エン転職とエンエージェントの違いを解説!あなたはどちらがおすすめ?

エン転職とエンエージェントの違い

CMでもおなじみ、人材業界大手のエン・ジャパン。

転職サイトである『エン転職』の他、人材紹介サービスの『エンエージェント』も運営しています。

この2つは、同じ会社が運営しているサービスですが、内容はまったく異なります。

掲載求人も違えば、転職の仕方も違います。また、どんな方にオススメなサービスかも異なります。

今回はこの2つのサービスについてご紹介し、あなたの転職活動においてはどちらのサービスが向いているのかを解説していきます。

エン転職とエンエージェントの違いは?

エン転職

エン転職

登録者数 700万人以上
公開求人数 7000件以上
非公開求人数 なし

エン転職は、日本最大級の求人検索型の転職サイトで、大手企業から地方の中小企業まで幅広い求人が掲載されています。

また求人の約80%がエン転職のみに掲載されており、独占求人が多いのも最大の強みです。

自分のペースで転職したい方、とりあえずたくさんの求人を探したい方は、他の求人検索サービスと併用して会員登録をおすすめします。

エン転職詳細ページ

エン転職のメリット

  • 全体の約80%が独占求人
  • 求人の掲載内容が詳細
  • 総合満足度2年連続No.1

エン転職のデメリット

  • 求人数のみでは大手求人サイトに劣る
  • ミドル層・エグゼクティブ職向けの求人は少ない
  • 人によって「AMBI」や「ミドルの転職」など使い分けが必要

エン転職は求人情報が細かいのが特徴

エン転職は、求人検索型の転職サイトです。掲載されている求人の中から自分に希望に沿ったものを検索して応募します。

他の大手転職サイトと比べた際の特徴としては、『詳細情報』と『入社後活躍』を掲げている点が挙げられます。

掲載されている求人は、情報がかなり細かい部分まで作りこまれており、リクナビNEXTやマイナビ転職といったライバルサイトと比較しても圧倒的です。

サイト運営にコストをかけてもユーザー第一のサービスを創るという姿勢の表れともいえるでしょう。

また『入社後活躍』も独自の視点です。転職して終わりではなく、入社後のフォローアップも行っています。

求人情報内でもあえて『仕事の厳しさ』を伝える項目を設けるなど、入社後のミスマッチをなくして活躍できるように作りこまれています。

企業との間にコンサルタントが入って、面接日程の調整や条件交渉を行ってくれるなどのサービスは行っておらず、全て自分で行うことになります。

エンエージェント

エンエージェント

登録者数 公開していない
公開求人数 約2000件(2018年3月)
非公開求人数 1万5000件(2018年3月)

エンエージェントは20代・30代の転職に強いエージェントサービスです。

会員登録後は専属のキャリアパートナーと面談をして、あなたに適したおすすめの求人を紹介してもらえます。

また求人紹介だけでなく、面接対策や履歴書の添削などの転職支援、企業側との交渉も行ってくれます。

初めての転職で不安な方、働きながらの転職で時間がない方におすすめのサービスです。

エンエージェント詳細ページ

エンエージェントのメリット

  • 15000件以上の非公開求人をもっている
  • 20代・30代の求人に特化している
  • 詳細なキャリアコンサルティングで新しいキャリアを探してくれる

エンエージェントのデメリット

  • 公開求人を探すことはできない
  • 対面での面談場所が主要都市にしかない
  • 40代・50代向けの求人は少ない

エンエージェントは若手の転職に強いのが特徴

エンエージェントは、エン・ジャパンが転職サイトで培ってきたノウハウを元に作った人材紹介会社です。

企業と登録者との間にキャリアコンサルタントが入り、キャリア面談や仕事探し、選考のサポート、面接調整、条件交渉などの面で支援してもらえます。

他の人材紹介会社・転職エージェントと比べた際の特徴は、若手の転職に強いことと転職者への姿勢です。

まず『若手の転職に強い』という点について。

一般的な人材紹介会社は、ある程度ハイエンドな求人を扱っていることがほとんどです。

人材紹介は転職サイトと比べて採用単価が高くなりがちなので、企業もコア人材を採用したいときに利用する傾向があるからです。

しかしエンエージェントは初めて転職する方や20~30代などの若手をメインターゲットにしており、適正検査を行ってくれたり、履歴書作成を手厚くフォローしてくれたりと、安心できるポイントが多々あります。

