20代の会計士でも転職できる?どうやって転職すればいい?

20代の会計士でも転職できる?どうやって転職すればいい?

20代の会計士は、社会に出て間もなく理想としていたワークライフバランスが保たれているのでは無いでしょうか?

しかし、会計士としての仕事をしていくうちに、「転職したい」と頭に浮かんできたことがある人も多いでしょう。

「20代の会計で転職できるのかな?」「まだ転職は早いか…」「20代会計士の転職の仕方がわからないしな…」と悩みながら一歩踏み出せていない人は勿体ないです。

そこで今回は、20代会計士で転職は可能なのか、どう転職すればいいのかなど20代会計士の転職についてご紹介します!

転職に一歩踏み出せていない人は参考にしてみてください。

20代の会計士で転職が可能なのか?

20代の会計士でも転職は可能なのでしょうか?
結論から申しますと、20代会計士の転職は可能です。

さらに、「転職は若いうちにした方がいい」ということも聞いたことはないでしょうか?

転職自体は若いうちにした方がいいとされており、会計士の場合でも年齢が若い方が歓迎されます。

その為、「20代の会計士でも転職が可能」ではなく、「20代に転職しておくべき」と言えるのではないでしょうか?

しかし、会計士としての経験も浅いですし、転職経験もない為、なかなか転職に一歩踏み出せないですよね。

転職までの流れや抑えておくべきポイントは下記でご紹介していますので、20代会計士でも転職が出来るんだということを覚えていてください!

ざっくりとした転職活動の流れ

20代での転職になると、転職活動の流れもさっぱりですよね。

20代会計士の入職までの流れを簡単にご紹介しますね。

  1. 転職したい理由を考える
  2. 転職時期を決める
  3. 転職サイト・エージェントを探す
  4. 転職サイト・エージェントに登録する
  5. 求人検索・求人紹介
  6. 面接
  7. 内定
  8. 今の会社の退職手続き
  9. 入職

以上のような流れになります。

細かな流れをご紹介しますともっとステップはあるのですが、ざっくりとした流れはこのような流れです。

特に大切なステップが、「転職したい理由を考える」と「転職サイト・エージェント登録」です。

転職したい理由がわかっていないと、転職しても悩みや不満を抱えているままになってしまいます。それは転職する意味がありません。

そして、その転職する理由を把握した上で転職サイト・エージェントを選びます。

どのサービスも同じではない為、自分にあった転職サイト・エージェントを選択してくださいね!

20代で転職した方が良い理由

上記でもご紹介しましたが、20代のうちに転職はした方がいいです!

その主な理由を3つご紹介しますね。

単純に若い方が転職に有利

1つ目の理由は、単純に若い方が転職に有利だからです。

この理由は会計士に問わず、転職する人全てに当てはまることです。

例えば、人手不足で悩んできる企業があったとします。

そんな企業が求めている人物像はどんな人でしょうか?

それは、即戦力で活躍できる会計士ではなく、長く勤められる若い会計士ですよね。

もちろん、企業によっては即戦力の会計士が欲しいと思っている場合もありますが、長く勤められるということはどの企業からも喜ばれるでしょう。

さらに企業側からすると、長く勤められるということ以外にも、20代会計士だからこそ期待できる点が多くあります。

年齢が増えれば増えるほど、働ける期間が短くなりますので転職は20代の方が有利です!

早いうちに不満が解消できる

20代で転職が頭に浮かんだ人は何か不満があるのでしょう。

その転職したい理由は何であれ、転職することによってその不満は解消できるできます。

もし、20代での転職を諦めてしまうと、何年も何年もその不満を抱えてまま会計士として働かなくてはいけません。

仕事は人生の多くを占めますので、不満を抱えて仕事を行うのではなく、楽しく仕事をしたいですよね。

その為、20代でも30代でも転職が頭に浮かんだ場合は、早く行動しましょう。

監査法人は人手が足りていない

20代会計士で転職すると、多くのメリットがあります。

  • 転職先から歓迎されて働きやすい
  • 不満を解消できる
  • キャリアアップも期待できる
  • 新たな人脈が作れる
  • 仕事が楽しくなる

など多くのメリットに期待できます。

しかし、いくらメリットがあっても転職に失敗したどうしようと考えますよね。

その悩みは心配ありません。

会計士業界は人手不足になってきており、特に監査法人では人手不足が目立ちます。

特に20代の会計士であれば、いつでも歓迎してくれるでしょう。

20代の会計士だからこそのメリットに目を向けて行動しましょう!

転職する前に抑えておきたいポイント

20代の会計士ですと、初めて転職する人がほとんどですよね。

その為、初めて転職を行う人でも抑えられるポイントを紹介します!

