歯科衛生士から異業種に転職したい!おすすめの転職先と対策を伝授します

歯科衛生士から異業種に転職したい!おすすめの転職先と対策を伝授します

歯科衛生士は資格を持った特殊な仕事のため、まったく違う業種へ転職する場合は勇気が必要です。

「せっかく取った資格をムダにしてしまっていいの?」
「歯科衛生士の仕事以外にできることがあるかな?」
「でも狭い職場でこのまま終わるのはイヤ」

このような葛藤に悩んでいる歯科衛生士の方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、歯科衛生士から異業種への転職を成功させる対策と、オススメの職業を紹介したいと思います。

転職するにあたっては、志望動機を明確にさせることや、新しい職種への知識を身につける事前準備が大切です。

歯科衛生士ならではのアピールポイントを活かして、異業種への転職を成功させましょう。

歯科衛生士から異業種への転職を目指す理由

歯科衛生士を辞めて異業種へ転職する人は意外と多いです。

何が原因で転職を決めたのか、代表的な理由をみてみましょう。

歯科医院の方針についていけない

医院長の考えや方針についていけない、性格が合わないなどが原因で辞める人が非常に多いようです。

「医院長が患者さんを適当に扱う」「勉強熱心ではない」「歯科衛生士を下にみている」という意見も多くみられました。

歯科衛生士は個人経営のクリニックで働いていることが多く、院長が絶対的な存在。

逆らうこともできずに我慢を積み重ね、最後は退職せざるを得ないほど精神的に参ってしまう人もいます。

歯科衛生士としての働き方に疑問を持った

歯科衛生士の仕事は患者さんこそ違いますが、やることは毎日同じ。また何歳まで働けるのか不安を抱え、家庭や介護との両立に悩んでいる人も多いようです。

歯科衛生士は資格がなくてはできない特別な仕事であるにもかかわらず、キャリアアップできる道がないのも辞めたくなる原因のひとつ。

「このまま一生この仕事しか知らずに生きていっていいのかな」と考え、転職に踏み切るケースもあります。

女性の多い職場なので人間関係のバランスが難しい

歯科衛生士を辞める一番大きな理由が「人間関係」です。

女性だけの特殊な職場なので、仕事ができる、できないよりも、先輩やお局の歯科衛生士に気に入られるかが重要になります。

狭い環境なので無視するわけにもいかず、気に入ってもらえるように努力するか、ひたすら我慢することしかできません。

この場合、退職して他のクリニックへ移っても、また同じような悩みを抱えてしまい、歯科衛生士という職業がイヤになってしまうのです。

他の仕事に興味が出たから

具体的にやりたい職種がなくても、「企業で働いてみたい」「たくさんの上司や同僚に囲まれて働きたい」と、会社員に憧れて転職する人もいます。

今まで狭い職場で働き続けてきたので、環境を変えてみたいと思っても不思議ではありません。

また仕事を続けていくうちに、「私のやりたい仕事は歯科衛生士じゃない」と気づき、天職を見つける人もいるようです。

給料が安いから

激務のわりに収入はよくないというのも転職したい理由のひとつです。

歯科衛生士の平均年収はおよそ355万円で、国内の平均年収と比較すると低め。地方になると300万円を切るところもあります。

国家資格で医療に携わっているわりには思うような収入が得られないとなると、転職を考えるのも納得です。

歯科衛生士からの転職におすすめな業種5選

異業種へ転職する場合、歯科衛生士はどのような仕事に就くことができるのでしょうか?

