登録販売者のおすすめ転職先とは?どんな職場で活躍できる?

登録販売者のおすすめ転職先とは?どんな職場で活躍できる?

登録販売者とは、薬剤師と並んで医薬品を販売できる専門職です。

医薬品の販売といえば、以前は薬局やドラッグストアのみの取り扱いで、薬剤師や薬種商のような限られた資格者だけしか販売できませんでした。

しかし薬事法改定により、一般医薬品がコンビニやスーパー、家電量販店でも販売できるようになったため、登録販売者の活躍できる場所も飛躍的に伸びています。

登録販売者の資格を持つことで、どんな職場で活躍できるのでしょうか?

おすすめの転職先を、5つ紹介していきたいと思います。

ドラッグストア

登録販売者の活躍できる場所として、真っ先にあげられるのがドラッグストアです。

セルフメディケーションの推進にともないドラッグストア業界の成長は加速、市場拡大が止まりません。

あなたの住む街でも、店舗数の増加を実感できるのではないでしょうか。

ドラッグストアは全国に展開されているため、どこに行っても活躍することが可能です。

以前から叫ばれている薬剤師不足の影響もあり、登録販売者の求人は増え続けています。

ドラッグストアでの業務は、医薬品の商品説明やカウンセリング、アドバイスなどの接客がメインになります。

またレジ打ちや商品管理、発注などの事務作業も業務の一環です。

レイアウトや商品陳列などの売り場づくりで、店舗の売り上げアップに貢献することもやりがいにつながります。

勤務時間は店舗により異なりますが、夜間まで営業している店舗が多いため、シフト制にしていることが多いようです。

基本的に残業は少ないですが、年末やセール期間などの繁忙期は、業務時間が延びてしまうこともあります。

正社員だけでなく、パートやアルバイトなども広く募集しているので、生活スタイルに合わせた勤務スタイルが可能です。

店長として昇進もできる

店舗の増加により、店長候補として登録販売者を募集する求人が増えています。

また大手のドラッグストアでは、店舗スタッフからエリアマネージャーやバイヤー、本部スタッフへの昇進も夢ではありません。

企業自体の成長が加速しているので、待遇のいいポジションアップに期待できるでしょう。

製薬会社

製薬会社では、医薬品の知識を持った多くの登録販売者が活躍しています。

ドラッグストアや小売店で働いた経験を持つ人も少なくありません。

店舗での経験を経て転職することで、製薬会社でも即戦力としての活躍が期待され、転職にも有利です。

製薬会社では、まず自社が扱っている医薬品に関する知識を習得することからスタートします。

多くの転職者はここで苦戦することになりますが、登録販売者は一般医薬品についての知識がすでに身についているので、短期間でマスターすることが可能です。

薬局やドラッグストアで製薬会社の営業と関わっていた経験があれば、仕事に慣れるのも非常に早いでしょう。

薬局事務

調剤薬局や病院で、接客を伴う事務スタッフとしても活躍できます。

医薬品や人体についての知識が身についているので、医師や薬剤師と連携して、患者さんへのアドバイスや指導を任されられることも多いようです。

電話対応も多いため、接客の経験やスキルがあれば役立てることができます。

そのほか会計や調剤報酬の請求なども付随されますが、残業も少ないので長く働ける環境になっています。

医薬品の棚卸し会社

製薬会社の医薬品を、ドラッグストアなどの販売店に卸すのが卸売会社の仕事です。

両者との橋渡し的な役目を担うため、医薬品についての知識は必要不可欠で、登録販売者としての知識を存分に活かせます。

主な仕事は、医薬品の仕入れ・発送・保管・品質管理といった物流に関する業務がメインとなります。

また新薬についての知識を習得するなど、最新の情報収集も怠れません。医薬品の適切な使用法や安全性について、情報を提供することも大切な業務のひとつです。

日用品メーカー

シャンプーや洗剤などを取り扱っているような日用品メーカーで活躍することも可能です。

近年は日用品メーカーでも医薬品販売の事業に参入してきて、登録販売者を広く募集する傾向が強くなってきています。

かぜ薬や痛みどめなどの市販品のほか、殺虫剤などの医薬品に分類されている商品の開発・販売に携わることができます。

企業によっては、登録販売者の資格取得支援制度を設けており、勤務中に勉強時間を確保してくれるところもあるようです。

登録販売者は転職しやすい?

