占い師の年収ってどれぐらい?占い師の給料形態や年収を高くする方法を解説

占い師

朝の情報番組や、インターネットのコンテンツとして「占い」が設けられていることが多いです。

占いに特化したテレビ番組なども放送されていて、メディアに占い師で出演するケースが増えているため、「占い師の年収ってどれぐらいなんだろう?」と気になることがあるのではないでしょうか?

この記事では、占い師の年収について解説します。

占い師の給料形態や、年収を高くする方法などもご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

占い師の年収はいくら?

占い師

占い師の年収は200万円〜300万円と言われています。

日本の平均年収は約430万円と言われているため、日本の平均を下回っています。

「占い師の年収って低いんだな…」と思われた方が多いかもしれませんが、占い師は高収入を目指すことができる職業です。

実際に年収1,000万円以上を稼いでいる方は存在します。

ただし、年収が200万円以下の占い師も多いため、平均すると200万円〜300万円となっています。

占い師は夢のある職業なので、「高収入を得たい」と考えている方にはおすすめです。

こんな仕事あるの?実在する変わった仕事12種

占い師の年齢別年収

占い師は年齢によって平均年収が異なります。

年齢別の平均年収は下記の通りです。

  • 20代:150万円〜200万円
  • 30代:200万円〜300万円
  • 40代:250万円〜350万円
  • 50代:300万円〜450万円

占い師は人気に伴って年収が高くなる職業なので、経験豊富な40代〜50代では平均以上の年収を得ることが可能です。ただし、人気があれば、20代でも平均以上の年収を得られます。
年功序列制度などが設けられている業界ではないので、若くから高収入を目指すことができます。

占い師の地域別年収

占い師は地域によって平均年収が異なります。

地域別の平均年収は下記の通りです。

  • 北海道:約300万円
  • 秋田:約280万円
  • 宮城:約330万円
  • 東京:約470万円
  • 神奈川:約370万円
  • 愛知:約380万円
  • 大阪:約410万円
  • 広島:約340万円
  • 福岡:約340万円
  • 沖縄:約270万円

このように占い師の年収は、人口の多い地域で高くなりやすい傾向があります。

その理由はシンプルで、占いを受ける方が多いからと考えられます。

もし、占い師として高収入を得たいと考えている方は、人口の多い東京や神奈川、大阪で活動することをおすすめします。

【2021年最新版】日本の年収の中央値は437万円!中央値と平均は何が違う?

