詩人の年収はどれぐらい?詩人の収入源や働き方をご紹介

詩人

読む人に感動を与える「詩」を作って世の中に発表する職業のことを「詩人」といいます。

雑誌や新聞などに詩が掲載されていることが多く、近年ではWebサイトなどに掲載されているケースもあり、「詩人の年収はいくらなんだろう?」と気になることがあるのではないでしょうか?

この記事では、詩人の年収について解説します。

詩人の収入源や、働き方などもご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

詩人の年収はいくら?

事務職の給料はどれくらい?職種ごとの平均年収ランキング

詩人は企業に属して働くケースがほとんどなく、厚生労働省が公表している「賃金構造基本統計調査」に当てはまらない職種なので、実際のデータを元に平均年収を計算することができません。

また、「求人」という概念がないため、募集要項などから平均年収を計算することも難しいです。

詩人になるために資格や学歴は必要なく、詩に関することで1円でも収入を得ている場合は、詩人ということになります。

そのため、詩人の年収の幅は広いと考えることができます。

年収で数万円しか稼いでいない方もいれば、数百万円稼いでいる方も存在します。

詩人の年収は幅が広く、平均を計算することが難しいです。

詩人の収入源

経理は転職して年収アップを目指す!転職を成功させる具体的な方法とは?

詩人の収入源は大きく4つに分けられます。

4つの収入源を把握することで、詩人の平均年収を推測しやすくなります。

詩人の収入源について詳しくご紹介するので、下記から参考にしてみてください。

雑誌などの掲載料

最も詩人の収入源になりやすいのが、「雑誌などの掲載料」です。

雑誌や新聞などに詩が掲載されていることが多く、詩を掲載してもらうことで収入を得ることができます。

具体的な掲載料は公開されていませんが、継続的に掲載してもらうことができれば、詩人としての年収は高くなると考えられます。

また、掲載料は知名度によって異なるケースが多いです。

有名な詩人であれば、掲載料は高くなり、知名度の低い詩人であれば、掲載料は低くなります。

メディアなどに出演する詩人であれば、数十万円の掲載料を得られると考えられます。

詩集の印税

詩人は自分が作った詩をまとめた「詩集」を出版することがあり、収入源の1つとして「印税」が挙げられます。

印税とは、「著作物販売による収益の一部を著作者が受け取るもの」です。

詩集の具体的な印税は公表されていませんが、一般的な印税率は5%〜10%と言われています。

例えば、2,000円で詩集を販売した場合は、100円〜200円が印税として受け取れます。

「少ない」と感じられるかもしれませんが、売れれば売れるほど高額な印税を受け取ることが可能です。

有名な詩人は詩集の印税で高い年収を得ている傾向があります。

コンクールでの入賞

詩の世界ではさまざまなコンクールが開催されています。

基本的にコンクールでは賞金が用意されているため、「コンクールでの入賞」が詩人の収入源として挙げられます。

詩の世界で有名な賞には、「H氏賞」があります。

日本現代詩人会が主催する新人の優れた詩人に贈られる賞で、詩壇の芥川賞と言われています。

そんなH氏賞を受賞した場合は、賞金50万円を記念品として受け取ることができます。

コンクールによっては100万円以上の賞金が用意されていることもあり、コンクールでの入賞は詩人として高収入を得やすい傾向があります。

講演会や朗読会などの出演料

メディアへ出演した詩人や、大きなコンクールで入賞した詩人は、詩の世界で一気に知名度を高めることになり、講演会や朗読会などの出演を依頼されます。

そのため、知名度のある詩人の収入源として、「講演会や朗読会などの出演料」が挙げられます。

具体的な出演料は公開されていませんが、数万円〜10万円程度が相場になると考えられます。

人気のある詩人の場合は、一回の出演で10万円以上を得られる可能性があり、知名度・人気に伴って出演料は高くなります。

また、詩人以外の一面(映画監督・脚本家・芸能人)を持っている方は、一回の出演料が高額になり、高収入を目指すことが可能です。

詩人の働き方とは?

