同僚を好きになったときのアプローチ方法と注意点を徹底解説

同僚を好きになったときのアプローチ方法と注意点を徹底解説

同じ職場で働いている「同僚」に対して、恋愛感情を抱くことがあると思います。

男性でも女性でも同僚を好きになることはあると思いますが、「どのようにアプローチすれば良いのか、分からない」と悩むことが多いのではないでしょうか?

この記事では、同僚を好きになった方に向けて、具体的なアプローチ方法と抑えておきたい注意点を解説します。

同僚との恋を実らせるためにも、ぜひ最後までご覧ください。

同僚を好きになる気持ちは我慢すべき?

同僚を好きになったときは、「同じ職場の人を好きになるべきではないかな?」と悩まれるかもしれませんが、好きな気持ちを抑える必要はないです。

同僚という関係性でも、男性・女性という異性にあたるため、好きになることはあります。

同僚を好きになったときに気持ちを我慢してしまうと、仕事に対するモチベーションが低下したり、仕事が楽しくなくなる可能性が考えられるので、我慢することはおすすめしません。

同僚を好きになったときのアプローチ方法

同僚への恋を実らせるためには、まず自分に意識を向けさせることが大切になるのですが、「どのようにアプローチすべきなんだろう?」と悩まれることがあると思います。

同僚を好きになったときの具体的なアプローチ方法をいくつかご紹介します。

男性でも女性でも取り組めるアプローチ方法をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

笑顔で接する

男性でも女性でも異性の「笑顔」には好印象を抱く傾向があるので、同僚を好きになったときのアプローチ方法として、「笑顔で接する」ということが挙げられます。

笑顔で挨拶をしたり、笑顔でコミュニケーションを取ることで、自ずと相手は意識するようになり、距離を縮めることができます。

また、男性でも女性でも好きな仕草ランキングに「笑顔」ということは上位にランクインしているため、効果があることは間違いないです。

ただし、好きな同僚だけに笑顔で接することは注意してください。

同僚を好きになっていることがバレる可能性がありますし、周りからの印象が悪くなります。

笑顔で接することは前提に、好きになった同僚には「特別な笑顔」で接することをおすすめします。

同僚を褒める

人は褒められることで相手を意識し始める傾向があるため、「同僚を褒める」というアプローチ方法がおすすめです。

同僚を褒めることで、自分を意識させることができ、褒める内容によってはグンと距離を縮めることができます。

同僚を褒めるときは、仕事以外の内容がおすすめです。

同僚ということは社内での立場は同じだと思うので、仕事に関することを褒めてしまうと、「偉そう」という印象を与えてしまう可能性があります。

同僚を褒めるときには、「今日のスーツ、かっこいいね」「そのピアス似合っている」など、ファッションを褒めることをおすすめします。

ランチに誘う

好きになった同僚との距離をグンと縮めるアプローチ方法として、「ランチに誘う」ということが挙げられます。ランチに誘うことで、相手に対して気持ちがあることをアピールでき、同じ時間を共有できます。

また、職場では話すことがないプライベートの話題になることが多く、グンと距離を縮めることが可能です。

ただし、いきなり2人でランチに行くことはおすすめしません。

徐々に距離を縮めることが大切なので、一緒にランチに行ったことのない同僚を誘うときは、他の同僚も誘うべきです。

プライベートの相談をする

自分を信頼してもらっていることに対して良い印象を抱く方が多いため、同僚を好きになったときのアプローチ方法として「プライベートの相談する」ということが挙げられます。

