心理学者へ転職するなら?必要な資格・仕事内容・年収事情!おすすめ転職サイト

心理学者

心理学に興味を持って仕事にしていきたいと考えたときに心理学者が候補になることがあるでしょう。

本格的に心理学の専門家となって働くときにはどのような業務を行うことになるのでしょうか。

心理学者になるためには資格が必要なのか、どのような準備が必要なのかも理解した上で目指すことが大切です。

そして、年収の観点から魅力的な職業なのかも確認しておきましょう。魅力があると感じたら転職サイトを活用して職を探すのが賢明です。

心理学者に必要な資格

心理学者になるには特別な資格は必要ありませんが、心理学の専門家として示せるに越したことはありません。

大学で博士の学位を取得するのが賢明であり、少なくとも修士の学位は取得しておくのが無難です。

また、働き方によっては臨床心理士、学校心理士、産業カウンセラー、認定心理士などの資格があった方が有利になります。

心理学に関わる資格は数が多く、仕事を探す上でも仕事で活躍できるようにするにも取得しておくに越したことはありません。

必要な資格を取得する方法

心理学を研究する人として学識が高いことが求められるので、基本的には博士の学位を取得する必要があります。

大学院の修士課程または博士前期課程を修了して修士の学位を取得し、さらに博士後期課程に進学して心理学に関する研究を行い、博士論文を書いて博士の学位を授与してもらうというのが一般的な学位の取り方です。

一方、他の資格については個々に取得方法が異なりますが、要求されている養成課程を経て試験に合格することにより資格を取得できるという流れになっています。

臨床心理士

臨床心理士の場合には臨床心理士指定大学院で学んで修士の学位を取得するか、医師免許を取得した上で試験に合格することが必要です。

産業カウンセラー

産業カウンセラーの場合には学歴は不問ですが、養成講座を受講した上で試験に合格しなければなりません。

心理学者の仕事内容

心理学者の仕事内容として中心になるのは心理学の研究です。

心理学は幅が広く、よく知られている臨床心理学だけでなく、行動心理学や発達心理学、産業心理学などの多岐にわたる分野があります。

その中の一つを選んで専門として研究を行うのが基本です。

社会事象などを分析して研究するときもあればフィールドワークを行う場合もありますが、基本的には専門としている分野における問題を提起し、その問題の解明を行うための方法を考えて実践し、結果を分析して結論を導き出すというのが仕事になります。

その結果は学会で報告したり、論文を執筆して投稿したりするのが通例です。

また、十分な研究成果が蓄積したときには本を出版する場合もあります。

一方、心理学者はそれだけでは生計を立てるのが難しいため、大学教員や医療福祉施設などのカウンセラー、メディアの解説者などとして働いているのが一般的です。

大学教員なら講義や研究室の運営、カウンセラーなら患者や高齢者などのカウンセリングや現場の環境整備のための方針の提案、メディアの解説者の場合には社会問題などの解析と説明が主な仕事内容になります。

職場によって仕事は様々なので自分に合ったものを選ぶことが可能です。

心理学者の仕事はきつい?

心理学者の仕事はきついという人もいれば楽という人もいます。

研究は試行錯誤という面もあるので想定していた通りの結果が出ずに苦労することもあれば、予想していなかったほどに魅力的な結果が出て大きな成果を上げられる場合もあるという実態があるからです。

