民間から公務員に転職すると後悔するってホント?後悔しないためにはどうすればいい?

民間から公務員に転職すると後悔するってホント?後悔しないためにはどうすればいい?

「民間から公務員に転職すると何が大きく変わるの?」

「公務員になるメリットってどんなことがある?」

「転職して後悔しないように公務員のことをもっと知りたい!」

そんな人のために、転職する前に知っておきたい「公務員と民間の違い」について詳しく解説しています。

公務員に転職して後悔しないためにも、最後までしっかり読んで下さい。

公務員になるメリットや、後悔しない転職方法についても触れていますので、転職の参考になれば幸いです。

民間から公務員に転職して後悔する理由

民間からの転職組で、後悔する主な理由を紹介します。

以下を熟読して、それでも転職したいのかを自分自身で考えてみましょう。

サービス残業が多いので肉体的にキツイ

「公務員=定時退社」と思っている人があれば要注意。実は残業が多く、さらに残業代は予算で決まっているため、予算オーバーした分はサービス残業をすることになります。

正式にもらえる残業代は、月に10〜20時間を想定しておくといいでしょう。

部署によっても大きく差がありますが、忙しい部署は日付が変わるまで残業が続くこともあります。

仕事が終わらないと休日出勤になり、もちろんその分もサービス残業です。

民間の場合はブラック企業でない限り、残業代がきちんとつきますので、公務員がいかに大変かが理解できると思います。

ここを覚悟しておかなければ、確実に後悔することになりますので気をつけましょう。

効率の悪い業務が上から回ってくる

民間では業務効率化やIT化によって、無駄な作業は省かれがちですが、公務員は真逆です。

ムダな作業、効率の悪い業務が山のようにあります。

何の役に立つのか分からない依頼が上から回ってきたり、どうでもいいような文章の体裁チェックをやったり、効率的とは反する事柄がいっぱいです。

人によっては、「なんでこんな作業に何日も労力をかけているんだ……」「この作業って自分じゃなくてもいいよね」というような不毛さに耐えきれず、退職を選ぶ人も多いのだとか。

