養護教諭へ転職するなら?必要な資格・仕事内容・年収事情!おすすめ転職サイト

保健室の先生になりたいという夢を抱いている人が目指すことになるのが養護教諭です。

児童や生徒の福祉や医療に興味がある人にとっても有力な候補になる職業ですが、現場ではどのような仕事をしているのでしょうか。

養護教諭になるために必要な資格や、働いているときに得られる年収などについても理解を深めましょう。

養護教諭になると働ける職場の候補もかなりの数があります。どんな働き方ができるのかも考えながら転職を検討するのが大切です。

養護教諭に必要な資格

生徒や児童に対して適切な対応をするためには知識やスキルが求められるため、養護教諭になるには免許が必要になります。

専修免許状、一種免許状、二種免許状の三種類に分けられていて、そのうちの一つを取得していれば養護教諭として働けるというのが基本です。

免許状の違いによって仕事に違いが生じることはないので養護教諭になりたいと考えているだけであればどれを取得しても構いません。

ただし、採用のされやすさなどには差が生まれることがあります。

必要な資格を取得する方法

養護教諭の教員免許

養護教諭の教員免許状を取得するには大まかには四通りの方法があります。

大学の養護教諭養成課程を修了すれば一種免許状を取得できるので、多くの人が選んでいるのがこの方法です。

その上で大学院に進学すると専修免許状を取得できます。

一方、短期大学で養護教諭養成課程を修了すると二種免許状を取得可能です。

これ以外の方法として看護学校で必要な教育課程を受けて看護師免許や保健師免許を取得してから、さらに養護教諭養成機関で半年から1年の教育課程を修了して免許を手に入れる方法もあります。

この場合には大抵は大学で学ぶので取得できるのは一種免許状がほとんどですが、高等教育専門学校の養護科で学んだ場合には手に入るのが第二種免許です。

養護教諭の仕事内容

養護教諭の仕事は学校全体の健康管理や衛生管理、保健指導です。

保健室の先生として、体調が悪くなったり怪我をしたりした生徒や児童に対して応急処置を行い、必要に応じて救急車を呼ぶ、病院に連れて行く、保護者に連絡して迎えに来てもらうといった判断をするのが重要な業務の一つになっています。

ただし、医師免許を持っていないと治療行為はできません。

健康管理では健康診断の計画や手配、実施準備を担い、そのために必要な事前調査アンケートの作成や集計なども行います。

衛生管理では水質調査などを行って、学校生活を行う上で安全な衛生環境が整っているかを確認するのが主な仕事です。

保健指導では授業や集会などで病気の予防や衛生に関する話をして教育指導に従事します。

保健体育の授業での性教育やHIVなどの問題についての話題の授業を任されることも少なくありません。

インフルエンザの予防のための呼びかけをしたり、手洗いうがいを励行したり、虫歯予防の活動をしたりするなど、保健指導の内容については現場によって差があります。

また、保健室で相談に応じるのも仕事になっていて、主に心に悩みを抱えている人の話を聞いてカウンセリングをするのが業務です。

養護教諭の仕事はきつい?

養護教諭の仕事は状況に応じてきついこともあれば楽なこともあります。

特に児童や生徒が病気も怪我もしていない場合には、保健指導や衛生管理の計画と実施を行っていれば良いだけなので淡々と仕事を進められるでしょう。

児童や生徒もお話をしたいという程度の気持ちで気軽に立ち寄ることもあり、それが楽しいと感じる人も多いのが養護教諭の仕事です。

しかし、きつい面もないわけではなく、大怪我をしてしまった生徒や児童が出ると対処に困ってしまうことがあります。

また、その原因や責任について保護者から問われることもあり、対応に悩んで苦労することもあるのが実情です。

保健室に来る生徒への対応についても、良い生徒や児童に恵まれると楽しい反面、なかなか話が見えなくて相談に乗るのにもかなりの苦労があるというケースもあるでしょう。

一方、頻繁に授業をするわけではないので、保健指導のために授業をするときにとても緊張してしまって大変に感じる人もいるので、得手不得手によってきついと感じる場面もしばしばあります。