働く若い男女

詩人の働き方として最も多いのは、別に本業を持ったうえで詩人として活動することです。

「兼業詩人」と言われる方が非常に多く、詩人だけの収入で生活できている方は少ないです。

近年の日本では詩を読むことの人気が衰退していて、詩集を出版することも稀になっています。

自称「詩人」であっても趣味レベルの方や、兼業の方が多いのが現状で、詩人という職業を本業にすることは難しいです。

詩人としてレベルアップするために、「コピーライター・脚本家・絵本作家・小説家」などと兼業しながら、詩人として活動している方が多くなっています。

詩人と兼業しやすい仕事

上記でお伝えした通り、詩人は他の仕事と兼業していることが多いです。

ただし、脚本家や小説家などはいきなり目指すことが難しいため、詩人と兼業しやすい仕事をいくつかご紹介します。

未経験から詩人を目指す方は、下記から参考にしてみてください。

ルート営業

企画営業への転職を成功させる志望動機とは?例文と注意点をご紹介

ルート営業とは、すでに取引を行っている顧客が対象になっている営業職です。

既存顧客の現状・ニーズをヒアリングによって掴み、そのうえで商品や戦略の提案をしていくのが、ルート営業の仕事内容になります。

「詩人と兼業しやすいの?」と思われるかもしれませんが、ルート営業は新規開拓しないので、残業時間が少ない傾向があります。

トラブルなどがない限り、定時に退社できるケースが多く、詩人との兼業におすすめの仕事です。

また、ルート営業の平均年収は350万円〜400万円なので、詩人として収入を得ることができなくても生活に困ることはありません。

Webライター

WEBライター

Webライターとは、ネット上に文章を書く仕事です。

雑誌や新聞などの紙媒体ではなく、Webサイトに記載する文章を書きます。

Webライターは文章力を必要とする仕事なので、詩人と兼業しやすいです。

特別な資格は求められず、未経験でも始められる仕事なので、転職難易度はそれほど高くありません。

また、Webライターはパソコンがあれば仕事ができるため、在宅ワークを導入している企業が多く、詩人としての活動に集中しやすい環境になっています。

Webライターの平均年収は300万円〜400万円で、生活に困ることは考えにくいです。

警備員

警備員

警備員とは、施設や現場などで人・財産の警備に携わる仕事です。

警備員の業務内容は「施設警備・交通誘導警備・イベント警備・輸送警備・身辺警備」など多岐に渡ります。

警備員は残業時間がほとんどなく、定時に帰ることができる仕事なので、詩人と兼業しやすいです。

また、警備員はトラブルがなければ、決められたことを決められた通りにおこなう「ルーティンワーク」になるため、仕事中でも詩のことを考えることが可能です。

ある程度の体力があれば、警備員へ転職できます。

ただし、警備員の平均年収は250万円〜300万円と低くなるため、注意してください。

おすすめの転職エージェント

詩人として活動するには、上記でお伝えした仕事に転職して兼業する必要があります。

どんな仕事でも希望通りに転職することは難しいため、転職に関するサポートを受けられる「転職エージェント」を活用することが大切です。詩人として兼業を

考えている方におすすめの転職エージェントをいくつかご紹介するので、下記から参考にしてみてください。

dodaエージェント

dodaエージェント

dodaエージェントは、「パーソルキャリア株式会社」が運営している業界最大級の転職エージェントです。

さまざまな媒体で広告していることから、業界トップクラスの知名度を誇ります。

そんなdodaエージェントで取り扱っている求人は10万件を超えています。

「10万件は多いの?」と思われるかもしれませんが、10万件を超えている転職エージェントは数少ないです。

10万件以上の求人があれば、自ずと希望している仕事の求人も多くなります。

また、取り扱っている求人は、大手企業から中小企業まで幅広く、全国各地に対応しています。

dodaエージェントは転職支援実績が豊富なので、不安を払拭した状態で登録することが可能です。

dodaの詳細はこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、大手人材紹介会社「株式会社マイナビ」が運営している総合型の転職エージェントです。

取り扱っている求人数は4万件を超えていて、全国各地の求人に対応しています。

マイナビエージェントは20代から高い信頼を得ていて、登録者の80%以上を34歳までの人材が占めています。

そのことを強みとしているため、20代の人材を求めている企業の求人が多いです。

また、運営会社の株式会社マイナビは、「マイナビ薬剤師」「マイナビ会計士」「マイナビ介護職」など、さまざまな人材紹介サービスを提供しているので、豊富な転職ノウハウを持っています。

20代の転職希望者には、マイナビエージェントがおすすめです。

マイナビエージェントの詳細はこちら

type転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェントは、「株式会社キャリアデザインセンター」が運営している一都三県(東京・神奈川・埼玉・千葉)の企業に特化した転職エージェントです。

そんなtype転職エージェントでは、サービスを利用した方の満足度が「87%」を超えています。

87%以上の満足度を誇っているということは、質の高いサポートサービスを提供していると考えることができます。

また、type転職エージェントでは、相談会や転職に関するセミナーが頻繁に開催されています。

相談会やセミナーによっては、土曜日でも開催しているので、仕事をしている方でも受講することが可能です。

一都三県での転職を考えている方には、type転職エージェントがおすすめです。

type転職エージェントの詳細はこちら

詩人の年収は幅が広い

この記事では、詩人の年収についてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

詩人は会社に属して働くケースがほとんどないため、平均年収を計算することが難しいです。

特別な資格や学歴が問われることがない職業なので、詩に関することで1円でも収入を得ている場合は「詩人」になり、その年収はとても幅広いです。

年収が数万円の方もいれば、数百万円以上を稼いでいる方も存在します。

ただし、日本は詩に対する人気が衰退しているため、多くの詩人が兼業になります。

「兼業詩人」として活動している方が多く、詩人としての収入だけで生活することは難しいです。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件