市場価値の高い人材とは?市場価値の高い人材に見受けられる特徴をご紹介

市場価値の高い人材とは?市場価値の高い人材に見受けられる特徴をご紹介

会社の中でキャリアアップすることや、他の企業へ転職することを成功させるには、市場価値の高い人材になる必要があります。

しかし、「市場価値の高い人材とは?」「市場価値の高い人材ってどんな人?」と悩まれることが多いのではないでしょうか?

この記事では、市場価値の高い人材について解説します。

市場価値の高い人材の特徴や、抑えておきたいポイントなどもご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

市場価値の高い人材とは?

そもそも市場価値とは、「社会からどれだけ必要とされている人材なのか」という意味を指す言葉なので、市場価値の高い人材は社会からとても必要とされている人材ということです。

社会が求める人物像に近い人材が、市場価値の高い人材という考え方ができます。

また、社会だけではなく、勤めている企業に必要とされている人材も、市場価値の高い人材ということになるでしょう。

そして、市場価値は年収で測ることができると言われています。

「市場価値=年収」とも言われるため、市場価値の高い人材とは、年収が高いということにもなります。

市場価値は可視化することができないものですが、社会の中では重要視されるケースが多い価値観になるでしょう。

市場価値の高い人材に見受けられる特徴

市場価値の高い人材には、共通して見受けられる特徴があります。

もし、市場価値の高い人材になりたいのであれば、共通している特徴を把握することが大切です。

市場価値の高い人材に見受けられる特徴をいくつかご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

同年代と比較して年収が高い

上記でお伝えした通り、「市場価値=年収」と言われることがあるため、特徴の1つとして同世代と比較して年収が高いということが挙げられます。

同世代と比較して年収が高ければ高いほど、市場価値の高い人材と考えることができます。

また、年齢だけではなく、業界や職種を絞って比較しても良いでしょう。

年収は可視化することができるものなので、市場価値の高い人材の特徴として見受けられやすいです。

昇進するスピードが速い

企業は必要している人材が退職してしまうことを避けたいと考えるため、市場価値の高い人材の特徴として、昇進するスピードが速いということが挙げられます。同期で入社した人よりも、早く昇進している人は市場価値の高い人材だと考えることができるでしょう。

また、昇進することはなくても、上司に気に入られていたり、大きなプロジェクトを任せられたりすることは、1つの特徴になります。

もし、自分自身が過剰にご飯に誘われたり、周りよりも昇進するスピードが速ければ、市場価値の高い人材だと判断されていると考えることができます。

数字で示すことができる実績を残している

上記でお伝えした通り、市場価値は可視化することができないです。

その中で市場価値の高い人材になるには、数字で示すことができる実績を残すしかありません。

そのため共通している特徴として、数字で示すことができる実績を残しているということが挙げられます。

特に、誰が聞いても「すごい」と分かるような数字を残しているような人は、市場価値の高い人材に該当するでしょう。

市場価値の高い人材になるには、数字にこだわって仕事に取り組むことも大切になります。

仕事に最善を尽くしている

市場価値の高い人材になるには、社会・企業から必要とされる人材になる必要があります。

言い方を変えると、社会人として高度なスキル・知識・経験などを身に付けておく必要があるということです。

そのようなものを身に付けるためには、仕事に最善を尽くすことが大切になり、共通している1つの特徴として考えられます。

仕事に対して手を抜いている人や、一生懸命取り組んでいない人は、身に付けられるスキル・経験などを身に付けることができずに、市場価値の高い人材になることはできません。

仕事に最善を尽くしている人ほど、市場価値の高い人材の傾向があります。

自信を持って仕事に取り組んでいる

市場価値の高い人材は、「企業から必要とされている」ということを自負しているケースが多いです。

そのため見受けられる特徴として、自信を持って仕事に取り組んでいるということが挙げられます。

ただし、企業から必要とされていることが自信につながっているのではなく、本当に自分のスキルや知識、経験に自信を持っているケースが多いです。

市場価値の高い人材は、企業から必要とされていることを自負していても、そのことをあまり気にしていない傾向があります。

専門性の高い資格を取得している

市場価値の高い人材に見受けられる特徴として、専門性の高い資格を取得しているということが挙げられます。

例えば、不動産業界に勤務しているAさんとBさんがいたとしましょう。

AさんとBさんのスキルや経験に差はないのですが、Aさんは「宅地建物取引士」を取得していたとします。

では、AさんとBさん、どちらの方が市場価値が高いですか、と問われるとほとんどの方が「Aさん」と答えます。

今の例えから分かるように、専門性の高い資格は需要が高く、企業から必要とされる人材になることができます。

「資格を取得している=市場価値の高い人材」ということではありませんが、1つの特徴として挙げられます。

市場価値の高い人材になるには?

