測量士の平均年収はどれぐらい?仕事内容や年収を高くする方法をご紹介

測量士

測量士は、建設現場などにおいて、工事が安全かつスムーズに進むように測量をおこない、図面を作成する仕事です。

「測量士」という国家資格を必要とする仕事になるため、「測量士の年収はどれぐらいなんだろう?」と気になることはあるのではないでしょうか?

この記事では、測量士の平均年収について解説します。

測量士の仕事内容や、年収を高くする方法などもご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

そもそも測量士とは?

測量士

測量士とは、さまざまな現場で「測量」をおこなう仕事です。

あらゆる建造物を造るときに必要な土地の高さ・長さ・面積などを測り、図面を作成する「土木測量」が主な仕事内容です。

図面がなければ建造物を造ることはできないため、建設現場において必要不可欠な仕事になっています。

測量士は「測量法」という法律に基づく「国土交通省」が管理している国家資格が必要で、無資格で働くことはできません。

また、営業所ごとに1人以上の資格保持者を設置することが義務付けられています。

測量士は国家資格を有する需要の高い仕事です。

測量士の詳しい仕事内容

測量士の仕事内容は大きく「外業」と「内業」に分けられます。

外業は野外で測量作業をおこなうことを指し、位置情報を計測する「GPS」や、専用の測定機器を使って必要なデータ(土地の高い・面積など)を収集します。

測量する現場はさまざまで、山奥や海辺での作業になることがあります。

基本的には外が明るい時間に測量作業をおこなうため、現場が遠方なときは早朝に出発することが多いです。

内業は事務所内でデスクワークをおこなうことを指します。

具体的な仕事内容は下記の通りです。

  • 測量計画の作成
  • 外行の準備
  • 測量データを基にした図面作成
  • 予算管理
  • 書類作成 など

事務所内での仕事になるので、体力を消耗することはないですが、頭を使うことが多いです。

パソコンを使うことが多くなるので、ある程度のパソコンスキルが必要になります。

測量士の平均年収はどれぐらい?

測量士の平均年収は、400万円〜450万円と言われています。

日本の平均年収は約430万円なので、日本の平均とあまり変わらないです。

「国家資格を有する職業なのに?」と思われるかもしれませんが、測量士は比較的取得しやすい国家資格になります。

指定されている教育機関での学歴があると、実務経験を積むだけで測量士の資格を得られるため、国家資格としての需要は低いです。

ただし、測量士は年収1,000万円以上を目指すことができます。

平均年収は400万円〜450万円とそれほど高くありませんが、身に付けているスキルや働き方によっては高収入を得ることが可能です。

測量士は「高収入を目指したい」という方におすすめの仕事になります。

勤務先別の平均年収

測量士は勤務先によって平均年収が異なります。

勤務先別の平均年収は下記の通りです。

  • 測量事務所:300万円〜400万円
  • 地方自治体:550万円〜650万円
  • 建設コンサルタント会社:600万円〜800万円

このように建設コンサルタント会社は、平均以上の年収を得ることができます。

しかし、建設コンサルタント会社は資格や実務経験が必須になり、未経験で入社することは難しいです。

測量事務所で経験を積み、建設コンサルタント会社へ転

職するのが、一般的なルートになります。測量事務所は無資格の状態で入社できるので、未経験者におすすめです。

【2021年最新版】日本の年収の中央値は437万円!中央値と平均は何が違う?

30代で手取り20万円はやばい?気になる平均年収と収入アップのコツ

測量士の年収・給料の特徴

薬剤師の給料が安い職場はどこ?理由と年収をあげるためのポイントを解説します

測量士の年収・給料には、いくつか特徴があります。

測量士になることを考えている方は、その特徴を把握しておくことが大切です。

測量士の年収・給料の特徴をいくつかご紹介するので、下記から参考にしてみてください。

専門性の高い職場は高収入を得やすい

測量士にはさまざまな種類に分けることができ、一般的な「土木測量」以外に「航空測量」や「海洋測量」などがあります。

航空測量や海洋測量は、専門性の高い知識を必要とするため、測量士の中でも高収入を得やすい傾向があります。

専門的な測量をおこなう企業では、社員の給料水準が高く、平均年収は700万円〜800万円と言われています。

測量士は専門性の高い知識を身に付けることで、高収入を得やすくなるという特徴があります。

残業代の割合が大きい

勤務先によって多少の差はありますが、測量士は残業の多い仕事です。

測量対象になる土地が広大なことが多く、測量作業に時間がかかるうえ、往復の移動時間も長くなるため、早朝に出勤して夜遅くに退社するようなケースが少なくありません。

また、近年は取り扱うデータ量が広大になっていて、内業のおこなう時間も増えています。

このように測量士は「残業が多い仕事」になるため、給料に占める残業代の割合は大きいという特徴があります。

企業によっては基本給に「みなし残業」として事前に残業代が含まれていることがあるので、勤務先になる企業の給料形態はしっかりと確認することが大切です。

残業月60時間は相当きつい?平均残業60時間超は違法になる?

