介護職から転職したい方におすすめの職種と転職対策を徹底解説!

介護職から転職したい方におすすめの職種と転職対策を徹底解説!

「介護の仕事がきつい」「職場の人とうまくいかない」などの理由で、介護職からの転職を考える人も多いようです。

しかし介護の経験がどんな仕事に活かせるのか、そもそも転職できるのかという点も、介護以外の仕事についたことがない人には分かりませんよね。

この記事では、介護職からの転職にオススメの職種と、転職を成功させるための対策を徹底的に解説しています。

転職活動は時間も体力もお金もかかりますので、しっかりと対策をとった上で転職を成功させましょう。

介護職の人が転職する理由3パターン

介護業界から転職を目指す人は少なくありません。

「介護職を辞めたい」と感じてしまう原因は、以下の3つが多いようです。

職場の人間関係でのストレス

介護職は他業種と比べると、人との関わり合いが多い仕事です。

職場によってはストレスが蔓延して、ピリピリしたムードで働いている人も多いでしょう。

さらに入居者からの暴言や暴力を受ける職員も少なくありません。

ある短期大学の調査では、68%の職員が「入居者から不快な対応を受けた経験がある」と回答しています。

これは2010年の調査結果ですので、要介護者が増え続けている今、被害者はもっと増えているかもしれません。

シフトや業務がキツイ!

介護職は日勤と夜勤の2交代制というシフトが多く、施設によっては、早番・遅番・日勤・夜勤というパターンもあります。

また一般的な会社員と違い、平日勤務の土日休みという仕組みではありません。

居住型の介護施設の場合は、土日や夜も関係なくシフトが組まれるため、体力的にキツイ労働条件が強いられます。

もっともキツイと言われているのが「16時間夜勤」と呼ばれるもので、17時〜翌日10時までというような勤務体系です。

仕事が終わると1日半は休めるのですが、深夜にずっと働き詰めというのは、年齢を重ねるごとに疲労も深くなってくるでしょう。

給料・待遇などによる職場への不満

厚生労働省の調べによると、平成30年度の介護職員の平均給与は25.9万円です。

これは夜勤手当や資格手当が含まれた賃金ですので、労働条件の低さが納得できると思います。

仕事が楽しくやりがいがあったとしても、生活のために辞めざるを得ないという人もいるようです。

参考:厚生労働省 「平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果」
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kaigo/jyujisya/19/dl/30kekka.pdf#page=115

介護職を辞めたい理由ランキング!辞められない人の対処法

介護職から転職したい方におすすめ職種5選!

「次にやりたいことが決まっている訳じゃないけど、とりあえず辞めたい」という人に、オススメのお仕事を紹介します。

パソコンスキルが活かせる!一般企業の事務職

介護の仕事に疲れたという人には、体力いらずで精神的なストレスも少ない事務職がオススメです。

仕事内容は社内の事務処理がメインで、基本的にデスクワークになります。

パソコンを使って仕事をするため、ワード・エクセルなどのソフトがひと通り使えれば問題ありません。

会社によっては残業が発生することもありますが、働いた分は残業代としてきちんと受け取れます。

事務職の転職におすすめの転職サイト・エージェントランキング

未経験でもOK!IT・Webエンジニア

IT業界も介護業界と同じく、人手不足が深刻です。

そのため経験がなくても採用される可能性が高く、働きながらスキルを身につけることができます。

インターネットの普及はまだまだ衰えることなく、今後もエンジニアの需要は高まっていく勢いです。

経験を積むごとに知識も広がり収入も上がっていくため、将来も安定して働き続けることができます。

エンジニア転職厳選8社!200社以上から選んだおすすめ転職サイト・エージェントランキング

面倒見の良さを発揮!保育士

介護職の経験が活かせる職場として挙げられるのが、保育園や託児所などで働く保育士の仕事です。

保育士になるには試験を受ける必要があり、受験するのにもさまざまな条件があります。

しかし保育補助であれば、資格がなくても保育に携わることができます。

仕事内容は、保育士さんのサポートや食事の準備、教材の準備や片付けなどが主な仕事です。

保育士に絶対おすすめの転職サイト人気ランキング【口コミ徹底比較】

資格いらず!一般企業の営業職

介護職と同じように、営業職も未経験OKで募集されていることが多いです。

資格も不要で、介護職で培ったコミュニケーション力を活かして働くことができます。

営業は自社の商品やサービスを顧客に紹介し、契約をもらうのが仕事です。

商品・サービスの知識は、入社してから研修などで学ぶことができます。

最初は先輩の営業と一緒に客先に同行することが多く、徐々に仕事が覚えられるので安心です。

営業職におすすめの転職サイト・エージェントランキング

アパレルなどの販売職

アパレルや雑貨、家電などの販売職も、間口が広い職種です。

介護職を経験した人であればコミュニケーション力も高く、接客に向いていると思われることも多いため、転職しやすいでしょう。

アルバイトや派遣社員の募集をしていることも多いので、まずは短期で働いてみて、合う合わないを見極めるのもいいかもしれません。

別の介護職に転職するのもアリ

「転職はしたいけど、介護の仕事は続けたい」という人も多いと思います。

そんな人は職場を変えるだけで、今の悩みが解決する可能性もありますので、慎重な職場選びが大切です。

「夜勤がキツい」「体力的に続けられない」という人に、オススメの職場は以下の2つです。

  1. 訪問介護
  2. デイサービス(通所介護)

