栄養士のお仕事の口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

栄養士のお仕事

求人情報 約3,400件
非公開求人 件数の記載はないものの、多数保有
直接面談 あり
履歴書添削 あり
面接対策 あり
タイプ 転職エージェントサービス
対象エリア 全国

『栄養士のお仕事』は、栄養士の求人だけに特化した、業界でも珍しい転職エージェントサービスです。

北海道から沖縄まで全国の求人を取り扱っており、正社員だけでなくパートや派遣社員の求人も検索できます。

求人検索と応募がメインの転職サイトとは違い、“転職エージェントサービス”なので、仕事探しから選考のサポート、企業との面接日程調整、条件交渉などあらゆる面でフォローしてくれるのも魅力です。

この記事では、『栄養士のお仕事』のサービスを利用したことがある方の口コミ・評判をもとに、『栄養士のお仕事』を利用するメリットやデメリット、そしてどんな人に向いているサービスかなどを解説していきます。

一目で分かる栄養士のお仕事の評判

サポートは手厚い?
相談はしやすい?
嘘はつかない?
第二新卒でも使いやすい?
対応は丁寧?
色んな職種に転職できる?
求人量は多い?
たくさんの求人は紹介してもらえる?
サイトは利用しやすい?
在籍中でも利用しやすい?
電話連絡はしつこくない?

栄養士のお仕事の口コミ一覧

栄養士のお仕事を実際に使ったことがある方の口コミをご紹介します。

登録を検討する際の参考にしていただければ幸いです。

年齢 34歳
性別 女性
前職 栄養士
転職前の年収 280万円
転職後の年収 280万円
転職理由 夫の転勤に伴って

夫の転勤で私も職場を変えなければならず、転職活動をしました。ただ、転居先がまったく土地勘のない場所で、どうやって転職先を探そうかと悩んでいました。そんな中で以前の職場の方に教えてもらったのが、「栄養士のお仕事」でした。
コーディネーターの方が色々とサポートしてくれて、転職先の希望を伝えると、それにあった求人を紹介してくれました。履歴書の書き方とかも不安だったのですが、それもイチから教えてくれて、ホントに助かりました。おかげで初めての土地でも不安なく職場を探すことができました。
年齢 29歳
性別 女性
前職 栄養士
転職前の年収 0万円
転職後の年収 180万円
転職理由 子どもを保育園に入れたので

出産のタイミングで栄養士の仕事を辞めたんですが、子どもが大きくなってきて保育園に入れることができたので、私も働こうかと思いました。
譲れない条件として、『時短勤務』と『土日休み』があり、自分で求人を探して応募していたのですが、2年ほどブランクがあることもあって、なかなか受け入れてくれる会社がありませんでした。
そこで『栄養士のお仕事』に登録して、キャリアアドバイザーの方に相談しました。私でも応募できる企業を紹介してくれて、最終的には今の病院に内定を頂くことができました。キャリアアドバイザーの方がいなかったら、仕事を見つけられていなかったかと思います…。

栄養士のお仕事の運営会社はどんな会社?

栄養士のお仕事は、株式会社ウェルクスが運営しています。簡単な企業プロフィールは以下の通りです。

設立 2013年4月23日
代表 代表取締役社長 三谷卓也(富士通株式会社、株式会社エス・エム・エスを経てウェルクスを設立)
従業員数 約300名
許可番号 有料職業紹介事業許可番号(13-ユ-306019)
労働者派遣事業許可番号(派 13-305652)
本社 東京都台東区上野3-24-6 上野フロンティアタワー13F
事業所 本社(東京)、福岡、大阪、名古屋
事業内容 ・保育士、幼稚園教諭に特化した転職支援サービス
・保育業界に特化した求人広告サービス
・介護業界に特化した転職支援サービス
・栄養士に特化した転職支援サービス
・調理師・シェフに特化した転職支援サービス
・メディア運営

設立は2013年とまだまだ若い会社ですが、役員陣には有名企業を経てウェルクスに入社した方が名を連ねており、特に代表と取締役は、介護や医療などの分野で人材紹介事業を運営している株式会社エス・エム・エスで上場や支社立ち上げも経験しています。こうしたバックボーンを活かし、栄養士をはじめとしたさまざまな業界に特化した事業展開を続けているのだと思われます。