残業100時間は罰則の対象!残業の上限時間と違法な職場への対処法

測量士として年収を高くする方法

測量士の平均年収は400万円〜450万円とそれほど高くないですが、年収1,000万円以上を目指すことができる仕事です。

そこで、測量士として年収を高くする方法をいくつかご紹介します。

1つの企業に勤務し続ける

測量士は年功序列制度が設けられていることが多く、勤続年数によって年収が高くなる傾向があります。

そのため、測量士の年収を高くする方法として、「1つの企業に勤務し続ける」ということが挙げられます。

1つの企業に勤務し続ければ、平均以上の年収を得られる可能性が高いです。

また、勤続年数が長くなればなるほど、管理職に就ける可能性が高くなり、高収入を得やすくなります。

ただし、この方法は「将来的に年収を高くしたい」という方におすすめです。

数年間で年収を高くすることはできないので、注意してください。

建設コンサルタント会社に転職する

上記でお伝えした通り、勤務先によって測量士の平均年収は大きく異なります。

測量士の勤務先で最も平均年収が高いのは「建設コンサルタント会社」になるので、年収高くする方法として、建設コンサルタント会社に転職するという方法があります。

建設コンサルタント会社に転職できれば、ほとんどの確率で平均以上の年収を得ることが可能です。

また、建設コンサルタント会社では個人の能力によって年収が定められることがあるため、優秀な成績を残せば年収1,000万円以上を目指すことができます。

「すぐに年収を高くしたい」という方は、建設コンサルタント会社への転職をおすすめします。

独立・開業する

測量士として高収入を得ている方は、独立・開業しているケースが多いです。

独立・開業することで、一気に年収を高くすることができます。

ただし、測量士という仕事だけで独立・開業することは難しいと言われています。

測量士以外の国家資格が必要になると言われていて、「土地家屋調査士・司法書士・行政書士」などと掛け合わせて、独立・開業するケースが多いです。

2つ以上の国家資格を取得することは難しいですが、掛け合わせることで、年収1,000万円以上を得られる可能性が高いです。

測量士におすすめの転職エージェント

測量士としてすぐに年収を高くできるのは、「建設コンサルタント会社」への転職です。

ただし、希望通りの転職を成功させることは難しいため、転職に関するサポートサービスを受けられる「転職エージェント」を活用することが大切になります。

測量士におすすめの転職エージェントを2つご紹介するので、下記から参考にしてみてください。

dodaエージェント

dodaエージェント

dodaエージェントは、「パーソルキャリア株式会社」が運営している業界最大級の転職エージェントです。

dodaエージェントで取り扱っている求人数は10万件を超えていて、建設コンサルタント会社の求人を約1,600件取り扱っています。

大手企業から設立して間もないベンチャー企業まで取り扱っていて、全国各地に対応しています。

また、dodaエージェントは「転職未経験者」の登録が多く、未経験者でも安心できるサポート体制を整えています。

丁寧なカウンセリングから、必要書類の添削、面接の対策など、未経験者でも転職を成功させられる環境になっています。

サポート体制を重要視する方には、dodaエージェントがおすすめです。

dodaエージェントの詳細はこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、大手人材紹介会社「株式会社マイナビ」が運営している総合型の転職エージェントです。

取り扱っている求人数は4万件を超えていて、建設コンサルタント会社の求人を約200件取り扱っています。

また、マイナビエージェントは、20代から高い信頼を得ている転職エージェントで、登録者の80%以上を34歳までの人材が占めています。

このデータは中途採用を考えている企業に向けて発信されているため、「20代を採用したい」という企業が求人を掲載している可能性が高いです。

20代でも高待遇・高収入で転職できる可能性があり、他社では取り扱っていない「独占求人」が多い傾向にあります。

20代で転職を考えている方には、マイナビエージェントがおすすめです。

マイナビエージェントの詳細はこちら

測量士の年収は400万円〜450万円

この記事では測量士の年収についてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

測量士の平均年収は400万円〜450万円と言われてます。

国家資格を必要とする仕事で、無資格で測量士として働くことはできません。

平均年収はそれほど高くないですが、身に付けているスキル・知識や、働き方によっては年収1,000万円以上を目指すことが可能です。

測量士としてすぐに年収を高くするには、「建設コンサルタント会社」に転職する方法がおすすめです。

測量士の平均年収はそれほど高くないですが、将来性のある仕事になるので、今からでも目指すことをおすすめします。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件