通関士の年収はいくら?通関士の平均年収と年収を高くする方法をご紹介

通関士

通関士は、通関に必要な業務をおこなう貿易のスペシャリストです。

通関士は国家資格を必要とする士業の1つなのですが、「通関士の年収っていくらなんだろう?」と気になることがあるのではないでしょうか?

この記事では、通関士の平均年収について解説します。

通関士として年収を高くする方法や、通関士になる方法もご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

そもそも通関士とは?

通関士とは、「モノ」の輸入・輸出に必要な「通関書類の作成」や「通関手続きの代行」など、通関に必要な業務をおこなう貿易のスペシャリストです。

輸入・輸出するときに必要な通関書類などは、複雑な手続きがあるため、とても専門的な知識を必要とします。

日本は輸入・輸出するモノが多い傾向にあるので、通関士の需要は高いとされています。

また、通関士は、貿易関連で唯一国家資格を必要とする職業で、無資格で働くことはできません。

通関士の国家資格を取得していれば、スムーズに就業することが可能です。

通関士の勤務先は下記の通りです。

  • 通関業者(日本通運株式会社、株式会社上組)
  • 倉庫会社(三菱倉庫株式会社、株式会社住友倉庫)
  • 商社(三菱商事、三井物産)
  • メーカー(資生堂・味の素)

貿易業界はグローバル化が進んでいるため、通関士が活躍できる場は広がっています。

通関士になる方法

上記でお伝えした通り、通関士は国家資格を必要する職業です。

そのため、通関士になるには通関士試験に合格し、国家資格を取得する必要があります。

通関士試験は、学歴や年齢、経歴、国籍などの受験資格は定められていないので、いつでも取得を目指すことが可能です。

ただし、通関士試験の合格率は低いです。

国家資格ということもあり、合格率は10%〜15%になっています。

独学でも試験に合格することは可能ですが、通学講座や通信講座などを受けることをおすすめします。

専門的な知識を問われるため、独学で合格を目指すことは難しいです。

通関士試験は1年に1回しか実施されないので、通学講座や通信講座を受けて、合格率を高めるべきです。

通関士の年収はいくら?

40代で手取り30万円は普通?40代の平均年収と収入を上げる方法

通関士の年収は、約520万円〜570万円と言われています。

日本の平均年収は約430万円になるので、日本の平均以上を得ていることになります。

通関士は国家資格を有するため、日本の平均以上を得ていると考えられます。

また、通関士は年収1,000万円以上を目指すことが可能です。

実際に年収が1,000万円を超えている通関士は存在し、年収1,500万円以上を稼いでいる方も存在します。

通関士は年収1,000万円以上を目指せる「夢のある職業」です。

年齢別の平均年収

通関士は年齢によって平均年収が異なります。

年齢別の平均年収は下記の通りです。

  • 20代:約330万円
  • 30代:約400万円
  • 40代:約450万円
  • 50代:約550万円

通関士は年功序列制度を設けていることが多く、50代で年収のピークを向かえます。

ただし、20代〜30代でも同年代の平均以上を得ているケースが多いです。

【2021年最新版】日本の年収の中央値は437万円!中央値と平均は何が違う?

こんな仕事あるの?実在する変わった仕事12種

他の士業の平均年収

通関士は、専門性と公益性の高い職業を指す「士業」に当てはまります。

通関士は士業と言われる職業の中では、平均年収が低いです。

他の士業の平均年収は下記の通りです。

  • 弁護士:1,000万円〜1,200万円
  • 公認会計士:800万円〜900万円
  • 税理士:800万円〜900万円
  • 司法書士:850万円〜900万円
  • 弁理士:600万円〜700万円

このように通関士は他の士業と比較すると、平均年収が低くなっています。

「士業として高収入を得たい」と考えている方は、通関士以外の職業をおすすめします。

弁護士におすすめ!転職サイト・エージェント比較ランキング!【2021年版】

経理・税理士・会計士におすすめ転職サイト比較ランキング【2021年】

他の士業よりも平均年収が低い理由

ボランティアを仕事にすることはできる?ボランティアを仕事にする方法を5つご紹介

上記でお伝えした通り、通関士は他の士業よりも平均年収が低いです。

他の士業よりも平均年収が低い理由として考えられるものをいくつかご紹介します。

サービスを提供する相手が限られている

通関士は「通関に必要な業務をおこなう貿易のスペシャリスト」になるので、貿易業界以外にサービスを提供することができません。

例えば、弁護士は企業・個人に関わらず、全日本国民に対してサービスを提供できるため、士業の中でも高い年収を得ていると考えられます。

同様に、公認会計士もどの企業に対してもサービスを提供できます。

サービスを提供することで利益が上がるため、貿易業界にしかサービスを提供できない通関士は年収が低いと考えられます。

開業・独立することが難しい

通関士は開業・独立することが難しいため、士業の中で平均年収が低いと考えられます。

士業の中で平均年収の高い弁護士や公認会計士は、開業・独立している方が多い傾向にあるため、平均年収が高いです。

通関士が開業・独立することが難しい理由は大きく2つあります。

1つ目が、資金調達が難しいということです。

通関の代行をするときには、関税を建て替えなければいけません。

モノによっては数百万円単位で立替金が発生するため、個人で支払うには額が大きく、毎回準備することは現実的ではないです。

2つ目が、サービス力が弱いということです。

通関士は開業・独立するときには、保税地域への保管、通関後の荷物の保管、指定場所への速やかな配送など、税関への申告代行以外にも、搬入から配送までサポートが求められます。