次に転職者への姿勢です。人材紹介会社は転職者を企業に入社させて初めて売上になります。

しかしエンエージェントはエン転職と同じく『入社後の活躍』を大切にしているので、たとえ入社できそうな人材であっても、活躍できそうにないと判断したらきちんと伝えるスタンスです。

ときには耳が痛いことも言われるかもしれませんが、それほど真剣に転職者に寄り添ってくれているという証拠でもあります。

ともすれば孤独になりがちな転職活動で、ありがたい存在です。

エン転職を使った人の口コミ・評判

良い評判

  • 情報が詳細に書かれている。待遇や組織構成などについても、実績やデータが細かいので分かりやすい
  • メールで新着募集の情報が送られてきたり、企業からオファーが届いたりと、情報に触れる機会も多かった
  • 面接サポートのサービスがあり、面接で何を聞かれるのかを予め知ることができた
  • 動画で職場の雰囲気が見れるのがよかった

悪い評判

  • 地方の求人が少ない。大手企業の全国募集ばかりだった
  • 一斉送信されているようなスカウトメールばかりが届く
  • 大手サイトだからユーザーが多いのか、応募しても選考に通過しない

エン転職のメリット・デメリットは、こちらの記事で詳しく解説しています。

エン転職の口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

エンエージェントを使った人のコメント

良い評判

  • 面談でキャリアについて親身にアドバイスしてもらえた。自分の考えが甘かった部分も、きちんと指摘してくれた
  • 初めての転職だったが、履歴書添削や面接の練習を丁寧にしてもらえた
  • メーカーの求人が豊富で、他にはない募集とも出会えた

悪い評判

  • 紹介される求人数が、他と比べると少ない。まだ新しいサービスだから仕方ないのか
  • コンサルタントの質がいまいち。私の要望が高かったのかもしれないが、「紹介できる求人はない」と冷たく返された
  • コンサルタントの知識不足を感じた。専門職でも、多少勉強してもらわないと任せられない

エンエージェントの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

エン転職に向いている人は?

エン転職に向いているのは、自分のペースで転職活動を進めたい人や、情報量が多いサイトを使いたい人です。

人材紹介会社と違って自分で転職活動を進めるので、コンサルタントにペースを乱されることはありません。

応募先に関しても全て自分で決めることができるので、自分の意志で転職活動をしていきたい人に向いています。

また他の転職サイトと比較して情報量が多いので、より正確で多い情報の中から見極めていきたいという慎重な方にもぴったりです。

情報が多いということは、それだけ目を通すのも大変ですが、有利に転職活動ができます。

エンエージェントに向いている人は?

エンエージェントに向いているのは、転職のプロに転職活動をフォローしてもらいたい方や、自分のキャリアについて第三者のアドバイスが欲しい人などです。

エンエージェントを利用するのであれば、必ず企業とあなたの間にコンサルタントが入り、様々なサポートをしてくれます。

面接対策や条件交渉などもコンサルタントが行ってくれるため、忙しい中でも効率的に転職活動を進めたい方に向いています。

また、転職活動にあたって自分のキャリアを考えると思いますが、自分一人では考えが及ばない部分もあると思います。

そんなときに転職のプロであるコンサルタントがキャリアを一緒に考えてくれるのは心強いですよね。

特にエンエージェントは他の人材紹介会社と違い、転職者にとって厳しいこともズバッと言ってくれます。

エン転職とエンエージェントを併用してもいいの?

