転職ドラフトの口コミ・評判から利用するメリット・デメリットを徹底解説!

IT業界内で転職を検討しているそこのあなた、自分が一番輝ける企業を探してはいませんか?

IT業界は現在国内でも特に盛り上がっている業界の一つで、エンジニアはどの企業でも引く手あまたな状況が続いています。

しかし中には低コストでいい人材を獲得しようとして、低賃金や悪環境での採用を行うところもあるのです。

そこで利用すべきなのが転職サービスです。

今回は転職サービスの中でも、企業から指名をもらえる「転職ドラフト」の評判・口コミから、利用するメリット・デメリットについてまで徹底的に解説していきます。

エンジニア転職厳選8社!200社以上から選んだおすすめ転職サイト・エージェントランキング

転職ドラフトはIT業界専門の転職サービス

転職ドラフトは、IT業界を専門にしている転職サービスです。

利用登録をして運営側の承認を得た後に、あなたのスキルに応じて企業側が待遇等を提示して指名してくれます。

通常転職サイトに登録すると、掲載されている求人の中から自分で求人を選んだり、転職エージェントに依頼して紹介してもらう必要があります。

しかし応募したからと言って皆さんに企業側が興味があるわけではありませんから、確実に転職できるとは限らないのが正直なところです。

転職ドラフトでは企業から直接ラブコールを受け取ることができるので、採用意欲の高い企業に出会える可能性が高くなるのです。

短期で転職活動をすすめられることもあります。

一目で分かる転職ドラフトの評判

サポートは手厚い?
相談はしやすい?
嘘はつかない?
第二新卒でも使いやすい?
対応は丁寧?
色んな職種に転職できる?
求人量は多い?
たくさんの求人は紹介してもらえる?
サイトは利用しやすい?
在籍中でも利用しやすい?
電話連絡はしつこくない?

転職ドラフトの口コミ・評判

スキルを正当評価してほしくて利用を開始しました。レジュメの入力自体はかなり面倒な作業でしたが、きちんと入力した結果、企業から複数のオファーを獲得できました。公式からのFBももらえるので、一人じゃない感はあります。

自分のスキルでどれだけの年収がもらえるのか気になり、利用を開始しました。今の企業で様々な経験をしているにもかかわらずに給与が低かったのですが、私の能力だともっと上を目指せることがわかりました。

先に年収が見れるのはありがたいシステムですよね。以前転職サイトを利用して選考会に参加した経験がありますが、実際の金額よりも低い金額を提示されてしまった経験があるので。規約内できちんと正しい年収を明記することが企業側にも求められているので、確実だと思います。

運営側がきちんとレジュメを確認してくれるので、何に問題があるのかを判断してくれるのが助かります。ただ流し読みしてる感がないので、こちらとしても信用できると思います。

転職ドラフトを利用する5つのメリット

転職ドラフトメリット

転職ドラフトを利用するメリットは、以下の5点です。

  • スキルに応じて企業から指名をもらえる
  • 指名時には実際の年収・業務内容が公開される
  • レジュメの内容にフィードバックがもらえる
  • 企業側に現在の年収は公開されないので足元を見られにくい
  • 他の人の入札結果をチェックすることも可能

以下で詳しく解説していきます。

スキルに応じて企業から指名をもらえる

転職ドラフトでは皆さんがレジュメに記入したスキルに応じて、企業から指名をもらえる制度を採用しています。

サービス利用のための審査に通過した後に、毎月開催されているドラフト期間に転職ドラフトを利用している企業が、皆さんのレジュメを確認します。

内容をチェックして、自社の求めている人物像に当てはまると判断された場合には、企業から直接オファーが来るのです。

他のサイトではオファーと言っても自動送信であることが多いですが、転職ドラフトでは企業が一人一人に合わせた内容で、オファーを送信してくれるのです。

つまり確実に自分に興味を持ってくれる企業に転職できることになりますから、確実性を持った転職活動が可能になります。

指名時には実際の年収・業務内容が公開される

転職ドラフトではただ企業がオファーを紹介するだけではなく、指名時に実際にその企業で働いた時の年収・業務内容を提示してもらえます。

通常転職サイト経由で転職するとなると、あらかじめ企業内で決められている年収を確認して、場合によってはある程度妥協して選考に参加することもあります。

また、実際に働くときの業務内容があいまいに書かれていることもあり、実際に入社してみたら全然専門外の業務を担当することになったという経験がある方も居ます。

オファーにはきちんと実際に働くときの業務内容や年収がわかるので、働くときのイメージもしやすいですし、選ぶのは皆さんですからよりいい条件の企業に転職することも可能です。

