第二新卒は本当にやばいの?第二新卒で転職を成功させるコツを解説

第二新卒は本当にやばいの?第二新卒で転職を成功させるコツを解説

第二新卒、いわゆる3年以内に会社を辞めた人ですよね。

世間的に第二新卒の方は「やばいよ…」と言われる機会が多いのではないでしょうか?

しかし、実際「何がやばいの?」「どうしてやばいの?」「どうすればいいの?」などと悩まれている方も多いと思います。

やばいと言われている原因を把握しなくては解決することはできませんので、この記事では第二新卒がやばいと言われている原因をご紹介します。

転職を成功させるコツなどもご紹介していますので、参考にしてみてください!

第二新卒はやばいの?

「第二新卒はやばい…」と耳にすることは多くても、実際にやばいのでしょうか?

第二新卒とは?

そもそも第二新卒と当てはまる人はどのような人なのでしょうか?

結論から申しましますと、第二新卒は入社後3年以内に転職活動を行っている人のことを指します。

しかし、第二新卒に明確の定義はありませんので、20代での転職は第二新卒と呼んでいる企業もあるみたいです。

さらに、よく間違われて使われているのが「既卒」という言葉です。

既卒は高校や大学を卒業してから一度も就職した人がない人のことを指しますので、覚えておいてください。

第二新卒は本当にやばいのか?

第二新卒の人は「やばい」と言われる事が多いのですが、本当にやばいのでしょうか?

一概に否定をすることはできませんが、「第二新卒=やばい」という捉え方には語弊があると思います。

第二新卒をやばいと言っている企業や会社員は、第二新卒がやばいと実感してそう言っている事が多く、全ての第二新卒がやばいということではありません!

3年以内に転職を行うことには必ず理由がありますし、第二新卒全員がやばいことはありませんので、誤解はしないようにしましょう。

第二新卒としてやばいと言われないように、今回ご紹介する内容を参考にしてみてください!

第二新卒がやばいと言われる理由

企業や会社員が第二新卒をやばいという主な理由をご紹介します。

短期間で辞めてしまう

多くの企業がやばいと感じている理由は「早期退社」です。

一度会社を3年以内に辞めているという経験があるため、辞め癖がついてしまっている人も多く、第二新卒を採用するにはリスクがあると考えている企業もあります。

しかし、無理をしてまで仕事を続ける必要があるとも言えませんので、辞め癖がつけないようにする事が大切になります。

さらに、やばいと感じさせないためにも、3年以内に辞めた理由をしっかり話せるようにしておくことも大切で、辞めた理由を話せないということは「やばい理由なの?」と思われてしまう事が多いです。

敬語を正しく使えない

第二新卒の場合は、社会人としての経験が浅いですよね。

人によっては1年以内、早い人では半年以内で転職活動を行っている場合もあります。

そのため、社会人としての基礎マナーが伴っていない事が多いです。

「言葉使い」「身だしなみ」「時間の管理」「報連相」など基礎マナーが伴っていなくやばいと言われ、特に「言葉使い」にやばいと感じている企業が多いです。

正しい敬語を使えていない事が第二新卒には見受けられますので、社会人としての基礎部分「言葉使い」には十分注意してください。

指示待ちな事が多い

第二新卒の人に多いのが、「指示待ち」という事です。

自分から行動する事が少なく、言われた事だけをこなす、指示待ち人間が多い傾向がありますので、やばいと感じています。

特に、20代によく当てはまることで「指示待ち」では企業から称賛される機会は減ってしまいますので、自分から行動することを心がけてみてください。

向上心がない

第二新卒の転職理由は、「人間関係に不満があった」「仕事内容がしんどかった」などが多いです。そのため、向上心を見受けられないと感じている企業が多いです。

転職する理由はマイナスな理由が当たり前なのですが「キャリアアップしたい」「より良い環境で働きたい」などとプラスの転職理由を持っていると企業から評価されます。

「向上心があり、転職したい!」と思わせるように転職活動を行いましょう!

それに加え、入社後の向上心高く働く事が大切です。

転職することをゴールにするのではなく、会社で活躍することをゴールに働くようにしてください。

第二新卒で転職を成功させるコツは?

やばいと言われる事が多い中、転職を成功させるためにはコツがあります。

4つご紹介しますので、参考にしてみてください!

社会人としての基礎マナーを抑える

上記でもご紹介しましたが、第二新卒としてやばいと言われる理由は「社会人としての基礎マナー」ですよね。

やばいと言われているということは、社会人基礎マナーを抑える事ができれば、転職の成功率は高まります。

しかし、「社会人基礎マナー」と言われても何からすればいいのかわかりませんよね。

そのため、まずは明日からでもできることを心がけましょう!