しかし、個人でトータル的にサポートすることは難しく、サポートできても限定されたルートになってしまいます。

大規模なサービスを展開している企業の方が、依頼者のニーズを満たしているため、通関士では開業・独立することが難しいと考えられます。

通関士として年収を高くする方法

30代女性の平均年収ってどれぐらい?年収を高める方法ご紹介

通関士の平均年収は520万円〜570万円と士業の中では低いですが、年収1,000万円以上を目指すことができます。

そこで、通関士として年収を高くする方法をいくつかご紹介します。

通関士として年収1,000万円以上稼ぐためにも、下記から参考にしてみてください。

1つの企業に勤務し続ける

上記でお伝えした通り、通関士は年功序列制度を設けていることが多く、50代で年収のピークを迎えます。

そのため、通関士の年収を高くする方法として、1つの企業に勤務し続けるということが挙げられます。

勤続年数が長くなればなるほど、自ずと年収も高くなります。

また、1つの企業に勤務し続けることで、管理職に就きやすくなります。

通関士の管理職に就くことができれば、年収1,000万円以上を得られる可能性が高いです。

ただし、すぐに年収を高くすることは難しくなります。

「通関士として将来的に年収を高くしたい」と考えている方には、1つの企業に勤務し続ける方法がおすすめです。

海運業に転職する

通関士の勤務先としては、主に陸運業、空運業、海運業の3つがあります。

3つの勤務先で平均年収が高いのは、海運業になるため、通関士の年収を高くする方法として、海運業の企業に転職するということが挙げられます。

海運業は年々需要が高くなっていて、業績が上昇している企業が多いです。

開運は新興国との貿易でよく利用されているため、今後も業績は上昇すると考えられます。

海運業の企業で管理職に就くことができれば、高確率で年収1,000万円以上を得られます。

外資系・海外勤務のある企業に転職する

通関士の平均年収の高い企業は、外資系・海外勤務のある企業が挙げられます。

国内での勤務ではなかなか年収を高めることが難しいため、外資系・海外勤務のある企業に転職することで年収を高くすることが可能です。

また、海外勤務した場合には、海外赴任手当や、役職手当などが追加される可能性があるため、年収1,000万円以上を得やすくなります。

ただし、海外赴任手当が高額になると、治安の悪く危険の国での勤務になる可能性があるので、注意してください。

通関士におすすめの転職サービス

通関士としてすぐに年収を高くするには、海運業や外資系企業に転職する方法がおすすめです。

そこで、通関士におすすめの転職サービスをいくつかご紹介します。

希望通りに転職するには、転職サービスを活用することが大切なので、下記から参考にしてみてください。

dodaエージェント

dodaエージェントは、「株式会社パーソルキャリア」が運営している業界最大級の転職エージェントです。

dodaエージェントで取り扱っている求人は10万件を超えていて、通関士の求人を約50件取り扱っています。

「50件だけ?」と思われるかもしれませんが、他社の転職サービスと比較すると、50件は多い方です。

また、dodaエージェントは担当のキャリアアドバイザーから受けられるサポートサービスが充実しています。

条件にあった求人紹介から、面接対策、必要書類の添削など、転職に関することは幅広くサポートしてもらえます。

転職することに対して、不安を感じている方は、dodaエージェントがおすすめです。

通キャリ

通キャリは、「株式会社アデプタス」が運営している通関士の転職に特化した転職エージェントです。

通キャリでは、通関士歴40年を超えているキャリアアドバイザーにサポートしてもらうことが可能で、スムーズに転職しやすい傾向があります。

また、一人ひとりにしっかりと時間をかけて転職サポートを提供しているため、ミスマッチを起こす可能性が低いです。

通キャリは日本初の通関士に特化した転職エージェントになるので、独占求人が多く、希望している求人に出会いやすくなっています。

通関士に特化した転職サービスを希望する方は、通キャリがおすすめです。

通関士の平均年収は520万円〜570万円

この記事では、通関士の年収についてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

通関士の平均年収は520万円〜570万円と言われていて、日本の平均を約100万円近く上回っています。

他の士業と比較すると、平均年収は低くなっているますが、年収1,000万円以上を目指すことができる職業です。

通関士として年収1,000万円以上を目指すには、海運業や外資系企業に勤務することをおすすめします。

この記事でお伝えした内容を参考にして、通関士で年収1,000万円以上を目指してみてください。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件