FOSTER CAREERの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

FOSTERCAREER

FOSTER CAREERはIT業界で活躍するエンジニアの転職に特化した求人サイトです。

自由に求人を検索して応募できるスタイルになっているのが特徴ですが、他の転職サイトに比べたメリットやデメリットを考えて使うのが肝心です。

FOSTER CAREERを利用して転職した人の口コミを確認して使い勝手の良さを把握しておきましょう。

一目で分かるFOSTER CAREERの評判

サポートは手厚い? ×
相談はしやすい? ×
嘘はつかない?
第二新卒でも使いやすい?
対応は丁寧? ×
色んな職種に転職できる?
求人量は多い?
たくさんの求人は紹介してもらえる? ×
サイトは利用しやすい?
在籍中でも利用しやすい?
電話連絡はしつこくない?

FOSTER CAREERの口コミ一覧

年齢 38歳
性別 男性
前職 フリーランス
転職前の年収 950万円
転職後の年収 800万円
転職理由 フリーランスを辞めたかった

私は20代後半に独立してフリーランスをしてきましたが、そろそろ仕事を手に入れるのが厳しくなってきたので企業に転職したいと考えていました。スカウトを募集していればきっと企業が目をかけてくれるだろうと思ったのがFOSTER CAREERを使おうと考えたきっかけです。登録して間もなくかなりの数のスカウトが来ました。その全てに対応することはできませんでしたが、自分の能力を活かせそうなベンチャーがあったのでオファーを受けました。年収は下がりましたが、この年齢でも開発の中心に立てる職場なので申し分ありません。
年齢 29歳
性別 男性
前職 システムインテグレータ
転職前の年収 550万円
転職後の年収 550万円
転職理由 適職を探したい

営業スキルの低さに嘆いて転職を決めました。システムインテグレータでは営業が苦手なせいで成果が上がりにくいと感じ、どちらかというとプログラマーに近い形で働けたらと考えたのです。FOSTER CAREERを見ていたらWeb系でかなり成長を続けている中小企業からのアプリケーションエンジニアの募集があったので問い合わせたところ、上流工程から下流工程まで一通り携われる職場だと知って魅力的に感じました。営業は別枠で雇っていて、クライアントへのヒアリングには同行してもらえるので安心だと思い転職先に決定しました。
年齢 32歳
性別 男性
前職 社内エンジニア
転職前の年収 580万円
転職後の年収 650万円
転職理由 単調な仕事に飽きてしまった

仕事に追われずに安定した仕事ができるという噂を聞いて4年前に中小企業の社内エンジニアに転職しましたが、いつも単調な仕事ばかりで飽きてしまったのが私が転職をしようと思った理由です。やはり大手のシステムインテグレータで働くのが良いだろうと求人を探していたところ、たまたまFOSTER CAREERでちょうど地元の企業からの募集が見つかりました。社内エンジニアに転職する以前はシステムインテグレータで働いていたので実力を示しやすかったという影響もあり、スムーズに内定をもらうことができました。

FOSTER CAREERのメリット

  • マイペースで応募できる
  • スカウト募集をかけられる
  • 祝金を受け取れる

マイペースで応募できる

FOSTER CAREERを利用するときには自分で求人を探して自由に応募するのが基本です。

エージェントを使う場合と違って常にマイペースで応募できます。

スカウト募集をかけられる

FOSTER CAREERに会員登録すると履歴書を登録して企業に対して公開できます。

スカウト募集をかけると、求人が見つからないときでも魅力的な内容の求人でオファーをもらえる可能性があるのがメリットです。

祝金を受け取れる

FOSTER CAREERで転職に成功すると祝金をもらえる場合があります。

求人によって金額は異なりますが、最大で20万円も手に入るのが魅力です。

FOSTER CAREERのデメリット

  • 応募や面接などは自力で行うことになる
  • 掲載されている求人が少ない
  • 地方になると求人がない
  • スカウト企業が限られている

応募や面接などは自力で行うことになる

FOSTER CAREERはエージェントサービスを行っていません。

そのため、求人を選んだ後の応募手続きや履歴書などの書類作成、面接の日程調整や条件交渉などは全て自力で行うことになります。

細かな情報を知りたいときにも自分で企業に直接問い合わせるのが原則です。

ただし、キャリアカウンセリングについては会員登録すれば申し込める仕組みになっています。

掲載されている求人が少ない

FOSTER CAREERのデメリットとして求人の数が少ないのは致命的とも言えるでしょう。

検索条件として様々な職種や業種を指定することができ、正社員やアルバイトなどの雇用形態も分けて絞り込めるようになっています。

検索はしやすいシステムにはなっているものの、条件を少し厳しくするだけで該当する求人がなくなってしまうケースも珍しくありません。

百数十件程度の求人しか掲載されていないことが多いので、網羅的に求人を探したいという人には向いていません。

地方になると求人がない

求人の少なさと関連して大きなデメリットになり得るのが都心部にしか求人がほとんどないことです。

大半の求人が東京都に集中してしまっているので地元で仕事を探したいと考えても地方では全く求人がないことも稀ではありません。

スカウト企業が限られている

スカウト募集を行えるのはメリットですが、スカウトを行う企業の数も一部に限られてしまっています。

幅広い企業にキャリアを見てもらいたいときにはあまり向いていません。

FOSTER CAREERはどんな人に向いている?