転職ドラフトの企業側の利用規約にも、年収提示の際には、実際に就業時に支払いが確約できる金額に限ると明記されていますので、安心です。

レジュメの内容にフィードバックをもらえる

転職ドラフトではレジュメを登録することになりますが、レジュメの内容に運営側からフィードバックをもらうことも可能です。

初めて転職活動をする方の中には、レジュメを記入すること自体が初めてで、内容が上手く記載できていないがために選考に落ちてしまうこともあります。

運営側がより多くのオファーを獲得できるように、皆さんのレジュメの内容をチェックして、アドバイスをくれますので次回のドラフトのの時により多くの企業に注目してもらえるチャンスを得ることも可能です。

自分だけではブラッシュアップの機会が難しいですから、運営側からアドバイスをもらえる機会を有効活用していきましょう。

企業側に現在の年収は公開されないので足元を見られにくい

転職ドラフトでは企業側に現在の年収が公開されることがありませんので、足元を見られて年収を下げられる心配がありません。

企業の中にはいい人材を低コストで獲得するために、転職者が持っているスキルに対する対価に対して本来の金額よりも低い価格で提案することもあるのです。

足元を見られることなく本来の実力に対する対価を提示してもらえるので、現在よりも年収を上げることが可能になります。

他の人の入札結果をチェックすることも可能

転職ドラフトでは実際に多くのオファーをもらっている人の入札結果をチェックすることも可能です。

どのスキルを持っていれば企業から必要とされるのか、どの程度のスキルで高い年収が約束されるのかが理解できます。

初めて転職をする方にとっては、実際に企業から必要とされる人がどんな基準に達しているかを知るいい機会になりますから、自分の転職活動にも有効活用できます。

転職ドラフトを利用する4つのデメリット

転職ドラフト デメリット

転職ドラフトを利用するデメリットは、以下の4つです。

  • 審査に通過しないとドラフトに参加できない
  • 条件によっては指名が来ないことがある
  • レジュメ制作に時間をかける必要がある
  • ドラフトが毎月一回しか開催がない

