アメリカの平均年収はどれくらい?年収アップの秘訣と日本との違いを解説!

アメリカと日本では、平均年収に大きな違いがあることを知っていますか?

また、年収を上げる過程にも、日本とアメリカでは大きな違いがあります。

このページでは、アメリカの平均年収に関する情報を徹底解説しています。

アメリカの平均年収を知りたい人、日本との違いを知りたい人は必見の内容です!

アメリカの平均年収は568万円

アメリカの平均年収は568万円です。

対して、日本の平均年収が422万円です。

100万円以上アメリカの平均年収の方が若干高いことが分かります。

しかし、アメリカが568万円の平均年収に至るまでには、リーマンショックなどによる上下がありました。

アメリカの平均年収の推移

アメリカの平均年収の推移は、2008年から見るとわかりやすいです。

リーマンショックが起きた2008年、当時の平均年収は50万円近く低下していました。

そこから4年間は低迷期が続き、2013年に入ってから徐々に回復しています。

2017年にはリーマンショック前と同じ水準の平均年収に戻っており、完調したといえます。

アメリカの平均世帯年収は約6~700万円

アメリカの平均世帯年収は約600万円から700万円です。

対して、日本の平均世帯年収は560万円程です。

平均年収と同じように、平均世帯年収に関してもアメリカが若干高い数字を残していることがわかります。

アメリカの年収の特徴

ここからは、アメリカの年収の特徴を解説していきます。

  • 成果主義・実力主義である
  • 女性の賃金が男性と比べて低い
  • 収入格差が大きい

アメリカには年功序列が無く、完全な実力主義の風潮があります。

そのため、実力のある人がどんどん年収を伸ばし、実力が乏しい人との格差が広がりやすいのです。

また、賃金に男女差があることも、アメリカの年収の特徴であるといえます。

成果主義・実力主義である

アメリカは完全なる成果主義・実力主義です。

年功序列の色が残っている日本とは対極に位置しています。

そのため、年下の上司なども珍しくないのです。

勤続年数が長ければ責任のあるポジションを任されるわけではなく、あくまで実力がすべてなのです。

日本からアメリカに行くと、一番に驚くであろうポイントが「実力主義である」という点です。

女性の賃金が男性と比べて低い

アメリカでは、日本と同じように女性の賃金が男性と比べて低い傾向にあります。

ただし、全ての業界・職種にあてはまるわけではありません。

大きな差はみられないものの、男性の賃金を10とすると、女性の賃金が8といったイメージです。

賃金格差は年々縮まっているため、この特徴がなくなるのは時間の問題でしょう。

収入格差が大きい

アメリカは日本と比較して、収入格差が非常に大きい国です。

年収1000万以上を稼ぐ「富裕層」が多い反面、年収200万円を切る「貧困層」も多くいます。

中流階級が非常に少ないため、富裕層と貧困層の二極化が顕著なのです。

  • ボストン
  • サンフランシスコ
  • アトランタ

などでは収入格差が特に大きく、問題となっています。

日本と比べて平均年収が高いアメリカの職業6選

日本ではそこまで平均年収が高くない職業も、アメリカでは高い場合もあります。

日本と比べて平均年収が高いアメリカの職業は、以下の6つです。

  • トラック運転手
  • 歯科医師
  • 看護師
  • 経理コンサルタント
  • ソフトウェアエンジニア
  • 企業幹部

これらの職業は、日本よりもアメリカの方が平均年収が高い傾向にあります。

トラック運転手

トラック運転手は、日本よりもアメリカの方が年収が高い職業の1つです。

日本のトラック運転手の平均年収は約450万円です。

それに対し、アメリカのトラック運転手の平均年収は約600万円です。

この背景には、アメリカにおける物流の増加があります。

