30代でベンチャー転職ってどうなの?メリットとデメリットを解説!

30代でベンチャー転職ってどうなの?メリットとデメリットを解説!

30代になり自身のキャリアアップを考えたときに、このままの職場でよいのか・転職するべきなのか?と考えたことのある人も少なくないのではないでしょうか。

転職の際の選択肢一つとして、ベンチャー企業への転職でキャリアアップを目指そうという人もいるかもしれません。

の裁量の多いとされるベンチャー企業への転職は、キャリアアップや幅広い実務経験を身に着けられるメリットがありますが、年収が下がる可能性など考えなければいけないデメリットもあります。

今回はベンチャー企業への転職で得られるメリット・デメリットについて徹底的に解説していきます。

30代はベンチャー企業に転職するベストなタイミング

ベンチャー企業

30代はベンチャー企業に転職するベストなタイミングであるといえます。

特に20代のうちに一般企業に勤めていて、スキルアップのために転職活動を検討されているみなさんは、特にちょうどいいタイミングです。

ベンチャー企業は一般的に、創立して間もない企業のことを指し、まだ経営陣も固まり切っていないことが多いです。

そのため新卒を積極的に採用するよりかは、社会人経験のある20代後半から30代の人材を積極的に求めます。

すでに新入社員研修やビジネススキル研修も済ませているほか、社会人経験もあるので実践ですぐに能力を発揮できます。

応募先のベンチャー企業がまだ発展途上の場合は、実力次第では経営陣の中に滑り込める可能性もあります。

ベンチャーでの経験を生かしてキャリアアップも目指せる

ベンチャー企業で30代で経験と実績を積むと、さらに上の企業に転職するためのアピールポイントを獲得できます。

経営で培ったマネジメントスキルや、ベンチャーを運営するうえで必要な経営手腕など、一般企業では獲得できない能力です。

大手企業等でハイキャリア転職をすることも可能ですので、将来のキャリア選択の幅が広がります。

30代でベンチャーに転職するメリット

30代でベンチャー企業への転職を希望する人もいるのではないでしょうか。

ベンチャー企業への転職は、仕事の裁量が増えることによって幅広い実務経験が積めることや、自分のキャリアアップにも繋がるというメリットがあります。

マネジメント能力を養えることや、自分の仕事がそのまま会社の経営に反映されやすいので、やりがいを感じながら働けるのも魅力の一つです。

ここではベンチャー企業への転職によって、得られるであろうメリットについて詳しくお話していこうと思います。

幅広い業務に携われる

ベンチャー企業は、会社自体の機能が構築不十分である場合が多く、採用された業務以外にも様々な業務に携われる可能性が大いにあります。

幅広い業務をこなすことが最初は大変かもしれませんが、幅広い業務に携わることで、実務経験を積めるとメリットとして考えることができます。

さらにスタートアップベンチャーでは、会社を運営するための業務に携われる可能性もあり、その後のキャリアにも大きく影響を与えることになるかもしれません。

キャリアアップのチャンスが多い

幅広い業務に携われる可能性についてのお話をしましたが、それに付随してキャリアアップのチャンスが多いこともメリットの一つでしょう。

大手企業や、すでに会社の機能が完成されている企業ではなかなか出会えないようなチャンスにも、ベンチャー企業では携われる可能性があります。

バックオフィスでの上場の準備に携わる経験などは、すでに上場している企業では決してできない業務です。

会社の機能が未完成なベンチャー企業だからこそできる、貴重な業務に携われるチャンスがあるかもしれません。

短期間で多くのスキルを習得できる

経験できる業務の幅が広いことと同時に、ベンチャー企業ではスピード感も大切にしていることが多いので、短期間にたくさんのスキルを習得できる可能性があります。

スピード感を大切にしているベンチャー企業では、短期間に試行錯誤を繰り返して業務をこなすことも多く、短期間に成功と失敗を繰り返すことで、自身のスキルの向上に繋がるでしょう。

