未経験から介護職への転職を成功させるコツ

介護職に対して多くの方は「専門的な知識が必要」であったり「仕事がきつい・仕事内容と給料が見合わない」なんてイメージを持っているのではないでしょうか?

そんなイメージを持っていると特に介護職が未経験の方は転職するのに不安や戸惑いが強くなってしまいますよね。

もちろん介護職で働くにあたって専門的な知識が必要な場面もあり、仕事がきついことだってあります。

ですが、実は介護業界は「未経験者の転職に向いている業界」なのです!

ただ、未経験者が転職を成功させるのは幾つかのコツが存在します。

今回の記事では知っておくべき介護職の「つらさ・やりがい」や介護職向きかどうかのチェックに「未経験から介護職への転職を成功させるコツ」などなど、様々な情報をお伝えします。

介護職を知り自分を知り、そして優良求人と出会う方法を知れば転職は高確率で成功します!

目次

まずは介護職を知り、自分を知ることから始める

まず行うべきは介護職について知ることです。

特に未経験者がどんな仕事をすることになるのかを調べてみましょう。

何の知識も無く介護の世界に飛び込んだとしても「思っていたのと違う」となってしまう危険は低くありませんが、前もって自分が行うことになる仕事を理解していれば、そんな失敗は起きないはずです。

そしてある程度でも未経験者にとっての介護職を知ることができたのなら、その中で自分が行いたいことと介護の世界に飛び込んでからの未来をイメージしてみるのも大切です。

未経験・無資格でもできる介護職の仕事

多くの方が勘違いしているのかも知れませんが、介護職は「未経験・資格なし」という方でも歓迎してくれる業界です。

実際に未経験で他の業種から転職してきたという方は非常に多いので、あまり心配しなくても大丈夫です。

生活援助 食事の準備や洗濯など生活に必要な作業の手助けなどを行う
身体介護 食事、着替え、排泄、移動など身体を動かす行動をサポートする
送迎 利用者の送り迎えなどを行う
事務 施設内の事務全般

上記が全てではありませんが、未経験者の方が行う可能性の高い仕事を挙げてみました。

特に「生活援助・身体介護」は多くの方がイメージする介護の仕事ではないでしょうか。

資格なしでも介護職に転職できる?すぐに取得できるおすすめの資格は?

自分がチャレンジしたい仕事、そして目指す将来の姿を想像しましょう

介護職の仕事内容がイメージができたのなら、次は自分自身の将来のことを考えてください。

この中で何ができそうで、どんな不安があるのかを考え「それでも自分は介護職にチャレンジしたい!」と思えたのなら、きっと大丈夫です。

将来的に資格取得を目指すのかなどを含め、介護職で働く目標も建てることができれば、転職活動自体もスムーズに行える様になりますよ。

介護職の現状把握で自分が転職すべきかがわかる!

介護職への転職に対して前向きになれたのなら、次は「介護業界の転職に関する現状」をチェックしてみましょう。

やる気は何よりも大切ですが、勢いで転職活動を行っても転職に向いていなかったとしたら時間と労力を消費するだけで終わりかねません。

そうならない為にも「自分は転職すべき人材かどうか?」を知ることは、かなり重要なポイントです。

介護職は女性の仕事?男性の転職は難しい?

介護職の現場で働くのはほとんどが女性というイメージがあるかも知れませんが、介護業界では男性も活躍しています。

施設によって違いはあるものの、介護業界全体で見ると働く方の2割から3割は男性です。

  • 洗濯などの家事的な仕事も多く、それらを得意とする方が女性に多い
  • 介護される側の心理として男性より女性の方が抵抗を感じないことが多い

上記の様な理由から女性が多く働いていますが、実際には力仕事も多く男性が頼られる場面も少なくはありません。

職場の雰囲気的にも男女が働いている方が良いと考え、積極的に男性を採用している施設も増えています。

まだまだ男性の割合が少ない現状は、逆に男性にとってチャンスとも言えますね。

転職可能な年代は?

介護業界で働く方の平均年齢は、業界全体では45歳程度です。

職種別だと介護職員で40歳前後、訪問介護を行うヘルパーだと50歳を超えています。

この様に業界の平均年齢自体は高めで慢性的な人手不足である介護業界では、40代や50代の方も就職先を見つけられる可能性は充分にあります。

ですが幅広い年代が転職しやすいのは「人手不足」が大きく影響していますので、人材が充分に確保される様になれば高めの年齢の方の転職は難しくなる可能性は否定できません。

そう考えれば、転職活動をスタートするのは早ければ早い方が良いのではないでしょうか?

