みれば丸わかり!アプリ開発の仕事内容や転職に必要な知識について徹底解説

最近では生活になくてはならない存在になった「アプリケーション」。

その需要の高まりに応じるようにアプリ開発業界が成長傾向に転じ、転職先として選ぶエンジニアも増えてきました。

IT業界でエンジニアとして働くあなたも、アプリ開発系のエンジニアへの転職を検討していることでしょう。

しかし、アプリ開発の仕事内容や使用する言語・知識が、今の仕事内容が活かせるか不安になってはいませんか?

そこで今回はそんなあなたのために、アプリ開発の仕事内容や使用言語、そして転職を成功させるポイントについて紹介していきます。

アプリ開発を行うエンジニアはアプリケーションエンジニアと呼ばれる

エンジニアの中でもアプリ開発を行うエンジニアは、アプリケーションエンジニアと言われています。

作るアプリケーションは様々で、私たちが普段使っているようなゲームアプリは勿論のこと、TwitterやInstagramなどのSNSアプリ、仕事でも使用するようなアプリケーションの開発を行います。

アプリケーションエンジニアが開発するアプリケーションの種類は後ほど紹介していきます。

仕事内容

アプリ開発の仕事内容は基本的に以下の工程で行われます。

  • 顧客のニーズに合わせた要件定義
  • システムの設計
  • プログラミング
  • 完成したシステムのテスト
  • 運用後の維持など

通常のエンジニアであれば、開発したシステムを顧客に引き渡した後はその動作が正常かどうかといったアフターケアを行います。

しかし、アプリ開発においては自社で運用していくアプリを制作するため、運用後のメンテナンスや問題発生時の対応なども対応しなければなりません。

プログラミングの工程はプログラマ―に一任することが大部分ですが、システムの設計をするという業務上、エンジニアもプログラミングの知識を身に付けておくことが重要になります。

また、他のエンジニア同様、ニーズを理解しプロジェクト内に共有するためのコミュニケーション能力も必要になります。

開発するアプリの種類は3種類!