幅広い業務を短期間にこなさなければならないベンチャー企業では、自然とスキルも習得できるメリットもあるようです。

マネジメント能力を養える

30代での転職は、厳しいとされることも多いですが、ベンチャー企業では人材の不足から30代でもチャレンジできる環境を提供してくれます。

その中で、大手企業ではできないような幅広い業務やスキルしとくを目指せるので、マネジメント能力を養う環境として捉えられるでしょう。

今後のキャリア形成を考えるうえで、マネジメント能力を養っておくことは重要です。

ベンチャー企業は様々な業務を通じて、マネジメント能力を自然と身に着けることのできる環境です。

仕事が経営に直接反映されやすい

ベンチャー企業は、規模が小さいこともあり経営をより身近に感じることのできる環境である場合が多いです。

また、自身が行う業務が利益に直結していると感じる場面が多かったり、取り組みが実績として反映されるなど、よりやりがいを感じられることもあります。

やりがいを感じやすいので、ベンチャーで働く人の多くが、仕事に情熱を持って取り組めるのかもしれません。

このように、ベンチャーは業務の幅が広かったり、様々なスキルを身に着けるのには良い環境であることが多く、やりがいを感じながら働くことができます。

また周りの同僚の、仕事に対する意識を肌で感じることで自分のモチベーションにも繋がることもあります。

自ら色々なことを勉強しチャレンジしたいという人には、働きがいのある環境であることがメリットと言えるでしょう。

裁量の幅が広がるのでやりがいを感じられる

30代で一般企業に勤めていると、年齢や役職に応じた裁量で仕事をこなしていく必要があります。

しかしベンチャー企業では、各社員に割り振られている裁量が大きく、同じ年代でも経験できないような決定権を与えてもらうことも可能です。

自分の意見を仕事に反映させられるので、やりがいを感じられる場面も増えてきます。

30代でベンチャーに転職するデメリット

その一方で、30代でベンチャー企業への転職にはデメリットもあります。

安定している大手企業とは違い、会社が不安定であったりまだまだ成長途中であることも多く、収入面で下がってしまうことや倒産のリスクもあるでしょう。

また仕事の裁量も多く労働時間が長いことも、ベンチャー企業ではザラです。

様々なことにチャレンジできる反面、収入面や倒産のリスクなどの不安は大きなデメリットです。

年収が下がる可能性がある

30代でベンチャー企業に転職する際に、一番注意しなければならないのが年収なのではないでしょうか。

業績が順調に伸びている成長企業であれば、実績を出せば大手以上の収入をもらえることもあります。

しかし小さなベンチャー企業では、ほとんどの場合、年収は下がってしまうでしょう。

30代ではライフスタイルに様々な変化が生じるタイミングです。

結婚をして子供もいるのであれば、将来の学費等も考えなくてはいけません。

そのため、収入が不安定なベンチャーに転職するのは、大きなリスクもあることを知っておきましょう。

労働時間が長い

ベンチャー企業は仕事の裁量も多く、幅広い業務をこなす必要があることで、必然的に労働時間が長くなってしまう傾向にあります。

そのためベンチャー企業=激務というイメージを持っている人も少なくないようです。

責任のある仕事を任せてもらえる代わりに、長時間の残業が必要になるケースも珍しくありません。

また仕事にのめり込むあまり、疲労を溜め込みすぎてしまうこともあるので、注意が必要です。

ベンチャー企業へ転職する際には、社員の顔色などを見て、激務に追われていないかチェックすることも重要です。

倒産のリスクがある

小規模ベンチャーは、経営が不安定であるため倒産のリスクも考える必要があります。

メガベンチャーと呼ばれる大きな企業では経営も安定していますが、小規模なベンチャー企業ではギリギリの資金繰りで経営している企業も珍しくありません。

30代になれば、結婚もして子供もいる人も多いと思います。

ベンチャー企業へ転職する際には、突然会社が倒産するかもしれないリスクも考える必要があります。

ベンチャーへの転職は後悔する?後悔しないための知識を徹底解説!