以下で詳しく解説していきます。

審査に通過しないとドラフトに参加できない

転職ドラフトは誰でも利用できるサービスではなく、利用登録申請を出した後に運営側からの審査が入ります。

スキルのレベルが低い状態で登録したとしても、企業から一社もオファーをもらえないまま終わってしまうこともありますから、一定基準を求めて選考を実施しているのです。

そのためエンジニアとしてまだ経歴が浅い人や、習得しているスキルが少ない人は、登録時点で利用を断わられてしまうこともあるかもしれません。

条件によっては指名が来ないことがある

転職ドラフトでは、皆さんの持っているスキルなどの条件によっては、指名が来ないこともあります。

企業側は皆さんのスキルに応じて、採用意欲を持ってくれるので、企業の目に留まらない場合はずっとオファーが来ない状態が継続する可能性もあるのです。

受け身で転職できる方法ではあるものの、人によっては確実に転職できないこともありますから、注意が必要です。

レジュメ制作に時間をかける必要がある

転職ドラフトでは、皆さんのレジュメをチェックしてオファーを送付するシステムを採用しています。

提示される年収や業務内容を判断するための一番重要な材料ですから、きちんと作りこんでおかないと一社からもオファーが来ないなんてこともあります。

きちんとレジュメは丁寧に作りこむ必要があるので、時間をかけて魅力的な内容にする必要があります。

ドラフトが毎月一回しか開催がない

転職ドラフトでは企業の目に留まる機会が月に1回しかありません。

決められた日に企業からオファーをもらうことになるので、オファーがもらえなかった場合翌月にまたオファーを待つ必要があります。

もちろんレジュメはいつでも変更できますので、内容のブラッシュアップをすることは可能です。

しかし早く転職したい!という方は、転職が長期化する可能性があるため、まどろっこしく感じてしまうこともあるかもしれません。

【IT・WEB】絶対登録すべきおすすめ転職サイトランキング【口コミで比較】

転職ドラフトの利用がおすすめな人

転職ドラフトの利用がおすすめな人は、以下の通りです。

  • スキルや経験が豊富な人
  • できるだけいい条件で転職したい人
  • 自分の採用意欲の高い企業とだけ関わりたい人

オファーをもらえる人材としてスキルや経験が豊富な人は、転職ドラフトを利用すると現在よりもいい条件で転職できるようになる可能性があります。

またスキルがあるにも関わらず、今の企業での待遇に満足できていない人は、出来るだけいい条件で転職できる可能性もあります。

オファーは基本的に採用意欲の高い企業が送ってくれるので、転職で無駄に採用意欲のない企業と話したくない!という方にも向いているサービスで有るといえるでしょう。

ITエンジニアが転職するときの5つのポイント

ITエンジニアが転職するときの5つのポイントは、以下の通りです。

  • 職務経験から得たスキルを明確化しておく
  • 求人に掲載されている職種が明確かをチェックする
  • 求人の文面が精神論で固められていないかをチェックする
  • 自分のスキルをアピールするためのポートフォリオを作成する
  • 複数の転職エージェントを作成する

以下で詳細を解説していきます。

職務経験から得たスキルを明確化しておく

ITエンジニアが転職するときには、職務経験から得たスキルを明確化しておく必要があります。

エンジニアは日々の業務の中で様々なプロジェクトにかかわる機会の多い職業です。

中には新規で開発言語を学ぶこともありますから、時間に応じて段々と経験が増えていきます。

自分の経験は短時間で洗い出すことはできませんから、時間をかけてじっくりと書き出してみましょう。

皆さんの経験は転職の際にはアピールポイントとしても活用できるようになりますから、自分でよく調べておくことをおすすめします。

求人に掲載されている職種が明確かをチェックする

ITエンジニアが転職するときには、求人票に記載されている職種が、わかりやすいものであるかをチェックしておきましょう。

基本的に企業の求人には実際に働くときの肩書として、職種名が記載されることがほとんどです。

しかし中には職種の内容を不明瞭に記載して、実際に働いた時に全然イメージとは異なる仕事を任されることもあるのです。

また実際に自分の持っているスキルと、企業の求めているスキルが乖離することもあり、働き始めた時に任された仕事に対してキャパオーバーをおこしてしまうこともあり得るのです。