占い師の給料形態

薬剤師の給料が安い職場はどこ?理由と年収をあげるためのポイントを解説します

会社に所属している占い師の給料形態は、「完全歩合制」を用いられることが多いです。

お客様の支払った給料の〇〇%という形で計算され、占い方法によって割合は異なります。

対面の占いでは料金の40%〜50%程度が占い師の取り分になり、電話占いやメール占いでは25%〜30%が占い師の取り分になるケースが多いです。

電話占いやメール占いの場合は、システムに関するさまざまな経費を会社が負担してくれているため、取り分は低くなります。

会社に所属していない占い師の場合は、売り上げの全てが自分の収入です。

ただし、土地代やシステムに関する経費などは全て自分で負担する必要があるため、ある程度の人気がなければ、赤字続きになってしまいます。

占い師として安定を求めるなら会社に所属して、高収入を目指したい方は、無所属で活動することをおすすめします。

自営業・フリーランス・個人事業主から正社員へ再就職する方法!採用されやすくなるコツを教えます

会社に所属しても福利厚生は設けられない

会社に所属するということを考えると、「有給休暇や社会保険などの福利厚生が設けられる」とイメージする方が多いですが、占い師の場合は福利厚生が設けられません。

会社に所属していても、社会保険に加入できませんし、有給休暇制度は設けられないです。

また、確定申告は個人事業主として自らで申告する場合がほとんどになります。

会社に所属しても正社員雇用されるわけではなく、「初期費用なく占い師として活動できる」という認識を持っておくことが大切です。

占い師として年収を高くする方法

事務職の給料はどれくらい?職種ごとの平均年収ランキング

占い師の平均年収は200万円〜300万円と日本の平均を下回っていますが、年収1,000万円以上稼いでいる方は存在します。

そこで、占い師として年収を高くする方法をいくつかご紹介します。

占い師として高収入を得るためにも、下記から参考にしてみてください。

お客様からの信頼を得る

占い師として年収を高くするには、リピートしてくれるお客様を作る必要があります。

リピートしてくれるお客様がいなければ、占い師として年収を高くすることは難しいです。

リピートしてくれるお客様を増やすためには、占いから信頼を得ることが大切になります。

お客様の悩みを解決するような占いだったり、未来の出来事を的中する占いでお客様から信頼を得て、リピートしてもらう必要があります。

また、お客様から信頼を得られれば、口コミが広がり、占い師として人気がグンと高くなります。占い師として年収を高くするには、占いから信頼を得ることが大切です。

集客方法を勉強する

上記でお伝えした通り、占い師は「完全歩合制」になっているため、1人でも多くのお客様を獲得することが大切です。

そのため、占い師として年収を高くする方法として、「集客方法を勉強する」ということが挙げられます。

占い師として集客できるようになれば、平均以上の年収を得られる可能性が高いです。

集客方法に正解はありませんが、最も効率的な方法は「SNS」になります。

SNSは20代〜40代のユーザーが多い傾向にあるので、正しく集客できれば、多くのお客様を獲得できます。

集客方法に関する書籍や動画は数多くあるので、占い師として活動しながら勉強することをおすすめします。

働く場所を増やす

占い師として年収を高くする方法として最もシンプルなのは、「働く場所を増やす」ということです。

働く場所を増やすことで、自ずとお客様は多くなり、年収は高くなります。

例えば、昼間は対面占いで働き、夜は電話占いで働くという形で平均以上の年収を得られる可能性が高くなります。

また、昼間は本業をして、夜に電話占いやネット占いをするという方も存在します。

占い師が副業という形になりますが、「本業+占い師」になり、平均以上の年収を得られる可能性が高いです。

占い師は大がかりな準備やスペースを必要としないので、さまざまな働き方を実現させることが可能です。

無所属で活動する

上記でお伝えした通り、会社に所属することで料金の50%以上が会社の取り分になります。

それでは高収入を目指すことは難しいので、無所属で活動する方法がおすすめです。

無所属の占い師として活動することで、売り上げの全てが自分の収入になります。

占い師として高収入を得ている方は、無所属で活動しているケースが多いです。

実際に「新宿の母」と言われた占い師「栗原すみ子さん」は、伊勢丹新宿本店の横で占い師の活動を続けて、年収は1,000万円を超えていたと言われています。

無所属で活動することで、集客することが難しくなりますが、高収入を目指すにはおすすめの方法です。

高収入を得ている占い師

占い師として年収1,000万円以上稼いでいる方は存在します。

そこで、高収入を得ている占い師を2人ご紹介するので、下記から参考にしてみてください。

星ひとみ

星ひとみは、古来よりの東洋占星術を基に、統計学や人間科学、心理学などさまざまな要素を取り入れて、オリジナルの運勢鑑定法「天星術」を作った占い師です。

2010年頃から注目されている占い師で、2020年4月からスタートしたテレビ番組「突然ですが占ってもいいですか?」で一気に知名度を高めています。

そんな星ひとみの年収は、3,000万円〜4,000万円と言われています。

占い師の平均年収と比較すると、約15倍です。

星ひとみは会社に所属している占い師ですが、占い以外にも、さまざまな「開運グッズ」を発売していたり、メディアに出演する機会が多いため、これほどの年収を得ていると考えられます。

水晶玉子

水晶玉子は、東洋占星術やタロットカードなどを中心に占い活動をしていて、オリジナルの占術である「オリエンタル占星術・マンダリン占星術」などを作った占い師です。

2000年頃に女性向け雑誌で「オリエンタル占星術」を発表し、2015年に一流占い師である「ゲッターズ飯田」が唯一嫉妬する占い師としてテレビ番組で紹介されて以降は、高い人気を集めています。

メディアに出演するときは、専用の仮面を付けていて、素顔は公開されていません。

そんな水晶玉子の年収は、2,000万円以上と言われています。

水晶玉子は顔出ししていないため、対面での占いは行っていません。

しかし、数多くのメディアに出演していて、占いに関する書籍を出版しているため、これほどの高収入を得ていると考えられます。

占い師になる前に知っておきたい注意点

未経験の20代でも転職できる職種を紹介!内定のコツや転職活動時の注意点

占い師は年収1,000万円以上を目指せる夢のある職業なのですが、いくつか注意すべき点があります。

占い師になったことを後悔しないためにも、下記から注意点を参考にしてみてください。

収入が安定しない

何度もお伝えした通り、占い師は「完全歩合制」です。

お客様がいなければ収入を得ることはできないため、占い師は収入が安定しません。

場合によっては生活することが難しいほどまで収入が低下してしまうことも考えられます。

占い師として少しでも安定させたい方は、会社に所属することをおすすめします。

会社に所属していれば、生活できないほど収入が低下する可能性が低くなります。

社会的信用が低い

占い師は会社に所属しているものの、「個人事業主」という扱いになるため、社会的な信用が低いです。

クレジットカードの審査や、ローンの審査などは通りにくい傾向があり、生活しにくい環境になることが考えられます。

また、「不安定な職業」というイメージがあることから、周りから良い印象を抱かれない可能性があります。

占い師は、高収入を得ることができる職業ですが、社会的な信用が低いことには、注意してください。

占い師の年収は200万円〜300万円

この記事では占い師の年収についてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

占い師の年収は200万円〜300万円と言われています。

日本の平均年収を下回っていますが、占い師として年収1,000万円以上稼いでいる方は存在し、夢のある職業になります。

占い師は「完全歩合制」を用いられることが多いため、人気が高くなればなるほど高収入を得られるようになっています。

占い師として高収入を目指すには、まずは人気を高めることが大切です。

この記事でお伝えした内容を参考にして、占い師として高収入を目指してみてください。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件