歯科医師の歯科助手

歯科衛生士はドクターや患者さんと密接になるため、プレッシャーや精神的ストレスをためやすい仕事でもあります。

もう少し楽な気持ちで働きたいという人は、歯科助手への転職がオススメです。

歯科助手は受付業務や事務などの雑務を担当することになりますが、黙々とこなす仕事なので自分のペースで仕事を進められるというメリットがあります。

歯に関連する民間企業

歯科衛生士の資格を持った人は90%近くがクリニックに勤務しています。

しかし残りの10%は、知識を活かして以下のような民間企業で働いている人もいます。

  1. 商品開発
  2. 営業もしくは営業フォロー
  3. 歯に携わるサービス業

商品開発

クリニックで歯科衛生士が使用する予防歯科関連の商品開発などに携わることができます。

歯ブラシや歯間ブラシ、スケーラーなど、歯科衛生士の知識と経験を活かした開発に従事できます。

営業もしくは営業フォロー

歯科医院や大学、歯科衛生士・歯科技工士の専門学校を相手に、自社の機器を販売する営業職です。

また実際に営業行為は行わず、営業マンに同行したり、機器の使い方をレクチャーしたりするフォロー的なポジションで働くこともあります。

歯に携わるサービス業

クリニックの経営サポートや、医療分野でビジネスを行っている企業にも、歯科衛生士のニーズがあります。

具体的には、クリニックのホームページ制作会社、歯科医院や歯科医師向けのメディア制作会社、人材紹介会社などです。

歯科衛生士として原稿のチェックをしたり、アドバイスを行なったりします。

一般企業の事務職

女性に人気の職業である事務職へ転職する人も多いです。

未経験での入社になるため、できるだけ若い20代のうちに転職活動するようにしましょう。

30歳を過ぎてからの未経験への転職は、企業もあまり採用してくれません。

これは歯科衛生士だからではなく一般的な話で、どの会社でも一から教えるなら若手を優先したいというのは仕方のないことです。

歯科技工士

歯科技工士になるには、国家試験に合格して免許を取得しなくてはなりません。

決して簡単な資格ではありませんが、これから需要が伸びてくると考えられている仕事のひとつです。

実力と経験を積めば独立することも可能な職業で、歯科衛生士として培ってきた知識が役に立ちます。

介護士

「人のサポートをするのが好き」という人には、老人ホームや養護施設で働く介護士がオススメです。

介護士と一口にいっても、働ける職場はさまざまな種類があります。

老人ホームは公的施設や民間施設とに分かれ、介護が不要な高齢者に向けたケアハウス、シニア向け分譲マンションなどもあり、どの範囲まで介護をするかによって職場を選ぶことが可能です。

家事が好きな方は、訪問介護や施設で調理補助などもピッタリでしょう。

介護職におすすめ転職サイト・エージェントランキング!【2020年】

歯科衛生士から異業種への転職で使える志望動機

例文を使って、異業種へ転職する志望動機を3つ紹介していきます。

パターン1

事務職への転職です。

歯科衛生士として、これまで多くの患者さんの口内健康や治療に携わってきましたが、違う面で人をサポートする仕事をしたいと思うようになりました。前職では事務作業を行っていたことと、昔から不動産業界へ興味があったことから、不動産売買を行っている御社で事務として活躍したいと思っています。未経験から始めることになるので、現在は宅建の資格の勉強をしています。不動産の知識を身につけ、御社に貢献できるよう頑張りたいです。

パターン2

販売職への転職です。

以前からファッションに興味があり、とくに御社のデザインが好きで長年愛用しています。販売の経験はありませんが、患者さんに対応していた経験が活かせるのではないかと思っています。また前職では、状況を瞬時に判断して先を読んだ行動を心がけていました。お客様の趣向やニーズを読み取る御社での仕事に、近い部分があるのではないかと思っています。

パターン3

介護職への転職です。

私は自分の住んでいる街が好きで、祖父の介護を手伝ったことをきっかけに、もっと地域に貢献できるような仕事に携わっていきたいと思うようになりました。仕事としての経験はありませんが、祖父の食事や入浴の世話をした経験があります。御社は資格取得支援制度が充実しているようなので、これから介護の知識を身につけながら資格を取り、介護職に携わっていきたいと考えています。

歯科衛生士から異業種への転職を成功させるための対策

なぜ自分が転職したいのかを明確にする

転職の際には、まず自分と向き合うことが非常に重要です。

これからどんな風に生きていきたいのか、どうして転職しようと思ったのかを明確にして、リストアップしていきましょう。

こんなことをやりたい、これはやりたくないと書いていくことで、自分が本当にやりたいことが見えてきます。

歯科衛生士の他に資格を取得する

未経験からの転職では、資格を持っていると武器になります。

採用する側としても、資格があるだけで一から教えなくていいと安心するでしょう。

MOS

マイクロソフト・オフィス・スペシャリストの略称で、多くの企業で使われているパソコンソフトです。

「ワード」「エクセル」「パワーポイント」などがあり、クリニックで使用された経験もあるかもしれません。

ほどんど触ったことがないという場合は、仕事の選択肢が狭くなってしまうため、パソコン教室などに通って基礎を身につけておくことをオススメします。

FP(ファイナンシャルプランナー)

