介護リラの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

介護リラの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

求人情報 30,000件以上
非公開求人 なし
直接面談 なし
履歴書添削 なし
面接対策 なし
タイプ 求人検索型
対象エリア 全国

介護リラは介護職として転職先を探したいという人のための求人サイトです。全国シェアのあるサイトなので利用者も多いですが、口コミでの評価はどうなっているのでしょうか。そのメリットやデメリット、特徴などを把握しておきましょう。

一目で分かる介護リラの評判

サポートは手厚い
相談はしやすい
嘘はつかない
第二新卒でも使いやすい
対応は丁寧
色んな職種に転職できる
求人量は多い
たくさんの求人を紹介してもらえる
サイトは利用しやすい
在籍中でも利用しやすい
電話連絡はしつこくない

介護リラの口コミ一覧

私は就職のときに人とのコミュニケーションを大切にして働きたいと思っていたので営業職を希望しましたが、実際に働いてみるとあまり自分に合っていない気がしてきました。営業成績が上がらないせいで収入も増えず、他にどんな仕事があるかと探していて転職イベントで興味を持ったのが介護職でした。どんな求人があるかと思って最初に使ったのが介護リラで、自宅近くの施設からの求人があったので試しに応募してみました。まさか一発で採用になるとは思いませんでしたが、合わない仕事から脱却できてやりがいのある仕事に従事できるようになって良かったと思います。
25歳 女性 商社の営業職
介護事務系の資格を取得して有料老人ホームで働き、育児と仕事を両立させてきましたが、現場にいてヘルパーの方が自分に向いているのではないかと思うようになりました。同じ施設では異動には対応してくれなかったので介護リラを使って転職先を探し、今までよりも少し高い待遇で採用してもらえる施設を見つけることに成功しました。この年収は基本給ベースなので残業も含めるともっと稼げると思ってワクワクしています。
31歳 女性 介護事務

ヘルパーとして働きながら研修も受けてついに介護福祉士の資格を取ったのに、前職の職場からは何も特別な手当ももらうことができませんでした。モチベーションが下がってしまって、もっと資格を活かせる職場で働きたいと思ったのが介護リラを使ったきっかけです。介護福祉士に資格手当を出してくれるだけでなく、リーダーとしての待遇をくれる職場を見つけられてやりがいが出てきました。

35歳 女性 ヘルパー

ずっと専業主婦で過ごしてきて、この年齢になってどんな仕事ができるかと思っていたところ、知人に介護職を勧められました。介護リラもその知人の勧めで利用した求人サイトです。扶養範囲内で働けるパートの仕事を探してみたら、かなりたくさんあって驚きました。未経験者でも歓迎という売り文句があるところに三つまとめて応募したら、どこからも来て欲しいと言ってもらえてとても嬉しかったです。特に初心者教育が充実している施設を選んで働き始めることができました。
44歳 女性 専業主婦

介護リラのメリット

  • 全国のどこでも豊富な求人がある
  • 掲載されている求人の大半が正社員の募集になっている
  • 特集記事から転職先を探せる

全国のどこでも豊富な求人がある

介護リラは全国に対応している求人サイトで、業界でもトップクラスの求人掲載数になっているのがメリットです。

介護の需要は全国的に高いのは確かですが、求人サイトによっては東京や大阪などの都心近くでは求人が多く、地方になるとほとんど求人がないということも珍しくありません。

しかし、介護リラでは地方でもかなりの数の求人を掲載しているので、どこに住んでいる人でも通える範囲内で仕事を見つけることができるでしょう。

北海道から沖縄まで広く豊富な求人があり、広いエリアで施設展開をしている大手法人の求人も少なくありません。安心して働ける職場を探したいという人にとって介護リラには大きな魅力があるでしょう。