登録販売者という資格が誕生してから、医薬品を取り扱う店舗が急速に増えました。

以前は薬局やドラッグストアでしか取り扱えなかった医薬品を、コンビニエンスストアやスーパー、量販店でも販売できます。

取扱店舗の増加とともに登録販売者が活躍できる場所も増え、全国どこに行っても仕事に困ることはありません。

そして2014年には、それまで第三類医薬品のみの取り扱いだったインターネット販売が、第一類・第二類の薬も流通できるようになりました。

ネット販売の解禁に伴い、登録販売者の活躍する場はさらに拡大。

地方や過疎地で薬剤師や登録販売者の人材不足が叫ばれるなか、今後さらなる需要が期待できる分野です。

登録販売者は公的資格になるため信頼度も高く、有効期限もないことから、一生ものの資格として活躍し続けることができます。

転職先も多くの間口が広がっているので、あなたの要望にあった職場を選択するチャンスにも恵まれるでしょう。

転職先で悩んだら転職エージェントがおすすめ

登録販売者は「医薬品のプロ」として、薬局やドラッグストア 、製薬会社などさまざまなフィールドで活躍することができる資格です。

企業は登録販売者の確保に必死で、より好条件の求人をだして求職者を募集しています。

登録販売者は、将来性や収入面、プライベートとの両立など、仕事に対する優先順位を決めてから応募するようにしましょう。

転職先に悩んだら、「転職のプロ」によるアドバイスやサポートを受けてみるのがオススメです。

登販AGENT

登販AGENT

登販AGENTはエムスリーグループが運営する、登録販売者を専門とした転職支援サービスです。

あなたのキャリアや要望を聞きながら最適な転職先を紹介し、採用に至るまでをしっかりとサポートしてくれます。

具体的には、履歴書の書き方や面接対策をはじめとして、非公開求人の紹介、契約社員から正社員へのキャリアアップ、年収交渉など多岐に渡ります。

多くの転職者をサポートした実績をもとに、登録販売者としてのキャリアパスを紹介してくれるのも、登販AGENTを活用するメリットです。

求人エリアは全国で、調剤薬局や企業、ドラッグストアなど、多くの業種を用意しています。

また年収400万円以上の求人を3,000件近く保有しているのも見逃せません。

登販AGENT公式サイト

登販AGENT詳細ページ

メディカルジョブ

メディカルジョブ

医療や介護の求人数が国内最大級のメディカルジョブを紹介します。

運営元は東京都渋谷区に拠点を構える「ウェルマーケ株式会社」で、求人数はおよそ15万件以上。

登録販売者向けの求人数も3万件以上を保有している人材紹介サービスです。

メディカルジョブの特徴は、希望にあった求人を3つ以上紹介してくれる点です。勤務条件や雇用形態、求める職場環境を明確にしてから紹介してもらいしょう。

実務経験が2年以上ある登録販売者は、年収の大幅アップ交渉も可能です。また現職の退社サポートや、転職先の条件交渉もしっかりサポートしてくれるから、安心してお任せできます。

LINEに登録しておくと、求人に関する質問なども気軽に相談できて便利。

しつこい電話や求人の斡旋はしないので、「どんな職場があるか気になる」という方や、転職を急いでいない方も活用できます。

対応エリアは全国になりますので、どなたでも利用できます。

メディカルジョブ詳細ページ

せっかく取った国家資格ですから、より条件のいい求人をみつけて好条件で働きましょう。あなたの活躍を応援しています!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件