ベンチャーへの転職は失敗する?ベンチャー転職を成功させるためのポイント

ベンチャーへの転職は失敗する?ベンチャー転職を成功させるためのポイント

転職先にベンチャー企業を検討している人も多いですよね。

  • 社員がイキイキと働いている
  • 古い習慣に囚われない社風
  • 仲間と一緒に目標達成の喜びを味わえる

ベンチャー企業の魅力は数多くありますが、その一方で、

  • ベンチャーって危険じゃない?
  • サービス残業が多いブラック企業

というイメージを持っている人も多いようです。

そこで今回は、ベンチャー企業への転職で失敗しないポイントをお伝えします。

ベンチャー企業の現状や働き方を知ることで、リスク回避が可能です。

最後はベンチャー企業に向いているタイプを紹介していますので、ぜひ転職の参考にしてみて下さい。

ベンチャーへの転職で失敗しないために知っておくべきリスク

「ベンチャー企業=ブラック」というイメージを持たれている人も少なくありません。

ベンチャー企業にはどんなリスクがあるのかをチェックしてみましょう。

会社が倒産するリスク

まず考えられるのが、資金力不足による倒産のリスクです。

大企業のように経営体力がないため、資金繰りが上手くいかなくなると早い段階で倒産します。

大企業であれば企業再生や金融機関からの資金調達などの解決策がありますが、ベンチャーではこのような支援を受けることが難しいのが現状です。

倒産してしまうと、退職金はもちろん、給与未払いという最悪なケースも予測されるので注意が必要です。

再転職が難しくなるリスク

一度ベンチャー企業へ入社してしまうと、そのあとの転職が難しくなるということを覚悟しなくてはなりません。

大企業の出身者は、転職エージェントなどでも紹介してもらえる求人がたくさんあったことでしょう。

しかしベンチャー企業から大企業への転職は難しくなり、希望条件に合った求人を紹介してもらえないかもしれません。

また年収や就業条件は悪くなる可能性が高いです。

しかし人にはないスキルを持っている、さまざまな実績を積んでいるというような、企業が欲しがる人材であればベンチャー出身であっても転職がスムーズです。

ベンチャーへの転職は、再転職のリスクも考えた上で行うようにしましょう。

仕事の結果が出ないリスク

ベンチャー企業を決める際には、自分のスキルを生かして結果が出せる企業を選ぶことが大切です。

結果が出せないと、職場で肩身の狭い思いをすることになり、再転職しなくてはならない状況に陥ってしまいます。

社歴が若いベンチャー企業では、経営者も採用が初めてというケースがあります。

人選に関する知識が少ないと学歴や経歴だけで選んでしまい、ミスマッチが起こる要因になるのです。

求職者は仕事の結果を出せるような環境なのか、自分で見極めなくてはいけません。

そのためには企業リサーチが重要で、どんな経営方針なのか、業界の中でもどの分野に特化しているのかを研究して判断しましょう。

大企業から中小企業へ転職して失敗・後悔する人の特徴!