「言葉使い」や「身だしなみ」はすぐにでも意識する事ができますよね。

そして、「言葉使い」や「身だしなみ」はすぐに判断できる部分とも言われていますので、早く身に付ける事が大切です。

その他の社会人の基礎マナーと言われることでも、改善していけるポイントは様々ありますので、基礎マナーだけでも抑えるように心がけてください!

強みやアピールポイントを把握する

第二新卒に関わらず、転職において大切なポイントが「アピールポイントを把握する」ということです。

転職するときには必ずアピールできるポイントが必要で、そのアピールによって採用するのか、採用しないのか決まることもあります。

アピールポイントは、他と差をつけられるような事が望ましく、「努力する力があります」「時間管理を徹底しています」など明確な成果がなく、曖昧なアピールポイントは良くありません。

例えば、「営業の成績を下位5位から上位3位まで上り詰めた経験があります」と伝えると、「この人は努力ができる人なんだ。営業能力もあるのか」と明確に伝える事ができます。

悪い意味でやばいと感じさせるのではなく、良い意味でやばいと感じさせられるアピールポイントを考えましょう!

第二新卒の転職では自己分析が大切!意味のある自己分析のやり方を解説!

第二新卒になった原因を把握する

第二新卒として転職活動を行っているのには、必ず原因がありますよね。

「人間関係に不満があった」「思っていた仕事ではなかった」「仕事内容が好きじゃない」など原因は人それぞれなのですが、必ず原因は自分で把握しておくようにしましょう。

例えば、「思っていた仕事ではないかった」というのが転職をする理由なのであれば、転職先で行う仕事内容が非常に重要になってきますよね。

その原因を把握する事ができていないと、転職しても同じことを繰り返してしまいます。

そのため、転職する理由を転職先で求めるようにしましょう!

転職サイトを利用する

第二新卒で転職をする場合は、時間がありません。

今の仕事を行いながら転職活動を行い、初めての転職でわからないことだらけ、このような状況で1人転職活動を行うのは無理があります。

そのため、第二新卒として転職する場合は転職サイトを利用しましょう!

転職サイトを利用すれば、担当のアドバイザーが付いてサポートを行ってくれますので、時間がなくても希望通りの転職を行える可能性が高いです。

さらに、求人紹介や面接対策、入社後のフォローなども行ってくれますので、転職が初めての人でも安心して転職を行う事ができます。

1人で転職活動を行うのは、絶対辞めておきましょう!

第二新卒におすすめ転職サイト・エージェントランキング!【口コミ徹底比較】

第二新卒におすすめの転職サイト

転職サイトには、一般的な転職サイトから分野に特化している転職サイト、第二新卒に特化している転職サイトと様々なスタイルがあります。

今回は、第二新卒に特化している転職サイトと大手転職サイトをご紹介しますので、参考にしてみてください!

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20

マイナビジョブ20’sは、第二新卒や20代の求人を多く抱えている転職サイトで、大手人材紹介会社「マイナビ」が運営しています。

マイナビが運営している転職サイトでも「マイナビジョブ20’s」だけが20代専門の転職サイトになっています。マイナビが運営していることもあり、転職者支援の実績や抱えている求人の質には定評がありますし、サポート内容も充実しています。

主なサポート内容は、「個別カウンセリング」「求人紹介」「書類の添削」「面接対策」「企業とのやり取り代行」などを行ってくれます。

さらに、マイナビジョブ20’sのサービスは全て無料で利用する事ができますので、気軽に登録することも可能です!

マイナビジョブ20’sは非公開求人も多く抱えているため、希望通りの転職を行うためにはおすすめの転職サイトです!

マイナビジョブ20’s詳細ページ

doda

doda

dodaは、第二新卒に特化しているわけでなく、大手転職サイトになります。

dodaは、知名度や実績、抱えている求人数などどの視点から見ても業界トップクラスになっており、20代の転職支援を数多く経験しています。

抱えている求人数は非公開求人も含め、10万件を超えると言われていますので、「第二新卒歓迎」の企業と巡り合える確率も高いです。

dodaをおすすめする理由は求人数だけではなく、キャリアアドバイザーの質もおすすめできます。

入念にカウンセリングを行ってくれますので、転職でのミスマッチを減らす事ができ、第二新卒でも希望通り転職行える事が多いです。

転職にあまり時間が取れない、第二新卒におすすめの転職サイトです!

doda詳細ページ

doda公式サイト

まとめ

今回は第二新卒がやばいということについてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

第二新卒はやばいと言われていますが、自分次第で変わってきます。

第二新卒でも優秀な人はいますし、やばいと思われる人もいますので、今回ご紹介した内容を参考に転職を成功させてください!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件