養護教諭の年収事情

養護教諭の年収は全体で平均すると600万円少々となっています。

かなり年次推移が大きく、年齢や働き方による差も大きいので気をつけなければなりません。

公立の学校で養護教諭をしている場合には地方公務員となるのが基本なので、その給料表に従って給与が定められます。

国立の学校の場合には国家公務員になり、それに応じた給料表から給与が計算されるのが基本です。

私立の学校の場合には企業と違いはないので独自の給与算定基準が設けられています。

全般的には公立の学校に比べると私立学校の方が給与水準が高い傾向がありますが、個々に確認してみることが必要です。

地域差もややあり、都心部のほうが地方に比べるとやや高めになっています。

養護教諭は臨時職員として働くこともありますが、その場合には平均年収が300万円程度で正職員や正社員として働いている場合に比べると低めです。

養護教諭の月給は初任給で20万円程度で徐々に上がっていくのが基本です。

賞与に相当する勤勉手当や期末手当はおよそ月給の4.5ヶ月分が支給されるのが公立の学校では一般的になっています。

手当についてはこの他にも住居手当、扶養手当、配偶者手当などの一般的なものが支給されますが、教職に特徴的な手当の支給も受けることが可能です。

公立学校の場合には教職調整額として4%の加算が行われています。

また、小学校や中学校のように義務教育の現場で働いているときには、義務教育等教員特別手当の支給を受けることが可能です。

これに加えて、住んでいる地域によって地域手当や調整手当が支給されることがあります。

物価の高い都市部で働いていたり、生活の便が悪いへき地で働いていたりする場合には、この手当によって数%の加算をした給与を受け取れるのが通例です。

私立学校の場合には必ずしもこのような形で手当を与えられているとは限りません。

個々に給与規定を確認してどのような手当があるのかを確認することが大切です。

養護教諭の主な勤務先

養護教諭の勤務先は学校ですが、学校の種類は分類していくと多岐にわたります。

義務教育課程である小学校、中学校では必ず養護教諭を置いています。

その後に教育を受ける現場となる高等学校、高等専門学校でも養護教諭を雇っていることが多く、しばしば二名体制にして充実した保健・衛生環境を整えられるようにしているのが現状です。

どの学校についても国立、都道府県立や市立などの公立、私立といった区分をすることができます。

この他にもやや特殊な学校では養護教諭が重宝されていて、盲学校やろう学校、日本人学校などでも仕事をすることが可能です。

どの現場で働いてもそれほど仕事内容に大きな違いはありませんが、相手にする生徒や児童の年齢が違うことで求められる対応方法が異なります。

また、盲学校やろう学校などの場合には個々の生徒や児童に対して配慮すべき内容が異なり、新人の教員に対して指導をする必要が生じる場合もあるのには留意しなければなりません。

養護教諭への転職は難しい?

養護教諭への転職は一般的にはあまり簡単ではありません。

養護教諭に転職しようとすると、もともと資格を持っていなかった人はまず資格の取得に励まなければならないのが理由の一つです。

大学や短期大学に通い直して必要な教育課程を修了しなければならないでしょう。

看護師の場合には一年以内で済むのでやや資格の取得が容易になります。

しかし、免許を取得してから教員採用試験にも合格しなければなりません。

公立の場合には教育委員会が行っている採用試験、私立の場合には個々に行われている試験を受けた上で合格すればようやく働けるようになるのです。

公立学校の採用倍率は10倍もあるのでかなり狭き門になっています。

ただし、臨時採用については頻繁に行われているので、まずは臨時職員として働いてキャリアを積もうと考えると比較的容易です。

いつでも募集をしているわけではないので、他の仕事をしながら求人が出るのを探すということになるでしょう。

転職しやすい職種・業種とは?未経験からの異業種におすすめの仕事4選!

養護教諭へ転職した人たちの口コミ・評判

私はずっと看護師になりたいと思っていたのですが、子供好きでもっと親しくなって仕事を楽しめる環境が欲しいと思うようになりました。近くの大学で養成のカリキュラムがあったのですぐに免許は取れました。それから採用試験に合格するのには二年かかりました。でも、その後はすぐに近くの中学校で養護教諭になれたので良かったと思います。

子供たちと一緒に過ごせる仕事をしたいと考えて転職を考えました。夫の理解を得られたので短大に通って二種免許状を獲得したのですが、採用試験にはなかなか合格できませんでした。三回目の試験を受けようと思ったときに、地元の小学校で臨時職員の募集があるという話を聞いて応募したところ、採用してもらうことができました。その後も正規雇用を目指して試験を受けています。

私はもともと私立中学校の教員として保健体育を担当していましたが、養護教諭に憧れをずっと持っていました。引っ越しをきっかけにして退職して資格を取り、私立を中心にして求人を見つける度に応募し続けました。ポストを手に入れるまでには四年もかかってしまいました。でも、その間に契約社員などとして児童教育に関わる仕事ができたので良い経験を積めたと思います。

養護教諭への転職におすすめの転職サイト

とらばーゆ

とらばーゆ

とらばーゆは女性向けの転職サイトであり、まれに私立の学校から養護教諭の求人が出されています。

男性で養護教諭を目指している人も利用できないわけではありませんが、もともと女性の人材を求めている現場が多いのでとらばーゆを使うと極めて少ないポストを探し出せる可能性が高いのです。

もし養護教諭の求人が見つからなくても児童センターなどからの求人があるので、当面の仕事を探すことが可能です。

養護教諭の仕事に近い保健関係や衛生関係の仕事は比較的多いため、まずは内容が近い仕事をしながら養護教諭のポストを探したいという人には特に向いている転職サイトでしょう。

在職中でも応募できるという点でも転職するときに役に立ちます。