医師の転職におすすめ!ドクターキャストの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

ドクターキャスト

求人情報 検索可能求人 約20,000件
非公開求人 39,000件以上
直接面談 あり
履歴書添削 あり
面接対策 あり
タイプ 転職エージェント型
対象エリア 全国

医師専門の転職エージェント『ドクターキャスト』。サイト上で約20,000件の求人が検索でき、かつ39,000件以上の非公開求人も保有おり、この求人数は業界でも最大級です。

今回はドクターキャストを利用した人の口コミや評判を紹介しながら、利用するメリットやデメリット、どんな方に向いているサービスなのかを解説します。

一目で分かるドクターキャストの評判

サポートは手厚い?
相談はしやすい?
嘘はつかない?
第二新卒でも使いやすい?
対応は丁寧?
色んな職種に転職できる?
求人量は多い?
たくさんの求人は紹介してもらえる?
サイトは利用しやすい?
在籍中でも利用しやすい?
電話連絡はしつこくない?

ドクターキャストの口コミ一覧

ドクターキャストを利用した方の口コミや評判をご紹介します。

サイト利用に当たって口コミは重要な判断材料になりますが、匿名性が高いSNSや掲示板では行き過ぎた内容が書かれていることもしばしば。

どの情報を参考にすべきかはご自身で取捨選択していただければと思います。

年齢 33歳
性別 男性
前職 大学病院の医師
転職前の年収 1250万円
転職後の年収 1200万円
転職理由 人間関係への疲れから

医局の人間関係や競争に疲れ、大学病院を離れることにしました。

そういった理由での転職だったので、キャリアについて充分に考えられておらず、仕事選びの基準も曖昧だったと思います。

ドクターキャスト登録後にキャリア相談をさせていただき、その場でどういった求人を選んでいくかという話もしてもらいました。私の自己分析もサポートしていただき、非常にありがたかったです。

年齢 46歳
性別 男性
前職 民間病院の医師
転職前の年収 1700万円
転職後の年収 1700万円
転職理由 労働環境の改善のために

ドクターキャストは、公式サイト上に『メール労働相談』というものがあります。私が勤務していた病院は理事長のワンマン経営ということもあって離職率が非常に高く、人手不足が続いていました。過重労働だけでなく契約内容のことや休日のことなど色々と不満はたまっていて、誰かに相談したいという想いは持っていました。
そんな中でドクターキャストの『メール労働相談』に相談してみたのが転職活動のきっかけです。医師の業界に詳しいコンサルタントの方に色々と相談に乗っていただき、おかげ様で今は労働環境にほとんど不満のない病院で働かせて頂いています。
年齢 35歳
性別 女性
前職 主婦
転職前の年収 0万円
転職後の年収 1200万円
転職理由 子育て後の復職を目指して

出産や子育てなど、諸々あって一度医師の仕事を離れておりました。しかし子育てがある程度落ち着き、いろいろと考える時間も増えたことで、もう一度医師として働きたいと思うようになりました。
とはいえまだ子供は4歳なので、子育てと両立できる就業先を、ということでドクターキャストのコンサルタントの方に相談させてもらいました。女性を歓迎する求人もたくさん紹介してくださって、私の場合は週に4日、当直やオンコールのない働き方をさせていただいています。院内のスタッフが使える保育所も完備されていて、とてもありがたく思っています。

ドクターキャストの運営会社はどんな会社?