アプリ開発で制作していくアプリの種類は以下の3種類です

  • Webアプリ
  • スマホアプリ
  • 業務用アプリ

以下ではその詳細について説明していきます。

Webアプリケーション

ブラウザで使用できるパソコン・スマホ用のアプリケーションです。

そのため、いちいちインストールする必要はありません。

主なWebアプリの例としては、GREEなどのブラウザでできるゲーム、Gmailなどのメール機能、インスタのようなSNSなどが挙げられます。

スマホアプリ

スマホにインストールして使用するアプリケーションのことを指します。

iPhoneとAndroidに分かれており、それぞれインストールできるアプリが異なる場合もあります。

皆さんに身近に感じられるアプリなのではないでしょうか。

現在スマートフォンの普及、それに伴うアプリの開発が進んだことでスマホアプリの業界は成長傾向が続くという見通しが立っています。

業務用アプリケーション

企業に導入されるアプリケーションです。

企業の業務を効率的に行うことができ、導入していない企業はないのではないかというほど重要な役割を果たしてくれます。

身近な例でいえば、情報や売上の管理、またアルバイトでもよく目にする勤怠管理システムも業務用アプリケーションに含まれます。

転職前に知っておこう!アプリ開発の現場の実態

転職前に知っておくべきことのうち、欠かすことが出来ないのがその業界の実際の現場の状況です。

転職後に自分の予想していた状況ではなかった、というようなミスマッチを防ぐためにも事前に知っておきましょう。

以下で詳しく説明していきます。

女性の少ないIT業界で比較的女性率が高い

ご存知の通りIT業界は女性の比率が、他の業界に比べて低いことで有名です。

そのため、女性の参入障壁が高いように感じられてしまうこともしばしば。

ですがアプリ開発の現場はそんなIT業界の中でも女性の比率が高いといわれています。

そのため、女性でも臆することなく働けるといえるのではないでしょうか。

イメージ通りかも?やっぱり残業が多い

IT業界は残業時間が多いことで有名ですが、残念ながらアプリ開発の現場も同様に残業が多い職場となっています。

また、開発するアプリの種類によってその残業数が変わります。

一番残業が多いとされているのが「ゲーム」に関するアプリです。

常に新しいコンテンツや、トラブル発生時のメンテナンスに追われることが多いためです。

そのため、転職前に自分の希望する転職先の開発しているアプリの種類もしっかり把握しておくことをおすすめします。

アプリ開発全体の平均年収は451万円

アプリ開発業界全体の平均年収は451万円と言われています。

ですが、この金額も開発するアプリケーションや企業規模によって変わってきます。

また、アプリ開発においては40代ごろの年収の増加率が高いといわれており、他の業種の2~3割高い場合もあります。

そのため、長期間働くことで年収を地道に上げていくことが可能となっています。

アプリ開発には資格は必要ない!言語知識のみでOK

実はアプリ開発にこれと決まった資格はありません。

転職先に応募する際には資格要件を設けない企業が多いです。

ですが、プログラミング言語の知識は必要になってきますので、勉強しておくことをおすすめします。

また、企業や開発するアプリごとに使用する言語も異なってきますので、求人や会社の情報とも照らし合わせましょう。

以下ではアプリの種類ごとに使用する言語について紹介していきます。

Webアプリで使用する主な言語は3つ

ブラウザで使用するWebアプリケーションで使用する言語は種類がたくさんありますが、その中でも一般的に用いられている言語について紹介します。

PHP

Web開発向けであり、現在利用者数が10万人越えとされている人気の言語です。

人気と需要が高いため、何か分からないことがあった場合でも解答をネット上で探しやすいです。

主にWordpressのような記事作成を行うアプリケーションに用いられています。

書店でも参考書が多数販売されており勉強のしやすい言語であるといえるでしょう。

Ruby

Web開発を効率よく進められる日本で開発されたプログラミング言語です。

シンプルなコードで様々な機能が利用でき、フレームワークも充実しています。

書店でも日本語の参考書が多く、習得しやすい言語であるといえます。

Python

1991年委開発された比較的新しい言語です。

こちらもRuby同様にシンプルなコードで構成されているため読みやすい言語であるといえます。

実はPythonはAIや機械の学習の分野で使用されているため、これから到来するAIの時代に適した言語であるといえるでしょう。

主にSNSで用いられている言語です。

JavascriptやHTML/CSSなどのマークアップ言語も必要

上にあげたようなプログラミング言語はとても重要ですが、それのみではWebアプリケーションを開発することはできません。