正社員を目指すなら40歳未満がチャンス

介護職は「やる気」と「人柄」が重要視される仕事ですので、40代や50代の方も「仕事に向いている」と判断されれば歓迎されます。

ですが「正社員」での転職を希望するのなら40歳未満であることでチャンスが大きくなります。

資格の有無などの条件によって違いますが、未経験の場合は年齢が高くなるにつれ正社員への道は少しずつ厳しくなってしまいます。

もちろんですが、決して40代以上は正社員になれないというわけでは無いので、諦める必要はありませんよ。

派遣やパートでも可なら幅広い年齢層が転職可能

派遣やパートとしての働き方を目指すのなら、年齢は大きな問題では無くなります。

介護職は派遣での求人が非常に多く見つかるので、正社員に拘らないのであれば仕事を見つけるのは決して難しくありません。

未経験・資格なしの方は派遣やパートとして経験を積みながら資格取得を目指し、自信が付いてから正社員としての雇用を目指すという方法がおすすめです。

「いきなり正社員で働くよりは、一旦は派遣やパートとして働いてみる方が気持ち的に楽」と考え転職する方も多くいらっしゃいますよ。

高収入を目指すなら、あえて夜勤専従という働き方も

老人ホームなど入居型の施設の場合は夜間でも職員がいなくてはいけませんので、夜勤で働く人材が必要です。

シフト制で夜勤を行う職場が多いのですが、中には「夜勤専従」の求人を募集している場所もあり、未経験でも応募可能な求人も存在します。

ちなみに夜勤は得られる収入も多く、マイペースで働きやすいというメリットもあります。

ですから夜型や体力的に自信のある方で、高収入な介護職をお探しなら夜勤専従という選択肢もアリですね。

介護職で働く前に知っておくべき「介護職のつらさ」

これからの高齢化社会の中で、介護職の必要性はどんどんと大きくなっていきます。

そんな風に間違いなく将来性の高い仕事なのですが、他の仕事には無い「つらさ」も存在しています。

大きな期待を抱いて転職をしたものの、そのつらさの前に働くのに疲れてしまうこともあるはずです。

でも、今から知っておき心構えをしておくことで、乗り越えられる可能性も高くなるはずです。

本格的な転職活動を始める前に「介護職のつらさ」を知っておきましょう。

3K(きつい・汚い・危険)職場にもなり得る

施設利用者に対して食事や排泄を手伝うのは介護職の重要な仕事です。

また椅子やベッドへの移動のサポートなどは予想以上に体力も使います。

もちろん様々な道具やテクニックを使うことで負担を少なくすることができるのですが、いわゆる3K職場的な側面があることもしっかりと理解しておく必要があります。

仕事内容に対して給料が安い

決して楽な仕事でないのが介護職ですが、仕事内容に見合ってるとは言えない収入になるかも知れません。

また資格取得などを行わないと年収が上がりにくい施設もあり、高収入を初めから期待するのはおすすめできません。

政府も介護職の必要性を理解し待遇の改善に向けて動き始めていますが、収入面では過度の期待はしない方が良いでしょう。

介護職の平均月収をチェック!

厚生労働省が平成26年10月に調査したデータによると、介護職の平均月収は下記の様になります。

無資格 19万円
介護職員初任者研修 21万円
介護福祉士 24万円

勤務年数や与えられているポジションによって、同じ介護福祉士の資格を持っていても月収は当然違ってきます。

サラリーマンの20代前半で20万円を超え、30代になると30万円以上と言われていますので、月収の平均を比較してみると少なく感じてしまいますね。

自由な時間が少ない

介護職では毎日の様に残業となり、定時に帰れるのは稀という職場もあります。

入居型の施設の場合は24時間365日、誰かが働いていなくてはなりませんので休日もシフト制になり夜勤で働くことになるかも知れません。

そんな日々が続いてしまうと「時間に余裕がない・自分の時間が持てない」となってしまいます。

仕事に慣れていく中で余裕も出てくるはずですが、それまでは少し大変に感じてしまう方が多い様です。

利用者や家族によるクレーム・職場の人間関係

人間相手に仕事をすることが多い介護職では、利用者や家族からのクレームを受けてしまうことがあります。

一人一人の要介護者に対して最適なサービスを行う必要があり神経も使いますが、それでもクレームを受けてしまうとストレスも大きくなってしまいます。

またストレスが溜まりやすい仕事なのも影響して、職場内の人間関係に苦労することも考えられます。

介護職だからこそ感じられる「介護職のやりがい」

幾つもの「つらさ」があるのは事実かも知れません。

それでも多くの方が介護の仕事を続けていられるのは、介護職だからこそ感じることができる「やりがい」が存在しているからです。

この「やりがい」に魅力を感じ頑張ることができれば、つらさに負けず働くことができるかも知れませんよ!