ドクターキャストは、『株式会社メディカルキャスト』という会社が運営しています。

設立 2004年7月
代表者 代表取締役 太田昌人
所在地 大阪府大阪市西区江戸堀1-7-13 倉庵ビル3F
許認可番号 厚生労働大臣許可職業紹介事業 : 27-ユ-300080
事業内容 医師、看護師、薬剤師、PT・OT・ST、事務系幹部候補者等、医療従事者の求人・採用・募集・転職・求職活動に関するコンサルティング業務
医師の開業コンサルティング業務
医療に関する経営コンサルティング業務
介護支援事業・介護サービス業務

メディカルキャストは、医療業界向けの人材業の他、各種コンサルティング事業を行っている会社です。

ドクターキャストのほかにも、看護師専門の転職サービス『ナースキャスト』や、看護師の単発の仕事を紹介する『メディカルスター』などを運営しているようです。

きちんと許認可番号を取得しており、大阪本社以外に東京と福岡にも支社を構えています。事業内容や事業規模の大きさは、ある程度信頼がおけるといえるでしょう。

ドクターキャストのメリット

  • 検索可能求人約20,000件、非公開求人39,000件以上という圧倒的求人数
  • 『転職体験記』や『転職の極意』などコンテンツが豊富
  • 社労士による労働相談を無料で受けられる
  • 遠方であればSkype面談が可能

検索可能求人約20,000件、非公開求人39,000件以上という圧倒的求人数

求人数は他の医師専門の転職エージェントと比較しても圧倒的な数です。

サイト上で検索可能な求人数は約20,000。加えて非公開求人は39,000件以上と、業界でもトップクラスです。

選択肢が広ければ、それだけ理想とする求人にも出会いやすいということ。色々な求人を見てみたい方にはオススメです。

『転職体験記』や『転職の極意』などコンテンツが豊富

求人情報以外に、コラムも充実しています。

転職に成功した医師たちが赤裸々に語る『転職体験記』では、医局人事を離れることへのリアルな思いや、新医師臨床研修制度のあおりを受けて退職を決意した話など、転職活動において参考になるものが多々あります。

また『転職の極意』では、転職に失敗しないための4つの極意を解説。エージェントの活用方法や、転職を決断する際のポイントなどを解説してくれています。

日々業務にお忙しいとは思いますが、参考になるものばかりなので、ぜひお時間を見つけて読んでいただければと思います。

社労士による労働相談を無料で受けられる

ドクターキャストには社労士も在籍しており、無料の労働相談を受けることができます。

就業規則や労働契約の内容、賃金、残業手当、休日・休暇、過重労働、労災、人間関係など、悩みは様々かと思います。これらを全て無料で相談できますので、ぜひご活用ください。