掲載されている求人の大半が正社員の募集になっている

介護リラでは正社員、パート、派遣の三つの雇用形態の求人を取り扱っています。その中でも正社員の募集が8割以上を占めているのがメリットです。

働くからには社会保険が充実していて、各種福利厚生もしっかりと受けることができ、さらに雇用も安定している正社員が良いというケースは多々あります。

パートや派遣で働くよりも責任を求められる仕事に従事するのは確かですが、生涯をかけて介護業界で働いていきたい人にとっては適度なプレッシャーになる程度でしょう。

介護系の求人サイトにはアルバイトやパートを中心としているところや、派遣専門のところもあります。正社員として働きたい人にとっては介護リラは有用な求人サイトなのです。

特集記事から転職先を探せる

転職先をどのようにして探すかは転職活動をするときの大きな課題ですが、介護リラでは特集から探すことができます。

介護リラが独自の特集記事を作っていて、取り上げられている内容を説明しながら転職先の候補を挙げてくれる仕組みになっているのです。

例えば、未経験歓迎、主婦が活躍中といった経験やキャリアから考えて転職先で悩みがちな人のための特集があります。

また、年間休日多め、福利厚生充実といった特集もあり、プライベートを充実させたいという人も魅力的な候補を探しやすいでしょう。

介護職は給料が低いと言われていますが、高額給与の正社員の募集も特集になっていて、キャリアがある人なら年収アップも目指すことが可能です。

介護リラのデメリット

  • 特にサポートサービスは受けられない
  • 詳細情報の充実度に差異がある
  • 求人情報の管理が行き届いていない

特にサポートサービスは受けられない

介護リラは自分で検索システムや特集記事からのリンクなどを使って求人を探して応募する仕組みになっています。

エージェントサービスのように幅広いサポートを受けることはできないのはデメリットでしょう。自己分析やキャリアプランニングのための相談をすることも、マッチングをしてもらうことも、書類作成や面接対策のサポートを受けることもできません。

自分で全て考えてやらなければならないのは大きな負担になることもあるので注意しましょう。

応募のときにも本当にこの施設で良いのかと不安になり、なかなか決断できないこともあるかもしれません。そのときに気軽に相談できるようなサービスもないということは理解しておきましょう。

詳細情報の充実度に差異がある

基本的には介護リラを使う場合には応募するかどうかを判断するときに詳細情報のページを参照することになります。

その内容の充実度が施設によって異なっているのもデメリットです。フォーマットが定まっていて、多かれ少なかれ何かは記入されていますが、その分量はどこも同じというわけではありません。

詳細がよくわからないからやめておこうと思った施設が、実は自分に合っているところだったというケースもないわけではないでしょう。

安直に掲載されている情報だけから施設の良し悪しを判断してしまうと、もっと良い選択肢があったのにと後悔してしまうリスクもあるということは覚えておくと良いポイントです。

求人情報の管理が行き届いていない

求人の詳細情報の管理が必ずしも行き届いているわけではないのも介護リラを使うデメリットです。

詳細ページに掲載されている写真は実は数年前のもので、今は施設の建物にもだいぶ年季が入っていたり、スタッフがほとんど入れ替わっていたりすることもあります。

応募してみたら実はもう募集が終了していたというケースもあるのが実態です。無料で利用できるサービスで、3万以上もの求人があることから完璧な管理をするのが難しいのは確かでしょう。

特に募集終了した求人が少なからずあることは念頭に置いておく必要があります。

介護リラで転職するまでの流れ

  1. 求人検索
  2. 詳細内容の確認
  3. 応募
  4. 面接選考
  5. 内定と入職

介護リラを使って転職するときにはどのような流れになるのでしょうか。求人情報を自分のペースで探して応募できるのは介護リラの魅力なので、人によってやり方には多かれ少なかれ違いはあります。ただ、一般的な流れはほとんど同じなので確認しておきましょう。