状況別おすすめ度
2.70
在籍中の転職
(3.0)
第二新卒
(4.0)
自分のペースで転職したい
(5.0)
初めての転職
(2.0)
IT・WEB・エンジニア
(5.0)
医療関係
(1.0)
福祉関係
(1.0)
アパレル関係
(1.0)
大手
(3.0)
地方
(2.0)

FOSTER CAREERで転職するのに向いているのは、自分のペースを守って転職活動をしていきたいITエンジニアです。

エージェントサービスを基本的には行っていないので、特に人とのやり取りをする必要なく求人を探して応募できます。

求人紹介を受けるために電話やメールで何度もやり取りをしたり、面談のために出向いたりするのが煩わしいと思っている人にはストレスなく使えるでしょう。

IT領域に特化しているので求人の検索もしやすく、自分の力で興味やキャリアから考えて十分な魅力がある求人を探し出しやすいのも魅力です。

また、求人が東京都内の企業からのものに偏っているので、東京都でIT関係の仕事をしたいエンジニアに向いています。

東京都内に限ってしまえば職種の選択肢も広く、地域的にもかなり広いエリアからの募集があるので魅力が大きいでしょう。

大手からの募集はあまり多くはないものの、ベンチャー企業や中小企業で成長の期待できる企業からの求人はよく見かけられます。

今まで培ってきたエンジニアとしての実力を生かし、さらに企業を成長させるためのキーパーソンとなりたいという考えを持っている人はFOSTER CAREERを使うと良い転職先を見つけられるでしょう。第二新卒向けの求人もあるので成長企業に興味があるなら最適な求人サイトです。

ITエンジニアが転職する前にやっておくべき20のチェックリスト

エンジニアにおすすめの転職サイト比較ランキング【2018年版】

FOSTER CAREERで転職するまでの流れ

FOSTER CAREERを使って転職するときには二つの方法があります。

一つ目はFOSTER CAREERに掲載されている求人情報を検索して興味のある求人を探し出して応募する方法です。

FOSTER CAREERのオフィシャルサイトから求人を探せます。

ITコンサルタントやプロジェクトマネージャー、社内情報システムやWebデザインなどの職種から選んで検索したり、コンサルティングファームや総合電機メーカー、システムインテグレーターなどの業種から探したりすることができます。

勤務地や雇用形態、年収などの一般的な転職サイトにもよくある条件から絞り込むことも可能です。

また経験技術から詳しく絞り込むこともでき、開発言語やIT基盤、ネットワークやアプリケーションなどのスキルに合わせて適切な求人を探し出せます。

検索結果を見て興味のある求人が見つかったら詳細を確認し、応募しようと考えたら詳細ページからエントリーすることが可能です。

エントリーをするには会員登録をして履歴書を登録しておく必要がありますが、その履歴書を使って書類選考を受けられるのでエントリーの手間が少なくなっています。

その後の採用フローは企業によって異なります。

通常は履歴書と職務経歴書を送付して書類選考を受けた後、一回から三回程度の面接を経て合格すると内定をもらえるという流れです。

二つ目はスカウト募集をかけて企業からのオファーを受ける方法です。この場合には会員登録をしてWeb上に履歴書を登録する必要があります。

スカウトの募集を始めると履歴書に記載されている情報が企業に公開されるようになり、採用担当者が見て興味のある人だと判断するとオファーをもらえるという仕組みになっています。

オファーが届いた後の採用フローは個々により異なりますが、通常は一度か二度の面接を受けるだけで内定をもらうことが可能です。

採用までにかかる期間も短いことが多くなっています。

FOSTER CAREERの運営会社はどんな会社?

FOSTER CAREERを運営しているのは株式会社フォスターネットです。

株式会社日本データコミュニケーションを持株会社として1996年に設立してからWebメディアの運営とIT人材サービス、IT関連のプロダクト開発を事業として展開してきています。

FOSTER CAREERだけでなく、フリーランスのエンジニアに案件情報を提供するFOSTER FREELANCE、スキルアップを目指すITエンジニアを支援するためのコンテンツを揃えたIT CAREER ONLINEも運営し、ITエンジニアを総合的に支援しているのが特徴です。

IT領域に特化した事業を行っているため、広いネットワークを活用した情報提供を受けられるでしょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件