第二新卒でも公務員に転職するのは可能?転職で大切なポイントをご紹介

第二新卒でも公務員に転職するのは可能?転職で大切なポイントをご紹介

第二新卒から公務員になろうと考えている人も多いのではないでしょうか?

しかし「民間企業から公務員にはなれるの?」「転職するためには?」と様々な悩みを抱えており、なかなか一歩を踏み出せていない人が多いと思います。

公務員になることは簡単なことではないため、悩みますよね…。

そこで今回は、第二新卒から公務員に転職することについてご紹介します!

メリット・デメリットや転職を成功させるポイントもご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

第二新卒でも公務員になれるの?

第二新卒から公務員になるということは、民間企業から公務員になるということですよね。

果たして可能なのでしょうか?

結論から申しますと、第二新卒から公務員になることは可能です!

第二新卒から公務員に転職する人は多く、ポイントを抑えて努力をすれば公務員になることはできます。

さらに、公務員から民間企業に転職することも可能です!

しかし、公務員になるためには「公務員試験」に受からなければいけません。

公務員試験に受かれば採用される可能性がグンと上がりますので、試験合格を目指して努力をしましょう!

第二新卒から公務員になることでのメリット

  • 安定している
  • 福利厚生が良い
  • 将来ビジョンを立てやす
  • 地域に貢献できる
  • 定時に上がれる
  • 終身雇用

以上がメリットになるのですが、特に「安定している」ということは大きなメリットになるでしょう。

民間企業と比べ、国のもとで働くことになる公務員は、倒産するリスクやクビなる可能性がありません。

人生のビジョンを明確にすることもできますし、老後のことを考えてもメリットになりますよね。

他にも、メリットになることは様々あるのですが、第二新卒から公務員になると、「安定している」という事が大きなメリットに感じる事でしょう。

第二新卒から公務員になることでのデメリット

  • 転勤がある
  • 多く稼ぐ事ができない
  • ルーティワークが多い
  • 公務員試験がある
  • 理不尽な事が多い
  • 年功序列
  • 目的が明確ではない

以上がデメリットになるのですが、特に「公務員試験がある」という事が大きなデメリットでしょう。

民間企業の場合は面接を通れば採用ですが、公務員は試験に合格して資格を取得しなければいけません。

第二新卒として働きながら転職を考えている人には、大きな壁になります。

公務員試験の勉強方法は、下記でご紹介していますので参考にしてみてください!

第二新卒から公務員に転職するために大切なポイント

第二新卒から公務員になるためには、大切なポイントがあります。

いくつかご紹介しますので、第二新卒の人は参考にしてみてください。

公務員の種類を絞る

公務員には、大きく分けて「国家公務員」と「地方公務員」の2種類があります。

さらに、国家公務員から細分化する事ができ「公務員で働きたい!」といっても種類が多すぎますので、明確にする必要があります。

例えば、「国家公務員の一般職で働きたい」「地方公務員の公安職で働きたい」と明確にする必要があります。

そして、学歴によって試験区分も変わってき、「院卒」「大卒程度」「高卒程度」「社会人」と4つの区分されます。

第二新卒者は、「社会人」区分の規定に満たされていないため、「院卒」「大卒程度」の区分扱いになります。

第二新卒が社会人区分に満たされていないのは、地方公務員の場合でも同じです。

転職するためにも、就きたい公務員職を決めるようにしましょう!

公務員試験までのスケジュール管理

公務員試験の一次試験は、5月〜7月に実施されます。

一般的に合格するためには、半年以上の期間が必要とされていますので、前年の秋ぐらいからは勉強を始めておいてほうがいいでしょう!

さらに、働きながら転職を考えている第二新卒の人は、一年以上の期間を取っているほうがいいです。

決して簡単な試験ではありませんので、公務員試験までのスケジュール管理が大切になってきます。

仕事が疎かにならない時間管理

第二新卒として公務員に転職する場合は、働きながら勉強する人がほとんでしょう。

そのため、今の仕事に影響が出ない勉強時間の管理が大切です。

いくら辞めようと考えている会社でも、疎かに仕事を行うのは本意ではありませんし、人として良いことでも無いですよね。

今の仕事が疎かにならないように、通勤時間で勉強したり、休日に勉強したり工夫をしながら勉強する事が大切です!

しかし、睡眠時間を削って勉強することはおすすめできません。

今の仕事にも影響が出ることになりますし、公務員試験にも影響が出る可能性がありますので、睡眠をしっかり取った上で勉強しましょう!