保険の営業マンが持っている資格ですが、営業や販売職への転職でも役に立つ資格です。

税金や保険、ローンや老後資金について学ぶことができます。

試験は1級〜3級があり、1級は非常に難易度が高い試験になります。

転職するなら3級で問題ありませんし、2級まで取れると深い専門知識が身につきます。

簿記

企業の経理職や事務職に興味があれば、簿記の資格を取るのがオススメです。

経理職を目指すなら2級が理想的ですが、一般事務の場合は3級程度で問題ないでしょう。

転職先に求める労働条件を明確にする

労働条件には以下の4つのポイントがあります。

  1. 賃金・休日・福利厚生
  2. 仕事内容
  3. 人間関係・社風
  4. 社員・契約社員・派遣などの雇用形態

長く勤めたいのであればどこも妥協したくないところですが、「収入よりもやりがい」「会社への通いやすさ」「安定した雇用」など、あなたが何を一番大切にしたいかを考えて応募先を決めましょう。

転職先へのアピールポイントを整理する

歯科衛生士であれば、患者さんと接してきたコミュニケーションスキルや対応力がアピールできます。

また手先が器用であることも、他と差をつけ評価されるポイントです。

スムーズに転職できるように退職手続きをすすめる

退職を決意したら、まず上司に話しましょう。

あなたの場合はクリニックの院長や理事長になると思いますが、間違っても同僚の耳から院長に伝わることは避けて下さい。

できるだけ円満退社ができるよう、最後まで業務はしっかりと行い引き継ぎを済ませましょう。

面接対策をしっかり行う

異業種からの転職になれば、面接ではいろんなことが聞かれるはずです。

資格があるのにどうして歯科衛生士を辞めるのか、どうして異業種へ転職を決めたのか、なぜうちの会社なのかなど。

すべての質問にハキハキと答えられるよう、面接対策は入念に行いましょう。

インターネットで職種ごとの志望動機などをチェックするのもオススメです。

転職エージェントを活用する

「面接対策ができない」「求人があり過ぎて選べない」「採用をもらえる自信がない」、そんな人は転職エージェントを利用して転職活動を行いましょう。

転職エージェントを通して就職活動することで、以下のようなメリットがあります。

  1. 希望する求人や適正に合った仕事を紹介してくれる
  2. 企業の内部事情や給与などの情報を教えてくれる
  3. 企業ごとに面接対策をして職歴書の添削もしてくれる
  4. 一般公開されていない非公開求人から紹介してくれる

以上のようなサービスが、すべて無料で受けられるのが転職エージェントです。

異業種への転職を希望しているなら、利用しない手はありません。

歯科衛生士へ転職するには?おすすめ転職サイト・転職エージェント

歯科衛生士から異業種に転職する人におすすめの転職エージェント

オススメの転職エージェントを紹介しています。

登録は1社だけでなく3社以上すると、採用される確率が格段にアップするというデータがあります。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

20代の転職に強く、非公開求人を2万件以上抱えているマイナビエージェント。

転職が初めての方にも、これまでの転職ノウハウを活かしてしっかりサポートしてくれます。

ホワイトな中小企業とのパイプが太く、「新しい仕事にチャレンジしたい」「地元で活躍したい」「一から教育して欲しい」という志望動機を持っている人に最適な転職エージェントです。

マイナビエージェント詳細ページ

リクルートエージェント

リクルートエージェント

業界最大手のリクルートエージェントは、求人案件の多さが最大の魅力です。

非公開求人は20万件以上で、事務や専門職、技術職など幅広い仕事から選ぶことができます。

求人の質の高さが口コミでも評判で、入社日や年収などの交渉も行ってくれる心強い味方です。

リクルートエージェント詳細ページ

doda

doda

求人数がリクルートに次いで多いdodaは、非公開求人も合わせると10万件以上の案件を持っています。

20代・30代の転職に強く、転職サイトと転職エージェントの両方を運営しているのが特徴です。

そのため求人検索・面接対策・待遇交渉まで一貫したサポートを受けることができます。

特に面接対策には力を入れているようで、「人見知りするので上手く自己アピールできない」「面接官と話すのが苦手」という人にピッタリの転職エージェントです。

doda詳細ページ

自分の目標を明確にして歯科衛生士からの転職を成功させよう

今の職場や人間関係に不満があれば、職場を変えるだけで解決するかもしれません。

しかし歯科衛生士の仕事に疑問を持っている方や、多くの人と関わりながら仕事がしたい人は、転職を考える時期です。

未経験での転職は40代よりも30代、30代よりも20代が採用に有利。

退職を決意したらすぐに転職活動を行いましょう。

今度の職場ではどんなことをしたいのか、どんな環境で働きたいのか、しっかりと自己分析して転職を成功させて下さい。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件