンサルタントがサポートをしてくれる事です。

2人のコンサルタントがサポートしてくれる転職エージェントはそうありません。

そして、一般的なコンサルタントだけではなく、専門分野に特化してコンサルタントがいます。

初めて転職を行う30代会計士ですと、dodaでもぴったりでしょう!

doda詳細ページ

まとめ

今回は30代会計士の転職についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

30代の会計士でもポイントを抑えることで転職を難しいものでは無くすことができます。

さらに、転職に関するメリットもご紹介したように 、転職することは良いことです!

是非30代会計士の方でも転職に一歩踏み出してみてください!

経理・税理士・会計士におすすめ転職サイト比較ランキング【2020年版】

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件