アメリカでは物流の需要が増加したことにより、荷物を運搬するトラック運転手の需要が急増したのです。

アメリカでは1000万円以上の年収を誇るトラック運転手もいます。

トラック運転手は、アメリカにおける人気の職業なのです。

歯科医師

歯科医師も、日本よりアメリカの方が年収が高いとされる仕事の一つです。

日本の歯科医師の平均年収は、約700万円です。

対してアメリカの歯科医師の平均年収は約1600万円とされています。

アメリカ人は歯並びを気にする人が多く、国全体で歯科医師の需要が高いことが特徴です。

そのため、歯科医師の中でも矯正をできる歯科医師が人気になる傾向があります。

また、前述したように、アメリカは実力主義の世界です。

腕がある歯科医師ほど、高収入を得ることができるのです。

看護師

看護師も、日本よりアメリカの方が年収が高いとされる職業です。

日本の看護師の平均年収は、約400万円です。

対してアメリカの看護師の平均年収は約700万円です。

アメリカの看護師の方がかなり大きく稼いでいることが分かります。

この平均年収の差の背景には、それぞれの国における看護師の立場が関係しています。

日本の看護師は、基本的に医師のサポートをおこなうため、医師の指示のもと動きます。

しかし、アメリカの看護師は自己判断で処置をおこなうことが可能なのです。

そのため、看護師のレベルは必然的に高くなり、対価として支払われる年収も高くなるのです。

経理コンサルタント

アメリカの経理コンサルタントの平均年収は、約1000万円です。

経理コンサルタントは、日本ではメジャーな職種ではありません。

しかし、アメリカでは大企業における需要が高く、財務管理を担う重要な役割を果たします。

アメリカで経理コンサルタントには、経営学の修士号や公認会計士の資格を持っていることが求められます。

経理コンサルタントはハードルが高い分、年収も高くなるのです。

ソフトウェアエンジニア

ソフトウェアエンジニアも、アメリカにおける高収入の職種として人気です。

アメリカにおけるソフトウェアエンジニアの平均年収は約800万円です。

ソフトウェアエンジニアは企業に属する場合と個人事業主として仕事をする場合などがあり、働き方に多様性があるのが特徴です。

ソフトウェアエンジニアには特別なスキルを多く求められるため、年収も必然的に高くなるのです。

企業幹部

アメリカの企業で幹部クラスのポジションを得ると、平均年収も高くなります。

アメリカ企業の幹部クラスの平均年収は約1800万円です。

責任が大きく、プレッシャーが重くのしかかるのが、企業幹部の特徴です。

ただし、それ以上の年収を得られる職種として、サラリーマンの目標になっているのです。

アメリカで平均年収が高い職業トップ10

アメリカで平均年収が高い職業の多くが、医療系です。

特に麻酔科医や歯科矯正医の年収が高く、人気の職業になっています。

医師の他には、最高経営責任者(CEO)などの管理職がランクインしています。

アメリカでは医師と管理職の平均年収が高いことがうかがえます。

順位 職種 基本給平均
1 麻酔専門医 25万5500ドル
2 歯科矯正医 25万890ドル
3 外科医 25万620ドル
4 口腔顎顔面外科医 24万9460ドル
5 産婦人科医 23万250ドル
6 最高経営責任者(CEO) 22万40ドル
7 財務管理者 21万510ドル
8 精神科医 20万8750ドル
9 営業マネジャー 19万8390ドル
10 内科医 19万5250ドル

平均年収が高いアメリカの企業10社

ここからは、平均年収が高いアメリカの企業を紹介していきます。

  1. Skadden Arps
  2. Google
  3. Facebook
  4. Twitter
  5. A.T. Keartney
  6. ジュニパーネットワーク
  7. ブーズアンドカンパニー
  8. Netflix
  9. Altera
  10. エクイニックス