このポイントを抑えているかどうかで転職は変わってきます。

転職する理由を把握する

上記でもご紹介しているのですが、転職する理由は必ず把握しておきましょう。

曖昧なまま転職活動をスタートさせてしまうと、ミスマッチを起こしてしまいます。

ミスマッチとは、転職に失敗したということです。

転職したい理由を把握していますと、その理由を解消する為に求人を探します。

例えば、残業が多く転職を考えたのなら、転職先に求めることは残業が少ないことですよね。

このように転職したい理由を明確にして把握しておくと、ミスマッチを減らすことができるでしょう!

20代会計士の状況を把握する

転職活動をスタートさせる前に、現状の会計士の状況を把握してください。

特に、20代会計士の需要であったり、人手状況を調べてみてください。

調べていくうちに、求められている人物像が見えてきます。

求められている人物像がわかってくると、転職が難しいと感じることはなくなります。

さらに、20代会計士ですと、その人物像に近づく柔軟性も兼ね備えていることでしょう。

可能な限り、求められている人物になって転職活動してみてください。

面接でアピールできる点を考える

転職を行う時には、面接を受けなければいけません。

その面接でアピールできる点を考えておきましょう。

例えば、「このような経験があります」などというアピールをしたところで30代会計士、40代会計士には敵いません。

その為、20代会計士だからこそアピールできる点を考えてください。

「20代なので、まだまだ成長過程です」とアピールすることができれば、20代ならではのアピールになりますよね。

30代会計士、40代会計士にはアピールできない点をアピールすると、転職はスムーズにいくでしょう。

自分にあった転職サイトを調べておく

転職活動をスタートする時に、1人でスタートさせるのはやめておきましょう。

上記でもご紹介したのですが、転職サイト・エージェントを利用して転職活動をするようにしてください。

そして、転職活動をスタートさせると共に、転職サイト・エージェントを探していては遅いです。

スタートさせる時には、登録まで済んでいる状態にしておきましょう。

それに加え、転職サイト・エージェントはとても重要になります。

特に、20代の会計士ですと、会計士の仕事だけで手一杯で転職に当てられる時間は少ないでしょう。

そんな状況でも転職を成功させる為には、転職サイト・エージェントの力が必要なのです。

その転職サイト・エージェントを適当に選んでしまうと、ミスマッチになったり、なかなか転職が出来なかったりするため、転職サイト・エージェント選びは慎重に行ってください。

20代の会計士にオススメの転職サイト

転職が初めてですと、どの転職サイトが良くて、どの転職サイトが悪いかわかりませんよね。

その為、今回は会計士に特化している転職サイトと一般的な大手転職エージェントをご紹介します。

双方ともに、20代会計士にぴったりなので、参考にしてみてください!

マイナビ会計士

マイナビ会計士

マイナビ会計士は、その名の通り大手人材紹介会社「マイナビ」が運営している転職サイトです。

さらに、マイナビ会計士とあるように、会計士に特化しています。

特化しているということは、求人は全て会計士専門ですし、サポートしてくれるコンサルタントも会計士を専門としています。

会計士に特化しており、大手人材紹介会社「マイナビ」が運営しているとなると信頼ができますよね。

そして、マイナビ会計士はサポートが手厚いです。

求人紹介や転職に関する相談、面接対策、書類添削、面接微調整、入社後のフォローなど不安が多い20代会計士でも安心して転職活動を進めていけます。

初めての方でも、不安が多い方でも、ぴったりな転職サイトでしょう!

しかし、マイナビ会計士を利用するには、公認会計士の資格を保有していることが条件になる為、未経験として会計士に転職する人は注意してください。

マイナビ会計士詳細ページ

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、一般的な転職エージェントですので、会計士に特化しているわけではありません。

しかし、お勧めできる理由はリクルートエージェントが抱えている求人数です。

抱えている求人数は、12万件を超えており、業界トップと言われています。

さらに、非公開求人だけでも10万件を超えています。

会計士に特化していなくても、会計士の求人も多数抱えています。

そして、求人数だけではなく、コンサルタントの質も好評ですので、20代の会計士でも安心して利用できます。

会計士に特化はしておりませんが、幅広い求人から転職先を選びたい人や手厚いサポートを受けたい人はリクルートエージェントがぴったりでしょう!

リクルートエージェント詳細ページ

まとめ

今回は20代会計士の転職についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

初めての転職になる人が多い為不安や悩みが多く抱えると思いますが、20代のうちに転職はしておくべきです。

自分にあっている転職サイト・エージェントを利用すれば、心配は要りません。

20代会計士で転職して、理想としている職場を見つけてください!

経理・税理士・会計士におすすめ転職サイト比較ランキング【2020年版】

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件