ネットに掲載されている情報と現実が違うことがある

ベンチャー企業へ転職する際には、企業公式サイトや転職サイトに掲載されている求人情報を確認することが多いでしょう。

しかしネットに掲載されている情報と、実際に働いた時の労働条件が違うことがあります。

全てのベンチャー企業に該当するわけではないですが、中には求人上に良い待遇を記載して、実際は残業が多い・給与が高いなんてこともあります。

公式で発表されている情報をうのみにせずに、実際に働いた人の評判などを確認して、本当に生活していけるほど働けるのかを確認していきましょう。

会社の評判を掲載しているサイトや、実際に働いている人に話を聞いてみましょう。

また、時間があるなら実際に会社訪問や一日体験を利用して、自分の肌で企業の温度感を体感してみてください。

大企業からの転職だとプライドが邪魔をすることも

最近では大企業で働いていた経験を活かして、ベンチャー企業で働いて自分のスキルを上げていこうとする方が増えています。

大企業で働いていることで、中小企業では体験できない仕事や、大企業ならではノウハウを踏み台にしてのし上がろうとする人が多いです。

しかし大企業にいたというプライドがあり、経験則で行動しようとする方も多い現実があります。

大企業からの転職でプライドが邪魔をして、転職先で人間関係がうまくいかずにまた転職することになる人もいるのです。

大企業で働いている自分に価値を見出している場合は、転職を踏みとどまった方がいいでしょう。

ベンチャー企業への転職をやめておいた方が良い人の3つの特徴

30代が転職するべきベンチャー企業の特徴

おすすめポイントを指す

メリット・デメリットについて色々お話してきましたが、30代でもまだまだチャレンジできる環境で、成長したいと思える人にとってベンチャー企業は良い環境です。

転職して自分のスキルの向上を目指す30代が、目指すべきベンチャー企業の特徴とは、どのようなものなのかについて詳しくお話していこうと思います。

考えられる特徴としては3つあります。

  • 管理職を狙えること
  • 平均年齢が高いこと
  • 今後の成長を期待できる

管理職を狙えるベンチャー企業

まず30代でベンチャー企業へ転職をするのであれば、管理職を狙えるかどうかの判断をしましょう。

30代後半ともなれば、ベンチャー企業でなくても管理職につくチャンスも回ってきます。

せっかくベンチャーに転職するのであれば、管理職を狙える企業を選ぶといいでしょう。

平均年齢が高いベンチャー企業

ベンチャー企業というと、平均年齢が若い傾向にあります。

創業者が同じくらいの年代30代後半から40代あたりだと、同じくらいの年齢の人が集まりやすく、仕事の価値観や方向性が近いこともあり、働きやすいでしょう。

もし創業者や役員が自分より年下の場合、働きづらくなってしまうかもしれません。

今後伸びていくベンチャー企業

ベンチャー企業の、10年後の生存率は6.3%と言われています。

数字を見てもわかるようにベンチャー企業が生き残るのはかなり難しいといえます。

せっかく転職しても、会社が成長しなければ倒産してしまう可能性もあります。

会社の将来性はもちろん、業界の将来性にも注目して転職をすることが大切です。

会社の成長は自分の収入に直接関わるだけでなく、働きがいや人生の充実度にも大きく影響します。

どんどん成長していくベンチャー企業の一員として働けるのであれば、30代からの人生をもっと楽しく過ごせるはずです。

30代のベンチャー転職後のキャリアパス

30代でベンチャーに転職した後に、どのようなキャリアパスがあるのでしょうか。

せっかくベンチャーに転職をしても、いつまでもキャリアアップできないとあまり転職した意味がないかもしれません。

そのため具体的にキャリアについてのイメージを持つことが大切です。

執行役員クラスを目指す

ベンチャー企業では、実力があり会社への貢献度が高いと判断されれば、十分に役員クラスの役職を狙うことができます。

会社の役員として働いた経験は、将来の自分のキャリアでも大きな実績となります。

また執行役員レベルにあれば、大きな裁量権を持って働くことができ、同年代よりもどんどん成長していけるチャンスです。

起業する

ベンチャー企業は、経営者との距離も近く経営を肌で感じられる環境で働くことができます。

そのため企業を志す人が、ベンチャー企業で働くケースも多いです。

経営者や役員と近い距離で働くことができるので、肌感レベルで経営を学ぶことができます。