たくさんの「ありがとう」を受け取れる

普段の生活や他の仕事では「ありがとう」と言われることは多くはありません。

ですが、介護職では利用者やその家族から感謝の気持ちを向けてもらえることも少なくはないのです。

仕事として行っている以上は、お礼の言葉や感謝の気持ちを目当てに働くことは良いこととは言えません。

でも、いつもどおりに頑張っている時にふと向けられる感謝の気持ちは、「介護職で働いていて良かった」と嬉しい気持ちにさせてくれるはずです。

そんな気持ちになれる仕事はそんなにはありませんよね。

人の役に立っていることが実感できる

「人の役に立ちたい」という考えを持つ方は介護職にとても向いている人材です。

皆さんがサポートすることで日常生活が過ごしやすくなるだけでなく、介護される方たちには笑顔も増えるはずです。

そんな姿を見た時には、人の役に立てていると実感することができます。

これも他の業界ではあまり感じることのできない、「介護職だからこそのやりがい」の1つです。

将来性が高く長く活躍できる

これからの世の中で介護職が更に必要とされていくのは確実で、この先は決して無くなることのない仕事の1つと言えます。

そして、この仕事は経験を積めば積むほどに活躍することができます。

ですから、しっかりと経験を積んでいけば長く活躍することができるんです。

多くの仕事では、ある程度の年齢になれば第一線を退くことになりますが、介護職では長く第一線で働くことが可能です。

自分の生活にも学んだスキルが活かせる

もし自分の家族に介護が必要な時がきたとしても、仕事上で得た経験が大きく役に立つはずです。

そして、自分が介護される側になった時も介護する人の大変さを理解し感謝の気持ちを持って接することができるはずです。

介護職の現場で得た経験は、仕事を辞めた後であっても無駄になることは無いのです。

あなたはどうですか?介護職向きの人材チェック

介護職で活躍するには「やる気」がとても重要です。

でも、気持ちだけではどうにもならない時もあります。

これからご紹介する項目を多く満たしている方は「介護職に向いている」可能性が充分です!

そんな方は介護職へ今すぐにでもチャレンジしてください!

人とコミュニケーションを取るのが好きな人

人が人を相手にサービスを行う介護職ではコミュニケーション能力がとても重要です。

誰に対してもぶっきらぼうな人よりも、にこやかで気遣いのできる人の方が介護される側の方と上手くいくのは当然です。

話上手であったり聞き上手な方は、施設の利用者からの信頼を得やすく場の雰囲気も良くしてくれます。

技術的なことも介護職で働くには大切ですが、「人柄の良さ」は何よりも役立つ能力です。

体力に自信がある人

別にムキムキである必要はないのですが、体力がある方も高く評価され介護職に向いていると言えます。

移動やお風呂のサポートなど体力を使う仕事も多く、女性が多い介護職の仕事場では体力がある方は頼りになる存在です。

体力自慢で無いとダメということでは無いのですが、身体を動かすことが好きな方が活躍できる場面も少なくありません。

責任感と忍耐力がある人

仕事を途中で投げ出さず、最後までやり遂げる責任感のある方は介護職に向いています。

ストレスに感じてしまう場面も少なくはありませんので、忍耐力や我慢強い方も働きやすいはずです。

ですが何があっても我慢しなくてはいけないわけではなく、あまりにも目に余る方がいた場合には後から上司に相談するなりしても全く問題ないということもお忘れなく。

未経験者が介護職への転職を成功させるコツ!

転職は人生を左右するかもしれないイベントです。

応募先を気軽に決めては後悔するかも知れませんし、あまり悩み過ぎてもチャンスを逃しかねません。

何となく求人票を見つめているだけでは転職を成功させることは難しいですが、これから紹介する「転職を成功させるコツ」をチェックすれば転職を成功させられる確率は高くなるはずですよ。

働きやすい転職先の選び方

働きやすいと感じる条件は人それぞれ違います。

ですから、働きやすい転職先を見つけるには「自分が求める条件を書き出し優先順位を付ける」ことが大切です。

書き出すことによって、気になった求人票と見比べ応募するかどうかの判断もしやすくなります。

  • 土日休める職場が良いのか?
  • 高い収入を求めるのか?

幾つかの譲れない条件をはっきりさせることで、応募先選びも捗るはずです。

可能であれば見学も!