公務員予備校を利用する

今の会社を辞め、公務員試験に向けて勉強する第二新卒の人は「公務員予備校」に通うことをおすすめします。

長期間一人で勉強を続けていくのは難しい部分がありますので、モチベーションも下がります。

予備校に通うと、モチベーションを保つこともできますし、良い環境で勉強する事ができますので効率よく勉強する事ができます。

しかし、予備校に通う資金が必要になってきますので、金銭的に厳しい人は働きながら勉強しましょう。

退職理由をプラスに伝える

公務員に転職するためには、公務員試験合格以外にも面接があります。

その面接でよく聞かれることが「退職理由」です。

「なぜ民間企業を辞めて公務員に?」「退職した原因は?」と聞かれることが多いのですが、その時にネガティブな答えを言うのは辞めておきましょう。

特に「人のせいにする」「環境のせいにする」といった原因の場合は、良い評価を与えることができませんので、ポジティブな退職原因を答えましょう。

「将来の安定のために転職をしました」「国のために働きたいと思い転職しました」とポジティブなことを伝えてください。

嘘を伝えることはよくありませんので、伝え方、答え方に工夫してみてください。

働きながら公務員試験に受かるためには?

多くの第二新卒が働きながら公務員試験の勉強をします。

辞めてしまうと無職になってしまいますので、第二新卒から公務員に転職する場合は、働きながら勉強することをおすすめします!

時間の管理

働きながら勉強するということは、時間の使い方が非常に大切になってきます。

時間の使い方は人それぞれなのですが、工夫することが大切で、「休日の多くの時間をかけて勉強する」「コツコツ毎日勉強して休日だけ多くすることはない」など勉強方法は様々です!

しかし、働きながら勉強をしていると「時間がない…」という悩みを抱えることになります。

第二新卒として働いていると、そう感じても仕方ないのかもしれませんが、勉強する時間はあります。

会社までの通勤時間、休憩時間、寝る前の時間、休日の時間など第二新卒でも勉強する時間はあります。

さらに、30分だけ朝早く起床するだけで、毎日30分の勉強時間を確保することができますよね。

勉強する時間を工夫して管理することが大切なポイントです。

勉強できる環境を整える

公務員試験の勉強をする方法は様々なのですが、大切なことが環境です。

勉強できる環境でない場合は、効率よく勉強することが難しいです。

家で勉強することが苦手な方はカフェに行って勉強したり、勉強部屋を作ってみたりと環境を整えることが大切になってきます。

特に一人で勉強をしていると、「今日はいいか!」と勉強がサボりがちになってしまうことがありますので、注意してください。

一緒に頑張れる仲間を作ると、モチベーションを保つことができますのでおすすめです!

自分なりの問題集を作る

公務員試験を勉強するためには、テキストを買いますよね。

買うテキストは自分がわかりやすいもので良いのですが、何度も何度も繰り返し解く事が大切で、一回終えると次のテキストという流れではよくありません。

理想としましては、1テキスト10周解くを目指してください。

何度も何度も繰り返し解いていますと、自分の中で落とし込めてきます。

その内容を元に「自分なりの問題集」を作るのです。

何度も間違えた問題でもいいですし、試験に出そうと思う問題でもいいです。

自分で考えて問題集を作るということに意味がありますので、何度も繰り返し解き自分なりの問題集を作って勉強してください!

公務員に向いている人の特徴

第二新卒から公務員に転職しようか悩んでいる人も多くいると思います。

公務員は民間企業と大きく違うところがありますので、向いている人と向いていない人がいます。

大きな違いは、「利益目的ではなく、国民のために働く」ことでしょう。

もちろん、給料が国から支払われることや勤務時間も違いますので働く目的が違うのです。

そのため、公務員に向いている人の特徴をいくつかご紹介します!

  • 協調性がある人
  • コミュニケーション力がある人
  • ルーティワークが苦手ではない人
  • 効率よく仕事ができる人
  • 理不尽なことにも耐えられる人
  • 大きな成果を求めない人
  • 安定を求めている人

などが公務員に向いている人です。

特に「安定を求めている人」にはとても向いている職業になっており、給料を支払っているのが国ということもあり、倒産や給料が支払われないという心配が要りません。

その分、大きな目的を持って働くことは少ないので、自分が公務員に向いているのか参考にしてみてください。

まとめ

今回は第二新卒から公務員になることについてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

第二新卒でもしっかり勉強をして公務員試験に合格すれば、公務員に転職することは可能です。

しかし、働きながら公務員試験に合格するのが難関です。

今回ご紹介した内容を参考に、第二新卒から公務員に転職してください!

第二新卒は本当にやばいの?第二新卒で転職を成功させるコツを解説

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件