三井住友カードの転職難易度は厳しい?転職する方法や向いている人をご紹介

三井住友カードの転職難易度は厳しい?転職する方法や向いている人をご紹介

「三井住友カードに転職したい!」と考えた際に、金融業界で大手と言われている企業に簡単に転職できるのかな?と不安に思う方は多いのではないでしょうか?

この記事では、三井住友カードの転職難易度から転職する方法・転職を成功させつコツをご紹介しています。

また、三井住友カードの評判や向いているおすすめの人物像なども解説しています。

ぜひ最後までご覧ください。

三井住友カードの転職難易度は厳しい?

三井住友カードに転職する方法

三井住友カードとは三井住友ファイナンシャルグループから設立されたクレジットカード業界では、大手と言われる企業です。

三井住友系列(三井住友ファイナンシャルグループ)では、「三井住友銀行」「三井住友海上」「SMBC日興証券」など各業界でも人気の高い会社がありますが、その中で比べると三井住友カードへの転職難易度はそこまで厳しいレベルではないと言えます。

しかし、そもそも転職難易度が高いと言われる金融業界での大手企業なので、業界未経験の方だと転職することは難しいとも言われています。

ただ三井住友カードが募集している職種での必須スキルや知識・経験があれば、金融業界未経験でも十分に転職を成功させることは可能です。

ここからは三井住友カードへの転職を成功させるために、知っておくべきポイントを解説していきます。

【2021年最新版】日本の年収の中央値は437万円!中央値と平均は何が違う?

三井住友カードへ転職する方法

上記でお伝えした通り、転職難易度が高かったとしても、業界・職種に関するスキルがあったり、資格を新たに取得することで転職難易度を低くすることが可能です。

特に資格などは、取得合格の基準が定められているので、目に見えてわかりやすく採用担当者からの評価を受けやすいです。

こういったわかりやすい資格や今までに培ってきたスキルなどは、明確にアピールできます。

特に、三井住友カード側が求める資格を取得していると、転職難易度のハードルをグッと低くできます。

加えて三井住友カードへ転職する方法の1つとして、1日でも早く転職活動をスタートすることも大切です。

中途採用を募集している企業では、即戦力として迎え入れたいというだけではなく、「1年でも長く働いて欲しい」という思いがあるので、年齢が若くこれからの企業戦力となる人材を求めています。

三井住友カードの中途採用求人では、特に年齢は定められていませんが、できるだけ早く始めることで転職難易度を低くできます。

三井住友カードの求人が掲載されている求人サイト

全ての転職サイトで三井住友カードの求人が掲載されているわけではありません。

公式採用ページ以外で三井住友カードの求人を掲載している転職サイトは下記の通りです。

  • doda
  • エン転職
  • Indeed
  • 求人ボックス

この中でおすすめの転職サイトは「doda」です。dodaは「パーソルキャリア株式会社」が運営している業界最大級の転職サイトで、掲載している求人は7万件を超えています。