すでに事業所は本社がある東京だけでなく、福岡、大阪、名古屋と主要都市に広がっており、従業員も約300名と、小規模ベンチャーの域を超えています。

人材業の許認可番号も取得していますし、企業としての信頼度は問題ないといえるでしょう。

栄養士のお仕事のメリット

  • キャリアアドバイザーが転職活動をサポートしてくれる
  • 検索軸や特集が豊富で、求人を探しやすい
  • 『お仕事Magazine』や『転職お役立ちガイド』などコンテンツが豊富
  • 登録すると非公開求人も紹介してくれる

キャリアアドバイザーが転職活動をサポートしてくれる

栄養士のお仕事に登録すると、専任のキャリアアドバイザーが担当についてくれます。

キャリアアドバイザーは、希望に沿った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書・職務経歴書の書き方を指導してもらえたり、面接対策を行ってくれたり、企業と面接日程を調整してくれたり、条件交渉を代わりに行ってくれたりと、転職活動において様々なサポートをしてくれます。

仕事をしながら転職活動をしている方などは、求人探しや書類作成、企業との連絡なども忙しくて満足にできないということもあるはず。そんな中でキャリアアドバイザーによるサポートがあれば、より効率的に転職活動を進められるでしょう。

かつ転職のプロであるキャリアアドバイザーに、キャリアや仕事選びについて相談することもできるので、心強いパートナーといえます。

検索軸や特集が豊富で、求人を探しやすい

『上京サポートあり』『調理業務少なめ』『早朝勤務なし』『オープニング求人』『賞与4ヶ月以上』といった細かい条件検索ができるので、仕事が探しやすくなっています。

また求人特集もあり、『ママさん必見!ブランクありOK求人』『初めてでも安心。初心者、未経験OK求人』『プライベートも充実!』『通勤便利!駅徒歩5分以内の求人』などニーズに沿った求人がまとめられています。

『お仕事Magazine』や『転職お役立ちガイド』などコンテンツが豊富

栄養士のお仕事は、求人検索以外のコンテンツも豊富です。例えば栄養士の転職活動や仕事理解を深めるための『お仕事Magazine』では、キャリアアップや資格取得、職場のこと、業界別の仕事内容など、様々な内容の記事がアップされています。転職活動をしていない栄養士の方にとっても参考になる記事が多いので、ぜひ時間があれば見てみてください。

また『転職お役立ちガイド』では、転職初心者に役立つ様々なノウハウが紹介されています。「自己分析の仕方」や「良い求人の選び方」、「履歴書作成のポイント」、「円満退職のコツ」など参考になるものばかりなので、転職活動前にチェックしておきましょう。

登録すると非公開求人も紹介してくれる

転職エージェントの場合、サイトで公開されている求人だけでなく非公開求人も保有しています。条件が良い求人や諸事情により公にできないものなどもあります。

こうした求人は、サイトに登録後、キャリアアドバイザーから直接紹介してもらうほかありません。気になるようであれば、登録後にぜひ問い合わせてみてください。

栄養士のお仕事のデメリット

  • 地方求人は少なめ
  • 信頼性に欠ける内容の記事もある
  • キャリアアドバイザーの質には当たりはずれがある

地方求人は少なめ

運営会社であるウェルクスの事業所がある東京・福岡・大阪・愛知周辺地域の求人は多いのですが、それ以外の地方エリアは決して求人数が多いとは言えません。

中には求人数が一桁という県もあり、地方で仕事を探している方にとっては使いにくい部分もあるかもしれません。

信頼性に欠ける内容の記事もある

掲載されている求人は、栄養士のお仕事が保有・管理しているものがほとんど。しかし一部、インディード上に掲載されている求人に転送されるものなどもあります。

インディードは企業が求人を制作するため、条件面が法令に違反していたとしても掲載されてしまいます。また、実際の労働条件と違っている場合もあるので、注意が必要です。

その求人に虚偽記載があるかどうかをチェックするのは難しいと思いますが、情報を受け取る側も全てを鵜呑みにするのではなく、間違っている可能性があることを理解してサイトを見ていくことが大切です。

キャリアアドバイザーの質には当たりはずれがある

担当してくれるキャリアアドバイザーを選ぶことはできません。

もちろん全員が親身にサポートしてくれるとは思いますが、アドバイザーの質は当然一定ではありません。中には知識・スキルが不足している方や、コミュニケーションが合わない方、高圧的な言い方をしてくる方なども…。

