リクナビ薬剤師の電話はしつこい?電話連絡がしつこいときの対処法

リクナビ薬剤師の電話はしつこい?電話連絡がしつこいときの対処法

リクナビ薬剤師は大手人材会社リクルートグループが運営している薬剤師に特化した転職エージェントで、業界での知名度は高いです。

キャリアアドバイザーのサポート力も充実していて、高い人気を誇る転職エージェントになります。

しかし転職エージェントは「電話での連絡がしつこい」と言われることが多く、「リクナビ薬剤師も電話での連絡がしつこいのかな?」と不安に感じている方は多いのではないでしょうか?

この記事ではリクナビ薬剤師で電話連絡がしつこいのか、電話連絡がしつこいと感じる場合の対処法をご紹介します。

ぜひ、参考にしてみてください。

リクナビ薬剤師は電話での連絡がしつこい?

上記でもお伝えしたように転職エージェントは電話での連絡がしつこいと言われることが多いのですが、リクナビ薬剤師ではどうなのでしょうか?

結論からお伝えすると、しつこいと感じられる方はいると思います。

実際に利用した方の口コミを調査していても、「電話での連絡がしつこかった」「頻繁に電話があった」という口コミもあれば、「電話連絡がしつこくなかった」という口コミもあったため、キャリアアドバイザー・転職者によって感じ方は違ってくるでしょう。

「電話での連絡がしつこい」と聞くとデメリットに感じますが、サポートが手厚い証拠でもあります。しつこいほど、転職をサポートしてくれると考えられます。

「リクナビ薬剤師では電話での連絡がしつこいのかな?」と不安に感じている方は、一度利用してみることをおすすめします。

リクナビ薬剤師から電話がかかってくるタイミング

リクナビ薬剤師から電話がかかってくるということは、転職者に何かを伝えたいときになります。

用事もなく電話してくることはないでしょう。またリクナビ薬剤師から電話がかかってくるタイミングを把握していると「しつこい」を感じる可能性は低くなると思います。

リクナビ薬剤師から電話がかかってくるタイミングは下記の通りです。

  • 登録して1週間以内
  • キャリアアドバイザーとの面談
  • 求人紹介
  • 面接対策
  • 応募に関する合否
  • 書類の不備 など

リクナビ薬剤師ではスピーディーな対応に注力しているため、登録した当日・翌日にはキャリアアドバイザーから連絡があるでしょう。

その電話連絡で面談する日程を決めるため、必ず対応するようにしましょう。

リクナビ薬剤師の口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

リクナビ薬剤師で電話連絡が多い理由は?

リクナビ薬剤師は決して電話での連絡が少ないわけではなく、「しつこい」を感じられる方もいるほどです。

なぜ、リクナビ薬剤師では電話での連絡が多いのでしょうか?

電話での連絡が多い理由を把握することで不快になる可能性は低くなると思うので、電話での連絡が多い理由をいくつかご紹介します。

電話でのサポートが中心

リクナビ薬剤師は対面でのサポートではなく、電話でのサポートが中心になります。

拠点に足を運び求人紹介や面接対策をしてもらうのではなく、メールや電話でのサポートが中心です。

そのため電話での連絡が多くなってしまいます。

また「転職は人生を左右する大切なこと」とキャリアアドバイザーが認識しているため、メールではなく電話での連絡が多くなります。

さらにリクナビ薬剤師ではサポート力に注力していて、実際に他社よりもサポート力は優れているでしょう。

転職者のサポートをするときは電話になってしまうため、電話での連絡が多くなると考えられます。

リクナビ薬剤師では電話でのサポートが中心でサポート力にも注力しているため、電話での連絡が多くなります。

転職者が優秀な人材

リクナビ薬剤師のような転職エージェントには「非公開求人」というものがあります。

非公開求人とはサイトに公開されていない求人で、ベンチャー企業など即戦力になる人材を求めている企業が、あらかじめ高いスキルを持った人材を採用するために利用しているシステムになります。

キャリアアドバイザーが企業の求める人材にのみ、非公開求人を紹介します。

そのため転職者が優秀であればあるほど、非公開求人の条件に当てはまり紹介されることが多くなります。

そして結果的に電話での連絡が増えることになります。

電話での連絡が多いと「面倒だな」「しつこいな」と感じるかもしれませんが、それは客観的に高く評価されているということになります。

求人の紹介が多い場合は「魅力的な人材と思ってくれているんだな」とプラスに考えるようにしましょう。

電話連絡を無視するとどんなデメリットがあるのか

リクナビ薬剤師からの連絡がしつこいと感じていても無視することはおすすめしません。

キャリアアドバイザーは何か伝えたいことがあるから、電話をかけてきています。

そのため電話を無視することで、さまざまなデメリットが生じます。

反対に電話での連絡を無視してもメリットは生じないでしょう。

そして内定をもらった後の電話にも対応することが大切です。

「内定をもらったからもう関係ない」と考えていても、転職先の企業との会食をセッティングしてくれるということもあります。

内定後のサポートにも注力しているため、必ずプラスになる情報を伝えてくれます。

転職が完了した後でもキャリアアドバイザーからの電話には対応することをおすすめします。無視をしてもメリットがありません。

非公開求人には強みがある

リクナビ薬剤師からの電話連絡を無視すると、上記でお伝えした「非公開求人」の紹介も受けられないことになります。

電話を無視することで生じるデメリットに中でも非公開求人の紹介を受けられないことは大きなデメリットになるでしょう。

その理由は非公開求人が高待遇なことが多いからです。

非公開求人がサイトに公開されない理由の1つとして、サイトに公開することで応募が殺到して人材獲得までに時間がかかるからと言われています。

それほど非公開求人は高待遇なことが多いです。そんな非公開求人の紹介を受けられないことは大きなデメリットになるでしょう。

そして非公開求人は応募期間などは決められておらず、求めている人材を獲得できれば応募締め切りになるため時間との勝負にもなります。

キャリアアドバイザーからの電話に対応できなかった場合は、折り返すかメールで対応するようにしましょう。

電話連絡がしつこいときの対処法

電話での連絡が多い理由を把握した上でも「しつこい・不快」と感じることはあると思います。

そのような気持ちを我慢してまで転職活動をする必要はありません。

電話での連絡がしつこいと感じた場合の対処法をご紹介するので、参考にしてみてください。

担当者に伝える

1つ目の方法が「担当者に伝える」ということです。

正直に担当のキャリアアドバイザーに「電話での連絡を控えてほしい」と伝えましょう。

キャリアアドバイザーも悪気があってしつこく電話しているわけではありませんので、伝えることで電話の回数は少なくなるでしょう。

また「求人紹介はメールでしてほしい」「緊急な連絡だけ電話でしてほしい」と伝えることも可能です。

電話での連絡がしつこいと感じた場合は、正直に担当者に伝えましょう。

担当者を変更する

2つ目の方法が「担当者を変更する」ということです。

担当者に伝えることで電話の回数は少なくなりますが、「直接伝えるのはいや」「伝えた後が気まずい」という方は担当者を変更してもらいましょう。

しかし、担当者を変更しても電話での連絡が少なくなるとは限りません。

そのため新しい担当者と初めてコミュニケーションを取ったときに、「電話での連絡は少なくしてほしい」と伝えるようにしましょう。

上記でお伝えしたように「求人紹介はメールでお願いします」と伝えることも可能です。

担当者はリクナビ薬剤師に問い合わせることで変更できます。

転職活動だけに集中できる環境で、リクナビ薬剤師を利用しましょう。

リクナビ薬剤師を退会する方法と退会する際の注意点

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件