1. 訪問介護

訪問介護とは、別名ホームヘルパーとも呼ばれ、施設ではなく利用者の家を訪れて、食事や入浴など身の回りのお世話をするのが仕事です。

1人の利用者宅に長時間いることもありませんし、自分のスケジュールやペースに合わせて働くことができます。

2. デイサービス(通所介護)

夜勤がきつい人には、デイサービスがオススメ。介護度も比較的軽い利用者が多く、レクリエーションなどを通して楽しく関わることができるでしょう。

夜勤がなくなった分、収入は減るかもしれませんが、仕事とプライベートの両立ができます。

介護職から転職したい方におすすめの転職対策

転職は人生の一大事です。しっかりと対策をとって、失敗しない転職を行いましょう。

辞めるタイミングをしっかり見極める

「今すぐ辞めたい!」と、後先考えずに退職するのはNGです。

タイミングを間違えて、なかなか就職先が見つからずに空白期間が長くなると、転職自体が難しくなってきます。

一般企業では年末や3月の年度末は決算時期というものがあるため、その時期の転職はオススメできません。

社員が1年で一番忙しい時期で、転職してもしっかりとした教育が受けられなかったり、激務についていけなかったりする可能性もあります。

ボーナスをもらう前や貯金がないときは避ける

これまで働いてきた分は、きっちり報酬として貰って辞めることが賢明です。

ボーナス時期である7月、8月や12月までは働いてから辞めましょう。

求人自体も、4月、9月スタートのものが多いので、そのタイミングに合わせて辞めると、仕事の選択肢が豊富です。

気になるのは貯金額ですが、最低でも3ヶ月、できれば半年間の生活費を貯めてから辞めるのがベスト。

貯金がまったくない人は貯めてから辞めないと、焦って転職に失敗してしまうかもしれませんよ。

働きながら転職活動をする

転職サイトなどに登録しておくと、自分が設定した条件にあった求人が出たら、お知らせしてくれる機能があります。

求人の進捗は多いところで毎日更新されていますが、仕事をしながら1件1件見ていくのは一苦労です。

まずは登録だけしておいて、どんな求人があるのかをこまめにチェックしてみましょう。

書類選考が通れば、有給や半休を使って面接にいくことになります。平日がお休みという人であれば、直前まで職場の人にバレずに転職活動ができます。

働きながらの活動の場合、最悪いい転職先が見つからなくても食いっぱぐれはありません。

「保険」という意味でも、仕事継続しながら転職活動をするのがオススメです。

情報収集を怠らない

転職の失敗事例に多いのが、情報収集不足です。

企業のホームページだけを信用していると痛い目に合う可能性が高いので注意しましょう。

今は口コミサイトなども多いので、そういったサイトをチェックするのがオススメ。

介護職を続けたい人は、「介護のほんね」や「老人ホームマップ」などの口コミサイトをチェックしましょう。

利用者やその家族、施設見学に訪れた人や働いていた人からの口コミがたくさん寄せられています。

自分が働くかもしれない職場ですので、しっかりと確認してから応募するようにしましょう。

総合型の転職サイトを利用する

転職サイトには、「総合型」と「特化型」があり、特化型は特定の業界や職種をターゲットにした転職サイトです。

総合型では幅広い業界や仕事を扱っているため求人案件が多く、さまざまな業界の情報が収集できます。

どんな仕事に就きたいか悩んでいる人であれば、総合型の転職サイトを利用して情報を集めてみましょう。

介護職から転職したい方におすすめの転職サイト・エージェント3選

doda

doda

株式会社パーソナルキャリアが運営する転職サイト「doda」。

求人数が業界の中でもダントツで、転職者満足度にも定評があります。

大きな特徴のひとつが、仕事探しができる「転職サイト」と、アドバイザーによるサポートが受けられる「転職エージェント」、求人を紹介してもらえる「転職スカウト」、この3つのサービスが同時に利用できます。

全国的に行われる転職フェアも定期的に開催しているため、地方の方にもオススメのサイトです。

doda詳細ページ

リクルートエージェント

リクルートエージェント

株式会社リクルートキャリアが運営する、国内最大級の転職エージェントが「リクルートエージェント」です。

知名度とブランド力のおかげで求人件数も多く、登録者しか知ることができない非公開求人は、およそ10万件にも及びます。

求人の質の高さに定評があり、とくに営業職とITエンジニアの求人が豊富に揃っています。

介護職の経験を活かして、営業や接客業に転職しようと考えている人にオススメです。

リクルートエージェント詳細ページ

マイナビエージェント

マイナビエージェント

人材サービス大手の株式会社マイナビが運営している転職サービスが、「マイナビエージェント」です。

対応エリアは全国で、利用者は20代〜30代が中心となっています。

キャリアアドバイザーによる、転職者一人ひとりへのサポートが充実していて、面接対策や職務経歴書の指導も的確。

丁寧なカウンセリングで、あなたに合いそうな求人を提案してくれます。

転職サイトは1社だけでなく、最低でも2社は登録して、比較しながら自分にあった方を選ぶようにしましょう。

マイナビエージェント詳細ページ

介護職から新しい道を目指して転職活動を成功させよう

介護職から転職したいと悩んでいる人は大勢いますので、後ろ向きにならず希望を持って転職活動を行いましょう。

転職で失敗しないためには、計画的に進めていくことが何よりも大切です。

辞めるタイミングを決めてから、転職サイトに登録をして活動をはじめましょう。

あなたに新しい道が拓かれることを願っています!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件