そのため各要素の動きを記述することのできるJavascriptやHTMLまたはCSSのようなマークアップ言語も勉強しておく必要があります。

どれも日本ではメジャーな言語ですので勉強してみましょう。

スマホアプリで使用する言語はiPhoneとAndroidで異なる

ここからはスマホアプリで多く用いられている言語について紹介します。

iPhoneとAndroidでは使用している言語が違います。

そのため、それぞれに合わせた言語習得をしましょう。

iPhoneのスマホアプリで使用する言語はSwift

次にiPhoneのスマホアプリで使用されるSwiftと呼ばれるプログラミング言語について紹介します。

SwiftとはApple社が発表したApple製品で使用できるアプリを制作できるプログラミング言語です。

元々はObjective-Cという言語が使用されていましたが、Apple製品のみに特化せずwebアプリも開発できる言語としてSwiftが広まりました。

この言語は2014年に発表された比較的新しい言語であり、誤作動が起きにくいプログラミング言語とされています。

そのため、将来性がある言語ともいわれています。

将来どんどん使われる幅の広がっていく言語ですので是非習得しておきましょう。

Androidのスマホアプリで使用する言語はJava

XperiaなどのAndroidスマートフォンで主に使用されている言語はJavaといわれています。

Androidstudioという開発ツールを用いて開発を進めることができるとともに、Android以外のアプリにも使用できるという多機能な言語です。

もし他のアプリの開発をすることになった場合でも対応できますので覚えておいて損はないでしょう。

業務用アプリ開発で使用する主な言語は2つ

企業の業務に欠かすことのできない業務用アプリを開発することができる主な言語は、Java、C、C#の三つとされています。

こちらも会社ごとに違う場合がありますがメジャーなものをここでは紹介します。

Java

先程もAndroidスマホアプリを開発できるとお伝えしたJava。

なんと業務用アプリも開発することができるのです。幅広いですね。

OSに依存することなくプログラムを動かすことができますので習得が容易です。

Androidスマホアプリと同様に様々な場面で使用することができます。

C

昔からあるプログラミング言語です。

数多くあるプログラミング言語の中でも現状最も人気が高く使用されている言語とされています。

人気が高いため学びやすい言語でもあります。

また、Java同様に様々な局面で利用することができますが、使用するエンジニアによってその効果にばらつきがあります。

統合開発環境の知識とスキルも必要

上記のプログラミング言語のみではやはり、アプリ開発をする上では力不足になってしまいます。

そのため、業務用アプリを開発する上で必要なIDEの統合開発環境の知識を習得しておくことをおすすめします。

アプリ開発への転職を成功させるための4段階

ここからは実際に転職活動を行うにあたって、転職を成功させるための4段階について紹介していきます。

IT業界内の転職になるので、既に知っていることもあるかもしれませんが、1つ1つ確認して確実に転職を成功させていきましょう。

転職先の開発するアプリの種類を知る

アプリ開発の転職を成功させるにはまず、自分の希望する転職先の開発しているアプリの種類を知るところから始めましょう。

アプリを知ることによって習得すべき言語をはっきりさせることができます。

中には自分がすでに習得済みの言語もあるかもしれませんので、効率よく転職活動を行うためにもしっかり洗い出しておきましょう。

プログラミング言語について学ぶ

自分の転職したい企業で使用する言語がわかったところでその言語について学ぶことは必須です。

書店で参考書を買って自発的に勉強するもよし、もし自分で勉強を進めることが難しいと感じている場合は、プログラミングスクールの利用をおすすめします。

プログラミングスクールは通学型とオンライン型があるため、自分のライフスタイルに合わせて選択することが可能です。

自分に合った方法を選んで確実に知識を吸収していきましょう。

自分のスキルの可視化のためのポートフォリオの作成

知識の習得も終わったら次は企業側に見せるポートフォリオの作成です。

自分の持っている技術と知識を全てぶつけた作品を作りましょう。

また、ポートフォリオを作成する際には、しっかりとその作品のコンセプトを決めることで相手に積極性を伝えることもできますので実践してみて下さい。

開発スキルとは別の人的スキルも磨く

冒頭でお伝えしましたが、他のエンジニア同様にアプリ開発においても、ニーズをしっかりくみ取り、プロジェクト内で共有するためのコミュニケーション能力が必要になってきます。

また、プロジェクトをしっかり統制していくためのマネジメント能力も必要になってきますので、そういったスキルも転職活動中に磨いておきましょう。

転職を成功させたいなら20代のうちに!