求人票で見ると働きやすそうに見えても、実際に訪れてみるとそうでもないことも。

そうならない為には前もって施設の見学を行うのがおすすめです。

清潔さや整理整頓具合を見るだけでもしっかりした職場かがわかりますし、雰囲気を感じることができます。

後でご紹介する転職エージェントを活用すれば、施設の見学もスムーズに行なえますよ。

面接での自己PR方法

現在働いている職場の仕事の中で何か少しでも介護の現場で活かせるものがあるのなら、具体例を挙げて説明しましょう。

それ以外にも仕事上で残した結果を伝えることで「きちんと仕事ができる人間」だと判断してもらえる可能性があります。

また面接では志望動機についても聞かれるはずですが、応募先に感じている魅力を具体的に説明し、自分が転職することで何ができるかを完結に伝えてください。

未経験者にとって、転職エージェントは強い味方になります!

未経験者の方が介護職への転職を成功させるには「転職エージェント」に頼ってください。

特に介護職に強い転職エージェントを選ぶことで、応募先選びに関する疑問や様々な心配事まで相談することができます。

転職を成功させるコツとして必要な情報収集や面接対策もプロの目でサポートしてくれます。

初めての業界への転職活動を一人で行うのは、時間もかかり上手くいく保証もありません。

ですが、介護職に強い転職エージェントを使えば負担はとても小さくできます。

転職エージェントを使うべき理由

  • 業界情報に詳しい
  • 希望条件に合う職場を探し紹介してくれる
  • 書類の添削や面談対策が受けられる
  • 求人票だけではわからない詳細情報を教えてくれる
  • 転職に関する悩みを何でも相談できる

転職エージェントではこんな風に色んなサービスを受けることができます。

どれもこれも転職を成功させるのに重要でだったり、あると嬉しいサービスばかりですよね。

だからこそ、転職エージェントの利用がおすすめなのです。

介護職が未経験の方におすすめしたい転職エージェントはココ!

初めて介護の世界に挑戦する方は、これから紹介する4つのサイトから頼る場所を選んでください。

どれも介護職の転職に特化していて、未経験の方に対する求人紹介や特別なサービスが準備されているサイトばかりです。

この4つのサイトを使えば、失敗のない介護職への転職が行えるはずですよ。

キャリアップ応援制度で無料で資格が取れる!「かいご畑」

かいご畑

未経験OKの求人が多いのも特徴ですが、働きながら0円で介護資格が取れる「キャリアアップ応援制度」が大好評です。

通常なら7万円以上の受講料が必要な「介護職員初任者研修」や13万円以上の費用が必要となる「実務者研修」が何と受講料0円(テキスト代別途)となる嬉しすぎるこのサービスは、かいご畑を通して転職を完了するだけで利用可能なんです。

働きながら費用面の負担無く資格取得ができますので、資格も欲しいとお思いなら「かいご畑」をご利用ください!

未経験でも働きやすい求人が豊富!「きらケア介護求人」

きらケア求人

スピーディーに求人紹介を行ってくれますので、短期間で転職を終えることが可能です。

派遣の求人も多く「まずは派遣で!」とお思いの方にも最適なサイトです。

転職を完了した後のサポートも万全で、福利厚生サービスの利用やキャリアアップに関する支援なども継続的に受けることができ頼りになります。

「きらケア介護求人」の転職支援サービスへの申込みがスマホから1分ほどで行えるので、今すぐに転職活動を始めることができますよ。

きらケア介護求人の詳細ページ

頼りになるエージェントが最適な職場をマッチング!「クリックジョブ介護」

クリックジョブ介護

利用者満足度ナンバーワン(日本メディカル調べ)に選ばれた「クリックジョブ介護」では、頼りになるエージェントが求人紹介や面接対策などバッチリとサポートしてくれます。

転職先を決めるのは詳細な情報が必要となりますが、クリックジョブ介護では「離職率・雰囲気・評判」など通常の求人票では知ることのできない、だけど転職先を決めるのに重要な情報を教えてくれます。

「面接ごとに交通費として1,000円支給」という、ちょっと嬉しいサービスも好評です。

クリックジョブ介護の詳細ページ

介護職に強い転職エージェントの活用こそが「未経験で介護職へ転職する」最大のコツ!

未経験で介護職に転職を成功させるコツやおすすめサイトをご紹介しましたが、一番のコツと言えるのは「頼りになる転職エージェントを使う」ということです。

介護職に詳しい転職のプロは、当然かも知れませんが知識も豊富です。

そんなプロに無料で頼れるのに利用しないなんて、とっても勿体無いですよね。

ですから、思いっきり頼って介護職への転職を成功させちゃってください!