科学者へ転職するなら?必要な資格・仕事内容・年収事情!おすすめ転職サイト

科学者になりたいと志したときにはどのような手続きを踏む必要があるのでしょうか。

資格の取得が必要あるのかどうかは大きな問題になるでしょう。

また、漠然としたイメージで科学者になることを考えている場合には、仕事内容としてどのようなものがあるのかが気にかかるかもしれません。

転職するときには年収がどうなるかも注目すべき点なので、どのような事情があるのかを確認しましょう。

転職にはどのようなサイトが有用なのかも知っておくと有利に仕事を獲得できます。

科学者に必要な資格

科学者になるためには基本的には資格を必要としません。

科学について研究する立場を得られれば良いだけなので、研究を遂行できる能力を手に入れて、働ける職場を獲得できれば十分となります。

一般的には理系の博士の学位を求められますが、修士の学位でも良いとすることも少なくありません。

また、理系の学士であれば良いというケースもあります。

さらには文系であっても受け入れている職場もありますが、大卒以上の資格が求められるのが一般的です。

必要な資格を取得する方法

本格的に科学者として仕事していきたいと考えたら博士の学位を取得するのが重要になります。

日本の場合には大学を卒業して学士の学位を取得した後、大学院に進学して二年間の研究生活を送ることで修士の学位を取得するのが基本です。

そして、博士課程に進学してさらに三年間の研鑽を積み、博士論文を執筆して学位審査を受け、合格すれば博士の学位を授与されるという仕組みになっています。

海外の場合には一貫していて五年以内に成果を上げれば博士に相当するPh.Dを与えるというシステムがほとんどです。

日本でも優れた成果を上げると期間を短縮して学位を取得できるケースもありますが、極めて優秀な人だけが稀にできるだけであまり一般的ではありません。

科学者の仕事内容

科学者の仕事内容は多岐にわたっていますが、基本的には専門としている分野における科学の研究を行うのが仕事です。

自然現象に対して疑問を抱き、その原因が何かを専門分野で培われてきたアプローチにより究明していくのが基本になります。

あるいはものづくりを研究テーマとすることもあり、今までは作り上げるのが困難とされてきたものを対象として考え、作り方の研究を行うというのも重要な研究です。

大まかには数学、物理学、化学、生物学などの分野がありますが、それが融合して新たな分野も生まれてきています。

工学や薬学、医学のように実学に近い分野もあり、さらに個々の分野を見ると多岐にわたっているので様々な専門を持っている人が研究に勤しんでいるのが実情です。

科学全体をカバーするのは難しいことから、一つか二つ程度の専門分野に着目して研究をして深めていくのが一般的なアプローチになっています。

また科学者は研究をしたらその成果を発表するのが通例です。

論文にまとめて学術誌に投稿したり、学会で発表したりして公表をしています。

企業で働いている場合にはレポートにまとめて報告し、有用性がある研究成果については開発に回すという形が一般的です。

科学者の仕事はきつい?

科学者の仕事にはきつい面も楽な面もありますが、基本的には選ぶ現場と本人の興味によって大きく左右されます。

研究は進めていくにつれて新しい問題が発生することが多いため、終わりが見えない仕事になってしまうのがきついと感じる人も多いのは確かです。

それが原因で残業が連日のように必要になることもあります。

しかし、そのような現場環境であっても楽だと感じる人もいます。

科学者として真理を探求したいという気持ちが強い人にとっては、科学者として研究を行うのは楽しみになる場合が多く、新しい問題が出てくると研究のしがいがあると考えられるからです。

結果として存分に働く時間があるのは好都合でやりがいがあると感じることもあります。

どの程度の労働時間があるかは職場によって大きく異なり、現場によっては一日の半分以上を研究に費やすこともあるのが実情です。

一方、一日8時間以上は仕事をしないと定めている場合もあるため、自分の考え方に合っている職場を選ぶのが重要になります。

自分に合った仕事の見つけ方!転職で悩んでいる方必見!