職種の名前を確認して、実際にやる業務がイメージできるかも、転職先探しの判断材料に入れるようにしましょう。

求人の文面が精神論で固められていないかをチェックする

ITエンジニアが転職するときには、求人の文面が精神論で固められていないかもチェックが必要です。

「やる気」「アットホーム」など、名前の聞こえはいいもののとりあえず付けられているような言葉も注意が必要です。

ブラック企業に共通する特徴として、企業内の体制を精神論で突き通そうとすることが挙げられることが多いです。

辛いことがあっても論理的に対処するわけではなく、精神論でどうにかしようとすることがあるため、根本的な解決に結びつかずに社員の退職につながってしまうのです。

IT業界の中にもブラック企業は多数ありますから、事前に回避できるように転職者側である皆さんも注意して観察していきましょう。

自分のスキルをアピールするためのポートフォリオを作成する

自分のスキルをアピールするために、ポートフォリオを作成することも大切です。

企業に実際の成果物を求められることもありますから、必要になる機会が少ないからと言っても、地道にコツコツ用意しておくことをおすすめします。

自分がいま持てるだけの力を使って、ぜひ作成してみてください。

複数の転職エージェントを活用する

複数の転職エージェントを活用することも、ITエンジニアが転職する時には重要なポイントです。

転職ドラフトは転職サービスの一環ですが、皆さんの転職活動をサポートするサービスは内容に含まれていないことがほとんどです。

その点転職エージェントを活用すれば、面接対策などの対応サポートを受けられることもあります。

転職エージェントは基本的に無料で利用できますので、ぜひ登録をすすめてみてください。

エンジニアが転職ドラフトと併用すべき転職エージェント

転職ドラフト単体でも転職活動を進めることは可能ですが、実際に担当者にあったときの対応や他の求人を探すためにも、複数の転職エージェントを利用することも重要です。

以下では当サイトがおすすめする、エンジニアが併用すべき転職エージェントを2つ紹介します。

レバテックキャリア

レバテックキャリア

レバテックキャリアの特徴は以下の通りです。

IT業界の求人大集合!大手からベンチャーまで多数取り扱いアリ

レバテックキャリアはIT業界の様々な求人を取り扱っています。

IT業界は金融業界などと比べて、比較的歴史の浅い業界ですから大手企業だけではなく、ベンチャー企業も多く存在します。

エンジニアとして転職活動をする際には、主体的に働きたい、大企業で働きたいなど様々なニーズがあることでしょう。

様々な条件の求人が揃っていますから、途中で行きたい企業の条件が変わったとしても、サービスを変更する必要がありません。

企業の内部事情を教えてくれる

レバテックキャリアでは求人を掲載している企業を訪問して、情報収集を行っています。

内部事情についての情報も集めているので、転職先についての情報を出来るだけ早く集めておきたい!という方にとっては、良い情報収集の機会になります。

企業内でのマネジメント方法・残業時間など、様々な内容を把握できるので、本当に転職すべき企業かを事前に判断できます。

キャリアアドバイザーに個別で無料相談できる

エンジニアが転職するときには、本当に転職すべきなのか、またどの求人を選ぶべきなのか判断がつかない場合もあることでしょう。

レバテックキャリアでは担当しているキャリアアドバイザーに、無料で相談できる制度を採用しています。

そのため転職に関連する些細な疑問も解消できるので、自分ひとりで転職活動をするよりもスムーズに進められるようになります。

マイナビIT AGENT

マイナビIT AGENT

求人数が多いので応募したい企業を厳選できる

マイナビIT AGENTを運営しているのは、皆さんも就職活動で利用した経験があるであろう、マイナビです。

様々な企業の採用支援を行っているため、IT業界の企業ともかかわりがあるのです。

そのため多くの求人数を保有しているので、とにかく多くの求人に応募したいという方におすすめのサービスです。

多くの求人数の中から応募したい企業を厳選できるので、比較検討をしっかりしたい!という方におすすめのサービスであるといえます。

IT業界に詳しいキャリアアドバイザーに対応してもらえる

マイナビITAGENTに所属しているキャリアアドバイザーは、IT業界に詳しい人が多数在籍しています。

転職活動を進めるにあたってアドバイスをくれる相手が、業界について何も知らない場合、本当に信用していいか不安になってしまうこともあるかもしれません。

きちんとIT業界に詳しい担当者が、皆さんそれぞれに合った対応をしてくれますので、安心してください。

転職活動が終わるまで徹底的にサポートしてくれる

マイナビIT AGENTは、皆さんのサポートを途中で投げ出すことはしません。

きちんと転職活動が終わるまで対応してくれるので、徹底的なサポートを受けたい方におすすめのサービスであるといえるでしょう。

もちろん転職を途中でやめる場合には、きちんとキャリアアドバイザーに連絡することも忘れないでくださいね。

【IT・WEB】絶対登録すべきおすすめ転職サイトランキング【口コミで比較】

転職ドラフトを活用してIT業界内での転職活動をスムーズに進めよう

いかがでしたか?

転職ドラフトはITエンジニアが野球のドラフト形式で、スキルを武器に転職先を探せる非常に有意義なサービスです。

スキルのあるエンジニアさんは、自分のスキルを活用してより良い条件の企業に転職できるようになります。

ただしオファーの獲得に集中しているので、IT業界内での転職対策のアドバイスが欲しい方は、転職エージェントを利用して専門のキャリアアドバイザーからの知見をもらうのも一つの手でしょう。

エンジニアは転職でどんどんキャリアアップできるようになりますから、機会を逃さないようにどんどんアクションしていきましょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件