公務員は過去からの業務を大切にするため、たとえ意味がないと分かっていても続ける体質があります。

民間でバリバリ仕事をさばいている人には、精神的なダメージになるかもしれません。

民間以上に年功序列制度が根付いている

いい意味でも悪い意味でも、いまだに年功序列の文化が根付いている業態です。

仕事をバリバリこなして出世したい人からみると、確実に納得できないでしょう。

しかしマイペースに着実に実績を積み上げれば、年齢に応じて給料や役職も少しずつ上がってきます。

ベンチャー企業や外資系では、20代、30代の若さで役職についている人も多く、その舞台で戦ってきた人たちからすると不公平に感じることは間違いありません。

評価基準が分かりにくいので仕事の実感がわかない

公務員は評価されにくい仕事が多いのが、民間との大きな違いです。

仕事で成果を出しても前例がなかったり評価制度が曖昧だったりで、給料に反映されることもほとんどありません。

「仕事での成果はきちっと評価してほしい」「頑張っていない人と同等の評価は耐えられない」、そんな人には向いていない環境です。

公務員試験の内容は業務で使わない

公務員試験は年齢制限がありますが、基本的に誰でも受けることができます。

しかし誰でも受かるわけでなく、試験自体も非常に難しいものになっています。

さらに公務員は人気の職種ということもあり、地域によっては倍率が10倍、20倍なんてことも。

学ぶことのほとんどが実務で不要なことが多く、「公務員試験の勉強なんて意味がない」と不満を持つ人も多いようです。

しかし公務員は国の政策や条例によって業務内容も変わり、都度調べていく能力や教養が必要になります。

公務員試験は、その能力があるか否かをふるい分けるものです。

民間企業よりも給与が少ない

公務員はそれほど高い給料水準ではないため、大手企業やメガバンクからの転職組は年収が下がることを覚悟しなくてはいけません。

人によっては100万円ほど下がるケースもあるようです。

年収が高い人は、翌年の税金に大きく響いてきますので注意しましょう。

公務員の平均年収は、30代で500万円、40代で650万円が目安です。

大手企業であれば、30代で700万円以上稼いでいる人はザラですので、高収入を狙った転職なら考え直した方がいいかもしれません。

後悔するだけじゃない?公務員転職で得られるメリット

ここまで読むと「公務員って想像と全然違う!」「今の会社に残ろうかな……」という考えがよぎったかもしれません。

しかし、実際に民間から公務員へ転職した人のほとんどが、「転職して良かった」という感想を持っています。

公務員になることでどんなメリットがあるのか、詳しくみていきましょう。

国民の休日はしっかり休める

公務員には接待がありませんので、休日ゴルフなどとは無縁の生活が送れます。

それに加え有給も取りやすく、子育てをしやすい環境です。

女性であれば、産休や育休の制度も整っていて、復帰してからも家庭と両立しながら働けます。

なんだかんだ言っても、公務員は民間に比べてゆとりのある生活ができることは確かです。

営業やプレゼンの重圧から逃れられる

民間企業で働いている人との大きなギャップは「仕事のプレッシャーがない」、これに尽きます。

とくに数字を持っている営業職や銀行マンにとっては、ノルマがない公務員は天国でしょう。

成果を出しても給料が上がらないというデメリットの裏に、成果を出さなくても何も言われないというメリットが隠れています。

ミスをしたとしても、減給や降格というようなこともほぼありません。

「精神的なラクさ」を求める人にとって、公務員はまさにドンピシャの仕事です。

周囲から公務員であることを褒められる

公務員の仕事は、基本的に国民や地域のためになる仕事です。

そのため、周囲から感謝されることも多く、とくに親や親戚からは高い評価を得られます。

何十年も前から現代まで、「親が子どもに就いてほしい職業」の上位にランキングするのも、公務員です。

倒産・リストラがないので定年まで安泰

運営しているのは国ですので、基本的に倒産やリストラのようなことはありません。

横領やセクハラ、パワハラなどをしない限り、定年までゆったりと腰を据えて働けます。

さらに公務員は退職金がいいので、老後も安定。

公務員宿舎などに住んで、安い家賃で貯金に励むこともできます。

公務員から民間企業に転職はできる?転職に成功しやすい人の7つの特徴とは?

民間から公務員への転職で後悔しないためにはどうすればいい?

公務員のメリットに、また心がグラっと揺れた人。

そんな人は、転職で後悔しないために以下のことを守りましょう。

公務員になるメリット・デメリットをよく把握する

どんな仕事でもそうですが、表と裏があるのは当然です。

しかしあなたにとってはデメリットでも、他の人からするとメリットということもあります。

ここをよく見極めて、本当に自分に向いているのかを考えてみましょう。

「つまらない仕事に耐えられるか」「年功序列の評価制度に納得できるか」などです。

働く上で自分が大切にしていることをノートに書き、優先順位をつけて自己分析するのもいいですね。

公務員の仕事内容についてよく調べる

自分が目指している職種が、どんな仕事を行っているのかを入念に調べましょう。

公務員の求人票の募集要項だけでは不十分です。

とはいえ、ネットの口コミ情報などは民間企業ほど充実していません。

そこでお勧めなのが、実際に働いている人たちの意見を聞いてみることです。

地方で就職を目指す場合は、友人や先輩・後輩、また親戚など何らかのつてを頼って働いている人を探しましょう。

「知らない人にそんなこと聞けない」と思うかもしれませんが、確実で失敗しない方法です。

応募先の自治体の雰囲気を良く調べておく

例えば、役所勤務を目指しているのであれば、そこに訪れて人間関係などを観察するのもお勧めです。

また用事があれば、手続きをしながら色々と質問を投げかけてみるのもいいかもしれません。

実際に自分が窓口に立ったときに、どんな業務をするのかが見えてきます。

公務員転職が失敗した時のために現職を続けておく

公務員は人気の転職先ですので、誰でもなれるわけではありません。

間違っても、内定をもらう前に退職することは避けて下さい。

今の職場をどうしても辞めたいと考えているのであれば、公務員試験と並行して民間企業の求人も探しておきましょう。

前述しましたが、公務員試験はとても難しく、倍率も高いです。

できるだけ視野を広くして、転職先を探す方が失敗を避けられます。

公務員から民間に転職する場合、後悔することはある?

公務員と民間は仕事への姿勢や考え方がまるで違います。

リストラになるかもしれない、会社の運営が危ないかもしれないなど、厳しい状況に慣れていない公務員は民間への転職は厳しいかもしれません。

自分の頑張りを正当に評価してくれるという点では、民間企業の方がすぐれていますが、数字に追われノルマに追われという企業体制に嫌気が差してしまうことも考えられます。

後悔するというところでは、「公務員のように安定していない」というのも大きな要素のひとつです。

民間と公務員両方のメリット・デメリットを把握しておこう

今の職場で「数字に追われてつらい」「ノルマが達成できずに上司に責められる」というような不満を抱えている人には、公務員への転職はプラスになると思います。

公務員への転職で後悔しないためにも、情報収集を入念に行って下さい。

民間にも公務員にも、それぞれのメリット・デメリットが存在します。

どちらが自分に向いているかをしっかりと自己分析して、転職へ挑むようにしましょう。

公務員から民間への転職におすすめ転職サイト・エージェントランキング!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件