遠方であればSkype面談が可能

ドクターキャストの事業所から遠いところにお住まいの場合は、Skypeを利用しての面談も可能です。地方求人の数も多いので、ぜひリクエストしてみてください。

ドクターキャストのデメリット

  • 公式サイト上からだと、病院名が分からない求人が多い
  • コンサルタントの質は運次第
  • コンサルタントによって転職スピードも変わる

公式サイト上からだと、病院名が分からない求人が多い

転職エージェントの特性上、公開できない求人が多いことは仕方がありません。

ドクターキャストも例外ではなく、検索できる求人の大半は病院名がマスキングされていて、詳細な病院名を知ることはできません。

もし病院名まで知りたいときは、サービスに登録後、コンサルタントに直接質問してみましょう。

コンサルタントの質は運次第

どのキャリアコンサルタントに担当してもらうかは、運次第。

もちろんドクターキャストのコンサルタントは全員医師の転職に精通しており、信頼できるとは思います。

しかしコミュニケーションが合わなかったり、キャリア相談の質がいまいちだったりという可能性もなくはありません。

もし満足できないコンサルタントが担当に付いた場合は、転職成功のことを第一に考えて、担当変更を申し出ても構いません。

コンサルタントによって転職スピードも変わる

キャリアコンサルタントの仕事の進め方や熱心さによって、病院側との連絡頻度やスピードなども変わってきます。

転職活動を自分のペースで進めにくいのは転職エージェントを活用する際にどうしてもありがちな悩みですが、もし急ぐ場合は遠慮なく要望を出しても大丈夫です。

ドクターキャストのサービスの特徴

ドクターキャストは、大きく5つの特徴を公式サイトでも掲げています。

一人ひとりに合わせて求人をカスタマイズ

ユーザー個々人に合わせて、既存求人をカスタマイズしたり、病院側と交渉して新たな求人を作っていくことも可能です。

募集要項以外の情報も共有

求人先の募集目的や人員体制、今後の展望など、転職先を選ぶにあたって必要な情報については適宜リサーチしてくれます。

こうした情報はサイト上の求人情報には書いていないことが多いですが、個別で情報を仕入れ、共有してくれます。

条件交渉などは全てサポート

給与や待遇などは、自分から病院側に要望を伝えにくいもの。キャリアコンサルタントに対して要望を共有しておけば、それをもとに交渉を代行してくれます。

コンサルタントだけでなく社労士もサポート

社労士も在籍しており、現職に関しての相談だけでなく、退職時の問題や転職先との労働契約の際のアドバイスも受けられます。

転職後もサポートしてくれる

転職後に契約内容の相違によるトラブルは、たびたび起きています。

ドクターキャストの場合は就業して終了ではなく、継続的にフォローもしてくれます。

そのため、何かトラブルがあったり、契約内容を変更したい場合などは随時相談してみましょう。

ドクターキャストの電話連絡はしつこい?

ドクターキャストとの連絡は、電話がメインになります。特に求人紹介の電話が、最も多くなるでしょう。

転職エージェントは、転職者を病院に入職させて初めて報酬を受け取ることができます。そのため、少しでも求人を紹介したいというのが本音。結果的に電話の頻度が多くなってしまうこともあり得ます。

Twitterや口コミサイト『みん評』で調べてみたものの、ドクターキャストに関しては電話がしつこいという内容の口コミは見当たりませんでした。

しかししつこいと感じる基準は人によって違うと思いますので、もしあなたがしつこさを感じたときは、遠慮なくその旨を伝えても構いません。頻度を落としてもらったり、担当を変更してもらったりと改善してもらいましょう。

ドクターキャストはどんな人に向いている?

状況別おすすめ度
4.20
求人をたくさん見たい
(5.0)
在籍中の転職
(4.0)
自分のペースで転職したい
(3.5)
初めての転職
(3.5)
大学病院
(4.5)
民間病院・クリニック
(5.0)
首都圏
(4.5)
地方
(4.0)
常勤求人
(4.5)
非常勤求人
(3.5)

求人の多さに関しては、業界随一です。大学病院だけでなく民間病院・クリニックの求人も豊富で、かつ都市部・地方問わず掲載されています。

利用者を選ばず、どんな方でもオススメできるサイトだといえるでしょう。

特段「このサイトが使いたい!」というものが無ければ、まずドクターキャストに登録しておけば間違いは無いと思います。

ドクターキャストで転職するまでの流れ

  1. ドクターキャストへの登録と面談
  2. 求人の紹介
  3. 面接
  4. 条件交渉・労働契約
  5. 入職後のフォロー

ドクターキャストへの登録と面談

まずはドクターキャストに会員登録を行い、キャリアコンサルタントとの面談へ。面談の場で就業先への要望や、キャリアの相談などを行います。

求人の紹介

面談した内容をもとに求人を紹介してもらいます。また紹介してもらった求人が多少要望に沿わない場合などは、条件調整なども細かく行ってもらえます。

面接

希望に沿った求人があれば面接へ。面接にはキャリアコンサルタントも同席してくれます。病院側に聞きにくいことなどもあれば、あらかじめ事前打ち合わせを行い、コンサルタントを介して質問してもらうのもよいでしょう。

ちなみに面接の受け答えに不安がある場合は、面接の練習なども行ってもらえますのでリクエストしてみてください。

条件交渉・労働契約

病院側と合意に至れば、次に条件交渉に移ります。給与や待遇、勤務時間などの条件交渉はなかなか自分ではしにくいもの。コンサルタントが全て代行してくれますので安心です。

入職後のフォロー

契約内容変更やトラブルを含め、入職後のフォローも行ってもらえます。