そういった方に当たってしまった場合は、担当変更を申し出たり、必要最低限の連絡にとどめたりと、対策を考えてみましょう。

栄養士のお仕事のサービスの仕組み

求人検索機能は会員登録しなくても利用できますが、求人に応募したり、キャリアアドバイザーによるサポートを受けたりというサービスは登録しなければ利用できません。

会員登録自体は簡単で、サイト上から下記の情報を入力するだけで完了します。所用時間も3分程度です。

  • 保有資格(栄養士・管理栄養士・調理士など)
  • 生まれた年
  • 性別
  • 希望する働き方(正社員・派遣・扶養内パートなど)
  • 希望する就業時期
  • 働きたい施設(保育園・病院・介護施設など)
  • 住所
  • 名前
  • 電話番号
  • メールアドレス

会員登録後の流れ

ヒアリング

営業所に出向き、または電話にて、求人に関する希望やキャリアについてヒアリングされます。営業所が遠ければ電話ヒアリングでも全く問題ありません。

面接設定

ヒアリング内容をもとにキャリアアドバイザーが求人を紹介してくれるので、気に入ったものがあれば応募の意思を伝えましょう。その後企業側の合意が得られれば面接設定へ。面接日程の調整なども、キャリアアドバイザーが行ってくれます。

もし紹介される求人に興味が持てなければ、無理に応募する必要はありません。なぜ興味が持てないのか、どんな求人を紹介してほしいのかなど、要望を伝えてみましょう。

面接・条件交渉

面接を受けて、その企業で働きたいと思えたら、条件交渉に入ります。交渉は全てキャリアアドバイザーが行ってくれるので、希望条件をキャリアアドバイザーに伝えます。

ご就職先決定

条件に納得できれば入職へ。入社に向けて、退職交渉や入力準備などもキャリアアドバイザーがサポートしてくれます。

栄養士のお仕事からの電話連絡はしつこい?

転職エージェントの口コミでよくみられるのが、「電話がしつこい」というもの。希望の求人を紹介するために何度も連絡が入ることがあり、その電話をしつこいと感じてしまうようです。

今回はTwitterとFacebook、そして口コミサイトの『みん評』を調べてみましたが、電話がしつこいといった内容は見られませんでした。だからといってしつこいと思っている方がゼロかどうかは分かりませんが、少なくともネット上で不満が書き込まれるほどではないようです。

栄養士のお仕事から電話が入るタイミングは?

栄養士のお仕事から電話が入るのは、主に2パターンです。1つは登録後すぐで、もう1つは求人紹介の電話です。そのうちしつこいと思ってしまうとしたら、おそらく求人紹介の電話でしょう。

転職エージェントは、転職者を企業に入社させて初めて売上を得ることができます。そのため、紹介の電話が多くなってしまうことは多少仕方がないことかもしれません。

しつこいと感じたら、もちろんその旨を伝えて改善してもらっても構いません。しかしただしつこいと伝えるだけではなく、自分自身も要望を伝えなおしたり、なぜ求人に興味が持てないのかなどを明確に共有することが大切です。

栄養士のお仕事の求人の質について

栄養士に特化した求人サイトはいくつかありますが、その中でも『栄養士のお仕事』は求人数が多く、機能的にも使いやすいサイトです。

質に関しても大きく問題はないと思います。前述もしましたが一部インディードから転載された求人があり、これについては100%信頼するのではなく、情報の受け取り方を考えなければなりません。

ただし、これ以外の求人に関しては、基本的に『栄養士のお仕事』がチェックをした上で管理しているため、求人内容自体は安心できるでしょう。インディード経由の求人は画像に『indeed』と書かれ、詳細確認画面がインディードに転送されるため、分かりやすいと思います。

栄養士のお仕事はどんな人に向いている?

項目別おすすめ度
3.50
求人をたくさん見たい
(3.0)
在籍中の転職
(4.0)
第二新卒
(3.5)
自分のペースで転職したい
(4.0)
初めての転職
(4.0)
大手
(3.5)
地方
(2.5)

栄養士の求人のみに特化しているため、求人数自体はあまり多くはありません。

とはいえ栄養士の転職に詳しいキャリアアドバイザーが転職活動をサポートしてくれるので、初めて転職される方や第二新卒者、日々忙しく仕事をしている人などにはオススメです。

栄養士のお仕事は、栄養士の転職を総合的に後押ししてくれる

今回は栄養士のお仕事についてご紹介してきました。

栄養士のお仕事は、ただ求人を探すだけでなく、転職に役立つようなコラム記事やお役立ち情報が掲載されていたり、キャリアアドバイザーによる転職サポートが受けられたりとメリットの多いサイトです。

栄養士のキャリアのことや、転職活動の進め方などについて、同僚や先輩などには相談しにくい部分もあると思います。

ぜひ栄養士のお仕事のサービスや、キャリアアドバイザーを有効活動しながら、あなたに合った職場を見つけていただければ幸いです。”