転職して3か月経っても職場に慣れない!理由と慣れるための対策は?

転職して3か月経っても職場に慣れない!理由と慣れるための対策は?

「転職してもうすぐ3ヶ月経つけど会社に馴染めない」

「仕事が覚えられず続ける自信がなくなってきた」

「仲良くランチに行ける人が一人もいない」

このような悩みを抱えている方はいませんか?3ヶ月を一区切りに、一体いつになったら会社に慣れるのか、転職を判断すべきなのか不安を抱えている人も多いようです。

そこで今回は、職場に慣れない理由を深掘りして、解決策を見つけていきたいと思います。

職場に慣れるには、周りからのサポートを待っているだけではいけません。ほんの少しの勇気と、あなたの努力が必要です。

転職して慣れるまでには時間がかかる

リクナビNEXTが調査したアンケートによると、転職経験者の6割が「転職した職場に馴染めず辞めたい」と思った経験があるようです。

しかし本人の努力によって半年が経過するころには、8割近くが「辞めたい気持ちは解消した」と状況が改善されたことが分かっています。

日本には何十万、何百万という企業がありますが、100%自分に合う職場に出会える確率はゼロに近いでしょう。

そうなると自分が会社に合わせる努力をするしかありません。

しかし慣れない理由は人それぞれ。原因を見つけ出さなくては解決できませんので、職場に慣れない理由について考えてみましょう。

転職先に慣れるまでどのくらいかかる?転職先に早く馴染む5つのコツ

転職して3か月たっても職場に慣れない5つの理由

転職は生活スタイルが大きく変わるため、ただでさえ疲れやすいしストレスが溜まりやすい状況です。

勤務地が変われば通勤スタイルが変わり、慣れない満員電車に揺られて仕事に通うのは本当に疲れます。

また職場が遠方になると、起床時間が前倒しになって生活リズムが崩れる場合も。

そんな状況で職場に問題があれば、さらにストレスが溜まることになります。

では、職場に慣れない代表的な5つの理由をご覧ください。

①これまでの仕事と分野が全く異なる

異業種からの転職は、聞き慣れない業界用語をおぼえたり、新しい商品の知識を身につけたりするのが大変です。

使用するパソコンのソフトが違っているだけでも、慣れない作業に手間取り自分の能力に自信をなくしてしまうことが考えられます。

また前職とのギャップに苦しむ人も多く、「なんでこんなに効率が悪いことをやっているんだろう」「マニュアルがないなんてあり得ない」などの不満を抱いてしまいます。

②周囲の仕事のペースにまだついていけていない

入社してまだ3ヶ月なので仕事になれないのは当然かもしれませんが、とにかく周りのペースについていけないことに不安を感じる人が多いようです。

案外、周りの社員は気にしていないのですが、「私がみんなの足を引っ張っている」「周りのスキルについていけない」とマイナス思考になってしまうこともあります。

③質問しにくい職場環境

周りが忙しそうにしているのを見ると、分からないことがあっても質問がしづらいというのも多いケースです。

仕事の邪魔をしてはいけないと思い、分からないことを抱えたまま仕事をこなさなくてはなりません。

そうなるとミスをする確率も上がり、さらに職場が嫌になってしまいます。

思い切って声を掛けてみると、あっさりと教えてもらえることもありますが、内向的な人はなかなか行動に移せないようです。

④職場で気を許せる相手がいない

仕事の悩みといえば、多くの人が「人間関係がうまくいっていない」と答えるのではないでしょうか。

本人の努力ではどうにもならないというのが、人間関係を築く上で厄介なところです。

転職したての頃は、ランチや休憩もひとりで過ごすことが多くなるため、孤独を感じてしまいます。

同性が少ない、年が近い社員がいないような環境では、馴染むのに時間がかかってしまうでしょう。

⑤残業が多く仕事に常に追われている

仕事に慣れていないため、毎日遅くまで残業が続いてしまうと、「この仕事に向いていないのかもしれない」と思い辞めたくなってしまいます。

また引き継ぎの期間が少なかった人や、マニュアルがなく一つ一つを自分で解決していかなくてはならない人も、慣れるまでの3ヶ月は辛い時期かもしれません。

転職先で早く職場に慣れるための対策法

仕事にも職場にも慣れないからといって、すぐに辞めてしまうのは勿体ないことです。

せっかく転職活動をして採用されたのですから、まずは自分にできる努力をしてみましょう。

①先輩を誘ってご飯に行く

初めは勇気が入りますが、ランチや仕事終わりに食事に誘ってみると環境が改善されるかもしれません。

よくよく話してみると多くの人が実はいい人だったりしますよね。

仲良くなると、会社の裏話なんかも聞けるかもしれません。

誰か一人でも仲良くなると、そこから飲み会に誘われたりして他の社員との交流も広がっていきます。

②悩みを共有できる相手を探す

同じ業務を担当している同僚や、近い時期に転職してきた人は、同じ悩みを抱えていることが多いです。

仕事の悩みを共有できる仲間が増えることで、「悩んでいるのは自分だけじゃない」と前向きな気持ちになれます。

またちょっとした愚痴をこぼせるだけで、ストレスは発散できるものです。

とくに女性は、その要素が強く、話せる仲間がいるだけで気持ちが軽くなったり会社が楽しくなったりします。

まずは気軽にあいさつからスタートさせて、仕事の質問を介して仲良くなっていくのがオススメです。

③仕事に関する勉強会に参加する

転職すると、新しい商品やサービスについての知識を身につけなくてはいけません。

社内で研修や勉強会を実施していれば、積極的に参加しましょう。

分からないことを分からないまま抱えていると、仕事中に不安がつきまとってしまいます。