社会人として働いていると、「市場価値の高い人材になりたい」と考えることがあると思います。

そこで、市場価値の高い人材になるために抑えておきたいことをいくつかご紹介します。

社会人としてのスキルを磨く

市場価値の高い人材になるうえで欠かせないことが、社会人としてのスキルを磨くことです。

社会人としてのスキルとは、コミュニケーション能力やスケジュール管理力、継続力、問題解決力など、どの業界で働く人でも必要になるスキルになります。

これらスキルが身に付いていなければ、市場価値の高い人材になることは難しいです。

また、社会人としてのスキルを身に付けているだけではなく、高度なスキルを身に付けることが大切になるため、常にスキルを磨くことが大切になります。

社会人としてのスキルを磨く方法はさまざまありますが、仕事に対して本気で取り組むことがおすすめです。

業界に特化した専門性を身に付ける

社会人としてのスキルを身に付けただけでは、市場価値の高い人材になることはできないので、業界に特化した専門性を身に付けることが大切です。

業界の特化した専門性とは、言葉の通りで、1つの業界でしか必要しない知識やスキルを指します。

例えば、業界に特化した資格を取得したり、1つの業界でしか必要としない知識を身に付けたりすることです。

業界に特化した専門性を身に付ければ付けるほど、「希少性」が高まり、より市場価値の高い人材になることができます。

ただし、専門性は1つの業界でしか必要としないスキルや知識になるので、他の業界へ転職することを考えている方は、転職先の業界に特化した専門性を身に付けることをおすすめします。

市場価値の高い人材になる目的を決める

市場価値の高い人材になることは決して簡単なことではないので、スキルを磨くことや専門性を身に付けることが続かない可能性が考えられます。

そのため市場価値の高い人材になる目的を決めて、継続して努力することが大切です。

もし、目的が「なんとなく」という場合は、すぐに継続することを辞めてしまいます。

それでは意味がないので、「なぜ、市場価値の高い人材になりたいのか」ということを自分自身でしっかりと決める必要があります。

「会社の中でキャリアアップしたい」「大手企業に転職しない」など何でも良いので、自分自身の中で目的を決めるようにしてください。

市場価値を高める方法とは?市場価値を高めることで生じるメリットをご紹介

市場価値の高い人材は転職しやすい?

市場価値の高い人材になることで「転職しやすいのかな?」と気になる方は多いでしょう。

結論からお伝えすると、転職しやすいです。

何度もお伝えしている通り、市場価値の高い人材は社会・企業から必要とされる人材なので、転職市場で採用したいと思う企業は多くあります。

また、転職を成功させるだけではなく、転職することでキャリアアップしたり、年収を高めたりすることが可能です。

「自分の希望通りに転職したい」「転職して年収を高めたい」などと考えている方は、市場価値を高めることをおすすめします。

dodaの年収査定を徹底解説!市場価値を知りたい方必見!

市場価値の高い人材におすすめの転職エージェント

市場価値の高い人材は転職しやすいのですが、働きながら希望通りに転職することは簡単なことではありません。

そのため転職エージェントを活用することが大切です。

転職エージェントを活用することで、働きながらでもスムーズに転職することが可能で、応募した企業との日程調整や条件交渉などをキャリアアドバイザーが代行してくれます。

また、面接対策や条件に合った求人を見つけて紹介してくれるため、転職経験がない方でも安心して転職活動を進められます。

おすすめの転職エージェントは下記の通りです。

  • ビズリーチ
  • パソナキャリア
  • キャリアカーバー
  • ランスタッド
  • エンワールド ジャパン
  • doda

転職エージェントは併用しても問題ないので、気になるものがあれば登録してみてください。

市場価値の価値の高い人材は企業から必要とされている

この記事では市場価値の高い人材の特徴をお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

市場価値の高い人材とは、社会・企業から必要とされている人材のことを指します。

市場価値の高い人材にはいくつか共通している特徴があり、最も共通している特徴が「同年代よりも年収が高い」ということです。

市場価値=年収と言われることもあるので、市場価値の高い人材は周りよりも年収が高いです。

そして、市場価値の高い人材は、転職しやすいというメリットがあります。

転職でキャリアアップしたり、年収を高めたりすることが可能なので、転職を考えている方は今からでも市場価値を高めることをおすすめします。

この記事でお伝えした内容を参考にして、市場価値の高い人材を目指してみてください。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件