これらの企業は、アメリカの中でも特に平均年収が高いとされています。

世界的に有名な企業が多く、アメリkにとどまらず、多くの国で影響力を持つ会社ばかりです。

Skadden Arps

Skadden Arps(スキャデンアープス)は、1948年に設立された、歴史の深い法律事務所です。

創業者はマーシャルスキャデンです。

世界各国のクライアントにサービスを提供しており、業務内容も

  • 合併事業
  • ファイナンス
  • M&A
  • 不動産

など、幅広い分野の法律を扱っています。

また、投資ファンドを設立したり、コンサルティングなどもおこなっています。

オフィスも世界中にあるため、世界を股にかけた働き方ができるでしょう。

平均年収は約1700万円とされています。

Google

Googleは、言わずと知れた世界的なテクノロジー企業です。

世界一の検索エンジンである「Google」を運営しており、自由な働く方を実現することができます。

平均年収は1500万円から1800万円とされており、かなり高い平均年収であることがわかります。

Facebook

Facebookも、高い平均年収を誇る人気企業です。

マーク・ザッカーバーグが世界的なSNSである「Facebook」をリリースしてから、わずか15年程度で世界的な企業に成長しました。

平均年収は1500万円から1700万円とされており、アメリカでも有数の人気企業になっています。

本社はカリフォルニアにあり、世界中に支社を構えています。

Twitter

世界的に利用されるSNSを運営しているTwitterも、アメリカにおいて高い平均年収を誇る企業です。

本社はサンフランシスコにあります。

平均年収は約1170万円で、こちらも例にもれず、1000万円を超える平均年収となっています。

2014年には「もっとも働きやすい企業」ランキングで第2位に輝くなど、働きやすさにも定評があります。

仕事のしやすさと高年収を両立できるのが、Twitterの特徴なのです。

A.T.Kearney

経営コンサルティング会社であるA.T.Kearneyも、アメリカで人気の高年収企業です。

平均年収は約1350万円です。

アメリカのビジネススクールの卒業生に人気の企業で、女性の幹部も多いことが特徴です。

従業員数は3200人程度と、そこまで大きいものではありません。

しかし、今後の成長によっては更なる平均年収のアップが期待される企業です。

ジュニパーネットワーク

ジュニパーネットワークも、アメリカで高い平均年収を誇る会社です。

平均年収は1340万円です。

設立は1996年で、カリフォルニア州サニーベイルに本社を構えています。

従業員数は9000人以上と、大規模な企業です。

事業内容としては、オペレーションシステム「ジュノスネットワーク」をテレビケーブル会社に提供したり、インターネットプロバイダーとしての業務を提供しています。

特に技術職は好待遇を受けられるため、アメリカの技術者に人気の企業です。

ブーズアンドカンパニー

グローバルマネジメントとコンサルティングをおこなうブーズアンドカンパニーも、アメリカにおいて平均年収が高い企業とされています。

100年以上の歴史を誇り、事業に関するコンサルティングや各種手続きをおこなっています。

平均年収は1300万円です。

企業としての評価が非常に高い会社で、それこそがブーズアンドカンパニーの人気の秘訣であると考えられます。

Netflix

多くの利用者がいる動画ストリーミングサービスを運営するNetflixも、アメリカでは高年収で人気の企業です。

世界中でサービスを展開しており、需要はまだまだ右肩上がりです。

平均年収も1322万円と高めに設定されており、やりがいと高収入を両立できる企業であるといえるでしょう。

altera

企業向けマーケティングプログラムや、開発ツールの販売をおこなっている半導体製造会社であるalteraも、アメリカでは有名な高年収の企業です。

カリフォルニア州サンホゼに本社を構えており、平均年収は1228万円とされています。

日本にも法人があり、プログラムロジスティックの代表的な企業として業界をリードしています。

エクイニックス

グローバルデータセンターサービスを世界中で展開しているエクイニックスも、高年収でしられるアメリカの企業です。

日本国内でも高い評価を得ている会社で、クライアントのネットワーク関連の課題を解決し続けています。

平均年収は1250万円です。

本社はカリフォルニア州にありますが、現在は日本にも2箇所の拠点を持っています。

アメリカで年収アップを狙う方法

アメリカは実力主義であるため、自分次第で年収アップを狙うことができます。

アメリカで年収アップを狙う方法は、以下の通りです。

  • とにかく成果を上げ、実力をアピールする
  • 資格を取得する
  • 大手企業に勤める

アメリカで年収を上げるためには、これらの方法を取る必要があります。

日本との違いは、とにかく実力が求められるという点です。

以下に自分の実力やスキルをアピールできるかを考えるようにしましょう。

とにかく成果を上げ、実力をアピールする

とにかく成果を上げ、実力をアピールすることが、アメリカで年収を上げるためには必要です。

何度も記している通り、アメリカは完全に実力主義です。

年齢に関係なく、実力のある人を起用し、評価します。

そのため、自分からどんどん成果を上げ、自分の実力をアピールすることが必要になるのです。

資格を取得する

資格は、自分の実力を公的にアピールできる効果的な方法です。

そのため、持っている資格があればそれを前面に出してアピールするようにしましょう。

資格の有無によって、任される仕事が変わることもあります。

資格は持っているに越したことはありません。

常にスキルアップを心がけるのであれば、資格の取得をおすすめします。

大手企業に勤める

大手企業に勤めることも、アメリカで高い年収を得るためには重要なポイントです。

アメリカでは、大手企業の方が年収が高くなりやすい傾向にあります。

中小企業と大企業との間には、やはり資金力の違いがあるのです。

そのため、大手企業に勤めた方が、実力が認められた時に収入がアップしやすく、高収入を得やすいのです。

アメリカの平均年収は日本よりも高い!

アメリカの平均年収は、日本の平均年収よりも若干高いことを紹介しました。

また、年功序列の色が無く、実力主義であるため、若くてもどんどん良いポジションを狙うことができます。

初任給から年収1000万円を貰う若者も少なくないことから、日本よりも稼ぎやすい環境であることは間違いありません。

そのため、いわゆる「アメリカンドリーム」を掴みたい人は、是非アメリカに行くことをおすすめします。

評価される実力さえあれば、どんどんのし上がっていけますよ!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件