疑問点を一つひとつ解決していくことで、仕事の面白さややりがいを感じられるようになるでしょう。

新しい職場に慣れるには、仕事を覚えるのが実はとっても手っ取り早いです。

「この件は〇〇さんに聞く」「自分の部署の経理担当は〇〇さん」という風に覚えていけば、話せる人も増えて相談しやすい環境が作られます。

④注意されても前向きに考える

業務上のミスや失敗をいつまでも引きずっていませんか?入社して3ヶ月、ミスをしない方が不思議です。

むしろ最初の頃に失敗をしておくと、同じ過ちを繰り返すリスクも低くなります。

ベテランのミスは目立ちますが、新人のミスは「しょうがないよね」で終わります。

何か指摘されたとしても、「自分は期待されている」「次は慎重にやろう」と心掛けることで、仕事へのモチベーションもアップします。

自分が思っているより、周りはあなたのミスを気にしていないものですよ。

転職先のレベルが低いと思ったときの対処法6選

このまま仕事を続けて大丈夫?転職先のレベルが高いと感じたら

転職して長期間たっても職場に慣れないときは転職も検討してみよう

紹介したような対策をとっても効果がない場合は、転職を検討してみてはいかがでしょうか?

努力してもダメな場合はスパッと辞めてしまう方が、長々と働くよりいいかもしれません。

「転職先がブラック企業である」「明らかに個人的ないじめを受けている」という場合は、我慢せず早々に退職するべきです。

もう一度転職して後悔しないための転職対策法

次に、転職を成功させる方法を紹介していきます。

転職を決意したら、同じ過ちを犯さないように転職対策を立てましょう。

今の職場のどこに不満を感じたのか、何が原因で辞めようと思ったのかを箇条書きで書きます。

そこから、自分が働きたい環境はどんな職場かを導きだして下さい。

その次に、以下のような方法で自分にあった転職先を見つけていきます。

職場環境や雰囲気を事前に調べておく

応募する前に口コミサイトなどを利用して職場の雰囲気を掴んでおくと、入社してからのミスマッチが防げます。

求人情報に職場の写真が掲載されていると、イメージがつかみやすいですよね。

スタッフの平均年齢や、男性が多いのか、女性中心の職場なのかも要チェックです。

通勤経路や通勤時間、会社の近くにランチできるお店があるかなどもリサーチしてみましょう。

乗り換えが3回以上あったり、駅からの距離が遠かったりすると、思っている以上に体に負担になることがあります。

職業診断ツールを用いて自分に合った仕事を探す

あなたに合った仕事を無料で診断してくれる「職業診断ツール」。使ったことがない人は、この機会に是非試してみて下さい。

自分のタイプを再確認することで、見逃していた転職の条件が見つかるかもしれません。

自己分析を入念に行い自分の傾向を把握する

就活において、自己分析は必要不可欠です。

学生時代に行っていた人も多いと思いますが、以前から変わっていることも考えられます。

社会人経験をして初めて気づくこともありますので、転職のたびにしっかりと自分に向き合い、仕事や自分の将来、キャリアプランについて考えてみましょう。

転職エージェントを活用してプロのサポートを得る

「転職で二度と失敗したくない」「3ヶ月で会社を辞めた理由を答えられない」、そんな方は転職エージェントを活用してみてはいかがでしょうか?

転職に関する相談ができ、キャリアドバイザーによる面接対策や書類チェックが無料で受けられます。

また賃金や入社日の交渉もしてもらえて、至れり尽くせりです。

企業の情報に精通している転職エージェント2選

早期退職を検討している方に、オススメの転職エージェントを2社紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職エージェントの中でもトップクラスの実績と求人件数を誇るのが、リクルートエージェントです。

非公開求人数が20万件以上で、他社とは比べものにならない求人案件を抱えています。

全国に16拠点を構え、地域に密着した優良企業と太いパイプを持っている点も見逃せません。

海外への就職や転職にも対応していて、求人の質も高いと評判です。

気になる点は、「アドバイザーの質にムラがある」という口コミがいくつか見つかったので、ほかの転職エージェントにも登録しておくといいでしょう。

リクルートエージェント詳細ページ

マイナビエージェント

マイナビエージェント

「株式会社マイナビ」が運営する転職エージェントで、アドバイザーのサポート力が高い評価を得ています。

公開求人数2万件、非公開求人数も2万件ほどで、リクルートエージェントには及びませんが、20代の若手をターゲットに優良な中小企業を紹介してくれます。

30代以上の転職者に向けたハイキャリア求人は多くありませんが、転職者に寄り添いながら親身にサポートしてくれる点が魅力的です。

マイナビエージェント詳細ページ

転職して3か月たっても慣れないときは溶け込めるように努力が必須!

転職して3ヶ月で会社を判断するのは早いですし、退職を決意するのも時期尚早です。

まずは良好な人間関係を築けるよう、毎日のあいさつは欠かさず行いましょう。

時間が経てば仕事も自然に覚えていきます。

仕事の内容が理解できれば、面白みも増して会社が楽しくなるかもしれません。

ブラック企業や精神的に続けるのが難しいと判断した場合は、思いとどまらず転職を決意するのもアリです。

そのときは失敗を繰り返さないよう、対策を立てて企業の情報収集からスタートさせて下さい。

「面接が苦手」「求人が多すぎて会社選びに苦戦している」「自分の強みが分からない」という方は、迷わず転職エージェントを活用しましょう。

きっとあなたにピッタリの職場に出会えます。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件