転職サイトとして機能している「エン転職」と転職エージェントとして機能している「エンエージェント」を、両方とも活用したい!と考えている方もいるでしょう。

結論から言って、エン転職とエンエージェントを併用してもOKです。

エンエージェントではキャリアパートナーから求人を紹介してもらえますが、100%それが自分の求めている条件に合致するわけではありません。

エン転職は自分で求人を検索できますし、求人も豊富です。

多くの求人の中から気になる求人をいくつかピックアップして、エンエージェントで紹介された求人と合わせ、応募する選択肢を増やすことも可能です。

選択肢が多ければ多いほど、条件を突き詰めることができます。

可能であれば、エン転職とエンエージェントを併用するようにしましょう。

転職サイトと転職エージェントでは何が違うの?

エン転職とエンエージェントの違いは「サービス内容」に違いがあります。

この2サービスは同じ企業によって運営されています。

しかしサービスが「転職サイト」として運営されているのか、「転職エージェント」として運営されているのかでは、転職活動の進み方が全然違うんです。

転職サイトである転職サイトと、転職エージェントであるエンエージェントを選ぶ際に、どちらが自分に合うかを確認しておきましょう。

気軽に利用できるかどうか

転職サイトは一般的に、メールアドレスや基本情報などを入力すればすぐに利用開始できます。

また、転職活動を進めるのは他の誰でもない自分ですので、仕事や状況を考慮して転職活動のペースをコントロールできるので、気兼ねなく利用できるんです。

一方で、転職エージェントでは利用登録終了後には、自分を担当してくれるキャリアパートナーと一度直接会うか電話かで面談をしなければなりません。

常にキャリアパートナーと二人三脚で動かなければならないので、転職サイトと比べて気軽さは薄れてしまいます。

転職活動に必要な期間

転職サイトでは、自分で転職活動のペースをコントロールできるので、目標を自由に設定できます。

もしも途中でいったん中断しようとしても、自己判断でできます。

転職エージェントでは、2か月以内に転職先が見つかるように、キャリアパートナーがサポートをしてくれます。

自分の要望で早くすることも伸ばすこともできますが、一度キャリアパートナーに相談する必要があります。

相談の上、転職時期をコントロールするので若干の手間がかかります。

しかし日程調整等を任せられるので、負担は減ると考えていいでしょう。

第三者からの意見を聞けるかどうか

転職サイトでは、求人に応募するあるいはスカウトを受ける機能がメインですので、第三者から「この求人は応募すべき」などの意見を聞くことができません。

自分で情報収集して、求人に応募しなければなりませんので、第三者の意見を聞く機会は乏しいでしょう。

転職エージェントではキャリアパートナーがついていますから、意見をどんどん求めることができます。

「この求人、こんなこと書いてあるんですけど実際はどうなんですか?」

「求人に応募したとして、どのぐらいの採用スケジュールになりますかね?」

など詳しい内容についても確認できます。

キャリアパートナーは企業の情報や、転職活動についての情報を豊富に保有していますので、持っている情報をしっかり伝えてくれますよ。

転職活動に関するアドバイスを受けられるかどうか

転職サイトは自分ですべて進めていくので、書類選考や面接は自分自身で進めていくほかありません。

しかし転職サイト内にも、転職で悩む点や書類選考対策についてのポイントなど、情報を掲載しているコラムがありますので、積極的に取り入れていけます。

転職エージェントは、転職のプロであるキャリアパートナーがついていますから、書類選考で使用する書類の添削や、、面接の実践的練習にまで対応してくれます。

これまで様々な転職者をサポートしてきた手腕を使って、全力でサポートしてくれるので、安心して任せることができます。

アドバイスをもらうことで、安心感を得ることもできますので、一人の転職活動で不安な方は利用すべきでしょう。

実際に使ってみて、自分に合ったものを選ぶ

エン転職もエンエージェントも、サービス利用はすべて無料です。どちらを使うか迷っている方は、とりあえず両方に登録してみて、自分に合っている方を選択すればよいのではないでしょうか。

どちらのサイトも、サービスの質は間違いなく業界トップクラスです。利用して損することはないので、ぜひまずは登録してみましょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件