さらに求人の掲載に加えて、転職活動に役立つコラムなども豊富なので、三井住友カードへの転職を希望する方はdodaがおすすめです。

Indeedや求人ボックスでも三井住友カードの求人は掲載されていますが、求人サイトや企業ホームページから集めた求人を掲載している「求人検索ツール」になります。

つまり、どこの企業がどのような求人を出しているのかを詳細に把握するためには、dodaのような転職サイトを利用した方が良いです。

中小企業への転職はリスクあり!失敗しない企業選びの7つのポイントを解説します

三井住友カードの転職におすすめの転職エージェント

三井住友カードに転職したいと考える方に、おすすめの転職エージェントをご紹介します。

転職活動時は転職サイトだけではなく、転職エージェントも利用することをおすすめします。

三井住友カードへの転職率を上げるために、キャリアアドバイザーが面接対策やキャリアサポートなどを行ってくれるので、より転職活動がスムーズに進められます。

三井住友カードの転職におすすめの転職エージェントは下記の通りです。

  • リクルートエージェント
  • パソナキャリア
  • JACリクルートメント
  • doda など

そして、転職エージェントでは、面接対策や必要書類の添削など、転職に関することを幅広くサポートしてくれます。

担当のキャリアアドバイザーが1人付くので、働きながらでも転職を成功させられる可能性が高くなります。

非公開求人は、どの転職エージェントが取り扱っているのか分からないので、複数の転職エージェントに登録することをおすすめします。

複数の転職エージェントに登録することは規則違反ではありません。

三井住友カードの中途採用情報

三井住友カードの中途採用情報は、公式ホームページに常時掲載されています。

転職サイトに記載していない職種(ポジション)を掲載している場合もあります。

逆に三井住友カードの採用ページにはなく、転職サイトや転職エージェントのみに公開している中途採用情報もありますので、どちらもチェックしておくことをおすすめします。

三井住友カードが募集している職種

現在、三井住友カードが中途採用として募集している職種は以下です。

  • システム部門
  • アクワイアリング部門
  • マーケティング部門
  • 公認会計士
  • 弁護士

上記の職種が中途採用として三井住友カードが採用枠を設けており、各部門には担当職が細かく分けられています。

各部門の仕事内容は下記の三井住友カード公式サイト(職種一覧リスト)を見てみてください。

三井住友カードの企業基本情報

三井住友カードの企業情報は下記です。

設立:1967年12月26日(当時企業名 株式会社住友クレジットサービス)

  • 資本金:340億3千円
  • 代表者:代表取締役社長 大西 幸彦
  • 従業員数:2601名(2021年3月末日)
  • 株主:三井住友ファイナンシャルグループ
  • 本社所在地:東京都港区海岸1丁目2番20号 汐留ビルディング
  • 本店所在地:大阪府大阪市中央区今橋4丁目5番15号 銀泉淀屋橋ビル
  • 事業内容:クレジットカード業務、デビットカード・プリペイドカード・その他決済業務、ローン業務、補償業務、その他付随業務

三井住友カードは、SMBCグループの中核企業の1社です。ク

レジットカード業界では日本で初めてVISAカードを発行しており、業界の中でも大手企業として知られています。

三井住友カードの年収相場

三井住友カード

三井住友カードへ転職したいと考えたとき、気になるのは「どれだけの年収があるのか」と思う方は多いでしょう。

三井住友カードの年収相場は「664万円」と言われています。

日本の平均年収は約430万円と言われているので、平均以上の年収を期待できます。

給与面で社員満足度も高く、職種や勤続年数によって年収の変動はありますが、昇格など役職が上がったりなど、年収1000万円以上を達成することも可能です。

年収1000万以上の割合は5%!?目指せる職業と高給取りの落とし穴を解説

三井住友カードの福利厚生

気になる三井住友カードの福利厚生ですが、業界大手の企業ということもあり充実しています。

食事手当や家賃補助手当だけではなく、子供がいる家庭でも仕事に集中できるように託児補助金も手当として出されます。

他にも会員制の福利厚生サービスも充実していて、旅行先の宿泊費やレジャー施設の割引等もあります。

三井住友カードの評判

三井住友カードの評判を調べてみたところ、働きやすい環境ややりがいの面で良い口コミが多い傾向です。

「体育会系色が強い」という意見もあるので、目標達成など常に上を目指していく働き方をしたい方には合う社風と考えられます。

部署によっては「女性主力のチーム」もあり、男女問わず成長できる企業という女性からの意見も多かったです。

金融業界は、給与や福利厚生などの待遇、そして目標達成に至るまでの成長が最大の魅力です。

仕事に対するやりがいを求め、成果がわかりやすい職種を探している方は三井住友カードへ転職することを検討してみてはいかがでしょうか?

三井住友カードへの転職におすすめの人物像

金融業界の中で、銀行や証券会社ではなく、なぜクレジットカードを扱う企業を選ぶのか。そのポイントが大事です。

クレジットカードは利用するユーザーの方と、お互いに良いと思える関係を築き上げなければいけません。

三井住友カードへの転職におすすめの人物像は、「信頼できる人」です。

近年では、日本でもキャッシュレスが急速に進んでいるので、キャッシュレスサービスの大半を担うクレジットカードは社会的な使命があると言っても過言ではありません。

業務の中にもクレジット決済をスムーズに行うために、信販会社との調整を入念に行ったり、利用するユーザー側にトラブルが一切起きないように、「責任感」と「信頼感」が大切です。

この2つを兼ね備えている人であれば、十分にアピールできます。

こうした信念を持って働きたいと思う方は、一度転職エージェントに相談してみたり、どんな職種が募集中なのかを確認して、三井住友カードへの転職を検討してみてはいかがでしょうか?

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件