科学者の年収事情

科学者の年収はどの職場でどのようなポジションに就いて働いているかによって大差があります。

科学者が働いている職場として典型的なのが大学などの教育を担う研究機関、公営の研究所、各種メーカーの研究施設です。

大学などの場合

大学で科学者として働いている場合にはポジションによる差が多いのが特徴です。

大学の教授なら年収は1000万円、准教授なら850万円、講師なら650万円、助教なら450万円というのが平均的な値になっています。

国公立大学の場合には準公務員として福利厚生が手厚く、賞与はおよそ年間で4.5ヶ月分支給されるのが一般的です。

裁量労働制になっている影響で残業手当はありませんが、通勤手当や住居手当などは支給されます。

私立大学の場合には個々に異なりますが、基本的には国公立大学に準じたシステムです。

全体的にはやや給与水準が国公立大学よりも高めになっています。

公営の研究所の場合

公営の研究所の場合には身分が公務員となるため、国家公務員または地方公務員の給与表に従って年収が決まります。

ポジションによる違いは少しありますが、平均的には600万円が年収です。

賞与がこのうちで4.5ヶ月分程度を占めるようになっていて、手当についても大学の場合と同じ様になっています。

メーカーの研究施設の場合

メーカーに勤めて科学者として仕事をするときにはメーカーごとに給与体系は異なります。

平均年収は550万円程度ですが、製薬メーカーのように研究スキルを要求される現場では高くなる傾向があるのでケースバイケースです。

年俸制を取り入れている企業も多いので月収や賞与については個々に確認を取る必要があります。

連日のようにして多少の残業を必要とする現場はありますが、労働時間に応じた残業手当は支給してもらうことができます。

手当については内容が勤め先によって異なりますが、住居手当などの一般的な手当は通常は支給されるようになっています。

科学者の主な勤務先

科学者の主な勤務先は大学などの研究と教育を担う機関、国や地方自治体によって運営されている公営の研究所、メーカー系の企業の研究職というのが一般的です。

大学の場合には通常は博士の学位を取得するのが必須になっていて、助教のポストを手に入れて昇進を目指して教授になるというキャリアパスになります。

公営の研究所は現場による違いこそあるものの、通常は修士以上の学位を持っていることが前提です。

そして、内部では研究員からチームリーダーになり、マネージャーとして働くようになるといったキャリアパスが典型例となっています。

メーカーでもキャリアパスについては同様ですが、現場による差は大きいので個々に確認するのが大切です。

メーカーでは学士以上であれば良いという企業もしばしばあります。

しかし、一般的には修士以上の資格を必要としていて、キャリアアップをしていけるのは博士の学位を持っている人となっているのが一般的な傾向です。

研究者へ転職するなら?必要な資格・仕事内容・年収事情!おすすめ転職サイト

科学者への転職は難しい?

科学者への転職は簡単な道ではありません。

理系の博士を取得していると比較的重宝されますが、学士までしか取得していない人の場合には五年間も学業に励まなければならないのが原則です。

その上で転職するとなると年齢的な問題が生じてしまいやすいので、学士かせめて修士でも採用してくれる企業を探すことになります。

企業としても即戦力の人材を採用しようという傾向が強いため、未経験の場合には採用されにくいのが実情です。

一方、大学への道はさらに狭き門になっていて、博士を取得した後、博士研究員としてキャリアを積んだ人や、企業で十分な研究実績を上げてきた人が採用されているというのが実情です。

公営の研究所においても同様の状況があるため、基本的には科学者への転職を考える上ではメーカー系の企業が主になります。

専門的な能力があることを示せるようにした上でエントリーを繰り返していると、自分の能力を欲している企業が見つかる可能性があります。

科学者へ転職した人たちの口コミ・評判

私はもともと大学で博士を取得していたのですが、研究よりもメディアに興味があったので雑誌の編集者になりました。ただ、研究を離れてみるとやはり科学者の方が向いていたと思い、二年ほど働いてすぐに転職活動を始めました。まだ若かった影響もあって新卒と同じ枠で応募できる会社も多く、化粧品メーカーに転職することができました。

科学者として大学で働いていたのですが、過重労働が気になって一度転職して営業職で働いていました。ただ、やはり科学者として研究をするのが自分の性に合っていると思い、メーカーへの転職を決意しました。なかなか採用されずに苦労しましたが、大学で働いていた頃の成果に着目してくれる企業が見つかり、採用してもらうことができました。学術界の経験を持っていたのが役立って良かったです。

私は医師免許を取って開業医を目指していたのですが、臨床研究に携わっているうちに科学者として働きたいと思うようになりました。医師として10年近く臨床現場で働いていたのを生かせる職場を探したところ、医療機器メーカーで臨床での研究を主として商品開発を行うポジションを見つけることができました。やはり基礎研究をする現場はやりがいがあると思います。

科学者への転職におすすめの転職サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチはハイクラス向けの転職サイトの中でも理系の研究者に向けた求人が多いのが特徴です。

未経験者に向けた求人はほとんどありませんが、少し科学者として現場経験を積んできた人ならさらにワンランク上のポジションを狙ったり、少し分野の異なる研究に携われる企業に転職したりすることができます。

キャリアの強みを汲み取ってアピールしやすくしてくれるエージェントに対応してもらえるのが特色で、有料サービスを使うとさらに転職先を豊富にすることが可能です。

今まで研究生活を送ってきて十分なスキルがあるという人は、ビズリーチで仕事を探すとやりがいのあるポジションを手に入れやすく、年収も上げやすいのがメリットになります。

ビズリーチの詳細ページはこちら

医師におすすめ転職サイト・エージェント比較ランキング!【2018年版】