心理学における仮説検証のプロセスを楽しめる人にとっては苦労も楽しみのうちになります。

単純に心理学について既知のことを学びたいという姿勢の場合には心理学者の研究は辛くなる可能性があるでしょう。

しかし、心理学に関する新しい知見を見出したいという探究心がある人にはやりがいのある仕事です。

生計を立てるために行っている仕事のきつさは職場によって大きく異なります。

大学では過重労働になっている場合も多く、体力的にきつくなることも少なくありません。

しかし、カウンセラーとして働いていると時間外労働は少なく、研究活動に時間を費やしたい場合にはパートなどで働くこともできます。

心理学者の年収事情

心理学者の年収は職種によって大きく異なるため、月収や手当、賞与についても個々に考える必要があります。

大学教員の場合

大学教員になった場合には一般的には助教、講師、准教授を経て教授になり、ポストが上位になるにつれて年収も上がっていきます。

教授の平均年収は1000万円ほどですが、准教授では800万円、講師で650万円、助教で550万円というのが平均的です。

月収は教授で60万円、准教授で50万円、講師で40万円、助教で30万円程度が平均的になっています。

残りが賞与と手当になりますが、裁量労働制の現場が多いことから残業手当はあまり支給されることはありません。

地域手当がある影響で都心部の方が地方よりもやや年収が高くなる傾向があります。

また、国公立大学に比べると私立大学の方が年収も月収も高めというのが一般的な傾向です。

大学教授へ転職するなら?必要な資格・仕事内容・年収事情!おすすめ転職サイト

研究員の場合

心理学者は大学や研究機関で研究員として働くこともできます。

この場合には年収の格差が大きく、250万円から600万円程度というのが一般的です。

年俸制を取り入れていることが多いため、これを12分割したものが月収と手当を合わせたものになります。

手当も込みで年俸が決まっているという場合もあり、一概に言うことができません。

民間のカウンセラーの場合

民間のカウンセラーをしている場合には平均年収が430万円程度です。

どの業界で働いてもそれほど大きな違いはありませんが、医療系のカウンセラーの方がやや年収が高めになっています。

民間企業で働く場合が多いため、賞与が2ヶ月分から4ヶ月分程度はあり、福利厚生も整っているので手当も充実しているのが一般的です。

月収にすると26万円から35万円程度になっていて、現場での勤務時間の長さによって残業手当や休日出勤手当などが支給されています。

医療や介護の現場を代表例として職場によっては夜間の労働を求められる場合もあり、夜勤手当が出ることもあります。

心理学者の主な勤務先

心理学者の最も典型的な勤務先は大学や研究機関です。

教授のポストを手に入れると研究室を運営して学生や研究員と協力しながら自分の興味がある心理学の研究を進められるようになります。

助教、講師、准教授の他にも博士研究員などとして雇ってもらうことも可能です。

研究機関には公的機関と民間機関がありますが、どちらの場合にも博士研究員や一般の研究員を募集しています。

心理学の研究を行うには医療現場や介護現場、学校や企業なども重要なフィールドになるため、このような場所でカウンセラーとなることも可能です。

メンタルヘルスが重要視されるようになってからは企業で心理カウンセラーの採用を行うことも増えているため、職場を探しやすくなっています。

この他にもメディア系の企業でも働ける他、スポーツ心理学を学んだ人であればスポーツ団体に所属することもできるでしょう。

専門性によって多様な勤務先を選べるのが心理学者であり、仕事内容に応じた研究を行えます。

心理学者への転職は難しい?

心理学者に転職して一人前の研究者として認めてもらえるようになるには博士の学位を取得するのが重要であり、その過程に年月がかかるという問題はあります。

学位がなくとも成果を上げれば学会でも認められる心理学者になることはでき、研究自体も行うことはできるという点でそれほど転職の下地作りは難しくはありません。

転職の難易度はどの仕事で生計を立てていきたいかによって大きく異なります。

大学や研究所のポストはあまり空きがないので転職は困難になりがちです。

しかし、民間のカウンセラーとして働きたい場合にはかなりの求人があります。

資格を持っていれば未経験でも採用してくれる現場が多数あるので、まずは自分が専門にしたい分野を定めて資格を取得した上で転職するのが良いでしょう。

研究を行いやすい環境が整っている職場を見つけられるかどうかが大きな問題となりますが、医療や介護の現場のように研究活動が盛んな職場を選ぶと難易度は低下します。

心理学者へ転職した人たちの口コミ・評判

私は臨床心理士の資格を取得してから小さな心療内科のクリニックで働いていました。仕事をしているうちに研究をしたいと思うようになり、心理学者として活躍できる現場を探しました。地域の大病院に転職して臨床研究を行えるようになりましたが、キャリアを活用することができたのが転職に成功した理由だと思います。

心理学に興味を持って心理学者になりたいと思うようになりました。大学院の修士課程まで修了したところで、求人を探していたら任期付きの研究員のポストが見つかったので応募したところ、応募者が少なかったようですぐに採用してもらうことができました。次のポストを探さなければならないですが、とりあえずは研究生活を送れるようになって良かったです。

大学の心理学科を卒業してから介護施設でヘルパーとして働いていましたが、スキルアップのために心理療法士になりたいと思いました。その勉強をしているときに、未だにわかっていないことが多いと気づいて研究に興味を持ったのが転職した理由です。大学の教授に連絡したら研究員として雇ってもらうことができ、高齢者の心理に関する研究をしています。このまま成果が上がれば論文博士を取れるので大学で頑張っていこうと思っています。

心理学者への転職におすすめの転職サイト

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビ転職は幅広い業種と職種を全国レベルでカバーしている転職サイトであり、心理学者としてどの業界での研究に興味があるかに応じて適切な求人を選ぶことができるでしょう。

心理カウンセラーの職種に絞って求人検索を行うこともできるので、候補の職場を決めて自分で研究を行える職場かどうかを調べることもできます。

また、エージェントに相談しながら研究と業務を同時に行える職場を探していくことも可能です。

研究機関以外の場合には本来の業務に加えて自分で研究活動をすることになるため、勤務時間の長さも問題になります。

エージェントに相談すれば、その点も考慮してマイナビ転職が抱えている豊富な求人の中から働きやすい職場を探し出してもらえるでしょう。

マイナビエージェントの詳細ページはこちら