職場にプライベートのことを持ち込む方は少ないので、プライベートの相談することで、自然と「信頼している」ということをアピールできます。

また、プライベートの相談をするときは、軽い内容がおすすめです。

「新しい家具を買おうと思っているんだけど、良いお店知ってる?」「両親へのプレゼントって何が良いかな?」など、深刻ではない相談を意識してみてください。

仕事のサポートする

好きになる同僚は同じ部署・チームで働いていることが多いと思います。

同じ部署・チームで働いている同僚にできるアプローチ方法として、「仕事のサポートをする」ということがおすすめです。

仕事のサポートをすることで、相手に意識があることをアピールでき、多くのコミュニケーションを取れます。

他の同僚に対して仕事のサポートをしていると、「特別感」が出なくなるので、好きな同僚を中心に仕事のサポートすることをおすすめします。

一緒に帰る

同僚を好きになったときの効果的なアプローチ方法として、「一緒に帰る」ということが挙げられます。

基本的に社会人では各々で帰るため、「一緒に帰る」ということは良好な関係を築いていなければ難しいことです。

また、「一緒に帰ろう」と誘うことで、相手に対して好意があることを示すことができ、一気に距離を縮められる可能性があります。

ただし、「一緒に帰れるほどの関係性なのか」ということを考えるようにしてください。

それほどの関係性にない状態で誘ってしまうと、かえって距離は遠ざかります。

同僚が好きな人に取りがちな行動

同僚を好きになったときには、「相手はどう思っているのだろう?」と気になることが多いと思います。

相手の気持ちを知ることでアプローチ方法が変わるので、同僚が好きな人に取りがちな行動をいくつかご紹介します。

ボディタッチが多い

男性でも女性でも好意のある方には、ボディタッチの機会が多くなる傾向があります。

そのため、好きな同僚からのボディタッチが多いと、相手も意識していると考えることができます。特に、男性から女性へのボディタッチが多いと、意識している可能性が高いです。

ただし、無意識でボディタッチする方もいれば、下心でボディタッチしている方もいるため、「ボディタッチ=自分に好意がある」と決めつけることには注意してください。

コミュニケーションの機会が増える

人は好意のある異性と「話したい」と考える傾向があるため、コミュニケーションの機会が増えると、相手も自分を意識している可能性があると考えられます。

特に、仕事とは関係のないプライベートや世間話でのコミュニケーションが増えれば、より意識している可能性が高くなります。

好きな同僚から話しかけられることが多くなったときは、一気に距離を縮めるチャンスになるので、自分からも積極的にアプローチすることをおすすめします。

恋愛事情を聞く

同僚が好きな人に取りがちな行動の1つとして、「恋愛事情を聞く」ということが挙げられます。

「好意のある異性の恋愛事情が気にならない」という方はほとんどいないと思うので、同僚から恋愛事情を聞かれたときは、相手も意識していると考えられます。

好きな同僚から恋愛事情を聞かれたときには、隠しすぎないようにしてください。

好きな同僚に対して恋愛事情を話すことは抵抗があるかもしれませんが、隠してしまうと、「この人は自分に好意がない」と判断されて、距離が遠ざかってしまう可能性があります。

全てを話す必要はないですが、聞かれたことには答えることをおすすめします。

同僚を好きになったときの注意点

同僚を好きになったときの注意点

同僚を好きになったときには、いくつか注意すべきことがあります。

同僚を好きになったことを後悔しないためにも、下記の注意点を参考にしてみてください。

「社内恋愛」が許されているのか確認する

社会人の恋愛で注意しなければいけないことが、「社内恋愛が許されているのか」ということです。

社内恋愛が禁止されている会社で、同僚を好きになってしまうと、大きなトラブルに発展してしまう可能性が考えられます。

最悪の場合は、会社をクビになる可能性が考えられるので、事前に社内恋愛が許されているのかということを確認してください。

社内恋愛に関することは、会社の就業規則などに記載されていることが多いです。

社内恋愛でバレたら退職した方がいい?別れたら気まずい?

仕事に恋愛を持ち込まない

同僚を好きになってしまうと「公私混同」してしまう方が多いのですが、仕事に恋愛は持ち込まないように注意してください。

「好きな同僚だから、特別扱いする」「必要以上に話しかける」などという行動をしていると、仕事も恋愛も上手くいかない可能性が高くなります。

また、仕事に恋愛を持ち込むことは、周りからの印象が一気に悪くなります。

「仕事と恋愛は別」ということを意識して、同僚を好きになることが大切です。

同僚が結婚していないか確認する

上記でお伝えした通り、職場にプライベートを持ち込む方は少ないです。

そのため、同僚を好きになったときは、「結婚していないか」ということを確認してください。

もし、結婚している同僚を好きになったときは、実らない可能性がとても高いですし、不倫関係になってしまい大きな問題に発展する可能性があります。

「知らなかった」ということは通用しないケースが多いので、事前に結婚していないか確認することが大切です。

社内不倫がバレたらどんな処分が?!バレるきっかけとバレた後の対処法を解説!

同僚を好きになったときは積極的にアプローチすべき

この記事では、同僚を好きになったときのアプローチ方法と注意点をお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

同僚を好きになったときは、好きという気持ちを抑える必要はなく、積極的にアプローチすることをおすすめします。

同僚へのアプローチ方法はさまざまあるので、同僚との関係性を考えて、判断してみてください。

この記事でお伝えした内容を参考にして、積極的にアプローチしてみてください。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件