40代の会計士が転職を成功させるコツと注意点

40代の会計士が転職を成功させるコツと注意点

40代になっても、転職は考えることはあります。

しかし、どの業界でも、「40代での転職は厳しい」と言われていますよね。

転職は厳しくないと一概に否定することはできませんが、会計士の転職でも厳しいのでしょうか?

転職の理由は何であれ、転職することは様々なメリットがあります。

世間的に40代で転職は厳しいと言われているからと言って転職を諦めるのは良くありません。

そこで今回は、40代の会計士が転職を成功させるコツと注意点をご紹介します!

会計士として転職する人は、ぜひ参考にしてみてください。

40代の会計士は転職が厳しい?

実際に40代の会計士で転職することは厳しいのでしょうか?

結論から申しますと、40代会計士の転職でも厳しくありません!

しかし、転職が厳しいと感じるのか、厳しくなかったと感じるのかは、自分の転職活動次第ということです。

その為、20代会計士でも転職が厳しかったという人もいれば、40代会計士でも転職は厳しいくなかったという人もいます。

その違いは、転職を成功させるコツを知っているかどうかです!

40代の会計士でも、転職を成功させるコツをしっかり押さえれば厳しいと感じることはないでしょう。

40代の会計士でも転職を成功させるコツ

40代の会計士の転職を成功させるコツは様々あるのですが、今回は、初めて転職を行う人でも抑えられるコツをご紹介します!

自分の実績を把握する

40代の会計士が転職する時の強みとなる部分は「実績」です。

20代の会計士では、誇れるほどの実績や自分にしかしていない経験などは少ないでしょう。

その分、40代会計士は長年の実績と様々な経験を持っています。

  • どんな実績があるのか?
  • 周りと差をつけられる経験は?
  • 役職経験は?
  • 海外企業の経験は?
  • 会計士歴は?

など自分の実績・経験を把握しましょう!

把握するだけで意味があるの?と思われた方もいると思いますが、把握することでミスマッチを減らすことができます。

自分の実績を把握していないと、レベルの低い転職先になってしまったり、レベルが高すぎる転職先になってしまったり、ミスマッチが起きます。

転職においてミスマッチはしたということは、転職失敗ということです。

そのミスマッチを防ぐためにも、会計士としての実績・経験を把握しましょう!

転職する理由を明確にする

転職をする理由は、人それぞれ理由がありますよね。

  • 人間関係に不満があった
  • さらなるキャリアアップがしたい
  • 勤務地を変えたい
  • 人脈を広げたい
  • 今の仕事がしんどい

など様々な理由があります。

その転職する理由を把握しましょう。

これは、40代の会計士に限らず転職者には共通して当てはまることです。

転職する理由を把握することは、上記と同様にミスマッチの確率を減らすことができます。

それに加え、求人検索もスムーズにいくことができる為、転職をする前に改めて転職する理由を明確にしましょう。

英語を習得する

会計士として転職するときに魅力的な人材が「英語を話せる人」です。

もちろん、英語を話せなくても転職は可能なのですが、英語を話せた方が条件や待遇の良い転職先が決まります。

その理由は2つあり、1つ目は会計士の中に英語を話せる人が少ないということです。

2つ目は米国の会計基準のIFRS化がどんどん日本でも浸透してきているということです。

さらに、今後は海外に事業を展開していく日本企業が増えてきて、英語を話せる会計士が貴重な人材になってきます。

そして、英語を習得するということは、40代会計士だからこそ抑えることができるポイントです。

20代の会計士では、会計士としての仕事で手一杯で、英語で会計士の仕事をこなすのは難しいですよね。

転職を数年先に考えている人は、英語習得を目指してみてはどうでしょうか?

面接でアピールできる点を考える

転職を左右するステップに面接があります。

面接で転職先の企業に欲しい人材と思ってもらうことができれば、40代でも転職が成功しますよね。

その為、面接でアピールできる点を考えておきましょう!

そのアピールできる点は、40代の会計士ならではのアピール点の方が効果的です。

  • 会計士としての経歴
  • これまでの実績
  • 即戦力で活躍できる
  • 若手の会計士を育成できる

など20代、30代ではアピールできない点をアピールしましょう!

そうすることで、40代の会計士でも魅力的な人材だということを伝えることができます。

40代の会計士が転職で注意することは?