ベンチャーへの転職で失敗しないために注意すべきポイント

次に、転職を失敗しないための4つの注意点を紹介していきます。

ベンチャー企業に夢を見すぎない

  • ベンチャーってなんか格好いい
  • 若くても裁量権がある
  • 同じビジョンを持った仲間と働ける

このようなイメージだけで理想を描いていると、転職に失敗してしまいます。

しっかりと現実を見つめ、デメリットやリスクについても考えることが大切です。

「なんとなく格好いいなぁ」と思っていると、イメージと違ったということになります。

裁量権はありますが、その分責任も重くなるのは当然のことです。

ベンチャーはフランクな職場環境が多いですが、「周りのレベルが高すぎてついていけない」というケースも起こります。

ベンチャーに限らず、どんな企業でも理想と現実のギャップはあります。

理想を求めすぎると、現実にぶち当たったときのダメージが大きいので、現実と向き合うことを忘れないようにしましょう。

前職の経験が通用するとは限らない

ベンチャー企業は規模が小さければ小さいほど、部署の垣根を超えて仕事を任されるシーンが増えます。

そうなると仕事の進め方が異なり、前職の経験が活かせないかもしれません。

前職では何人かでやっていた業務を、すべて一人で担当するということも実際に起こるので、残業が増えて精神的にも大きな負担になってしまうでしょう。

経験者として入社したのにも関わらず、覚える仕事の量が多すぎて、「転職に失敗した」と後悔してしまうことになります。

ベンチャー企業は社内ルールや規定も整備されていないことが多いので、今までとは違ったやり方で臨機応変な対応が必要不可欠です。

ベンチャーへの転職の目的を明確にしておく

どんなに企業リサーチをしていても、実際に働くとなるとイメージとのギャップは生じます。

しかし転職の目的をしっかり持っていれば、どんな不測の事態が起こっても転職に失敗しないはずです。

「転職の目的」についてですが、「風通しのいい職場で働きたい」「同年代の仲間と楽しく仕事がしたい」などは目的に値しません。

あくまでも自分主体の目標を掲げることが大切になってきます。

「ベンチャーで1から経営を学び起業する」「会社ブランドじゃなく自分の実力を試したい」など、自分の市場価値を上げるための目標を設定するようにしましょう。

ベンチャーに転職した後のキャリア設計をしておく

年功序列ではなく実力主義のベンチャー企業は、スキルを磨き幅広い経験を積む上では魅力的な要素がたくさんあります。

仕事はハードになりますが、実力をつけたい人には最適な環境です。

一方で大企業では、経験できる業務が限定されていて、自分が携わっている仕事の全体像を把握することが困難です。

ベンチャー企業へ転職することで、自分の可能性が広がり新しいキャリアを積むチャンスにも恵まれます。

そのためには、転職した後のキャリアプランを考えておくことが重要です。

ただただ目の前の仕事をこなしているだけでは、あっという間に数年が経ってしまいます。

ベンチャーへの転職は後悔する?後悔しないための知識を徹底解説!

ベンチャーへの転職に向いている人の特徴

ベンチャー企業に向いているのはどのようなタイプの人でしょうか?

あなたが以下の特徴に当てはまっているか、早速チェックしてみましょう。

ポジティブ思考な人

ベンチャー企業は変化が激しく、経営状態が日々変化します。

予定していた計画が上手くいかないこともありますし、想定外なことも日常茶飯事です。

しかし大変な環境下でも、物事を前向きに捉えられる人はベンチャー企業に向いています。

「どんな状況も乗り越えられる」という自分を信じる気持ちや姿勢が、周りにもプラスの影響を与えるでしょう。

柔軟性がある人

ベンチャー企業は人材が流動的で、上司が変わったり組織変革があったりと状況が目まぐるしく変化します。

新しい環境や場面で、以前からのやり方にこだわる人、大企業でのやり方を押し付ける人は組織に馴染めません。

どんな環境でも柔軟に対応できる、また状況を瞬時に把握するスピード感がある、このような人をベンチャー企業は求めています。

企業の理念やビジョンに共感できる人

ベンチャーは経営陣のビジョンが色濃く反映されています。

この企業理念に共感できないと、一緒に働いていても楽しさを感じることができず、「残業が多い」「収入が少ない」などの不満ばかりが積もってしまうでしょう。

「社長のいうことは絶対!」とまで信じる必要はありませんが、同じ目標を掲げている方が、圧倒的に仕事が楽しくなります。

ベンチャー企業は人数も少なく、限られた人材で業績を残さなくてはいけません。

企業理念に共感できなくても仕事はできますが、「ベンチャーに入社する意味って何?」となってしまいます。

結果に粘り強くコミットできる人

ベンチャー企業は実力主義ということもあり、結果にコミットできる人が高く評価されます。

「努力していれば評価される」「年功序列で出世できる」というような大企業とは大きく異なります。

入社して間もない20代でも、実績を出せば早くに出世でき高収入を得ることが可能です。

ただただ与えられた業務をこなすだけ、指示されたことに従うだけ、という人はベンチャーに向いていません。

このようなタイプは長年働いても評価されず、年収も上がらないので、やる気はどんどん低下してしまうでしょう。

自律して動ける人

ベンチャーで働くなら、上司や先輩から指示がなくても自律して動けることが大切です。

人員の少ないベンチャー企業では、人から目標を与えられなくても、自分で目標を設定して行動する人材が求められています。

自律して動ける人はどんな環境でも積極的に仕事ができ、目標に向けてコミットしパフォーマンスを発揮します。

反対に自律していない人は、「指示待ち人間」と呼ばれます。自分で状況を判断し行動できないため、責任感もありません。

急なトラブルにも臨機応変に対応できず、マニュアルがないと駄目なタイプの人です。

ベンチャーへの転職は「失敗から学ぶ」ことが重要

ベンチャー企業のリスクや現実を紹介しましたが、いかがでしたか?

「イメージが崩れた」と悲しんでいる人もいるかもしれませんね。

しかしこの記事に書かれているリスクを把握し、転職の目的を明確にしておけば、予想外のことが起こっても対応できるはずです。

転職で失敗する人は少ないかもしれませんが、失敗を通して学び、ひとつずつ成長していくことも大切なのではないでしょうか。

まずは企業リサーチを入念にして、理想を取っ払っていくことです。

現実と向き合いリスクを覚悟の上で、転職活動を進めていきましょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件