求人検索

介護リラを利用して転職しようという場合には自分で求人検索をかけることから始まります。

エリア、雇用形態、職種の他、働く上でのこだわり条件を選んで検索をかけることで候補リストを表示することが可能です。

その内容を見て良し悪しを判断していくか、条件をより厳しくするかして候補を絞りこんでいくのが最初に必要なプロセスです。

詳細内容の確認

興味がありそうな介護施設からの求人が見つかったらリストから詳細ページへと移って内容を確認します。

給与や勤務日数、福利厚生などの基本的な求人情報に加えて、施設からのメッセージや施設の概要なども紹介されているのでよく読んで応募するかどうかを判断することになります。

注目すべきポイントや職場の雰囲気なども簡潔にまとめられているのでイメージをしやすいのが特徴です。

応募

この施設で働いてみたいというものが見つかったら応募することになります。

応募するときには詳細ページからエントリーをクリックし、かんたん応募フォームに入力するか、電話で連絡するかの二つから選ぶことが可能です。

ウェブフォームに入力する場合には、会員登録しておくと何度応募するときでも同じ内容を自動入力できます。

また、電話に対応していない施設もあるので詳細ページで確認しておきましょう。

面接選考

ウェブフォームの記入内容や電話でのやり取りから面接をするかどうかが決まります。

面接選考の日時調整を行って、現場に行って経営者や働いているスタッフとの面接を受けるというのが次の段階です。

一回か二回の面接が設定されているのが通例で、そのどちらかのタイミングで施設見学を行えることもあります。

内定と入職

面接選考の結果として採用したいということになると内定通知を受けられます。

入職日や条件などの交渉をして最終的な合意を得ることができたら、入職日に必要書類を持参して職場に行くことで入職は完了です。

すぐにその日から始められる職場もありますが、研修を受けてから現場に立つということもあるのであらかじめ確認しておくようにしましょう。

介護リラはどんな人におすすめ?

状況別おすすめ度
3.83
求人数
(5.0)
大手
(4.0)
地方
(4.0)
エージェント
(3.0)
ハイクラス
(4.0)
第二新卒
(3.0)

介護リラは介護施設で働きたいと考えている人の中で、自分で求人を探して自由に応募したい人に向いている求人サイトです。

求人情報の充実度は施設によって違いますが、どれも写真が充実しているので詳細ページを見るだけでどんな施設かをイメージしやすくなっています。

また、オンラインで簡単に応募できる仕組みなので、興味のある施設があったら気軽に応募することが可能です。

たくさんの施設に応募して比較し、より良いところを選んで働きたいという人に向いています。

初心者でも経験者でも、有資格者でも無資格者でも適切な求人を見つけられる可能性が高いので、主体的に求人を探せる人なら介護リラがおすすめできます。

【介護】絶対登録すべきおすすめ転職サイトランキング【口コミで比較】

介護リラの運営会社はどんな会社?

介護リラの運営会社は株式会社ティスメです。ティスメの所属するTSグループは建設業界、医療業界における人材の派遣や紹介を中心事業としてきましたが、2014年にティスメを設立して介護や保育などの広い職種の転職支援や求人紹介を担うようになりました。

介護職だけでなく理学療法士や薬剤師、看護師や保育士などの転職をサポートしているのが特徴です。

転職エージェントサービスも行っているほか、派遣の人材紹介業も行っていることから施設と人材のマッチングに長けています。

そのネットワークの広さを活用して介護リラでは業界でもトップクラスの求人数を誇っているので、自分に合っている求人を探したいというときに有効活用できるでしょう。
介護リラでどんな仕事があるかを探してみよう
介護リラでは介護職に向けた求人がたくさん掲載されていて、全国どこでも転職先を探せるのが魅力です。

特集もあってこだわりに合った転職先を探しやすく、応募も簡単に行える仕組みが作られています。

自分だけで転職活動を進めなければならないという大変さはありますが、自由に応募できるとポジティブに捉えて介護の仕事を探してみましょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件