40代の会計士だからこそ、注意しなくてはいけないことがあります。

注意点を抑えることで成功につながる為、参考にしてみてください。

転職に対する時間をしっかり取る

40代の会計士が注意しなくてはいけないことは「転職に対する時間を取る」ということです。

この注意点は、多くの転職者が意識することができていません。

特に、40代の会計士となると今の仕事が忙しいですよね。

会社から任せられる仕事の量も20代とは違いますし、責任感も違いますし、さらに若手の育成も任せられ、40代会計士では多くの仕事をしなくてはいけませんよね。

その為、転職に対する時間を取ることが困難なのですが、その時間を疎かにしてしまうと転職は成功しません。

しかし、意外にも転職に当てられる時間はあります。

会社までの通勤時間、入浴時間、食事するときに時間、寝る前の時間など5分でもいいので、転職に関する時間を作るようにしましょう。

アピールできる点や転職時期などを頭の中で考えておくだけで、転職活動は変わってきます。

40代会計士では時間を取ることが難しいですが、意識してみてください。

転職が決まってから今の仕事を辞める

転職先はスムーズに決まることもあれば、なかなか決まらないこともあります。

それは、転職活動を始めてみないとわかりません。

その為、転職先が決まるまでは今の仕事はやめないようにしてください。

「転職する」と考えたときに、今の仕事を辞めてしますと、万が一転職先がなかなか決まらなかったときに無職になってしまいます。

40代の会計士となると家族がいる方も多くいると思いますので、転職先が決まってから今の仕事を辞めるようにしてくださいね!

1人で転職を行わない

上記でもご紹介しましたが、40代会計士での転職になると、転職に多くの時間を取ることはできませんよね。

その為、転職は1人で行わないようにしましょう。

「転職は1人で行うものではないの?」と思われた方もいるかもしれませんが、日本には転職活動を支援してくれるサービスがあります。

転職サイトではなく、転職エージェントという言葉を聞いたことはありませんか?

転職エージェントは、転職活動をサポートしてくれ求人紹介や面接対策、書類の添削など多くのサポートをしてくれます。

転職活動を1人で行ってしまうと、ミスマッチが起きたり、なかななかな転職先が決まらなかったりと転職が厳しく感じてしまいます。

転職に対する時間を多く取れない40代会計士だからこそ、転職エージェントを使い、転職しましょう!

会計士にオススメの転職エージェント

初めて転職を行った人は、ご存知ではないかもしれませんが、会計士に特化している転職エージェントがあるのです!

特化しているということはサポートしてくれるコンサルタントも求人も会計士を専門としています。

今回は、会計士に特化している転職エージェント2つ、国内トップクラスの転職エージェントを1つご紹介します!

ジャスネットキャリア

ジャスネットキャリア

ジャスネットキャリアは、会計士・税理士・経理職を専門としている転職エージェントです。

東京・大阪・名古屋と拠点を持ち、取引会社は3000社を超えるなど、転職エージェント業界でも確かな実績を残しています。

そんなジャスネットキャリアのメリットは、会計士に特化していることでしょう。

求人は上記の職種のものしかありませんし、コンサルタントも上記の職種を専門としています。

その為、会計士ならではの悩みや相談も解決してくれますし、キャリアアップなどの相談もしやすいいです。

さらに、ジャスネットキャリアは若い世代よりも、経験や実績を重視する傾向がある為、40代の会計士にぴったりな転職エージェントでしょう!

利用するのは、無料ですので気になる人は一度登録してみてください。

ジャスネットキャリア詳細ページ

マイナビ会計士

マイナビ会計士

マイナビ会計士はその名の通り、マイナビが運営しており、会計士に特化している転職エージェントになります。

マイナビが運営しているということで転職活動を任せられる信頼ができますよね。

マイナビ会計士では会計士だけに特化している為、コンサルタントも求人も全て会計士のみです。

さらに、コンサルタントのサポートも手厚く、面接対策や面接日に調整、条件交渉など40代会計士で時間がなくても安心できるサポート内容でしょう。

しかし、マイナビ会計士を利用するには、公認会計士の資格を保有していることが条件になる為、未経験として会計士に転職する人は注意してください。

マイナビ会計士詳細ページ

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、会計士に特化している転職エージェントではありません。

しかし、求人数の実績の業界トップクラスです。

その為、求人の選択肢を広げることができますし、実績も十分です。

さらに、コンサルタントの質も好評ですので、時間がない会計士でも安心して利用できます。

会計士に特化していないというデメリットはありますが、幅広い求人から転職先を選びたい人や手厚いサポートを受けたい人はリクルートエージェントを利用しましょう。

リクルートエージェント詳細ページ

まとめ

今回は、40代会計士の転職についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?
冒頭でもご紹介しましたが、40代会計士でも転職は厳しくありません。

ポイントポイントを抑えて転職活動を行うと、成功に繋がります。

是非、転職は厳しいと思い込むのではなく、転職に一歩踏み出してください!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件