また経営者や役員からの信頼を得て、円満に転職することができれば、起業したビジネスも応援してもらえる可能性もあります。

大手企業に転職する

意外と一番多いキャリアパスが、大手企業への転職のようです。

大手企業でも新規事業を立ち上げる際には、ベンチャー企業での実績がある人材を中途採用するケースは多いです。

ベンチャー企業での実務経験があれば、0から1を作る新規事業でも力を発揮できると期待できるからです。

転職する側にとっても、ベンチャー企業で自分の力で実績を残すことができれば、大企業でも自信を持って働けるようになります。

30代からベンチャー企業への転職を成功させるポイント

希望通りに転職を成功させるコツ

ベンチャー企業は20代を中心に運営されていることが多く、30代から転職活動を進めるには少々難易度が高いこともあります。

以下の転職を成功させるポイントを確認しておいて、希望したベンチャー企業に転職できるように行動していきましょう。

企業調査を念入りに行う

30代からベンチャー企業に転職するときには、20代の就職活動や転職活動よりも、企業調査を念入りに行いましょう。

ベンチャー企業は他の設立から日がたっている企業よりも、福利厚生面や企業の運営体制が安定していないことが多いです。

企業の経営理念から実際に働くときの待遇など、企業調査を念入りに行うことで働き始めた後とのギャップを減らせます。

公式サイトに掲載されている情報だけではなく、働いた人からの口コミなども参考にしていきましょう。

転職先の経営状況を把握する

ベンチャー企業は生き残り競争の激しい世界ですので、ちょっとしたきっかけで経営状況が悪化することがあります。

転職先の経営状況を把握しておくことで、ベンチャーに転職後に企業が倒産する不安を解消できます。

上場していなくても、企業の取引先や現在の事業を把握して、収益があげられているかの見込みを立てていきましょう。

失敗したくないマインドを無くす

転職活動を進めていくにあたって、失敗したくないマインドを捨て去ることが重要です。

いくら他の企業で活躍できていても、ベンチャーに来た時点で皆さんは新人も同様です。

もとにいた企業よりも失敗する可能性が高く、度重なる失敗で心が折れてしまうこともあるかもしれません。

30代からベンチャー企業に転職するなら、失敗したくないマインドを捨て去って、フレッシュな気持ちで転職活動に挑むことをおすすめします。

応募企業数はできるだけ多く確保しておく

ベンチャー企業に30代から転職するときには、応募企業数はできるだけ多く確保しておくことをおすすめします。

ベンチャー企業は歴史の深い企業とは異なり、企業ごとに求める人物像が大きく異なります。

そのため選考に参加したとしても、相手と宇マックマッチングできずに、転職s気が上手く見つからないこともあります。

希望している業界のベンチャー企業の求人を出来るだけピックアップしておき、手数を多く持っておくことに力を入れましょう。

応募企業数がないと、転職に成功する確率も低くなりますから、注意が必要です。

行動をすぐに起こす

これまで日本は終身雇用制度を取り入れて、新卒で入社した会社に定年まで勤めあげるのが、一般常識でした。

しかし最近では大手企業ですら、終身雇用を約束できないと公表しているくらいです。

つまり定年まで様々な企業へ転職し、スキルアップしていく働き方も増え始めているのです。

スキルアップをするためには、自分のスキル向上に役立つ職場を探して即行動して、転職を勝ち取る必要があります。

ベンチャーに転職して活躍したいのであれば、行動力も同時に求められます。

行動をすぐに起こすように心がけて、転職活動を進めていきましょう。

30代のベンチャー転職はメリットとデメリットを天秤にかけよう

30代でのベンチャー企業転職についてお話してきました。

30代での転職は、普通であれば厳しいこともありますが、ベンチャー企業では30代のニーズは意外と高いです。

幅広い業務携われることや、マネジメント経験を養える機会があること、キャリアアップを目指せることなど多くのメリットがあります。

しかし今後の人生に大きな影響を与えてしまうデメリットもあるので、慎重に転職を進めなければいけません。

ベンチャー企業への転職に関して、業界の下調べやキャリアパスをしっかりと検討しながら、転職を成功させましょう。

ベンチャーへの転職は失敗する?ベンチャー転職を成功させるためのポイント

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件