アプリ開発への転職を検討するあなたに一つここで注意してほしいことをお伝えします。

タイトルにもある通り、「転職を成功させたいなら20代の内に行うこと」です。

何故20代でなければいけないのかについての3つの理由を以下で解説していきます。

理由①企業が採用したいのは若くて吸収力のある人材

これはどこの業界でもよく言われることですが、企業が採用したいのは若くて吸収力のある人材です。

そのため、20代の人材は企業側にとってオイシイ人材なのです。

また、アプリ業界成長著しいため、常に人材不足です。

その成長についていけるだけの活気を持てる人材は20代だけです。

もしあなたが20代であれば転職するまたとないチャンスですので、この機会を逃さないようにしてくださいね。

理由②30代以降の転職は求められるスキルが高い

では30代以上は転職ができないのかというとそうではありません。

30代でも転職をすることは可能です。

しかし、20代と変わって求められるスキルが高くなります。

30代は今後のことを考えてプロジェクトのリーダーや管理職を任されることが多くなります。

そのため、エンジニアとしての技術は勿論のことマネジメントスキルや後輩の育成能力を問われます。

ハードルが高くなる分転職先が限られる、あるいはスキル不足で転職ができないといったことにもなる可能性がありますので気をつけましょう。

ですが、裏を返せば20代のうちに実績を積めば、30代で転職し活躍することもできるということなのであまり気を落とさないでください。

理由③年齢の増加に伴ってブラック企業に当たる可能性が高くなる

皆さんご存知のブラック企業ですが、実はブラック企業は高い年齢でも採用する傾向にあります。

その理由は勿論、人手不足。

転職する時の年齢が上がれば上がるほど、そういったブラック企業に当たる確率も上昇します。

そういったリスク回避のためにも20代での転職がチャンスといわれているのです。

アプリ開発への転職に使える転職サイト3選

ここまでアプリ開発の仕事内容や転職の際の知識についてお伝えしてきましたが、やはり情報収集をしないことには転職活動ができませんよね。

そこでここからはアプリ開発子企業が属するIT業界に精通した転職サイトを3つ紹介しちゃいます。

リクナビNEXT

リクナビNEXT

一度はこの会社名を聞いたことがあるのではないでしょうか。

電車の広告でも紹介されている業界最大手といわれるリクナビNEXTです。

業界最大手だけあって利用することで得られる利点がたくさんあります。

利用者数転職決定数ともにナンバーワンの実績

業界最大手と言われるゆえんとしても挙げられる利用者数転職決定数ともにナンバーワンの実績がこのリクナビNEXTの強みです。

利用者数が多いということはそれほどまでに信頼できる転職サイトだということ。

安心して転職活動が行うことができるのは間違いないでしょう。

リクナビNEXTだけに掲載されている求人が8割以上

実は転職サイトの中にはそのサイトにしかない求人があるのを知っていますか?

実はリクナビNEXTはその求人数が全体の8割以上を占めています。

そのため、他の転職サイトでは掲載されていなかった企業に出会うことができる可能性が上がります。

 

詳しくはこちら

paiza

paiza転職

Paizaは、エンジニアに特化しているため、アプリケーションエンジニアへの転職を希望している方にとてもオススメな転職サイトです。

エンジニアに特化した転職サイト

その強みは何と言ってもエンジニアに特化した転職サイトであるということ。

求人を検索する時にエンジニアではない求人が出てくると正直、イラっとしますよね。

ですPaizaはエンジニアに特化しているためそういったわずらわしさがありません。

コーディングテストの結果に応じて応募先が決められる

paizaではコーディングテストを実施しています。

その結果が良ければ良いほどいい企業に応募することができます。

自分の実力を測って可視化することができますので、転職活動にも活かすことができます。

詳しくはこちら

Green

Green

GreenはIT業界に特化した転職サイトです。

そのためアプリ開発のエンジニアの求人も比較的探しやすいといわれています。

ベンチャー企業やメガベンチャーの求人多

アプリ開発のアプリケーションエンジニアに転職を考えている人の中には、ベンチャー志向の方もいると思います。

ベンチャー企業は社風が大企業と比べてお堅くないので、働きやすそうですよね!

実はGreenはベンチャー企業の求人を多く取り揃えています。

そのため、ベンチャー志向の方におすすめの転職サイトです。

スカウト機能が充実

スカウト機能というものを知っていますか?

転職サイトに登録した転職者を企業側からそのプロフィールを元に、スカウトするといったものです。

Greenはそのスカウト機能が充実しています!

スカウト機能を利用することで、自分では見つけることのできなかった企業との縁を持つことも可能になります。

転職活動の幅を広げるためにも是非利用してみてくださいね!

詳しくはこちら

もし一人で不安な場合は転職エージェントの利用もアリ

転職活動は常に情報収集とスキルアップに追われて忙しくなりやすいものです。

また、転職活動と現職を平行して行うことがほとんどですのでその負担は計り知れません。

そういった負担を軽減するためにも、転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントはマンツーマンで転職活動をサポートしてくれます。

また、転職希望先への連絡や退職日の調整など転職に関することのサポートまでしてくれます。

負担を減らして転職活動を行いたい方はぜひ利用してみてください!

 

アプリ開発の転職を成功させたいならまずは下準備が大切!

アプリ開発においては他のエンジニアの仕事と同様に、作るアプリによって使用する言語が変わります。

転職したい会社の作っているアプリを調べることで、言語を学びやすくなりますので下調べが大切です。

その情報を集めるためにも転職サイトに登録することをおすすめします。

また、他の業界の転職と同様に、転職が成功しやすい年齢が20代とされていますので、もしあなたが20代であればこの機会を活かして転職活動を行いましょう。

しっかりと転職する前に準備をしてアプリ開発への転職を成功させちゃいましょう!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件